タグ:バターケーキ ( 59 ) タグの人気記事
カトルカール ~徳永久美子さんのお菓子
b0108544_225284.jpg
徳永久美子さんの「パンとお菓子の本」から作ったお菓子を5品。どれも寒い季節にぴったりです。

まずは、バターケーキの王道とも言えるカトルカール
でもパウンド型でなく、こうやって丸型で焼くと雰囲気がまた違いますね。
名前の通り、粉、砂糖、バター、卵はすべて同量の180グラムです。
バターケーキですが、バターと砂糖を混ぜるのではなく、卵と砂糖をホイップするスポンジケーキを作るような方法。
でもその次が溶かしバター、最後が粉です。

バターケーキにしては軽めの食感。きめも細かい感じです。
バターもお砂糖もたっぷりなのでしっとり、でもくどさはなく、飽きの来ないおいしさです。
こういうシンプルなお菓子はうちの家族にも受けがいい~(嬉)

たっぷりな量なのも嬉しい~
[PR]
by Wingco | 2009-12-12 12:52 | お菓子 | Trackback | Comments(35)
オレンジバターケーキ ☆cherry creek reservoir
b0108544_22171625.jpg
夏休みに入って時間は限られるもののお菓子は食べたい、でも手間のかかりそうなのを作る気合は入らない、
多佳子さんのお菓子はちょっと飽きた?(笑)...
ということで、何を作ろうか迷っていたところに発見した、アコさんこと伊能勢敦子さんの本。
「『Mary Rose』アコさんの乙女なお菓子とおふくろごはん」

タイトルのように、お菓子とごはんの比較的シンプルなレシピが半分ずつ載っています。
写真も素敵で、どれも作りたいな~と思わせます。
そして何といっても楽しいのが、それぞれのレシピにまつわる思い出などを綴ったエッセイ!
気どりのないおもしろい文なのですが、読み応えもあり、最後まで読み終えると、
何だか自分もそのお菓子やお料理をいただいた気分になって、何も作らないで、すっかりそのままになっていたのでした。
ごめんなさい。

買ってから一年近く経って、初めて作ったのはオレンジバターケーキ
プレーンなケーキに見えますが、オレンジの皮のすりおろしが混ぜ込んであります。
それだけではなくて...

絞りたてオレンジが効いてます。
[PR]
by Wingco | 2009-07-31 22:41 | お菓子 | Trackback | Comments(10)
オレオレアチーズケーキ ★スイムミート終了
b0108544_21261886.jpg
多佳子さんの◎本から、正しくはオレオ台のプレーンレアチーズケーキという長い名前のお菓子。
オレオを砕いて敷き詰めた真っ黒な土台に真っ白なチーズ生地が映えて、お花のようなラズベリーとミントもキュート!(笑)

材料を混ぜてゼラチンで固めるレアチーズ。
卵を全く使わないのでこの白さが出るのですが、同時に火にかける必要もなくて作るのが楽。
暑い夏にはぴったりですね。
味もクリームチーズとヨーグルトが半々に生クリームも入って、爽やかさとコクのバランスがとてもよいのです。
レモン汁も入っていますが酸っぱさを感じるほどでもなく、グランマニエの控えめな香り付けも上品。
うちではみんなに好評だったのですが...

いつもどこか失敗してしまいます。
[PR]
by Wingco | 2009-07-18 02:44 | お菓子 | Trackback | Comments(12)
赤いコンフィチュール ~夏の始まり
b0108544_15433639.jpg
春に作ったコンフィチュール9種類。
全部赤で同じように見えますが、それぞれ別に作ったもの。何かが、少しずつ違います。
春らしく、基本はほとんどがイチゴですが、左側の少し色が薄めな2個はルバーブです。
何とかコンフィチュールの透明感のある自然な色の鮮やかさを写真に出したくて、
窓に向かって、外の明るさを取り入れようとしたのですが、バックが光りすぎてしまって、
なかなか上手く撮れませんでしたね。 
といって普通の明るさのところだと、どんより暗~い色でおいしそうに見えないし...
特に赤い色をきれいに写真で出すのって、私には難しく思えます。

いつものように、いがらしろみさんの「果物でつくるコンフィチュール」に載っている
イチゴ・ルバーブ関係のレシピを全部試したかったということもありますが、
9種類にはちょっとした訳が...

あっという間の三年...
[PR]
by Wingco | 2009-06-02 22:00 | お菓子 | Trackback | Comments(22)
紅茶とプルーンのバターケーキ
b0108544_2205347.jpg
ベイル旅行の続きを待っていてくださった方もいるかもしれませんが、
旅行に行く前に作ったお菓子を先に記事にしないと~
まだまだ雪の降るような寒い日に作ったせいか、何となく地味~な寒~い感じのする(笑)お菓子ばかりかも...?

まずは紅茶とプルーンのバターケーキ。たかこさんの●本(生活シリーズ5冊目)から。
たっぷりの紅茶の葉に、セミドライのプルーンはラム酒で戻して細かく刻みます。
なのでレーズンの苦手なタコでも喜んで食べてくれました。
紅茶とプルーンの相性は抜群ですよね。
そしてたかこさんもおっしゃっているように、ヨーグルトとプルーンの相性もよくて栄養価も高い。
私も時々プルーンの紅茶煮を作って、ヨーグルトのお供にしています。

そういえば、稲田多佳子さん、2月の粉物の本に引き続いて、またまた新刊が発売されたようですね。
毎年四月に発刊される生活シリーズですが、今回の本は出版社は同じだけど今までとは雰囲気が違うので、
6冊目というわけではないのかな?

Brown Sugar~♪
[PR]
by Wingco | 2009-04-14 21:53 | お菓子 | Trackback | Comments(14)
ゆずのケーキ ★たかこ本③完了!
b0108544_2371252.jpg
キューブクッキーが並んだ表紙のデザインから通称「□本」と呼ばれている、稲田多佳子さんの生活シリーズ三冊目の本
「”何度でも食べたい、ずっと作り続けたい”まいにちの焼き菓子と特別な日のケーキ」
に載っている42種類のお菓子、何とか全部作ることができました!
今回はそのまとめです。

最後に残っていた4種類のお菓子から、まずはすだちのケーキ
卵の割合が多いので黄色が強くて、見た目は懐かしいカップケーキのようですね。
これは作るの難関でした。といっても作り方が難しいのではなく、すだちなんてコロラドでは手に入りませんからね。
「和」なお菓子として紹介されているので、レモンで代用というのも何だか主旨が違って申し訳ないし...
となかなか作れないでいたところ、冷凍してあった柚子の天然果汁というのを、
引越しなさった知り合いの方から柚子って(笑)いただきました。ありがとうございます~!

お好みですだちの皮の摩り下ろしも入れるのだそうですけど、そこは仕方ないので、無しで。
あまり好みではないアイシングですが、これは粉糖を柚子果汁で溶いたものだというので、とりあえず一個だけ、控えめにかけてみました。
これはかけて正解! 柚子の香りがぐっと強くなります。
この後、ほんとにアイシングの嫌いなタコの分以外には全部かけました。

最後には「今日の一曲」も...
[PR]
by Wingco | 2009-03-02 22:41 | お菓子 | Trackback | Comments(18)
ティーロール ~感謝祭らしくないパーティー
b0108544_67314.jpg
見た目地味な色合いになってしまいましたが、どれもおいしかった、
いつもの多佳子さんのお菓子三点盛り。

ティーロールは●本から。やっぱり巻きがいびつになってしまいました。
●本では綴じ込みで「たかこさんの焼き菓子レッスン」というコーナーがあり、
たくさんの写真と共に、いつもの作り方よりもかなり丁寧~に、紹介してくださっています。
このティーロールもそのひとつなのですが、
今回はうちでお客様をお招きしていたので、そのほかのお菓子や料理も同時進行。
タコやダダも何かと用事を持ち込んで邪魔をする(笑)ので、せっかくの詳しい説明を読む余裕もなく、
いつものように適当になってしまいました。

後でじっくり読み返してみると、巻き方、違いますね~
直すべきポイントがちょっとわかったような気がしたので、次回は期待してくださいね!(ホントかな?)

あっ、食べての感想は、みなさんも気に入っていただけたようですし、
私も紅茶の茶葉の入ったスポンジは、アールグレーの香りもよく、ふんわりしっとりと気に入っています。
クリームには、紅茶のリキュールの代わりに何が合うかな~、やはりブランデーよね、
と倍量も入れてしまったのですが、なかなか大人の雰囲気(子供も気にせず食べていましたが)
で夜のデザートにぴったりですね。

同じ●本から、やはり大人のために、特に男性向けに甘くないお菓子ということで、
こま塩クッキーも作りました。細長い棒みたいのがそれです。
これでは全くわかりませんが、黒ごまと同量の白ごまも入っているのですよ。
香ばしさはよいのですが、もう少し塩味が強くてもいいかな~なんて、
いつもこちらの濃~い味のチップスに舌が慣れてしまっているのでそう感じてしまうのかも...

それに、うっかり焼きが強すぎてしまったのもあって、それはちょっと苦い~
5ミリ幅とかなり細長いもの、焼くときには最新の注意が必要ですね。
ほんの10秒でも急に焦げたりしますから...

私が意外にも一番気に入ってしまったのは、栗のクランブルタルト。◎本に載っているお菓子です。
’意外にも’と言うのは、それほどタルトって好みのお菓子ではなかったからです。
どうしてもふんわりとしたスポンジ系のお菓子を好んでしまうので...

タルトと言っても、クランブルを上に降りかけるだけではなく、底にも敷き詰める...
つまりタルト生地がいらない!
それだけ手軽なのに、上と下では食感が違うし、中のたっぷりなアーモンドクリームがこれまたおいしい~!!
アーモンドの味はしっかりするけど、くどすぎずにしっとりと、やはり栗(蒸し栗の瓶詰め)との相性は抜群です。

感謝祭が終わると、クリスマスもすぐそこです。
[PR]
by Wingco | 2008-12-09 16:14 | お菓子 | Trackback | Comments(22)
マフィン! まふぃん! Muffin!
b0108544_22381226.jpg
と~っても久しぶりになってしまいました、A.R.Iさんのマフィン。2月以来なのですね。
無花果マフィン
ずーっと作りたかったのですが、日本のような瑞々しい大きないちじくはこちらで見たことがありません。
ドライフルーツとしては日本でもおなじみのフィグでも、生となると、一定の時期にWhole Foodsで見かけるのがやっと...

今回はマフィンが6種類
[PR]
by Wingco | 2008-11-18 04:51 | お菓子 | Trackback(1) | Comments(18)
プチどら ~多佳子さん「和」のお菓子
b0108544_12124093.jpg
毎日晴天の続くコロラドですが、この数日の強風ですっかり木々の葉もおちてしまいました。
まる裸で枝ばかりになった木を見ると、「あ~いよいよ寒い冬がやってくるのね~」と寂しくなります。
それでも、例年ならこの時期、もう雪が降ってもよいのですが、今年はまだ...
今週の金曜日のハロウィンも穏やかな陽気の予報でほっとしています。
過去には何度か「ハロウィン寒波」とか「ハロウィン大雪」とか、
なぜかハロウィンの日にはひどい天気だった印象が強くて...

そんな秋も深まった季節のせいか、和テイストのお菓子が続きました。
多佳子さん三冊目の□本に、たくさん載っているからなのですが、まずはプチどら
小さく焼くので、何とか私でも丸い形にできました。
20枚ほど焼くので、大きなフライパン2枚引っ張り出してきましたが、
ホットプレートならもっと楽にできたでしょうね。
うちもどこかにあるはずなのですが...もう何年も使ってなくて行方不明(笑)

はちみつの香りにしっとりとした生地は確かにどら焼きなのですけど、
牛乳を使ってソフトですし、つぶあんと共に生クリームも挟んで、洋菓子のような味わい。
それほど和菓子を好まない家族にも好評でした。

粒あんも手作りなら、もっとおいしかったでしょうね~
[PR]
by Wingco | 2008-10-27 22:35 | お菓子 | Trackback | Comments(20)
白いデコレーションケーキ
b0108544_14123446.jpg
ホワイトチョコレートでコポー。
作るのは初めてでしたが、思ったよりもすいすいできてしまって、てんこ盛り~(笑)
たか子さんの□本から、白いデコレーションケーキです。
ほんとに真っ白。コポーさえ作れば、あとは何も飾りつけの心配がいらないので、気軽。
でも、その割にちょっと豪華に見える...かな~?
しかし...

先週はいろいろと作りました。
[PR]
by Wingco | 2008-09-26 14:20 | お菓子 | Trackback | Comments(16)