タグ:パーティー ( 42 ) タグの人気記事
アイスガトーモカ タルティーヌブレッド
b0108544_00181432.jpg

お友達と6人での我が家でのランチ会。
二月に入ってしまいましたが、新年会も兼ねてとのことで、少し改まって落ちついたグリーンを選びました。
曇りの日で朝の室内は暗め、ランチなのでもう少し明るめのテーブルにした方がよかったでしょうか...

12枚セットのお皿なのですが、それぞれ絵も違うので、グリーン系の6枚を選んで、朝9時と早めのスタートなので大慌て。
何とかここまでセットでき、写真も撮る事ができましたが、気が付けば水用のグラスがありませんでしたね。

お城のケーキも奥にちらっと写っていますが、みなさんおみえになって、まずは...













b0108544_00083810.jpg
冷たいデザートでのスタートです。
この日はもわ~っと感じる生暖かいようなお天気。 今年は異常に暖冬なのです。

杏仁ミルクプリン&フレッシュオレンジゼリー
稲田多佳子さんの杏仁ミルクプリン。ゼラチンて固めるぷるぷるタイプ。 
ホイップした生クリームも入って、少し濃厚、パンナコッタのような雰囲気です。
杏仁の風味はアマレットで。 指定量ではあまり杏仁風味を感じなかったので、どぼどぼ入れてしまいました(笑)
でもしばらく冷やすとアルコールが飛んでしまうのか、お酒に弱い私でも大丈夫でした。

オレンジゼリーにはレモン汁とコワントローで風味付け。
リキュール2種で喧嘩してしまうかと心配しましたが、かえって奥深い風味になったような...
大変よい組み合わせになったと思います。












b0108544_00084978.jpg

コヤマロールもどきも一緒にお出ししました。
こちらは反省点多々有り。 写真もお花に負けたのか光って何だかよくわかりませんね(笑)

外巻きなのですが、うちのオーブン焼き色がしっかりつかず、紙にもくっついてしまったので、全部はがしたら表面ぼろぼろ~(泣)
膨らみが良すぎて厚めな生地になってしまい、クリームがはみ出すかと少なめにしたのもよくなかった。
せっかくクリーム・パティシエール入りの美味しいクリームだったのに。

ハチミツ入りの生地も結構しっかりした甘さですし、ボリュームもあって全体に濃い印象のロールケーキでした。
本物はいただいたことがないので比べようもありませんが。
あっ、本当は栗の甘露煮も入るのですが、甘栗で代用してしまいました。












b0108544_00085703.jpg
お料理の方はみなさま持ち寄ってくださるとのことで、私はこのタルティーヌブレッドと野菜のローストのみ。

タルティーヌブレッドは大きく広げたパン生地を細長く切って、まず下焼きをします。
そして具を乗せて焼き色が付くまで焼きます。なのでじっくり火を通す必要のない具で。
オリーブ油を使ったフォカチャ風のパンもふんわり、具を乗せてもべちゃっとしないところがいいですね。

・グリーンオニオン&オイルサーディン
・キーマカレー
・マルゲリータ風

最初の2つは多佳子さんレシピ、最初にマヨネーズを塗って、最後に黒胡椒とパルメザンをふって焼きます。

パン生地は冷蔵発酵なので、具も前日に用意しておけば忙しい朝でも作ることができます。
食べたい分だけ切り分けて、気軽に作れて焼き立てのあつあつは格別の美味しさ! 
みなさまにも家族にも大好評でした♪










b0108544_00182847.jpg
野菜のローストはオーブンから出したまま、紙ごとどんと食卓へ。
こちらも熱々を頂きます。 ホスト側で用意するお料理にぴったり!

かぼちゃ、ズッキーニ、シメジ、黄色ピーマン、トマト、玉ねぎ。
オリーブ油、塩コショウ、ハーブいろいろでさっと和えてからオーブンへ。
その一手間でとってもお野菜が美味しく、たくさん頂くことができます。

みなさまのお料理もいつもながらどれも美味しい~♪
サーモンとクリームチーズの巻き寿司、御赤飯、タイカレー、シュリンプサラダ、キノコのマリネ、トマトのマリネ、生ハムパイナップル。
テーブルが大きいので小さくしか見えなくてごめんなさい。
御馳走様でした!









b0108544_00183806.jpg

最後にはさっぱりとアイスケーキで。
おしゃべりをのんびり楽しんでいたら、お一人先に帰らなくてはならない方がいて、急いでカット&写真。

ガトーモカ
下から、抹茶ビスキュイにラム酒がきいたコーヒーシロップたっぷり、ガナッシュ、
砕いたアーモンドのキャラメリゼ(手作り、これがそのまま食べても美味しい~!)、コーヒーアイスクリーム、再びガナッシュ。
なかなか手が込んでいます。

最後のガナッシュは冷たいアイスの上に広げるのですが、冷め切っていなくてアイスが溶けてきてしまった!
ココアをたっぷりふって、誤魔化しました(笑)
オレンジピールとピスタチオで少しおめかししたつもり。

ガナッシュは60%とダークチョコを使ったのも正解でした。
コーヒーアイスもしっかりコーヒー風味がありますし、パリッと凍った甘くないガナッシュがよいアクセント。
こちらが一番人気だったかもしれません。

おなかがいっぱい、焼き菓子3種はお持ちかえりいただき、みなさまのおうちで味わっていただくことに...
お喋りにも花が咲き、ホワイトエレファント(プレゼント交換)も盛り上がり、楽しい新年会となりました♪

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ









[PR]
by Wingco | 2017-02-11 13:39 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
結婚披露宴のために、苺ショート50個
b0108544_5281917.jpg

珍しく苺ショートケーキの断面がしっかり取れた~と思ったのですが、光ってしまってきめ細かいのがよくわかりませんね。

苺ショートを家族のためだけに作ることは滅多になく、いつもパーティーなどよそのお宅に持って行ってしまうので、
断面を慌てず撮るのも久しぶりでした。
この日は結婚式の打ち合わせに、花嫁さんが我が家にいらしてくださったのです。

実はこの前の、クラフトの会の時にも飛び入り参加、デザートのケーキを召し上がってくださって、
選んでいただいて、でも私としてはショートケーキのジェノワーズは納得がいかずに、今回はもう一つの方を。
そして、花嫁さんの方からは、当日のお料理について試食してみてください、という嬉しいご依頼♪










b0108544_5283678.jpg

この日は、秋でもまだ暑いような陽気でしたので、テーブルクロスは無しで、エスニックな雰囲気で。
急なことでしたので、こちらでのお料理は簡単な物しかお出しできず。
テーブルセッティングだけでも~とウェルカムの気持ちを表したつもりです。

お祝いの気持ちを込めて、花嫁さんには赤いお皿をセット。










b0108544_5285241.jpg

大小それぞれ4枚ずつ違ったデザインのお皿のセット。
いつもは人数の多いお客様のことが多いのですが、この日はちょうど4人で使えてよかった!

大皿も同じシリーズでウィリアムズ・ソノマで買ったもの。
トルコがテーマらしいのですが、トルコには行ったことがないので、こういう感じのデザインなのかはよくわかりません~

お花もまだつぼみばかりで...ただ投げ入れているところが、やっぱり慌てていますね。
無いよりはいいかな~と言う感じで(汗)










b0108544_5291270.jpg

ちらし寿司、うちでは急なお客様へのお助け料理となっています。
今回はマグロとうなぎがメインの具で、ごろごろっとした感じなので、錦糸卵ではなく厚焼き玉子で。
ばらちらしの雰囲気ですね。

家族がさやえんどう苦手なので枝豆を緑に使うのもいつものこと。
日本から見ると変かもしれませんが、枝豆いまやアメリカでも一般的になっているのでアメリカ人にも大丈夫かな~と。

見えませんが、寿司飯には青シソ、煎りごま、生姜(お子様がいる時にはガリ)のみじん切りを混ぜてあります。
椎茸、かんぴょうなどの五目寿司も私としては食べたいのですが、家族がこれも好まないので、
うちではこの香味寿司飯のことが多いです。
特に具が生ものの場合はさっぱりといただけて気に入っています。












b0108544_5292621.jpg

他には少し突き出しのような簡単な物を。 
イカおくら納豆、いくらの醤油漬けの柚子ぽんずおろし和え。

何と花嫁さんがお持ちくださったのも手まり寿司でかぶってしまいましたが、具はサーモンや高菜などと違ったので大丈夫。
野菜の寒天寄せはタコ焼き器を使って丸い形にお寿司と揃えたそう。
餃子の皮を使ったミニキッシュも取りやすくてよいアイデアですね。

さらにこの後改善されて、本番のお式ではより美味しいお料理が並びました。
パーティーの時間は2時からということで、しっかりランチではなく、ビュッフェ形式の軽食。
私のケーキたちもだた大皿に並べておけばよいとのことで、気楽になりました。










b0108544_5294241.jpg

それでも苺ショートケーキを50切れ、仕上げたのは当日なのでばたばた~
何とか出発時間には間に合って、写真録るのもこれがやっと。

アメリカにお住まいの方にはわかっていただけると思いますが、
小さめの苺のそれも大きさ形が似たようなものを探すだけでも大変なのです!
こちらでは苺って箱に並んで入っているわけではなく、大小さまざまな形のがごろごろ~っと適当に入っています。

ジェノワーズはふわっふわに柔らかくできましたが、それだけにカットが大変でした。
抹茶スフレロールは餡子が具なので冷凍することができます。それでも当日の朝にカットして。
会場ではお皿に並べる作業だけでよいことにしました。
アーモンドココアケーキも前日に作りおき。翌日でもしっとりと美味しくいただけます。










b0108544_5295787.jpg

まだ暑いような日で、会場のクーラーの効きが強くなかったので、ぎりぎりまでクーラーボックスから出すのを
待とうと思ったら、予定よりも早くゲストのみなさまが会場入りされて、またまた慌ててお皿に盛ることになり、
本当に適当になってしまいました。

それでもみなさんお皿に次々とケーキを乗せてくださるのを見て、ほっと安心しました。
ゲストの半分以上は日本人の方ではないようでしたが、生クリームを使ったケーキも大丈夫のようです。
中には美味しかったことをわざわざ私にまで言いに来てくださる方も何人もいて、こちらが恐縮してしまいました。

身内だけの気軽な披露宴だから~ということでケーキ作りをお引き受けしたのですが、
ヒューストン総領事夫妻、日米協会代表、大学教授...などなどご挨拶された来賓の方も凄くて...

花嫁さんはプロのピアニストさんですでにCDも何枚も出していらっしゃるのですが、
演奏活動の傍ら大学の博士課程で改めてお勉強中。
花婿さんは大学院からずっとアメリカの大学で物理学の研究をされているというアカデミックなカップル。
お忙しいお二人なのに、披露宴はご自分達の手作りでとの希望。










b0108544_5301369.jpg

お料理もこの鶴のお飾りも、御ふたりと日本からのご家族、友人たちで作りました。
みなさんからのスピーチも心温まるものばかりで、素晴らしいパーティーでした。

お二人の素晴らしい門出に少しはお役に立てたのかと思うと、参加させていただいてよかった!
幸せのおすそ分けをしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
末永くお幸せに♪

↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-12-13 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
杏仁リコッタ&マンゴープリン  感謝祭のターキー
b0108544_22481327.jpg

先週の木曜日、アメリカではサンクスギビングの祝日でした。
今年はお友達からターキーディナーに御招待をいただき、久しぶりにアメリカらしい感謝祭を過ごすことができました。


杏仁リコッタ&マンゴープリン
杏仁豆腐にリコッタチーズを入れてしまうというレシピ。しかも白ワインたっぷり。
リコッタだけではなくもちろん牛乳の方がたくさん使いますし、リコッタですからチーズチーズした感じにはなりません。
普通の杏仁豆腐よりコクがあり、あっさりしすぎずによい感じです。
ただ寒天の配合が多かったのか固めだったので、もう少しするするな食感の方が好みでした。

マンゴープリンも以前とは違うレシピで、今回はフレッシュなマンゴーを使いました。
完全なピュレではなく、ざっと手でつぶしたので、ところどころにマンゴーそのものを感じるのが好みでした。
もっと甘いマンゴーだったらよかったのに~

両方共あっさりめの味でしたが、乗せたたっぷりのフルーツ、そしてアガーとグラサージュのゼリーにはグランマニエをたっぷり。
量が足りなくて、おうち分にはゼリーがなくなってしまいましたが、このゼリーが効きました。
全体の組み合わせは最高~♪

高校生以上の大人な集まりでしたので、持参いたデザートも大人っぽい雰囲気に、一応したつもりです。











b0108544_22483339.jpg

その他に作ったお菓子全て、カットやデコをする前に勢ぞろい。
いつものことですが、この後がトダバタで、持って行く状態になってからの全体写真が撮れませんでした(泣)

新しく買ったチーズケーキの本が気になり、上のリコッタ杏仁とともに、下の2つもその本からのチーズケーキ。
でもそれぞれ味わいはかなり違います。

そして右上のスポンジケーキ風ですが、高さがある型ですよね?
そう、20cmのシフォン型、中の筒は外して使っています。
冷ます時にうっかり中心をぶつけてしまって残念でしたが、筒がなくても真ん中が凹むことはなく、
普通のスポンジのようにとてもふっくらと焼きあがりました。
津田さんのバターシフォン(BP使用)のせいもあるかもしれません。











b0108544_22485225.jpg

コーンブレッド
は甘くはないですし、お菓子ではなくパンのような位置で感謝祭ではつきもののようです。特に南部では。
スーパーにもコンーンブレッドミックスのようなお手軽に出来る粉がたくさん並んでいます。
小嶋ルミさんのレシピで作ってみました。

コーングリッツという粗挽きのとうもろこしの粉も沢山入って、本来は素朴な物ですが、
さすがルミさん、しっとりふんわりで美味しい~
ホールコーンも入ってみなさんにも好評でした♪











b0108544_2314891.jpg

苺ショート風シフォンケーキ
デコに時間がなくてガタガタ、お恥ずかしい~
高すぎて潰れる恐れがあるからでしょうか、上下1cmづつはカットすることになっています。
それでもかなりの高さ。クリームと苺の重さが心配でしたが、何とか持ちこたえてくれました。
ふわふわな部分が多いですし、やはりジェノワーズよりもシフォンは柔らかくてこちらも大好評でした♪


クランベリーミルクチーズケーキ

こちらにもリコッタチーズを使用、クリームチーズは使いません。
コンデンスミルクでとってもミルキーな美味しさ。
ベイクドタイプ(湯煎なし)なのにとっても滑らかでソフトな食感です。

クランベリーは中にも刻んだ物がたっぷり入っています。
この甘酸っぱさが、ミルキーなチーズ生地に良くあっていて美味しい♪
土台のパートサブレも手作り、これくらい薄~い方が主張しずぎずによい感じでした。










b0108544_230131.jpg

ターキー、大きくてびっくり! 
20パウンドなので、10キロ近くあります。
オーブンから出すにも、熱いし重いし、二人がかりの大仕事でした。

焼きあがってからすぐに食べられるわけではありません。
中の詰め物を出して、ターキーは保温しながら休ませます。
その間に詰め物(スタッフィング)を煮込んでグレービーソースを作るのですが、
それまで待てない~ということで、急遽ミキサーにかけてとろみをつけました。

スタッフィングはターキーの内臓と他は各家で違ったりしますが、お友達はリンゴ、ニンジン、セロリ、セージなどの
ハーブをいろいろ使っていました。
内臓のクセを感じなくて、美味しいグレービーでした。










b0108544_2302713.jpg

手前に並んだのも典型的なサイドデッシュ3つ。
インゲンとマッシュルームのソテー
スイートポテトをバターソテーして甘めに煮て、マシュマロを乗せて焼いた物
リンゴとラズベリー入りクランベリーソース

本来はかなり甘かったり日本人にはちょっと口に合わないようなお料理だったりするのですが、
アメリカ生活の長いお友達、経験から工夫を重ねていらしたようです。
実はターキーは苦手だし、他のお料理も今まで美味しいと思ったことがなく、今まで作るのは避けて来ました(笑)
今回はどのお料理も美味しく、ターキーもくせがなくジューシーでした。










b0108544_231743.jpg

ターキーは御主人がテーブルで切り分けるのが普通だそうです。
なるほど、みていても結構な力仕事です。女性一人では無理かもしれませんね。

他にもみなさんの持ちよりお料理、ラザニア、煮豚、アスパラソテー&プラムベーコン巻き、梅ごはん、
洋梨くるみ入りグリーンサラダ、パンプキンパイ... 御馳走様でした♪









b0108544_2313121.jpg

お家に入ると、天井近くにあるこのターキーにいつもギョッとさせられます。 
ご主人様が初めて行ったハンティングで、見事に射止めたそう。
ご本人はビギナーズラックとおっしゃっています。 野生のターキーもいるのですね~

こちらもかなりの大きさで、目が合うとちょっと怖い...
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-30 00:01 | お菓子 | Trackback | Comments(3)
馬蹄形ウインナーロール フォカッチャ 持ち寄りランチ会
b0108544_23411348.jpg

前回のデザートはほぼ前日に準備しましたので、今回は持ち寄りランチのお食事編。
私の準備したのはこちら、パン三種、チーズプレート、そして簡単なおかず。

チーズプレートはヒューストン1のグルメスーパー、セントラル・マーケットで買った三種のチーズ、ゴルゴンゾーラ、
ブリー、シェーヴル、どれもまろやかで美味しいものでした。
ムースのスモークサーモン巻きも、ナッツとドライフルーツも買ったものですが、プラムのコンフィチュールは自家製。
酸味が効いて、ブリーと一緒にフォカッチアに乗せて頂くのが美味しかったです♪

ズッキーニとモッツァレラのマリネは若山曜子さんの「フレンチデリ」より、
刻んだミントはたっぷり、あとは軽めの塩、鷹の爪、レモン汁だけのとてもさっぱりとした味付けです。
ズッキーニは生のままですが、ピーラーで薄く削ります。フレッシュのモッツァレラはやはり美味しい~











b0108544_2341379.jpg

当日はパンを焼くだけの作業なので、テーブルを整えた後に写真を撮る余裕もありました(笑)

まだまだ暑い日でしたが、今回はテーブルクロスを使いたかったので、涼やかなサッカー生地の
ペパーミントグリーン白のストライプを選びました。

そしてヴェラ・ブラッドリーのコースターとペーパーナプキンのセットも同系色なので使ってみました。
ヴェラ・ブラッドリーは鮮やかなプリントのキルトのバッグでアメリカでは大変に有名。
日本人も大好きで、私の周りでは持っていない人はいないのでは?というほど。
お値段も手頃ですし、中高生女子にも人気のブランドです。

食器はすっきりと白にしたかったのですが、お皿のセットでの白はこちらのリチャード・ジノリしか持っていません。
それも何枚か割ってしまったのもあり、今回は計5名で何とかなりましたが、新しい白いお皿がセットで欲しい~
と思うのですが、実際にお店で見ると、白い食器は冷たい感じがして、つい絵皿とか色のあるお皿に眼が行ってしまいます。











b0108544_2342654.jpg

馬蹄形ウィンナーロール
おもしろい名前ですね。ウインナーの長い形のまま、細長く包んで切れ目を入れて、それをUの字に曲げて焼きます。
手で簡単にちぎれるので、パーティーにもってこいですね♪

惣菜のせパン かぼちゃとズッキーニ、玉ねぎ、ミニトマト
野菜はあらかじめ、塩とオレガノを入れたオリーブオイルをまぶして軽く味付けしてあります。
ローストされた野菜の甘さが、オリーブオイルの効いたあっさりパン生地によく合います。








b0108544_235577.jpg

フォカッチャ
ふんわり、しっとり、焼いている途中にも塗ったオリーブオイルの香ばしさがたまりません!
全て同じパン生地ですが、それぞれにおいしさが違います。

高橋雅子さんの一晩冷蔵発酵させる生地は、成形もしやすくて、イーストも半分。
今回も、しみじみ美味しいパンになりました。










b0108544_23552412.jpg

お友達4人のお料理はいつもの事ですが、とっても美味しくて、量もたくさん!
ツナとにんじんのサラダ、アボカドとお豆のサラダ、鮭の南蛮漬け、鮭の押し寿司...










b0108544_23553935.jpg

ルッコラとリンゴのサラダ、手作りジェノベーゼのパスタ、ラタトィユ。
みなさまお料理を入れてお持ちくださった器が、申し合わせたようにテーブルにマッチしていたのも嬉しい~♪










b0108544_23555978.jpg

盛りすぎですね、私(笑) 
ボリュームはありましたが、お野菜中心なので重たくはならず、この後のデザートもしっかり召し上がっていただきました。
例によって、お話に気が行ってしまい、写真忘れてしまいました。

今回のお飲み物、食前酒にトレジョーのピーチワイン。
お安くてピンクがきれいなので買ってみましたが、開けた途端に白桃の甘~い香り♪
甘くて酸っぱくて美味しくて飲みやすいのですが、アルコールも強い~
アルコールに弱い私は飲んですぐにクラクラしてしまいました。
甘いお酒、気をつけましょう~(笑)

お食事中は、美味しい鹿児島茶を冷茶で。
よいお茶は色も綺麗ですね。

テーブルを緑で爽やかにしてくれたバジルもお友達のお庭から。 シソといっしょにたくさん頂きました。
ありがとうございます!

今回のゲストはみなさん、タコの同級生ママ。
秋は部活等で忙しい高校生、帰宅も遅いことが多く、この日は夕方6時過ぎまで、しっかりお喋り楽しませていただきました。
もちろん、たま~にのことですからね♪
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-10-26 00:01 | パン | Trackback | Comments(6)
たかこさんのパンマフィン、キッシュ風 お気軽ポットラック♪
b0108544_1515762.jpg

9月前半のお話になりますが、長い夏休みも明けたことですし、
子供のいないお昼に御近所の日本人のお仲間3人と簡単に集まることにしました。

いつものようにお菓子担当ですが、我が家への御招きなのでそれ以外に主食になるものも作りました。

照り焼きチキンとにんじんのキッシュ風
お醤油味の照り焼きチキンとキッシュを組み合わせてしまうというのが面白いのですが、これ、なかなか良いです!
それにマフィン型を使って小さく焼くと、気負いなく作れますね。中まで火が通ったかを心配しなくてもいいし。
生地ももちろん手作りですが、ささっと作れるのに、さくさく軽くて、パイのような食感もあり美味しいのです。

プチトマトとモッツァレラチーズのキッシュ風
こちらはもっとお手軽で、プチトマトとチーズを切って卵液と入れるだけ。
あっ、両方共に底にピザ用チーズも敷きます。

焼き立てのチーズがとろりとのびて、熱したトマトの甘さが凝縮されて、それはたまらない美味しさです。
照り焼きチキンはしっかりお醤油味、こちらは優しい味でバランスもよかったと思います。

稲田多佳子さんの「マフィン型...」の本からですが、本当は普通サイズのマフィン型を使います。
今回せっかく大きな型もあるし、小さいと皮ばかりで具が少なく感じるのではないかと大きい方にしてみました。
上から見るとそれほど違いはありませんが、かなり高さがあって、1個はとても食べられません~
確かに具沢山でおいしかったのですけどね。 キッシュの皮も美味しい~♪


パンマフィン ブラックオリーブ+ベーコン
パンマフィン、ドライイーストを使っているのでパンなのですが、混ぜるだけでぎゅうぎゅうこねる必要がなく、
一次発酵後にすぐ焼くことができるので、当日の朝でも気軽に作れました。

よく膨らみますし、焼きたてはふわふわ、本当のパンのようです。
ただ冷めるとふわふわ感がなくなって...かりっとするところもまた美味しいのですが。
細かく切ったオリーブとベーコンも味わいを増しています。
甘いパンマフィンも載っているので、そちらも楽しみ♪










b0108544_1521893.jpg

今回は朝に作った物がお手軽にできるものばかりでしたので、みなさんがいらっしゃる前にテーブルの写真を撮る余裕もありました。

テーブルクロスが好きで、いつもはどれを使うのかも楽しみなのですが、まだまだ夏のような暑さでしたし、
お気軽な集まりでしたし、このニットのマットを使いたかったので、今回はすっきりクロス無しにしてみました。

ディナープレートに重ねた上のお皿は子供用。
3人とも私より一回り近くお若い(?)みなさまでしたので、楽しんでいただけるかなと思って。











b0108544_1524816.jpg

同じデザインのお皿ですが、4枚色が違います。
デプレッショングラスと言って、普及品ですが80年代には生産が終った、一応今はヴィンテージでしょうか。
マザーグースの詩と絵がエンボスで描かれています。

みなさんのお持ちくださったお料理も並べて、テーブルが賑やかになりました。










b0108544_153154.jpg

手前はかぼちゃのマッシュにベーコンなどが入って、揚げたレンコンが見た目にもよいアクセントになっていますね。
サラダには揚げた春雨も、マレーシア人のお友達から習った本場のサラダ、チキンやナッツも入って、
ナンプラーでエスニックな雰囲気。 お醤油、レモン汁でさっぱりと美味しい味付けでした。










b0108544_1584721.jpg

もうひとつのサラダには、ざくろ、生ハム、フェタチーズと具沢山。こちらはバルサミコ酢ベースの味付け。
他にも千切り大根と香菜のサラダもあり、サラダバイキングのようで楽しかったです。

大きなメンチカツも、もちろんがっつり美味しかった~揚げ物大好き!
どれもパンやキッシュに合うお料理で、いつもながら打ち合わせ無しなのに、バランスも最高♪
(雑な盛りつけですみません~)











b0108544_152332.jpg

メンチカツの入っているのは水色の模様がかわいいパイレックスですね。
サラダは持ってきていただいたボウルそのままでラフ過ぎるかもしれませんが、
(と言って他の器に移し替えましょうというのも言い出しにくく...)
何となくカジュアルな雰囲気にも合っているでしょうか。 
お料理はどれも美味しく、お話も弾みました。

アメリカ生活がある程度長いみなさまでしたので、今回特に盛り上がったのはアメリカの医療について。
夏休みの一時帰国でみなさん健康診断や気になるところを病院で診ていただいたそうで、
いかに日本のお医者様が丁寧で優れているかを身に沁みました~ということです。

もちろん、アメリカの医療は最先端をいっていて、日本から研究にいらしているお医者様もたくさんいらしゃいます。
保険制度が日本とは全く違い、お金持ちには最高の医療が受けられますが、庶民が受けられる医療との差が激しすぎるようです。

デザートもお気軽な物が並びました♪  次回に!


↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-10-06 00:07 | パン | Trackback | Comments(4)
三色ブランマンジェ パイクッキー・チーズ
b0108544_23582611.jpg

夕食会にお呼ばれ、私はデザート担当ということで、
前回のシフォンケーキ2種(ヨーグルトバターシフォン、チョコレートシフォン)と共に、
冷たいカップデザート、ワインにも合いそうな甘くないパイクッキーを持参しました。











b0108544_03965.jpg

三層になったブランマンジェ

層がよく見えませんが、下から、ジャスミンティー風味のブランマンジェ、アプリコットのゼリー、
アーモンド風味のブランマンジェとなっています。
参考にしたのはこちらの本↓


一流シェフのとっておきカップデザート―ひんやり、とろぷる系のスペシャルレシピ集 (別冊家庭画報―おいしいものだけセレクト編集)

世界文化社




美味しくはあったのですが、お店のスイーツということでしょうか、結構甘さはしっかり感じ、固さも割りとしっかり。
ルミさんのブラマンジェのプルプルとろけるような柔らかさが好きです。
でもきれいな三層にするには、ある程度固さがないといけないのかもしれませんね。

みなさんにはとても喜んでいただけて、ほっとしました。
しっかりとした味のまったりブランマンジェでしたので、いろいろ酸味の強いフルーツとの調和もよかったようです。

 
上に乗せたフルーツはうちにあるもので、ホイップクリームの上に適当に。
ただ、オレンジ色のは黄桃ではなく、手作りのアプリコットのコンポートです。

フレッシュなアプリコットが出回る季節ですので、せっかくですからコンポートにしてみました。
杏ってすぐに柔らかくなるのですね~ 
短時間しか火にかけていないのに、すでに熟して柔らかめだった杏は形にならないほどにとろとろに、
固くて生では食べられないような杏がちょうどよい感じになってくれたので助かりました。

この杏のコンポートがとっても美味しくて!
酸味も甘さも際立って、生の杏とは別物のようになりました。











b0108544_2359265.jpg

パイクッキー チーズ風味
小嶋ルミさんの「おいしい生地」より。
パイとは言っても折込をするわけではなく、クッキーと同様にお手軽に作れます。

一回目を焼いてから、思いついて、二回目の生地には焼く前にブラックペッパーをふりかけてみました。











b0108544_23591722.jpg

ちょっとペッパーかけすぎ?  
でも大人の夜の集まりでしたので、このくらいの刺激がちょうどよかったかもしれません。
ブラックペッパーがあってもなくても、どちらも美味しい~

たっぷりのパルメザンチーズの風味がとても効いています。
さくさくと、本当にパイとクッキーの間のような食感も楽しいのです♪











b0108544_23235364.jpg

パーティーの始まり、素敵なテーブルセッティングとお料理をちらっとご紹介。
左上に少し、見えますか~? カメさんと貝殻で海のイメージ。 涼しげですね。

ガスパチョにはスイカも入って、ほのかな甘さが新鮮な美味しさでした。
これは前菜の一皿、これからまだまだご馳走が続いたのですよ~
初めて御招きしたいただいたお宅でしたし、写真を撮るのはためらってしまいました。

4家族の持ち寄り夕食会でしたが、ホストの方だけでも作られたお料理は10種以上あったのではないでしょうか...
みなさんお料理上手で美味しいお料理を堪能させて頂きました。
お話も盛り上がり、あっという間に翌日、楽しい一夜となりました。










b0108544_23593327.jpg

こうして見ると、シフォンケーキそのまま~というのは地味ですね。
本当は苺ショートなどデコレーションケーキにしようと思っていたのですが、前もってホストの方にお聞きしたところ、
”冷蔵庫に入らないわ~ シフォンのままでお願い!”とお返事でした。
あれだけのお料理をご用意いただいたのですから納得です。

ブランマンジェの方は大きなクラーボックスに保冷して持っていきました。
夜のパーティーはデザートを頂くまでに時間がかかります。
やはり生クリームを使う物、ぷるぷる系のお菓子は冷たくしていただきたいですからね。

それでも今回の4種のデザートは大きな失敗もなく、バランスもまぁよい感じで、作ることができたでしょうか。
みなさまの「美味しい~」という言葉が、とっても励みになっています。
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-08-02 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
大納言入り抹茶ミルクシフォン 初めてのシャルロット 送別高2会
b0108544_1352024.jpg

大納言入り抹茶ミルクのシフォン
いつもの津田さんのバターシフォン、20cm。 今回は抹茶ミルクですが、そこに鹿の子大納言を入れてみました。
クオカの製菓用の鹿の子は甘さもほどよく、しっかりとした大粒。 シフォンに入れても目立ちます。

シフォンに大きな具を入れるのは、私にとってはチャレンジでした。
底に沈むこともなく、大きな穴もできずにほどよく散らばってくれて、期待通り!

パーティー用に作ったので、家族用に残したのはこの3切れのみ。
実はそれほど抹茶味を好まない(苦いから)ので、一口味見をするだけでよいと思ったのですが、
食べてみるとそれは美味しかった!
やはり抹茶に小豆は最高の組み合わせですね~
このアレンジシフォンは定番にしたいと思うほど気に入りました。











b0108544_1543258.jpg

シフォンの全体はこちら。
バターシフォンなので手はずしはできませんが、ぼろぼろしていませんし、まあまあの出来でしょうか。

この日はお昼からものすごいサンダーストームとなり、家の中は午後の3時なのに真っ暗~
照明をつけての撮影になってしまいました。
でも以前はオレンジっぽい暗い照明で、よく写らなかったのですが、電球取替えたら、写りも変わりました。
ちょっと光りすぎることは気になりますが。

ダダが日本の蛍光灯のように白い光のLED電球に変えて、
その時は、「まぶしすぎる~ 雰囲気がよくない~」と文句を言っていたのですが、慣れると平気になるものですね。
アメリカの照明って、家でもレストランでも薄暗いことが多く、それに慣れてしまっていて、
日本に行くとどこもまぶしすぎる印象です。
でもやはり薄暗いのは目に悪いようで、タコもたいそう視力が悪いですし、私も老眼の進みが早い~(悲)











b0108544_2221485.jpg

今回のパーティーにはこの三品。
高校生とママ達のパーティーなので、両方に好まれそうで、少し華やかに見える内容にしたつもり。











b0108544_1562063.jpg

カップショートケーキ
やはり少し白く光りすぎてしまいましたね。
子供達用に、ショートケーキをカップに入れて作りました。
バッフェ形式なので、大きなケーキだと切り分けるのにぐちゃぐちゃになりそう~と思って。

全く中身が見えていませんが、一番底には刻んだ苺に手作りジャムをからめたもの、ハチミツと練乳のソース、
ゆるめにたてた生クリーム、キルシュシロップをうったジェノワーズ、ホイップクリームの絞りだし、フルーツ、の順です。

「カップデザート」という本に載っていたものを、美味しそうな組み合わせかと初めて作ってみたのですが、
底の方はいろいろ入っていて、甘さが強かった印象です。
小さめのカップなので仕方なかった点もあるのですが、ジェノワーズは二枚にして間に挟むようにすれば、
バランスがもっとよくなるかな?と思いました。

見た目も華やかですし、子供たちにも好評。 カップケーキ、パーティーにもってこいですね♪












b0108544_1564094.jpg

バヴァロアのシャルロット
シャルロット、ずっと作ってみたいと思っていたのですが、作るのが大変そう~と手をだせなかったのです。
初めてにしては、何とか形にもなってよかった!

ビスキュイの絞り出しが、まっすぐ均等にできるのかが一番心配だったのですが、上手くできなくても、
それなりには見えるものですね。

デコはまだまだ。 本当は上を一面ベリーで飾りたかったのですが、使える苺が少なく、
適当にホイップクリームで空間を埋めることになってしまいました。











b0108544_157093.jpg

7組の親子での持ち寄りパーティー。
今回もたくさんのご馳走!
品数もですが、アメリカらしく、一品の量も多いのです。
いつものように打ち合わせなしてすが、バランスもいいですよね~

シュウマイは2名かぶってしまいましたが、それぞれ個性があって楽しいのです。
チキンウィング、チャーシュー、煮込みハンバーグ、ポークと筍のパイ、ポテトサラダ、レタスとチーズのレイヤーサラダ...










b0108544_1571638.jpg

新玉ねぎのサラダ、ちらし寿司、ライスサラダ。
この野菜スティックのディップソースが、和風味なのにこっくりと美味しくて! 
さっそくレシピを教えて頂きました↓
セブンの野菜スティック☆味噌マヨディップ

このほかに、キッチンには大きな寸胴なべいっぱいの、熱々おでんと鶏つくねのスープまで!
何品作られたのか、ホストのYさんのおもてなしは素晴らしすぎて、みなさまも感動~












b0108544_28282.jpg

デザートも充実!
プレーンシフォン、フルーツいっぱいの杏仁豆腐、バナナと洋梨のパイ、写っていませんがクリームブリュレ。
抹茶シフォンの色が...やはり普通の照明の下ではこのような写りになってしまいますね。

食べて、飲んで、遊んで、お喋りして、親子共々楽しい夜でした。
でも2組の方は日本に本帰国が決まってしまっての送別会、最後はしみじみとしたお別れとなりました。

たくさんの楽しい思い出をありがとうございます。 日本でもお元気で、また会える日まで...
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-06-14 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
イースターのお茶会 焼きカレーパン
b0108544_23224315.jpg

先週は共同購入しているHarney&Sonsのお茶を取りに来て頂くついでに、我が家でお茶会を開きました。

今回は7名のお客様、プラス私の8名。
テーブルにお皿やカップを並べてもスペースに余裕もあり、10人までは大丈夫そうです。
でも食器は4人用のセットしかないので、今回は左右別々の2セット。
柄あり、柄無しで、ちょっと統一感がなかったでしょうか...











b0108544_23244068.jpg

この二段のスタンド、パーティーにはよく登場しますが、たいていは市販のお菓子を並べていました。
今回はデザート以外に、焼き菓子も手作りすることを勝手に目標としていました。

ルミさんレシピのフルーツケーキと三種のクッキーで、何とかクリア♪











b0108544_23245525.jpg

イースターの時のリンツとゴディバのチョコレート。
子供っぽいかもしれませんが、こうやって並べてみると、やっぱりかわいい~!












b0108544_2325726.jpg

ペーパーナプキンもピーターラビットなのですよ!
ちょうどフォークでお顔が隠れていますが。
これを使いたくて、イースターのお茶会とさせていただきました。

前回はナルミの青いティーカップに合わせて、ブルー系のテーブルクロスにしましたが、少し模様が賑やかでした。
今回は、気温も上がってきましたので、すっきりと無地の薄いミントグリーン、リネンのクロスです。

ウエッジウッドのお皿とエルメスのカップ&ソーサー。
どちらも賑やかな柄、柄になってしまいましたね。












b0108544_23531329.jpg

お料理で私が用意したのは、手前のパン3種のみです。
実は水菜のサラダも予定していたのですが、水菜をサブの冷蔵庫に入れておいたら奥の方で凍っていました(悲)

パンは今回も高橋雅子さんのお惣菜パンです。

枝豆のねじりパン
枝豆たっぷり、シンプルだけど美味しい。 ぱらぱら塩が効いています。

三つ葉とごまのねじりパン
こちらは御醤油味です。三つ葉とパンの組み合わせは初めてですが、個性的な香りがとってもよい感じ!

パンは焼きたてが一番!かと、逆算してお客様がいらしてから成形することにしたのですが、やはりそれは無謀でしたね~(笑)
お客様がいらっしゃるたびに、対応しなくてはいけませんし、お茶を入れたり、お話したり...
最終発酵で布どりしなくてはならなかったのですが、まぁいいかな~とそのままに。
やはりねじりがゆるんでしまいましたね。 ひどい形!

発酵時間も適当になってしまいましたが、イースト半分のゆっくり発酵のせいか、
ちゃんと膨らんで美味しいパンになってくれました♪











b0108544_23533866.jpg

焼きカレーパン
この前の揚げカレーパンも美味しかったですが、やはり女性には揚げるよりあっさりと焼く、でしょうか。
こちらの中身はグリーンカレー! 
パウダーのココナッツミルクを使うことで、水分が少なく、パンに包みやすくなるのですね。

とりひき肉とかぶ(本ではタケノコ)、そしてオクラも炒めます。
具は前日に作っておいたのでクリーンがくすんでしまいましたが粘りが、こちらもまとめやすくなる素材ですね。
みなさまにも好評でした♪












b0108544_23535314.jpg

お客様の持ってきてくださった美味しいお料理の数々。
バジルとアンチョビのパスタ、鶏とかぶと筍のクリーム煮、クロワッサン・キッシュ、ツナとグリーンペッパーのワンタン包み。
写真には写っていませんが、ツナとトマトの和風パスタもありました。







b0108544_1434142.jpg

珍しく撮れた、お食事中のテーブル。
パンも何とか焼けて、余裕が出たのでしょうか...












b0108544_1435415.jpg

まだまだデザートもありますよ♪
向こう3品、地味なものは私が作りましたが、美しい手前3品はお客様がお持ちくださいました!

いつもと変わり映えしないようなシフォンケーキですみません~
プレーンとミルクココアシフォン。
20cmのシフォンの向こうで小さく見えますが、スフレチーズケーキ、これでも18cmあります。

ロールケーキは卵別立てのシフォンのような生地、とてもきめが細かくて、しっとりとしています。
牛乳とココナッツオイルを使っているからでしょうか。
かわいいカップデザートは、流行のチアシードを使っているのですよ!
また後ほど御紹介しますね。












b0108544_144728.jpg

今回のお茶たち。 
まだまだストックがありますが、どれから選んで頂こうか...今回は春らしく赤系統の缶を並べてみました。

この中から、みなさまが実際にお試しいただいたお茶です↓

・Blood Orange Iced Tea (ブラッドオレンジのフルーツティー。ノンカフェイン)
・Tower Of London Blend (ベルガモットとハニー風味の紅茶。一番人気♪)
・Apricot (アプリコット風味の紅茶)
・Pomegranate Oolong (ざくろ風味のウーロン茶)
・Cranberry Autumn (クランベリーとオレンジ風味の紅茶)
・Mother's Bouquet (お花のミックスハーブティー)


↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-05-05 00:00 | パン | Trackback | Comments(4)
いちごシフォン さつまいものフィナンシェ 塩レモン
b0108544_373788.jpg

20cmと17cmトールシフォン、こうやって並べてみると、大きさの違いがよくわかります。
高さは同じですが、トールシフォンはかなりスリムですね。

私は慣れているせいか、20cmのほうがふわふわな部分が多くて好きなのですが、
一切れのボリュームがありすぎるかも...
トールシフォンの方が細長くて、食べやすい大きさなのかもしれませんね。

シフォン2切れにフィナンシェまで。
ここは生クリームを添えるところですが、朝の気分はさっぱりと、甘さのない自家製カスピ海ヨーグルトでした。










b0108544_38368.jpg

さつまいものフィナンシェ
そう、形はミニパウンドですが、フィナンシェなのですよ。
小嶋ルミさんの、「おいしい生地」より。 最近またこのバイブル的な本を見直しています。
乗っているお菓子の半分ほどは作ったことがあったのですが、まだまだ作ってみたいお菓子が残っていました。
作ったことがあるお菓子も、どれももう一度作ってみたいと思いながら、そのままに...










b0108544_382644.jpg

ぷく~っと膨らんだところもパウンドケーキのようですね。
バターの焦がしは控えめに。 
上にはたっぷりの白と黒の胡麻、そしてバターソテーしたさつまいもを乗せました。

さつまいもを、生地に混ぜ込むのではなく、上に乗せるのですね。
そのさつまいも、バターソテーはするものの、それほど柔らかくしなくてよいということです。
食べてみると、なるほど、その微妙なさうまいもの食感がしっとりとしたフィナンシェのよいアクセントになります。
もちろん胡麻のぷちぷちも。

ぎっしり、乗せすぎ~見えるごまも...










b0108544_384256.jpg

一切れになるとほどよい感じ。
さつまいももっと乗せてもよかったかな?と思いましたが、その程度に抑えたほうが
フィナンシェの美味しさが引き立つのかもしれませんね。

もう少しくどい感じになるのかと思いましたが。甘さもそれほど強く感じず、ちょうどよい美味しさでした。
作った当日食べたより、冷蔵庫で数日寝かせた方が、甘さも落ち着いて、よりしっとり、美味しくなりますね。


おばあちゃんのいちごシフォン
なかしましほさんのレシピです。
ですから、きび砂糖のあっさりめのシフォン生地。
そこに、自家製セミドライいちごの甘酸っぱさが加わって、爽やかな春らしい美味しいシフォンになりました。

セミドライいちごは、スライスしたいちごを低温のオーブンでしばらく入れるだけで作ることができます。

以前いちごとヨーグルトのシフォンを作った時に、ヨーグルトで爽やかさは補えましたが、
やはりいちごは果物そのものの味わいがそれほど強くないので、シフォンに入れちょっといちごの印象が弱いかな~
と思ってしまいました。

セミドライいちごにすると、いちごの味と甘さが凝縮されて、そのまま食べても美味しいですし、
シフォンに入れれば、いちごの風味をしっかりと感じるシフォンになります。

ただ、二回目ということもあってちょっと油断が...(笑)
セミドライいちごを作ってからシフォンを作るまでしばらく間が空いてしまい、
いちごから水分が出てしまったようです。
そしてもっと細かく刻まなくてはいけなかったのに、大きくなってしまい、いちごの周りに穴が空いてしまった部分が...










b0108544_317083.jpg

ゆで小豆のシフォンケーキ
こちらは津田さんのバターシフォン。
とらも黄身の色が濃いたまごでしたので、シフォンも
以前作った時に、缶詰のゆで小豆は結構甘いので、コクのあるバターシフォンですから、
全体に甘さが強すぎるかな?という印象がありました。

今回も、シフォンにしてはしっかりとした味でしたが、それほどくどくはないし、小豆カステラのようで、
特に冷蔵庫で冷やしてもふわふわで、より美味しく感じました。


三種のケーキをざざっと詰めて、それと、先日作って美味しかったタピオカミルク餅
もまた作って、お友達のお宅へ...










b0108544_39119.jpg

私の作ったお菓子たちと、ホストのMさんが作ってくださった、シャンパンのしゅわしゅわフルーツゼリー。
素敵な器にテキトーに盛りつけたのは...私(笑)

ファイヤーキングのアンティーク。 
白い色にプレートもティーカップも四角というのが珍しいですね。
Mさんもお気に入りだそうです♪

タピオカミルク餅用に出してくださったのは、ロイヤル・コペンハーゲンのミニミニなお皿。
フルレースでこんなに小さいお皿、初めて見ました。  かわいい~!









b0108544_392639.jpg

順番が逆ですが、デザートの前にはこれまた素敵で美味しいお料理が並びました。
サーモンのポキ丼、クロワッサンのキッシュ、サテ、クリームチーズ揚げワンタン、クレソンのサラダ、
たくわんとかにかまのサラダ、お豆のサラダ。
この他にも、お豆腐の白和え風なお通し、アスパラベーコン、チーズ盛り合わせなどなど...ご馳走様でした!









b0108544_3163420.jpg

お庭はレモンの木があり、た~くさんのかわいいレモンが実をつけていました。
食べきれないから~といただいてきたレモンで、さっそく念願だったレモン塩を作りました。









b0108544_3161528.jpg

いただいたレモン、ぽちっと出た部分がかわいいな~とそのまま飾っておいたのですが、
二日目に気がつけば、くろいぽちぽちが~!
かびとかではなく、ちょっと変色しただけなので、問題はなさそう、と慌ててレモン塩にしました。

これも防腐剤とか農薬など使っていない、自然のままのレモンだからのことなのでしょうね。
貴重なレモンをありがとうございます!



熊本地震の被害についてはこちらでも報道されています。
早く余震が収まってほしいと願っているのですが、今もまだ大きな余震が続いているようです。
被害にあわれたみなさまがどんなにお困りか、
いつになったらみなさんが安心して普通の生活に戻れるのかと思うと、胸が痛みます。

こちらヒューストンでも、昨夜からのひどい雷雨が今も続いており、浸水する家屋や、道路にも水が溜まり、
あちらこちらで通行止めになっています。
ほとんどの学校もお休みになってしまいました。 なるべく家から出ないようにとのことです。
昨日通った交差点が水で溢れて、車が浮いている映像もありました。
熊本地震には比べようもない、小さな災害ですが、それでも不安に思います。

どうか早く余震がおさまり、被害がこれ以上大きくなりませんように...

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-04-18 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
なかしましほさんのグレープフルーツシフォン チョコモカクッキー
b0108544_2022983.jpg

ピンクグレープフルーツのシフォン
久しぶりになかしましほさんのシフォンケーキを作りました。
ピンクグレープフルーツの果汁と、細かくほぐした実も一個分、たっぷり入っています。

17cmですが、トールシフォン型を使いましたので、立ち姿もすらっと細身ですね。










b0108544_20222622.jpg

レモンなど柑橘系の果汁を使うと、モクモクと膨らみもよく、じゅわっとした食感のシフォンになります。

しほさん、ピンクグレープフルーツとわざわざ”ピンク”を指定していますが、そう言えば、
子供の頃食べたクレープフルーツは白っぽい実の色でしたね。
アメリカで普通に売っているのはピンクのものばかりなのですよ。
日本では白もピンクも両方売っているのでしょうか...?











b0108544_20251985.jpg

繊細な生地のシフォンケーキ、大きな具や水分の多い具を入れると失敗しやすいのですが、
それほど大きな穴も見当たらず、具もよい感じに散らばってくれてほっとしました。

果汁だけではなく、実も入ることでグレープフルーツの爽やかさが印象的です。
何よりもピンクのぷちぷちがかわいい~!
とシフォンを持参して参加したお茶会でも、みなさまにも好評でした♪

以前オレンジのシフォンを作った時は、オレンジ果汁とオレンジピールの組み合わせでした。
オレンジ果汁だけですと、オレンジの風味をそれほど感じないからピールも入れるのかと想像します。
ピールもよいですが、こちらでは美味しいオレンジピールは売っていませんし、手作りすればよいのですが、
タコはピールの苦味があまり好きではなかったりします。

オレンジも実をほぐして入れたシフォンはどうかな~と考えています。
しほさんのグレープフルーツシフォン、爽やかな美味しさがとても気に入ったので。











b0108544_23281583.jpg

しほさんのクッキーは見た目素朴なので家族用に作ることが多いのです。
バターを使っていないなどヘルシーな素材も多く、普段のおやつにぴったり!
食べればしみじみと美味しいですしね。

チョコモカクッキー
ココアとコーヒーも入って、色も真っ黒!
苦そう~と見た目思いましたが、確かに苦い!(笑)

コーヒーが苦手ですし、苦い味には弱い私ですが、これが結構おいしい~ 
コーヒーとココアがよい具合にマッチしています。 気に入ってしまいました。
きび砂糖が控えめに入っているだけで、甘みがあまりないところが、逆によいのかもしれません。

4mmと薄めでかりっと固めの食感も好きですし、周りのアーモンドもよいアクセントになっています。











b0108544_23283452.jpg

たまごサブレ
卵は黄身だけを使うので、味の印象も卵が強いです。
こちらも薄いのですが、さくっと食感は軽め。
なるほどたまごボーロと似ているかもしれません。

見えますか? バニラビーンズも入っています。
豆乳ときび砂糖の控えめな甘さ。
小さいお子さんには特に喜ばれるサブレだと思います。
小さくはありませんが、タコはこちらの方が好み。 ほとんど一人で食べました。










b0108544_23364472.jpg

呼んでいただいたお茶会の様子も少し...
アフタヌーンティーのスタンド、四角のガラスで三段...というのが珍しい~

お上品なティーサンドにクランベリースコーンは手作り。
トレジョーのマカロンにマドレーヌ(というお店)のフルーツタルトで華やかに。
奥に私のグレープフルーツシフォンもちらっと見えています。











b0108544_23361770.jpg

お皿にお花が咲いています♪
春らしく華やかな食卓で、素敵なおもてなしを頂きました。 
たくさんの紅茶も入れてくださって、ありがとうございます!

チキンやグリルしたかぶやブロッコリーなど具沢山のサラダ、バジルドレッシングも美味しかった!
この後出てきた苺のレアチーズにはフレッシュな苺のソースもたっぷり。
春にはぴったりの爽やかな最高のデザートでした。
御馳走さまでした♪

私もシフォンのほかに、奥に写っているパンも作りました。
そして真ん中のチョコがかかっているケーキも、これは買ってきた物ですが、とても大きかったので半分お持ちしました。










b0108544_20275614.jpg

ボストン・クリーム・パイと言います。
以前、「アメリカのケーキにしてはそれほど甘くなくて、日本人向け...」と聞いたことはあったのですが、
実際売っているのを見たことがなくて、食べたこともなかったのです。

それがセントラル・マーケットという、ヒューストンでは一番のグルメスーパーに並んでいたのです!
どんなものでしょう~?と買ってみました。

スポンジは真っ白。 
しっかりとした食感なところも、多分卵白だけを使った、エンジェルフードケーキのようなものだと思います。
中にはカスタードクリームがたっぷり。
上には苦味の効いたチョコのコーティング。白い模様も描かれていてきれいだったのですが、
ラップをかけたのがいけなかった! べったりくっついて剥がれてしまいました~(泣)

ボストン発祥のお菓子なのか、パイとあるのに何でスポンジを使ったケーキなのか...
はわかっていませんが、アメリカのケーキ(パイ?)にしてはよい感じのお菓子でした。









b0108544_20281691.jpg

翌日のお楽しみおやつ♪  紅茶はピーチ&ジンジャー。

冷え性によいと聞いてから、紅茶にすりおろしたしょうがとハチミツを入れて飲むこともあり、
ぴりりとしょうがの辛味が効いた紅茶は好きでしたので期待したのですが、
クリスタル・ジンジャーの風味にくせがあり、それが強いもので、ドライピーチの甘さとあいまって、
あまり好みではありませんでした。
容器は黄色でかわいいのですが...お好みも人によって違いますのでお好きな方もいらっしゃることでしょう。

今日もたくさんのお菓子に囲まれて、幸せ~!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-04-05 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)