タグ:ロールケーキ ( 52 ) タグの人気記事
ミニ抹茶スフレロール トロピカルジェラート
b0108544_1541071.jpg

今年のお菓子作りで一番印象に残っていること、それは結婚披露宴にお出しするケーキを任せていただいたことです。
とは言っても大きなウェディングケーキはとても作れません(し、運べない)。
お客様50人分の小さなケーキでよいといことで、それなら~とせっかくのおめでたいお式ですし、
御手伝いさせていただくことにしました。

ちょうどその少し前に、月一回のクラフトの会の開催が我が家での開催でしたので、
みなさんに予定しているケーキを試食していただきました。

考えていたのは、苺ショート、抹茶スフレロールケーキ、チョコレートケーキの三種です。
それぞれ二種類食べ比べていただきました。

苺ショートケーキは今回一種類しか作りませんでしたが、以前の会にも持っていったので、そちらとレシピを変えて。
パーティー用に大きく作ることと、取っていただきやすいように、ひとり用の高さ大きさを調整しました。

苺ショート、以前はいろいろなレシピを試しましたが、その中で一番好評だったレシピに最近は固定していたのですが、
私が少し飽きてきたところもあって、前回はもう一つのやはりお気に入りに変えてみて好評でした。
でもそれはジェノワーズがふわふわ柔らかすぎて崩れないのか心配、
優しい味なので、こちらの甘い味に慣れた方にはどうかな~?といつものしっかりめのに変えたのですが、
みなさんにはやはり前回の苺ショートの方が美味しかったと正直な感想(笑)を頂きました。
大きさはもう一回り大きくてもよいのでは?ということです。












b0108544_15422868.jpg

ミニ抹茶スフレロールは以前も違った写真で出しています。
こちらも見た目、色以外はよく似ていますが、違うレシピで食感も違いました。

色は使った抹茶が違うからですが、やはり御高い抹茶は発色も違うようです。
そして実は中の餡子も違って、缶詰の小倉あんと市販のですが甘さ控えめと書いてあった粒あん。
甘さと美味しさがかなり違って、缶詰のは美味しくなかった~

ミニロールでクリームたっぷりに巻くのは結構難しい。餡子を真ん中にというのも。
実際は8本作っています。練習ができてよかった!











b0108544_15424224.jpg

トロピカルフルーツジェラート
こちらはお式には予定していませんでしたが、お口直しに冷たい物を。
パッションフルーツが手に入ったので、やっと作ることができました。

パッションフルーツ、マンゴー、バナナのミックス。
それぞれの酸味、香り、甘さがとてもよい感じに合わさって、複雑で印象的な美味しさになりました。

パッションフルーツの黒い種、見た目はよいアクセントになっていますが、私には食べて邪魔な気がしました。
同じように思われた方もいれば、このぷちぷちがよい感じ~と言う方もいらして...
それぞれ感想も違うものですね♪











b0108544_15421237.jpg

アーモンドココアケーキ
こちらも以前作って評判のよかったミニマフィン型で作るお菓子。
アーモンドプードルが入ってコクがありますが、メレンゲ使用でふんわり優しい食感です。
こんもりとした形も可愛い~

もう一種類のチョコのお菓子はガトーショコラ











b0108544_15415333.jpg

すみません、ドームに入ったこの写真しか撮れなくて... 最初の写真にも1個写っていますが。
こちらは溶かしたチョコも入ってしっとり濃厚なのですが、チョコの味が強すぎて、万人向けではないかと。
お子様もいるので、食べやすくて見た目もかわいいアーモンドココアケーキに決定!
みなさま、貴重な意見をありがとうございました♪


トレイは作業中のお茶請けのお菓子たち。
「博多通りもん」は日本からのおみやげを頂きましたのでさっそくお出ししました。白餡で美味しかった♪
「オリーブおかき」は日本に行っていたダダが買って来たもの。
あぶらっぽいのかな~と思いましたが、予想とは違って、あっさり。
オリーブの風味がとってもよくてみなさまにも大好評でした。

他はどれもコストコで買ったお菓子です。
この時期にしか売っていない、クレープのチョコがけ。
クレープ生地がとっても薄くてさくさく、ミルクチョコですが甘すぎず美味しいのです。毎年買ってしまいます。
チョコポールは初めてみたもの。中にはヘーゼルナッツと回りに薄くカラメルが。
うす~いチョコはあっさりしていました。薄くて食べやすいです。
ピーカンナッツ、カシューナッツ、ドライアプリコットのミックス。スパイス、塩も効いていて、甘辛味がよい感じでした。










b0108544_15413614.jpg

こちらがパッケージ。他に今年も買ってしまいました。ゴディバの三段ボックス。
ハイチュウは息子の、市販のお菓子で唯一買って欲しがるもの。お友達にも好きな子が多いそう。
しばらくコストコで見なくなっていましたが、最近復活して喜んでいます。











b0108544_15425755.jpg

4人みなさんの持ち寄ってくださったランチ。 
いつも打ち合わせ無しですが、よいバランスのお料理が集まってくれます。今回は和な雰囲気ですね~

ベトナム風サンド、炊き込みごはん、エビとアスパラとチーズの焼き春巻き、なすの煮物、ポテトサラダ、
ほうれんそうともやしの胡麻和え、ひじきの五目煮、シソ巻き味噌。
ご馳走様でした!

クラフトの会ですし、みなさまちくちく仕事のために集まっていらっしゃるので、ランチは言わばまかないのような、
二の次の事なのですけれどね。
野菜たっぷり、どれもしみじみと美味しく、みなさまのご家庭の味が楽しめること、毎月とっても楽しみになっています♪
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-12-10 00:54 | お菓子 | Trackback | Comments(5)
トマトのスフレチーズケーキ 抹茶スフレロール ハロウィン2016
b0108544_2329663.jpg

昨夜はハロウィン。 作ったチーズケーキも何だか怪しそうですね(笑)
トマトが入ってオレンジのような赤いような色の上に、ゴルゴンゾーラチーズがちらほら乗せてあります。

トマトのスフレチーズケーキ
一晩冷蔵庫で寝かせなくてはならなかったので、今朝はまだ食べていません。
青かびチーズは大好きなので、きっと美味しいこととは思いますが、トマトのチーズケーキとは初めてなので、
ちょっと不安も感じます...(笑)












b0108544_23293744.jpg

こちらはとっても美味しかったロールケーキ二本。
ハーフロールをまた半分に切ったものなので、本当はこの4倍の量を作りました。
左右で色が少し違いますが、使った卵と抹茶が違うせいだと思います。

最初に左側、津田陽子さんの抹茶のフロールを作ったのですが、卵黄の色がオレンジが濃かったのと、
抹茶が冷凍庫にあった使いかけの何だかよくわからない物を使ったせいで、色がいまひとつでした。

そこで右側は小嶋ルミさんの抹茶のスフレロールを、普通の黄色い卵黄の卵で、
とっておきの一保堂のお抹茶を使って作りました。
期待通りの抹茶の鮮やかな緑がそのままでました。

同じ卵別立ての生地ですが、作り方はかなり違います。
津田さんのフロールはしっとりとしてバターのコクも効いて美味しい生地なのですが、
抹茶の風味が活かされない気がしました。
ルミさんのスフレロールは作り方は少し面倒ですが、ふっくらあっさり、抹茶の風味も活きています(お抹茶の違いもありますが)。

実は中の餡子も違います。市販のものですが、缶詰の小倉餡が右側、とっても甘かった!
左には「甘さ控えめつぶあん」というのを新しくできた日系スーパーで見つけ、さっそく買ってみました。
確かに甘さ控えめで、それだけでも随分美味しく感じます。

ちょうどうちでクラフトの会が開催された日でしたので、みなさんにも食べ比べていただき、細かい感想を頂きました。
また後でアップしますが、結婚披露宴のお菓子を作ることになり、そのためのお試しロールだったのです。












b0108544_2330343.jpg

こちらはいつものバターシフォン。 20cmで二台続けて。
タコのハイスクールでバンド(吹奏楽部)のパーティーがあり、シニアはお菓子を持っていく担当と言う事で作りました。
市販のお菓子でもよいのですけれど、よい機会なので、アメリカの方にシフォンはどういう反応かな?と知りたくて。

日本のケーキに比べて甘さがきついアメリカのケーキ、プレーンでは物足りないかと、ハチミツレモンとミルクココアにしました。
ハチミツが入ると焼き色もしっかりつきます。
写真を撮る気はなかったのですが、上手く型はずしができたので嬉しくて、、夕方かなり暗くなってにもかかわらず、
無理矢理撮った写真です。ぼけています。

タコによると、ふわふわ~おいしい~と大好評ですぐに売り切れてしまったそうです。よかった♪

学校の中でなのでまだよいのですが、それにしてもパーティーの始まりが夜8時って遅すぎですよね~
セミフォーマルのドレスコードもあったのですよ。
ダンスとかするらしいのですが、とてもタコが踊るとは想像できません(笑)


そうそう、写真に写っているように、今回はシフォンケーキで初めて、アメリカのCake flourを使ってみました。
日本で言うところの薄力粉です。アメリカでは普通に売っている粉は中力粉で日本的なケーキには少し重たいのです。
それでもシフォンには危なさそうなので、今までバイオレット(日本の倍ほどの御値段)を使っていたのですが、
失敗してもよいからと使ってみました。

ふるったにも係わらず、卵黄生地と混ぜる時にダマになりそうであせりましたが、
がーっと混ぜたら何とかなりました。
気持ち生地量が少なかった=高さが少~し足りなかった、軽さがいつもとは気持ち違ったかもしれません。
が一応きめの細かいバターシフォンは出来上がることがわかりました♪










b0108544_23302519.jpg

味見のために残した3切れでシフォンサンド。
寂しいのでかぼちゃたちも並べてみました。
小さいですがどれも本物のかぼちゃです。










b0108544_23555236.jpg

ハロウィンの前になると、スーパーの前にはごろごろと大小さまざまなかぼちゃが並びます。
こちらはトレジョーの前。
大きなのは家の前庭に飾ります。食べる人って滅多にいないのでは...










b0108544_23311416.jpg

trick or treat用に、特大150個入りのお菓子と予備に、こちらはうちでも少しは消費できそうな
チョコ145個入りもコストコで買いました。
日本でも売っているのでしょうか??











b0108544_23553344.jpg

玄関横のテーブル、今年もハロウィンらしく飾ってみました。
並べたものは去年とさほど変わりませんが、かぼちゃたちがあるだけで、ぐっとハロウィンらしくなりますね♪











b0108544_23551276.jpg

夜にはこんな感じ。 キャンドルの炎がゆらゆら、雰囲気も盛り上がります。

間違い探し! 昼間との写真と、結構違いがありますよ!

10月というのに連日30℃にもなる暑さでオレンジの小さなかぼちゃは傷んで、さようなら~
こうもりさんは反対を向いていることが写真を見て気がつきました。
チーズケーキもしっくり収まっていますね~(笑)











b0108544_23561245.jpg

来年はもっと怖~いデコレーションにしたいです♪


↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-02 00:00 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
ティラミス風ロール ポピーシードとレモンのスフレチーズケーキ
b0108544_892040.jpg

ポピーシードとレモンのスフレチーズケーキ

チーズケーキは好きなお菓子ですが、その中でもふわじゅわ~なスフレチーズケーキは特に思い入れがあります。
こちらはそのスフレチーズに、レモンで爽やかさを、グランマニエで香りを、サワークリームでコクを、
ポピーシードでぷちぷちの食感を加えています。

そう聞くと、賑やか過ぎるように思われるかもしれませんが、それぞれ使う量は少ないですし、
バランスがとってもよく、酸っぱすぎたりしません。
どちらかというとあっさりめで甘さ控えめ、とても美味しいスフレチーズとなっています。

ただ、ポピーシードはあまり好みではなく、前に作った時に多すぎる印象でしたので、半分に減らしました。
全くないとまた寂しい~ 
ほどほどのぷちぷち感がよいと思いましたが、そちらはお好みで...










b0108544_895091.jpg

普段は丸く焼くチーズケーキも、パウンド型で焼くと、また違った印象になりますね。

ちょっと我が家でお茶会。 お菓子をいくつか作りました。
全てこちらの本から↓


"くり返し焼いて見つけたお気に入りレシピ" ちいさな焼き菓子とおすそわけスイーツ

稲田 多佳子 / 主婦と生活社



もう9年も前の出版になるのですね。
多佳子さんのお菓子は常に作り続けていて、こちらの本に載っているお菓子は大分前に一通り作っていたのですが、
久しぶりにまた印象に残っているお菓子を作ってみることにしたのです。


ヨーグルトケーキ

真ん中に写っているお菓子なのですが、すみません! ばたばたして個別の写真を撮るのを忘れました!
こちらもしっとり爽やかで美味しいケーキなのですよ。 ぽつぽつしているのはラズベリーです。

遠くに見える茶色いのは...









b0108544_8102255.jpg

ティラミス風ロールケーキ

ココア生地にはカルーア入りのエスプレッソシロップが打ってあります。
クリームにはもちろんマスカルポーネチーズ入り!

ココア生地は普通のスポンジではなく、卵別立てででもビスキュイ生地とも少し違って、
ふわふわ過ぎずしっとりとした、ティラミスにぴったりの生地です。

見た目はシンプルですが、食べてみると普通のココアロールケーキとは一味違います。
なるほどティラミスをロールケーキで味わえる、いつも評判のよいケーキです♪









b0108544_955057.jpg

オレオ台のプレーンチーズケーキ

やはり好きなチーズケーキをもう一つ、こちらは焼かないレアチーズタイプです。
ぷるぷるっとした爽やかなレアチーズ、暑い季節には特に食べたくなります。









b0108544_963282.jpg

卵を使わないので、真っ白なレアチーズ。
黒いオレオクッキーを使った台との色の対比も美しい~!

クリームチーズとヨーグルトが半々、生クリームも程よく、控えめなレモン汁とグランマニエもよい感じ。
こちらも爽やかだけれど、酸味が際立ちすぎない、バランスのとてもよいレアチーズです。

お茶会のお菓子、もう少し作りました...
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-09-14 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
オレンジのバターシフォン 黒糖ラムレーズンロール コーヒーバナナアイス
b0108544_2355220.jpg

遅くなりましたが、先日のお茶会、お菓子編です。

たくさんの種類のお茶を飲んでいただきたいので、小さめの日本のカップを選びました。 本当はコーヒーカップなのですけどね。
ナルミの定番ミラノシリーズ。 
懐かしい~!と思ってくださる方も多いのではないでしょうか。

洋食器ながらも、青の濃淡の色使いや梅の花の模様がどこか日本を感じさせます。
色使いはシンプルで落ち着きがありますが、金使いで華やかさもあって...好きなのですよね~










b0108544_23591791.jpg

紅茶はエレガンスな器に合わせて、タイタニック・ブレンドを選びました。
いつものハーニー&サンズのものですが、イラストのパッケージもユニークですよね。

タイタニックの事故から100年を記念して、当時に存在した、キーナン(中国紅茶)、アッサム、セイロン、ウーロン
をブレンドしたそうです。
そう言われると、どことなく上品な味わいに思えてきます(笑)
お茶の色も、少し明るめな琥珀色がきれいですね~

とてもバランスのよい、穏やかな味わい。
渋みも少ないので、どなたにも好まれるのではないでしょうか。
お茶会でもみなさんに好評でした。
私にはもう少し、香りにも味にも個性がある方が好みかもしれません。










b0108544_23552030.jpg

黒糖とラムレーズンのロールケーキ
多佳子さんの「和風の焼き菓子レシピ」から。
黒糖を使っている別立ての生地が弾力があって、ちょっと蒸しパンを思い起こさせる味わい。
刻んだラムレーズン入りのクリームととってもよく合います!
見た目は地味かもしれませんが、これは以前にも作って印象に残っているお気に入り。

多佳子さんの、洋菓子なのだけれど、和風の素材を取り入れたお菓子、ほっとする美味しさで好きです。










b0108544_2355374.jpg

オレンジのシフォンケーキ
こちらもお気に入り、津田陽子さんのバターを使ったシフォンケーキです。

バターを使うと、焼き色もしっかりついて、オイルのシフォンとは外見も違いますね。










b0108544_2356396.jpg

シフォンケーキには水分はそれほどたくさんは使いませんので、オレンジジュースだけではそれほどオレンジの味は感じない...

でも、安心してください!
たっぷりのオレンジピールが入っていますので、とってもオレンジの香り高い、爽やかなシフォンになっています。
クオカで買ったとっておき、フランス製のオレンジピールですよ!
この1個のために全部使ってしまいました。 見た目よりたくさん入っています。

オレンジのパウンドケーキもよいですが、シフォンの食感の軽さはまたよいものですね。
バターのコクがあるので軽すぎないし、ふわふわだけどしっとりとした食感も大好きです。










b0108544_23565849.jpg

今回も、アイスクリーム、ジェラート、シャーベットの三種作りました。
一応、3種、彩りとか味わいが重ならないように、バランスを考えて作っているつもりですが、
いかがでしょうか...?










b0108544_23571628.jpg

コーヒーバナナアイスクリーム
潰したバナナが入っているところがユニークです。
よりまったりとした食感になります。
手作りアイスはさらっとした食感になりがちですが、このバナナによって、市販のアイスに近くなりました。
コーヒーはそれほど強くなく、コーヒー牛乳にバナナの風味といった感じ。 タコでも大丈夫でした。


豆乳ときび砂糖のジェラート
しょうがの絞り汁も入って、ぴりっとしています。
卵を全く使わず、水あめでとろみをつけているのですが、やはりしゃりしゃりとした食感ですね。
さっぱり和の雰囲気ですが、私には少しあっさりしすぎた印象です。


ラズベリーシャーベット
こちらも水あめを使ってとろみをつけています。
上の豆乳ジェラートよりはとろっとシャーベットらしくなっています。
何も混ざり気のない、ラズベリーのストレートな美味しさを堪能できます。
あっ、勝手にラズベリーリキュールも入れてしまいました。 香りも最高!

裏ごしするのが、結構大変~!
ラズベリーも二倍量の600g使ったのですが、タネの部分が結構あるものなのですね~
出来上がりは結構少なく。贅沢なシャーベットです。










b0108544_23573359.jpg

昨日の楽しかったお茶会のことを思い出しながら、反省もふまえて、一人じっくり味わうこの時間が、最高に幸せ~


>↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-03-07 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
抹茶ミルクのバターシフォン りんごのロールケーキ
b0108544_6325341.jpg


前回のお話、ホールの姿だけしか撮れませんでしたが、シフォンも半分だけお持ちしました。
大きショートケーキもありましたし、カップデザートもあって、シフォンは余計かな?と半分にしたのですが、
今回は他の方からのデザートがチーズケーキだけということもあって、シフォンもすぐに売り切れてしまいました。

打ち合わせ無しのポットラック。みなさんがどういうものをお持ちになるのか、重ならないといいけど...
と何を作るのかは悩むところです。
時によっては、ごはん物ばかりだったり、デザートばかりだったり、なぜか気の合ってしまうこともありますよね。

そして翌日のおやつタイム。
前日は私の口に入らなかったシフォンとブランマンジェをゆっくり味わうことができました。 幸せ~♪

シフォンケーキには、この流れるくらいゆるゆるにたてた生クリームを合わせるのが好きです。
大きなブラックベリーも甘酸っぱさがしっかりと感じる美味しいものでした。

ブラックベリー、アメリカではラズベリーやブルーベリーよりも御値段もお安く、一年中出回っています。
日本ではどうでしょう?
でも味も素っ気無い印象で、お飾り以外には進んで買い求めることはなかったのですが、
御友達から、「味がない時は、そのまま常温で置いておくと熟してきて甘くなるのよ~」とお聞きしました。
試してみると、その通り!
ラズベリーなどは一刻も早く食べないと、すぐにカビが発生するのでベリー類はそういうイメージでしたが、
ブラックベリーは違うようです。

熟したブラックベリーは甘みだけでなく、酸味もしっかりとしていて、口に入れるとぷちぷち感も楽しい~♪
そのままで食べるのでしたら、ブルーベリーよりも好みかもしれません。










b0108544_6332063.jpg

抹茶ミルクのシフォンケーキ
津田さんのバターシフォンです。 もちろん20cm。
抹茶の緑が鮮やかに出ました。 牛乳が入っているせいでしょうか?
抹茶が入るとメレンゲが潰れやすい、しかもバターシフォン...失敗したらどうしよう~と不安もありましたが、
高さもでましたし、私にしてはよく出来た方だと思っています。










b0108544_6342058.jpg

型外しも、特にいつも雑になりがちな底の部分がきれいにできたのに...
なぜか前回のホールの写真は上向きでしたね。

バターシフォンはふわふわだけではなくとてもしっとり、じゅわっとした食感も好きです。
抹茶の苦味も牛乳とバターの風味でマイルドになります。
実は抹茶を使ったお菓子って、コーヒー同様それほど好みではないのですが、このシフォンは大好きです♪










b0108544_6343816.jpg

人参のシフォン
こちらは小沢さんのオイルを使ったシフォン、手はずしも上手くできました。
いつも健康に気遣っているお友達Tさんに、おすそ分けしたいと思って作りました。










b0108544_6345720.jpg

冷ます時間があまりなくなってしまい、まだ温かいうちに慌てて切ったら、断面くっついて見た目ぼろぼろ~(泣)
高さがいつもよりも出なかったし、少し失敗気味だったのかもしれません。

人参のすりおろしがたっぷり入っています。
粗めにおろしたほうがよいとあってのでそうしたのですが、結構人参の食感がそのまま~な気がしました。
もちろんおろしてあるのでそれほど気にはならないのですけどね。

人参のクセを消すために、レモン汁と皮のすりおろしも入っています。
なるほど、人参のクセはなく、甘さだけを感じます
キャロットケーキもそうですが、人参が入るとふわふわながらもしっとり、少しもっちりの食感にも思えますね。
よそ行きの美味しさではないかもしれませんが、人参で体がしゃきっと、食べて元気になりそうな、
普段のおやつらしいシフォンです。











b0108544_636022.jpg

りんごのロールケーキ
久しぶりのロールケーキ、くるくるっとまん丸に、上手く巻けてよかった~♪

小嶋ルミさんのロールケーキは生地も厚めで大きいのですよ。
巻く時も重量感があって、よいしょ~っと生地を持ち上げる感じです。

見た目は地味なのですけど、と~っても美味しい!
りんごの角切りコンポートを巻き込むのですが、レモンの酸味も効いて、コンポートそのものが最高なのです。
もちろん手作りなので甘さも控えめで、煮る時間も驚くほど短い。
りんごの新鮮さは活きているのですが、風味は凝縮されているのです。










b0108544_6363086.jpg

珍しく焼き色がきれいについて剥がれなかったので、外巻きにしたのに、
お天気の悪い日だったこともあり、写りがぼんやりとしてしまいましたね。
生地にはバニラビーンズも入っているのですが、見えるでしょうか?

リッチな生クリームのケーキにリンゴの爽やかさがベストマッチ!
果物の種類も少し寂しくなる冬ですが、このりんごのロールケーキなら作りやすいですし、お勧めです!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-01-30 23:54 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
チーズ胡椒のシフォン リリエンベルグのロールケーキ♪ 
b0108544_6253939.jpg

夏休み中のとある土曜日、お友達Yさんのお宅でのポットラックランチにお持ちした三品。

いつものことですが、準備に手間取ってしまい、出かける直前までドタバタ。
別立てということもあり、とっても柔らかい生地のロールケーキ。
時間がなくて慌ててスライスしている最中に、押したり持ち上げたりして、
不揃いな、ゆがんだ形になってしまいましたね。
それに、ロールケーキだけの写真を撮り忘れてしまいました。
とても美味しかったのに~(泣)


別立て法のロールケーキ

お菓子とケーキ おいしい生地の基本

成美堂出版







b0108544_6263266.jpg

でも、そこはロールケーキ。
数切れ、うち用に取り分けておいた分がありました。
翌日、食べる前に思い出して、パチリ。

卵別立てなので、とてもきめ細かい生地です。
そして、とてもしっとり。
はちみつを使っているからでしょうか。 生クリームも入っています。
そしてバターはなし。

別立てといっても、シフォンケーキとはまた違った材料、作り方です。
味わいも、シフォン生地を使ったロールケーキとはまた違いますね。
柔らかすぎるほど柔らかい、口にいれた途端に溶けてしまいそう。

そして巻き込んだクリーム、よく分らないかもしれませんが、ホイップクリームだけではなく、
最初にクレームパティシェールを生地に薄く塗ってあります。
バニラビーンズを使っていますし、手が込んでいるのですが、そうはあまり見えないかもしれませんね。
塗らないで、途中に搾り出してはどうでしょう?

とても美味しかったので、また作りたいロールケーキです。









b0108544_6273070.jpg

チーズ胡椒のシフォン

シフォンケーキ専門店『ラ・ファミーユ』の上達するシフォンケーキ (旭屋出版MOOK)

小沢 のり子 / 旭屋出版



小高さんが、塩味のケーク・サレにインスパイアされてお作りになったそうです。

塩味のシフォン...
と言われると、焼き上がりの表情も、いつもとは少し違うような気になります。
黒胡椒の粒々も見えますし、粉チーズのせいか、割れ目も何となくツンツンざらざらしているような...








b0108544_6275271.jpg

こちらもとってもふわふわとした柔らかい生地ですが、
弾力もあって、しっかりと立ちます。

実は、作る途中で粉チーズを入れなくてはいけなかったのですが、
忘れてしまい、最後に混ぜることになってしまいました。
そのせいか、気持ち膨らみが足りなかったかもしれませんが、
気にならないくらい中はふんわりと出来ていて、ほっとしました。









b0108544_6281459.jpg

ところどころに大きな気泡が...粉チーズをふるうのも忘れていました。

食べてみると、想像とは違って、しっかりと甘さを感じます。
それもそのはず、砂糖の量はプレーンシフォンと少ししか違いません。
私の好みとしては、もっと甘くなくて、粉チーズはもっと効かせたいところです。

胡椒もぴりっと効いて、チーズ味のシフォンは新鮮な風味でしたので、
砂糖を減らしてまた作ってみたいところですが、上手く膨らむでしょうか...?









b0108544_6282893.jpg

ミニトマトのハチミツレモン漬け

「きょうの料理」で見て、簡単で美味しそう~と気になっていました。
湯剝きするのが少し手間でしたが、ハチミツとレモン汁をからめて、冷蔵庫で一晩置くだけ。
とてもよく味もしみて、さっぱりと冷たくて美味しい~
みなさんにも好評でした♪








b0108544_639117.jpg

今回は、Yさんのご用意が、ホットプレートで作るピザ、サラダ、ピーチパイ、チョコフォンデュ、
とデザートまで充実されていたので、何をお持ちしようか迷い、
チーズ胡椒シフォンならパン代わりになるかな~と思ったのです。 
結局甘かった(笑)のですが、「チーズ味のシフォン! 珍しい~」と喜んで頂けたようです。

他のみなさんのお料理も、ガスパチョ、クリームコロッケ、椎茸のファルシ、長いもとひじきのサラダ、
ラタトゥイユ、などなど、女性のランチ会らしく、お野菜中心のヘルシーで美味しいものばかりでした。

そして、チョコフォンデュは、タコと同い歳のYさんのお嬢さんの御希望で。
マシュマロの他にとりどりのフルーツを絡めて。
お嬢さんが何も言わなくても、自らささっと果物の皮を剝き、きれいにお皿に盛り付けてくれました。
さすが女の子ですね、いいな~  タコにはとても出来ません。
いえ、もう高校生ですから、キッチンのお手伝いもさせなくてはいけないのですけどね。

お嬢さんは大好物だけあって、チョコフォンデュも次から次へとパクパク止まらないのですが、
もう一方のやはり同じ年のお嬢さんは全く手をつけません。
お嫌いなのかと思ったら、「ダイエットとか気にしてるのよ~」とお母さん。
と~ってもスリムで、私から見ると、全然ダイエットなんて気にしなくてもよい感じに見えるのですが...
御年頃の女の子なのですね~
「ファッションとか、ボーイフレンドとか、高校生女子はいろいろと大変~」という話題にもなりました。
その点お気楽な、やっぱり男の子でよかったかな?(笑)


二週間も更新が滞ってしまいましたね。 
その間も観に来てくださった方、ありがとうございます!

その間、突然左目が出血(充血ではなく)して真っ赤になってしまったり、
スパイシーすぎるシーフードを欲張って食べ過ぎて、胃腸を壊したり、
タコが炎天下のもとでのマーチングバンドの練習がきつくて、足を痛めてしまったり...
といろいろありましたが、全てがマイナーな不具合でした。
治ってしまった今だから言えるのですけどね(笑)

今週の月曜日から、学校も始まりました。 
6月からの長い長い夏休みも終って、ほっと一息...
つきたいところですが、来週末の補習校ソフトボール大会の準備も大詰め。
土日共に練習もありますし、まだまだ猛暑が続くヒューストン、外出続きでバテバテです~
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-08-26 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
小嶋ルミさん、りんごのクランブルチーズケーキ
b0108544_16221092.jpg

ロールケーキ、シフォンケーキ、チーズケーキ。
私の好きな3種類のケーキの組み合わせ...

なのですが、この中の一つ、出来がいまひとつだったこともあり、アップする機会を逃していました。
4月のクラフトの会に持参したお菓子です。

さて、そのいまひとつだったお菓子とは、どれでしょう?







b0108544_16233431.jpg

お茶のシフォン
そう、高さが足りなかったのです~(泣)

マーブル模様を作る時に、生地をいじりすぎてしまったのかもしれませんね。
もともと抹茶やコーヒーのシフォンは生地がしまりやすいので、注意が必要だったのですが...
もう、型に生地を入れた時点で、型の半分にもならず、これは失敗~と覚悟しました。









b0108544_1623519.jpg

それでもスライスしてみれば、何となくマーブル模様は見えるし、ふんわりとシフォンらしいものにはなってくれていました。

本の写真も、全体はなくて、スライスしたものが横になっているのだけなのですが、
何となく、他のシフォンより高さがなくて、こんな感じに見えなくもない...?
ということで、図々しく会にもお持ちしてしまいました。

やはり、軽さが少し足りないようですが、柔らかくしっとりとした食感です。
私としてはマーブルより、全て抹茶のほうが、お茶の味が強く感じて好みかと思ったのですが、
マーブルの方が控えめな風味で食べやすいという方も。
みなさんに召し上がっていただくと、いろいろな感想がいただけるので参考になります。

レシピは最近、シフォンケーキを言えばこちらの本。

シフォンケーキ専門店『ラ・ファミーユ』の上達するシフォンケーキ (旭屋出版MOOK)

小沢 のり子 / 旭屋出版



本では粉末の緑茶を使用していますが、売っていなかったので抹茶で代用しました。








b0108544_16224416.jpg

ラムレーズンのフロール

は以前にも作ったことはあります。
見た目は地味ですが、食べればとても好みのロールケーキでした。
自家製ラムレーズンを使い切りたかったので、何にしようかと考えた時、このロールケーキが浮かびました。

ふんわりロールケーキ―幸せのフロールとミニフロール

津田 陽子 / 文化出版局



生地にはメープルシュガーを使っているので、濃い目の色合いになりました。
焼いている最中はメープルの甘い香りが漂い、幸せな気分になります♪

ホワイトガナッシュクリームには、細かく刻んだラムレーズンがいっぱい!

メープル、ホワイトョコレート、ラム、レーズン、とどちらかというと風味が強くて喧嘩しそうな、
重たい味わいになるのではないかと思われる素材の組み合わせですが、
食べてみるとそんなことはありません。
それぞれがよいバランスです。

今回また作ってみても、やはりしみじみ美味しい~ 好みのロールケーキになりました。









b0108544_1623289.jpg

りんごのクランブルチーズケーキ

小嶋ルミのフルーツのお菓子: 季節のジャムとコンポート、ケーキなど86品

小嶋 ルミ / 柴田書店



ルミさんの新刊であるこの本、またまた作りたいお菓子がたくさん!
タイトルにもあるように、どのお菓子にもフルーツを使っています。
お菓子だけではなく、種類豊かなジャムにコンポート。
果物が豊富に出回る夏の季節には、特に出番が多くなりそうな一冊です。


こちらも見た目は地味かもしれませんが、とても美味しいチーズケーキでした。
チーズケーキにクランブルを乗せて焼くのは初めてです。
クランブルが沈まないものなのですね。
下に敷くよりも、サクサク軽いけれど、香ばしい食感になり、いいですね~♪







b0108544_16231924.jpg

見えますか~? バニラビーンズも散らばっています。
普通にオーブンで焼くのですが、とても滑らかで軽い、レアチーズに近いような食感です。
サワークリームも少し使っていて、粉はほとんど入っていないせいでしょうか。

そして中にはりんごのコンポート。
こちらもあまり煮過ぎず、りんごの食感が残っていて、レモンの爽やかさもあってとても美味しい~
チーズケーキとリンゴの組み合わせも初めてでしたが、これはいいですね。

きっと美味しくなる! と予感もしたので、レシピの2倍量で会にお持ちする18cmと家用の15cmの二個を作りました。
家族にも「かなりオイシイ~!」、と大好評。
やはりルミさんのお菓子にはずれはありませんね~ 
いつもおいしいレシピを、ありがとうございます♪








b0108544_16522790.jpg

この日もみなさんの持ちよりランチが美味しくて!
・海老の炊き込みピラフ
・野菜スープ
・しっとり鶏ハム
・れんこんと野菜のきんぴら
・スナップえんどうのサラダ
・ニース風サラダ
・ラタトゥイユ

もちろん、会の目的はみなさんキルトだったり、ステッチだったり、お好きな手芸を進めることなのですけれど、
美味しいランチの時間も、待ち遠しいものとなっています。

気取りのない普段のおうちのお料理を...というのがまたよいのです。
似たようなお料理でも家庭によって味が違ったり、使う食材が違うことが新鮮で。
もちろん、自分では作ったことのないお料理もあったり。
うちで作る料理は何となく同じ感じになりがちですが、この場での新しい出会いに、刺激をいただいています!







b0108544_1632421.jpg

私のつたないお菓子でも、みなさんに召し上がっていただき、感想をいただけること、感謝しています。

このあと、オーブン、冷蔵庫と立て続けに壊れてしまい、お菓子作りにも余裕がありませんでした。
そうしているうちに、夏休みに入り、暑さも本番をむかえ、オーブンを使うのが億劫になる時期となってしまいました...

が、いえいえ、やる気だけは満々です!(しばしのお一人様でのんびりさせていたきましたしね。)
暑さにも負けず、これからもお菓子作り楽しみますね~

ブログに遊びに来てくださるみなさまにも、いつも背中を押されている気分です。 感謝しております。
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-07-02 04:16 | お菓子 | Trackback | Comments(5)
ルミさんの紅茶のプリン いちごのフロール
b0108544_23561415.jpg

こちらでは5月に入って30℃前後の日が続き、すっかり初夏の陽気になっています。
冷たい紅茶のプリン...こういう季節に恋しくなりますね。

食べたい~!
でも実際にこのプリンを作ったのは一ヶ月以上前、冷蔵庫が壊れる前のことでした。
冷蔵庫って、だんだん冷えなくなってくるとか、何となく壊れる予兆が現われるものなのかな~と思っていましたが、
うちの場合、その日は突然やってきました!

それからひとやま、ふたやま試練を乗り越えて、今朝は何とか、今度の冷蔵庫こそ、正常に動いてくれているようです。
やっと冷たいデザートも作れるかな~?
いえ、でもまだ油断は禁物です。
今週末の食品の買出しも、控えめにしないと...
と思っています。

次の記事では、「冷蔵庫大顛末記~」を心からの笑顔でお届けできる...
ことを祈っています。
すみません、ちょっと意味不明で...(笑)


お菓子、美味しそうですよね~?(むりやり)
本当に美味しかったのです。  どちらも私の好み!
そちらのお話をしないと...↓








b0108544_23563958.jpg

紅茶のプリン
小嶋ルミさんの「シンプルテクニックのお菓子」より。
プリン、作るのも簡単ですが、そこはルミさんのレシピなので、細かい注意があります。
表面も泡一つなく、とても滑らかできれいな焼き上がりになりました。

全卵、卵、砂糖のみの、昔ながらの懐かしい~おうちプリンの食感です。
つまり、ふるふる~ななめらかプリンではなく、少ししっかりめの食感ということですね。

見えませんが、底にはちゃんとカラメルも敷いてあります。
紅茶の味をかなりしっかりと感じるプリンなので、カラメルの苦甘さが良く合います。

アールグレーとダージリンをブレンドして、濃~く入れたロイヤルミルクティーを使うのですが、
これが香りも味も抜群です!
ストレートで飲むとくどくなりそうですが、牛乳で作ると、まろやかになって、しかもミルクの味に紅茶が負けない印象。
少し余裕のある朝に、ゆっくり楽しみたいお茶ですね。

もちろんプリンのほうも、食べただけで優雅な気持ちになりそうな、印象に残る美味しさです♪










b0108544_2357421.jpg

いちごのフロール
津田陽子さんの「ふんわりロールケーキ」より。
フロールのビスキュイ生地は、やっぱりおいしい~
同じ卵別立てでもシフォンとはまた違った、じゅわ~しっとりとした食感が好きです。

そしてホワイトチョコレートも使った、まったりとした生クリーム。
しっかりめのコクと甘さが、いちごの酸味に良く合います。

津田さんのフロールはこのホワイトガナッシュクリームも特徴のひとつ。
プレーンですと、私には少し重たい印象なのですが、苺が入ると違いますね。
バランスがよい感じです。

苺が大きい粒だったこともあり、美味しい生クリームをたっぷり巻き込みたかった~ということもあり、
大きなロールになってしまいました。  直径8センチはある?

やはりクリームは多すぎたでしょうか、中が柔らかくて巻くのが大変~
何とか形にはなりましたが、いびつな丸になってしまいました。
でも食べてみれば、やっぱたっぷりクリームが好きです。

そうそう、本当は外巻き(焼色外側)にしなくてはいけないのですが、
つい安全な内巻きにしてしまいました。
どうもうちのオーブンは大きすぎるせいか、焼き色がつきにくいし、ついてもむらがあるのです。
指定温度よりあげるなど、試してみたいとは思っているのですけどね。
失敗も怖くて...

こちらも定番にしたい大好きなケーキなので、次回は外巻きに、挑戦しましょう~♪









b0108544_23572376.jpg

クラフトの会のみなさんにも喜んでいただけて、嬉しかったです♪

うちのココットも大きめなので、二品でもお腹いっぱい~
もちろんその前に、みなさま持ち寄りの美味しいランチもありますし(写真撮るの忘れました)。


5月のクラフトの会は来週。
また冷たいデザートをお持ちできるように、冷蔵庫がご機嫌よく働いていてくれますように~(祈)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-05-15 01:56 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
ルミさんのフルーツロール ☆イル・プルーのブルベリーのタルト
b0108544_22413624.jpg

前回の続き、持ち寄りランチ会のお菓子4品。
こんな感じでお出ししましたよ~、と実は翌日再現した一枚です。
当日は、いつものことですが、お喋りとおもてなしだけで手一杯! 
写真を撮る余裕がありませんでした。

ひとつひとつが結構大きいですし、お料理の方も御馳走をたくさん頂いた後でしたので、
ブランマンジェとロールケーキの他はお持ち帰りしていただきました。

クリスマス柄のプレートとマグ、相変わらず季節遅れですみません~
1月の事でしたので...さすがに今はツリーも食器もお片づけしましたよ。
好きなお皿なので、一年中使いたいほどなのですけどね♪










b0108544_22422055.jpg

フルーツロール
小嶋ルミさんの「ケーキレッスン」より。
三種類のフルーツがクリームに散りばめられて、見た目にも華やか、おもてなしにもぴったり!と思っています。

キメの細かい生地に、たっぷりの生クリームとフルーツ、
食べても美味しくて、定番にしたいロールケーキなのですが、今まで三度作っても、いつも満足した仕上がりにはならず...

見た目、断面ですね、が良くなかったり、ゆがんで丸くならなかったり...
三回目の時には、のの字にこだわりすぎて、クリームを少なく使ってしまったら、
やはり食べてはクリームたっぷりの方が美味しいと感じました。
加えて、フルーツが少し大きめのカットでしたので、クリームとの一体感がない感じがしました。










b0108544_22424091.jpg

今回はその点、クリームたっぷりですが、はみ出さずに断面もまん丸ですし、
フルーツの散らばり具合もなかなかきれい!と喜んでいます。
(とても柔らかい生地でもあり、スライスが難しく、断面がすぱっときれいに切れなかったのは残念...ナイフが悪い?)

苺ではなく、ラズベリーを使ってみると、想像通り、鮮やかな赤がはっきりとしました。
見た感じはとてもよかったのですが、食べてみると、ラズベリーの主張が強すぎるような...
どれも酸味の強い果物ですし、ラズベリーはこの前のチョコロールにはガナッシュクリームとの相性抜群でしたが、
生クリームには味が強すぎるかもしれません。
やはり苺の方が、食べてはしっくりしたのではないでしょうか。

それに、パイン、キウィと大きさを揃えた方がよいかと、ラズベリーもカットしたのですが、
時間が経ち、特に翌日になると、白いクリームにかなり赤く染み出してきてしまいました。
同じ赤い果物でも、苺とラズベリーの性格は違いますし、扱いも変えなくてはいけませんね。

100%満足までもう少し! 
定番のフルーツロール目指して、また作りたいと思っています♪












b0108544_22431353.jpg

ブルーベリーのタルト
イル・プルーの「お菓子教室」より。  
リンゴのタルトの時に作ったシュクレ生地が半分残っていたので、簡単に作れそう~
と取り掛かったのですが、よく手順を見るとなかなか複雑...

「フィリングは焼いたアーモンドと砂糖をフープロにかけて...」
つまり自分でアーモンドプードルのようなものを作るのですね。
それは省いて、普通のアーモンドプードルを使いました。

それで、アーモンドクリームのようなものを作るのですが、メレンゲを加えるのが普通と違いますね。









b0108544_22521668.jpg

なるほど、ふんわり、しっとりとした食感のフィリング、普通のアーモンドクリームとは違います。

ブルーベリーは缶詰のものを指定ですが、フレッシュなもので代用、
底に敷いたブルーベリージャムにも専用の作り方が書いてありましたが、
それもいつも冷蔵庫にある自家製ブルーベリージャムで代用。

かなりの手抜きで自己流な物になってしまいましたね。
見た目も地味かもしれませんが、食べてみればなかなかの美味しさ!

他にもオレンジピール、はちみつも使っているだけあって、いろいろな味わいがあります。
そしてこのシュクレ生地がさくさくしていてくどくない、とても好みの生地なのです。
余り生地をそのまま、クッキーのように焼いただけでも十分美味しい!
もう一度、レシピに忠実に作ってみたいと思っています。

今回もお菓子4品、無事に作り終えることができてほっとしています。
みなさまにも喜んで頂けましたし、「美味しい~」の一言に背中を押された気分です。
ありがとうございます♪

さぁ、次の集まりでは何を作りましょうか...?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-02-21 02:25 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
ルミさんの苺ショートケーキ チョコロール 素敵な忘年会♪
b0108544_9354574.jpg

いちごのショートケーキ

赤いリースをイメージしたショートケーキを作りました。
クリスマスも近かった12月のことです。

久しぶりに20cmの大きさ。
イチゴもラズベリーも大きな実でしたので、そう大きくは見えないかもしれませんね。










b0108544_9362837.jpg

ジェノワーズは安心の、小嶋ルミさんレシピ。
新刊のショートケーキは15cmと小さいケーキの割合が載っているので、単純に二倍量にしてみましたが。
20cmにちょうどよい量でした。

何度も焼いているルミさんのジェノワーズですが、慣れてしまった分、あまり手順をよく読んでいなかったかもしれない...
と、今回は慎重に作ってみたつもりです。
今までこんな程度かな~と触った温かさで判断していた、湯煎のお湯や生地の温度まで測ってみました。

食べてみるまで違いはそれほど判らなかったのですが、
いつもよりもキメも細かく、ふんわりしっとり...かなり満足のいくジェノワーズになりました。

そんな時に限って、断面の画像がなくてごめんなさい!
ポットラックに持参したので、よそのお宅では、切り分ける時に、写真に収める余裕がありませんでした。

私のケーキを食べて頂くのは初めて~という方も多かったのですが、
「アメリカで、こんな日本のケーキ屋さんのようなケーキが食べられるとは思わなかった!」
驚くほど喜んでいただいて、私もとっても嬉しかったです。
やはりショートケーキは、日本人にとって特別な思いのあるお菓子なのでしょうか。

飽きっぽいほうですし、作ったことのないお菓子もたくさんあり、日ごろはそちらに目が行きがち。
しばらくショートケーキも作らないでいたのですが、一番喜ばれるケーキですし、
今年はもっとショートを極めていきたい!と思っています。

味だけではなく、デコの方も...
こちらはかなり努力が必要ですね(笑)











b0108544_9364688.jpg

もう一つ、本当は、ブッシュ・ド・ノエルになる予定だったのですが、
外を飾るには、クリームが足りなくなってしまいました(笑)











b0108544_937440.jpg

チョコロール
こちらも小嶋ルミさんのレシピ。
作るのは、まだ2回目なので、”安心の~”とまではいきません。
前回の時のメモによると、
「生地に厚みがあるのに、とても柔らかくて、巻く時に割れてしまった...」と、そして、
「苦味の効いたココア味がしっかりある生地なので、クリームはいっぱいがいい。」

2回目、その辺りは改善されたでしょうか...

薄力粉とココアが同量、本当に苦い! 私には。(笑)
でもガナッシュクリームでかなりマイルドに、そしてラズベリーの甘酸っぱさがとてもよく合います。
これはイチゴより、絶対ラズベリー!
大人にぴったりの美味しさです。











b0108544_9373731.jpg

甘いものばかりでも、どうかしら~
と「きょうの料理」1月号で見て食べてみたかった、
白身魚の南蛮漬け
も作りました。

本当は平目を使うのですが、うちにあった鱈でも、同じ白身だから大丈夫かな~と思ったのですが、
南蛮酢に漬け込んで、冷蔵庫で冷たくすると、鱈は身がしまって硬めの食感になってしまいました。

でも、味付けはとっても美味しくて、こちらも好評でした。
南蛮漬けといっても、少し和風。
柚子果汁なので、マイルドな酸味で香り高いのです。

エリンギに、赤ではなく黄色いピーマンを使ったのもよい感じでした。










b0108544_956770.jpg

お邪魔したお宅は、ヒューストンにはあまり多くない、高層階にあるお部屋。
お隣には、テキサス有数のライス大学と広々としたハーマンパークがある一等地です。

住人もゲストも車は全て、高級ホテルと同じ、バレーパーキングなのですよ~
エントランスで車のキーをボーイさんに預けるだけ。
優雅に車から降りたつもりが、ふと足元を見ると、運転用の靴のままだったことに気がついて...(笑)
慌ててドタバタ、履き替えることに...お恥ずかしい!











b0108544_9381371.jpg

みなさんの持ち寄ったお料理もボリュームがあって、美味しそうなこと!

たくさんの大きなエビフライに、大きな春巻き...










b0108544_938396.jpg

豪華なローストビーフは付け合せの野菜もきれいに盛り付けられていて、
やはりパーティーの花ですね!

わさび醤油味のソースもさっぱり美味しい~










b0108544_9553518.jpg

大きな海老のカクテルも、ソースを下に敷いて、素敵な盛り付けです。

カップに入っているのは可愛らしくて、一見デザートのようですが、前菜。
白ワインの効いたグレープフルーツゼリーに、カニがたっぷり入ったクリームソース。
この組み合わせが、素晴らしく美味しかったです!

梅肉を使ったきゅうりの和え物は、餃子の皮に乗ってお洒落。
マフィン型を使ったそうです。

カリフラワーのカレーマヨソース。
私の南蛮漬けも、器を変えて、ししゃもの南蛮漬けと一緒に盛り付けていただきました。

写真には撮れませんでしたが、この後も、エリンギいっぱいの松茸ご飯風、お好み焼き。
デザートには私の2品のほかにも、マスカルポーネを使ったレアチーズ、チョコレートケーキ。
8人では食べきれないほどの御馳走が並びました。

丸テーブルっていいですね!
10人用の長方形のテーブルになると、両端同士は遠くて、お話もし辛く、
自然に左右2つ、またはそれ以上の会話のグループに分かれてのお話になってしまうことも多いのですが、
丸いテーブルですと、どなたからでも距離がそれほど遠くないので、全員で同じ話題に参加できます。

会話のピンポンが弾み、お昼の12時から長い時間...
気がつけば窓にはきれいな夕陽! 
夜ごはんの時間までお邪魔してしまいました。

慌しい12月でしたが、こんな楽しい息抜きの日もあって、リフレッシュ!
おせち料理を作る気力につながったのかもしれません。

素敵な忘年会をありがとうございました♪


丸テーブルの真ん中には、よく中華料理屋さんにある、回転台。
好きなときに、お料理も取り易くて、とっても便利!
こちらではLazy Susanと呼ぶのですよ。 
同じ名前のお店が青山通りにありましたよね。 今でも健在でしょうか...?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-01-15 02:30 | お菓子 | Trackback | Comments(12)