タグ:冷たいお菓子 ( 62 ) タグの人気記事
いちごのゼリー&ババロア いちごと赤ワインのブラウニー
b0108544_02073151.jpg
お友達のお宅でのポットラックパーティー。

夫婦6組、高校生男子2名の合計14名。珍しく男子率高い夜の会でしたので、大人が喜ぶお菓子を作ったつもり...
ですが、こうやって見ると、ハデハデな感じになってしまいましたね。
特にショートケーキのベリー類の乗せ方がかなり微妙です(笑)

ともかく、こうして4種類、大きな失敗もせず作り終えることができ、みなさまにも大変喜んで召し上がっていただき、
今はほっとしています。









b0108544_02193960.jpg

一応、すべて焼きあがったところ。

パーティーは土曜日の夜だったのですが、昼間は補習校で最後のパトロール当番にあたっていたため、
ジェノワーズ以外は前日に焼いておきました。
シフォンは20センチ。 
ジェノワーズは30×20の型ですが、切り分けやすいように高さは低め。
なので生地量は18㎝用の2倍量にしましたが、もう少し多くてもよかったかな~と思っています。











b0108544_02084063.jpg
イチゴのゼリー&ババロア

ババロアって卵黄のみを使います。この写真のほかにもおうち用の分も作ったので、使った卵黄11個!
クレームパティシエールをそのままぷるぷるに固めたような濃厚ババロア。
見えませんがバニラビーンズも一本使って本格的な美味しさでした。

ゼリーはイチゴから作ったシロップを使っています。
ゼリーそのものも自然なイチゴの赤がきれいで、かつ中のベリー類もきらきら。

持ち運びの関係で、ゼリーの上にクリームなどでデコできませんでしたが、このままでもいけてたでしょうか?










b0108544_02200192.jpg
いちごと赤ワインのブラウニー

ココアではなく、ビターなチョコレートを溶かしています。
見た目より甘さ控えめで、大人に好まれるお菓子になりました。
赤ワインも生地に混ぜ込むのではなく、イチゴジャムの方に混ぜて、それを流した生地の上に散らします。

なのでジャムもワインも少な目なのに存在感あり。
ピスタチオも、イチゴシロップを使ったアイシングも良い感じ。
時間が経ってもとてもしっとりとしていて、私にとっては今回一番のお気に入りです♪

丸いのはおうち用の分に試して使ってみた、リンゴの型です。
つるっと型離れもよく、まん丸やリンゴ半分など形がいろいろ違うのも楽しい~
リンゴの季節は終わってしまいましたが、また使いたいですね♪








b0108544_02231425.jpg
うぐいす豆のシフォンケーキ

やはりシフォンケーキは人気なので欠かせません。
他のお菓子が失敗した時のための保険のために作りました。

でもいつも同じようなフレーバーではつまらないかな~
と思い立って、日系スーパーで売っていた、お惣菜用のうぐいす豆煮を使ってみました。
製菓用のと違って色が鮮やかすぎる~(着色料の入っているのは極力使いたくない!)
でもお味の方は、「京のおばんざい」とあって甘さ控えめでした。

バターシフォンにうぐいす豆の半分はすりつぶして、半分はそのままで混ぜてみました。
小豆より粒が大きめでしたので、全部底に沈んでしまったら~と不安でしたので。

以外に良い感じに散らばって、すりつぶした方のおかげで生地はいつもよりしっとり。
少し和を感じる美味しいシフォンケーキになりました!


一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ





[PR]
by Wingco | 2017-05-17 08:44 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
フルーツロールケーキ はちみつのブラマンジェ&イチゴのムース

b0108544_23113012.jpg

こんにちは♪

とっても久しぶりの更新となってしまいました。
PCが壊れて過去の画像をすべて無くしてしまったショックや、いろいろと忙しかったこともあるのですが、
一番はインスタグラムの方にポストしてしまうと、それで終わった気持ちになってしまいました。

インスタはお手軽で楽しく、ついついそちらに時間を取られてしまいがちです。
でもインスタはその場その時で流されてしまう感じがします。
インスタでコメントを寄せてくださった方の中からも、「ブログ見ていました~」というお声を聞いたりすると、
細々と続けてきた地味なブログなのに~と嬉しくなります。
大した内容ではありませんが、自分にとって記録を残すという意味でもブログは続けて行きたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


今回のお菓子三種、親しくさせていただいたお友達の送別ポットラックランチのために作りました。
ロールケーキ、シフォンケーキ、クールデザートの組み合わせもよかったかなと。
こうして並べてみると見た目も、春らしい柔らかい色合い。とても気に入っています♪











b0108544_22360231.jpg

とりあえず、焼きあがったところ。

・ミルクココアのバターシフォン
いつもの20センチ。バターシフォンのレシピにはどれもBPが使われていますが、今回無しで挑戦してみました。
ココアは膨らみが抑えられがちなこともあると思うのですが、1センチ近く高さが出なかったようです。
食感はそれほど変わりはありませんでしたが、気持~ちしっかりめ?

・フルーツロールケーキ
シフォンは卵別立てなので、こちらは共立てで、同じスポンジ生地でも食感の違いを楽しんで頂きたいと思って。
実はこの後に、外でも冷たく頂けるロールケーキを作るための試作でした。
前日に作って冷凍しておきます。

プレーンロールでは見た目寂しいかとフルーツを入れることにしたのですが、解凍しても食感が大丈夫そうということで、
パイナップル、キウィ、ラズベリーを選びました。
どうせまた冷凍するから~と冷凍ラズベリーを使ったのですが、ドリップが出てクリームに染み出し、これは失敗でした。
フルーツは細かく切った方が、クリームとの一体感がありますし、解凍フルーツの食感も気になりにくい...かな?










b0108544_22362741.jpg

・はちみつのブラマンジェ&いちごのムース
甘さははちみつのみ、やっと固まっている程度のとろんとろんのブラマンジェ。
ほわっとしたムースの食感の違い、水切りヨーグルト入りで爽やかだけれど味が薄くない
フレッシュなイチゴの風味のするムースとの組み合わせは大変よかったと思います。

水色の容器に合わせて、あえて苺は乗せずに、クールに決めてみたつもり♪











b0108544_23101118.jpg


あまりに気に入ったので、しつこくブラックベリー側からも(笑)










b0108544_23234311.jpg


ポットラックランチ。
お昼ですし、ママ達だけのお気軽な集まりですが、いつもながらたくさんのご馳走が並びました。
「逃げ恥」で気になっていた”瓦そば”、おそばを焼くって初めて食べましたが、いいですね~!
味の染みた柔らかいお肉と大根おろし入りのつゆがよく合います。
なるほど、これは熱々が美味しいですね♪

他には栗入りお赤飯、鶏の煮込み、水菜と鶏肉の炒め物、揚げ出し豆腐、青梗菜とかにかまのゴマ和え、
オレンジとトマトのサラダ、ポワローネギのマリネ、生ハムメロン、いんげんとトマトのマリネ。
デザートは私の三品のほかチーズケーキ、オートミールのクッキー。
ご馳走様でした♪










b0108544_23240355.jpg


勝手に恒例となっている、翌日の一人おやつタイム。
パーティーではみなさんの作ってくださったお料理を味わうのと、お喋りでいっぱいいっぱい。
こうやって一人で集中して味わい、ロールケーキのクリームはもっとたっぷりがよかった...等々、反省~!

いつものハーニー&サンズの紅茶ですが、この日はフルーツたっぷりに合わせて、ブラックカラント。
日本ではカシスと言った方がわかりやすいでしょうか。
昔ながらの黒すぐりという名もありますね。
ブルーベリーとは違った、香りのよい甘酸っぱさが紅茶にも合います。

ブラックカラントとカシスが全く同じものなのか不安でしたので、今回検索してみました。
Wikiによると、北米ではマツ類のかびとなる菌を持っているということで、1966年まで栽培が禁止されていたそうです!
今でも一部の州では禁止のままだそうで、そのせいか、カシスピュレやカシスを使ったケーキなどこちらでは見たことがありません。
カシスのリキュールは売っていますけどね。

クロゼイユ(赤すぐり)を見ないのもそのせいかと思いましたが、そちらは種類が違うので禁止にはなっていないそう。
ケーキを可愛く演出してくれるクロゼイユ、そしてセルフィーユ...あったら嬉しいのに~!


一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ






[PR]
by Wingco | 2017-05-03 01:15 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
アイスガトーモカ タルティーヌブレッド
b0108544_00181432.jpg

お友達と6人での我が家でのランチ会。
二月に入ってしまいましたが、新年会も兼ねてとのことで、少し改まって落ちついたグリーンを選びました。
曇りの日で朝の室内は暗め、ランチなのでもう少し明るめのテーブルにした方がよかったでしょうか...

12枚セットのお皿なのですが、それぞれ絵も違うので、グリーン系の6枚を選んで、朝9時と早めのスタートなので大慌て。
何とかここまでセットでき、写真も撮る事ができましたが、気が付けば水用のグラスがありませんでしたね。

お城のケーキも奥にちらっと写っていますが、みなさんおみえになって、まずは...













b0108544_00083810.jpg
冷たいデザートでのスタートです。
この日はもわ~っと感じる生暖かいようなお天気。 今年は異常に暖冬なのです。

杏仁ミルクプリン&フレッシュオレンジゼリー
稲田多佳子さんの杏仁ミルクプリン。ゼラチンて固めるぷるぷるタイプ。 
ホイップした生クリームも入って、少し濃厚、パンナコッタのような雰囲気です。
杏仁の風味はアマレットで。 指定量ではあまり杏仁風味を感じなかったので、どぼどぼ入れてしまいました(笑)
でもしばらく冷やすとアルコールが飛んでしまうのか、お酒に弱い私でも大丈夫でした。

オレンジゼリーにはレモン汁とコワントローで風味付け。
リキュール2種で喧嘩してしまうかと心配しましたが、かえって奥深い風味になったような...
大変よい組み合わせになったと思います。












b0108544_00084978.jpg

コヤマロールもどきも一緒にお出ししました。
こちらは反省点多々有り。 写真もお花に負けたのか光って何だかよくわかりませんね(笑)

外巻きなのですが、うちのオーブン焼き色がしっかりつかず、紙にもくっついてしまったので、全部はがしたら表面ぼろぼろ~(泣)
膨らみが良すぎて厚めな生地になってしまい、クリームがはみ出すかと少なめにしたのもよくなかった。
せっかくクリーム・パティシエール入りの美味しいクリームだったのに。

ハチミツ入りの生地も結構しっかりした甘さですし、ボリュームもあって全体に濃い印象のロールケーキでした。
本物はいただいたことがないので比べようもありませんが。
あっ、本当は栗の甘露煮も入るのですが、甘栗で代用してしまいました。












b0108544_00085703.jpg
お料理の方はみなさま持ち寄ってくださるとのことで、私はこのタルティーヌブレッドと野菜のローストのみ。

タルティーヌブレッドは大きく広げたパン生地を細長く切って、まず下焼きをします。
そして具を乗せて焼き色が付くまで焼きます。なのでじっくり火を通す必要のない具で。
オリーブ油を使ったフォカチャ風のパンもふんわり、具を乗せてもべちゃっとしないところがいいですね。

・グリーンオニオン&オイルサーディン
・キーマカレー
・マルゲリータ風

最初の2つは多佳子さんレシピ、最初にマヨネーズを塗って、最後に黒胡椒とパルメザンをふって焼きます。

パン生地は冷蔵発酵なので、具も前日に用意しておけば忙しい朝でも作ることができます。
食べたい分だけ切り分けて、気軽に作れて焼き立てのあつあつは格別の美味しさ! 
みなさまにも家族にも大好評でした♪










b0108544_00182847.jpg
野菜のローストはオーブンから出したまま、紙ごとどんと食卓へ。
こちらも熱々を頂きます。 ホスト側で用意するお料理にぴったり!

かぼちゃ、ズッキーニ、シメジ、黄色ピーマン、トマト、玉ねぎ。
オリーブ油、塩コショウ、ハーブいろいろでさっと和えてからオーブンへ。
その一手間でとってもお野菜が美味しく、たくさん頂くことができます。

みなさまのお料理もいつもながらどれも美味しい~♪
サーモンとクリームチーズの巻き寿司、御赤飯、タイカレー、シュリンプサラダ、キノコのマリネ、トマトのマリネ、生ハムパイナップル。
テーブルが大きいので小さくしか見えなくてごめんなさい。
御馳走様でした!









b0108544_00183806.jpg

最後にはさっぱりとアイスケーキで。
おしゃべりをのんびり楽しんでいたら、お一人先に帰らなくてはならない方がいて、急いでカット&写真。

ガトーモカ
下から、抹茶ビスキュイにラム酒がきいたコーヒーシロップたっぷり、ガナッシュ、
砕いたアーモンドのキャラメリゼ(手作り、これがそのまま食べても美味しい~!)、コーヒーアイスクリーム、再びガナッシュ。
なかなか手が込んでいます。

最後のガナッシュは冷たいアイスの上に広げるのですが、冷め切っていなくてアイスが溶けてきてしまった!
ココアをたっぷりふって、誤魔化しました(笑)
オレンジピールとピスタチオで少しおめかししたつもり。

ガナッシュは60%とダークチョコを使ったのも正解でした。
コーヒーアイスもしっかりコーヒー風味がありますし、パリッと凍った甘くないガナッシュがよいアクセント。
こちらが一番人気だったかもしれません。

おなかがいっぱい、焼き菓子3種はお持ちかえりいただき、みなさまのおうちで味わっていただくことに...
お喋りにも花が咲き、ホワイトエレファント(プレゼント交換)も盛り上がり、楽しい新年会となりました♪

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ









[PR]
by Wingco | 2017-02-11 13:39 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
25cmバニラシフォンケーキ 
b0108544_16550182.jpg
大きなシフォンケーキを焼きました。直径25cmの、これがアメリカでは昔ながらのシフォン型です。
とはいっても、アメリカではシフォン型というより、Rube型とかエンジェルフード型と呼ぶようです。

シフォンケーキはアメリカ発祥ですが、今ではそれほど一般的なお菓子ではないようです。
似たような、卵白のみ使うエンジェルフードは売っているのもよく見かけますが。
こちらでは日本のように小さいサイズのシフォン型を売っていません。
一回り小さい23cmやクグロフ型に似た18cmを専門店で見たことはありますが。

「シフォンを作ってみたいけれど、これでできる?」とこの大きな型をお持ちの方に聞かれることもたびたび。
実は一度も使ったことはないので、これは挑戦してみないと~ということになったのです。
なぜ持っているかというと、日本人のみなさん、たいてい一度はシフォン焼いてみよう~と思われるようで、
でも結局使わないまま日本にお戻りになる、そして型は引き継がれる...という訳。
うちにもいつの間にかこの型がありました(笑)











b0108544_16373614.jpg
とりあえず、一番シンプルだけれどお気に入りのプレーンシフォン(卵、砂糖、粉、グレープシードオイル、水のみ)のレシピに、
バニラビーンズを一本使って風味をつけてみました。
20cm用のレシピを二倍量、ちょうど卵10個使います。

オーガニックの卵しか買いませんし、もったいないので、食べられない物は絶対に作らない!
の覚悟というか願いをかけて作りました。おかげで膨らみもなかなか、手はずしもうまくできました。
もともと何度か作っているレシピですし、二倍量になってもそれほど変わらない。。。?











b0108544_16384125.jpg

いえいえ、いつもより焼き縮みもあり、満足できる出来ではありません。
迷ったのが焼き時間。 
どの程度ふやせばよいのかわからず、生焼けも怖かったので、少し焼きすぎてしまったのかもしれません。

左は日本の17cmの型ですが、筒は17cmのより細いので、その分幅の広い断面になってしまいます。
ずんぐりとした形ですね~食べ応えがありますが、ちょっと大き過ぎ?
真ん中の空洞が狭いので、火の通りも悪いのではないでしょうか?

これだけ大きいと、逆さにして瓶に挿しても安定が悪いためか、型にはつめがついていて、
そのまま逆さまに置けるようになっています。
あらかじめ、おすそ分けすることになっていたので、こちらはその残り、ホールの半分以下です。
たくさんの量が一度に焼けるのはいいですね~♪













b0108544_16393398.jpg
写真は上手く撮れませんでしたが、実際はきめ細かく、ふわふわ柔らかく美味しいシフォンでした。

他に大きなシフォン用のレシピがないか検索してみたのですが、あってもBPを使ったり、卵白の量が多いレシピばかりでした。
きっと膨らみもよく見た目は立派なシフォンができることと思いますが、卵白が多いシフォンの食感は好みではありません。
大きいけれど美味しいシフォンを目指して、また挑戦してみたいと思っています。













b0108544_616324.jpg

今頃ですが、大晦日のお客様と共に頂いた、2016年締めのデザート...の残りによる今年最初のひとりおやつ。
スパイス風味のバターシフォンですが、以前作ってスパイスがもっと効かせたいと、
こちらも以前作って食感は今一つだけれど、スパイスは気に入っていた
栗原はるみさんのスパイスシフォンにスパイスだけ変えました。
そのせいか、おせち作りの合間でばたばたしていたせいか、ふくらみがいまひとつになってしまいました。20cmです。
キャラウェイシードのぷちぷちも以前はよいと思ったのですが、家族からは不評で、周りに穴もあいてしまったし、
スパイスはまた考えないと。
もともとはシナモン、ナツメグ、ブラックペッパー。
今回はオールスパイス、カルダモン、キャラウェイシード。

グレーテルのかまどのかぼちゃのプリン
こちらのかぼちゃは日本ほど甘くないせいか、かぼちゃの味がもっと欲しい感。
マンケ型大きいのしかなくて、薄いプリンになってしまいました。

バニラジェラートは安心の美味しさ。
若山曜子さんの抹茶ミルクアイスはコンデンスミルクを使うので滑らか。
卵を使わず抹茶の風味をよく感じる、すっきりと美味しいアイス。
黒豆との相性もよい感じです。
バニラには丹波黒豆、抹茶には普通の黒豆のシロップ煮、違いがわかりますか~?

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ






[PR]
by Wingco | 2017-01-25 23:51 | お菓子 | Comments(4)
ミニ抹茶スフレロール トロピカルジェラート
b0108544_1541071.jpg

今年のお菓子作りで一番印象に残っていること、それは結婚披露宴にお出しするケーキを任せていただいたことです。
とは言っても大きなウェディングケーキはとても作れません(し、運べない)。
お客様50人分の小さなケーキでよいといことで、それなら~とせっかくのおめでたいお式ですし、
御手伝いさせていただくことにしました。

ちょうどその少し前に、月一回のクラフトの会の開催が我が家での開催でしたので、
みなさんに予定しているケーキを試食していただきました。

考えていたのは、苺ショート、抹茶スフレロールケーキ、チョコレートケーキの三種です。
それぞれ二種類食べ比べていただきました。

苺ショートケーキは今回一種類しか作りませんでしたが、以前の会にも持っていったので、そちらとレシピを変えて。
パーティー用に大きく作ることと、取っていただきやすいように、ひとり用の高さ大きさを調整しました。

苺ショート、以前はいろいろなレシピを試しましたが、その中で一番好評だったレシピに最近は固定していたのですが、
私が少し飽きてきたところもあって、前回はもう一つのやはりお気に入りに変えてみて好評でした。
でもそれはジェノワーズがふわふわ柔らかすぎて崩れないのか心配、
優しい味なので、こちらの甘い味に慣れた方にはどうかな~?といつものしっかりめのに変えたのですが、
みなさんにはやはり前回の苺ショートの方が美味しかったと正直な感想(笑)を頂きました。
大きさはもう一回り大きくてもよいのでは?ということです。












b0108544_15422868.jpg

ミニ抹茶スフレロールは以前も違った写真で出しています。
こちらも見た目、色以外はよく似ていますが、違うレシピで食感も違いました。

色は使った抹茶が違うからですが、やはり御高い抹茶は発色も違うようです。
そして実は中の餡子も違って、缶詰の小倉あんと市販のですが甘さ控えめと書いてあった粒あん。
甘さと美味しさがかなり違って、缶詰のは美味しくなかった~

ミニロールでクリームたっぷりに巻くのは結構難しい。餡子を真ん中にというのも。
実際は8本作っています。練習ができてよかった!











b0108544_15424224.jpg

トロピカルフルーツジェラート
こちらはお式には予定していませんでしたが、お口直しに冷たい物を。
パッションフルーツが手に入ったので、やっと作ることができました。

パッションフルーツ、マンゴー、バナナのミックス。
それぞれの酸味、香り、甘さがとてもよい感じに合わさって、複雑で印象的な美味しさになりました。

パッションフルーツの黒い種、見た目はよいアクセントになっていますが、私には食べて邪魔な気がしました。
同じように思われた方もいれば、このぷちぷちがよい感じ~と言う方もいらして...
それぞれ感想も違うものですね♪











b0108544_15421237.jpg

アーモンドココアケーキ
こちらも以前作って評判のよかったミニマフィン型で作るお菓子。
アーモンドプードルが入ってコクがありますが、メレンゲ使用でふんわり優しい食感です。
こんもりとした形も可愛い~

もう一種類のチョコのお菓子はガトーショコラ











b0108544_15415333.jpg

すみません、ドームに入ったこの写真しか撮れなくて... 最初の写真にも1個写っていますが。
こちらは溶かしたチョコも入ってしっとり濃厚なのですが、チョコの味が強すぎて、万人向けではないかと。
お子様もいるので、食べやすくて見た目もかわいいアーモンドココアケーキに決定!
みなさま、貴重な意見をありがとうございました♪


トレイは作業中のお茶請けのお菓子たち。
「博多通りもん」は日本からのおみやげを頂きましたのでさっそくお出ししました。白餡で美味しかった♪
「オリーブおかき」は日本に行っていたダダが買って来たもの。
あぶらっぽいのかな~と思いましたが、予想とは違って、あっさり。
オリーブの風味がとってもよくてみなさまにも大好評でした。

他はどれもコストコで買ったお菓子です。
この時期にしか売っていない、クレープのチョコがけ。
クレープ生地がとっても薄くてさくさく、ミルクチョコですが甘すぎず美味しいのです。毎年買ってしまいます。
チョコポールは初めてみたもの。中にはヘーゼルナッツと回りに薄くカラメルが。
うす~いチョコはあっさりしていました。薄くて食べやすいです。
ピーカンナッツ、カシューナッツ、ドライアプリコットのミックス。スパイス、塩も効いていて、甘辛味がよい感じでした。










b0108544_15413614.jpg

こちらがパッケージ。他に今年も買ってしまいました。ゴディバの三段ボックス。
ハイチュウは息子の、市販のお菓子で唯一買って欲しがるもの。お友達にも好きな子が多いそう。
しばらくコストコで見なくなっていましたが、最近復活して喜んでいます。











b0108544_15425755.jpg

4人みなさんの持ち寄ってくださったランチ。 
いつも打ち合わせ無しですが、よいバランスのお料理が集まってくれます。今回は和な雰囲気ですね~

ベトナム風サンド、炊き込みごはん、エビとアスパラとチーズの焼き春巻き、なすの煮物、ポテトサラダ、
ほうれんそうともやしの胡麻和え、ひじきの五目煮、シソ巻き味噌。
ご馳走様でした!

クラフトの会ですし、みなさまちくちく仕事のために集まっていらっしゃるので、ランチは言わばまかないのような、
二の次の事なのですけれどね。
野菜たっぷり、どれもしみじみと美味しく、みなさまのご家庭の味が楽しめること、毎月とっても楽しみになっています♪
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-12-10 00:54 | お菓子 | Trackback | Comments(5)
杏仁リコッタ&マンゴープリン  感謝祭のターキー
b0108544_22481327.jpg

先週の木曜日、アメリカではサンクスギビングの祝日でした。
今年はお友達からターキーディナーに御招待をいただき、久しぶりにアメリカらしい感謝祭を過ごすことができました。


杏仁リコッタ&マンゴープリン
杏仁豆腐にリコッタチーズを入れてしまうというレシピ。しかも白ワインたっぷり。
リコッタだけではなくもちろん牛乳の方がたくさん使いますし、リコッタですからチーズチーズした感じにはなりません。
普通の杏仁豆腐よりコクがあり、あっさりしすぎずによい感じです。
ただ寒天の配合が多かったのか固めだったので、もう少しするするな食感の方が好みでした。

マンゴープリンも以前とは違うレシピで、今回はフレッシュなマンゴーを使いました。
完全なピュレではなく、ざっと手でつぶしたので、ところどころにマンゴーそのものを感じるのが好みでした。
もっと甘いマンゴーだったらよかったのに~

両方共あっさりめの味でしたが、乗せたたっぷりのフルーツ、そしてアガーとグラサージュのゼリーにはグランマニエをたっぷり。
量が足りなくて、おうち分にはゼリーがなくなってしまいましたが、このゼリーが効きました。
全体の組み合わせは最高~♪

高校生以上の大人な集まりでしたので、持参いたデザートも大人っぽい雰囲気に、一応したつもりです。











b0108544_22483339.jpg

その他に作ったお菓子全て、カットやデコをする前に勢ぞろい。
いつものことですが、この後がトダバタで、持って行く状態になってからの全体写真が撮れませんでした(泣)

新しく買ったチーズケーキの本が気になり、上のリコッタ杏仁とともに、下の2つもその本からのチーズケーキ。
でもそれぞれ味わいはかなり違います。

そして右上のスポンジケーキ風ですが、高さがある型ですよね?
そう、20cmのシフォン型、中の筒は外して使っています。
冷ます時にうっかり中心をぶつけてしまって残念でしたが、筒がなくても真ん中が凹むことはなく、
普通のスポンジのようにとてもふっくらと焼きあがりました。
津田さんのバターシフォン(BP使用)のせいもあるかもしれません。











b0108544_22485225.jpg

コーンブレッド
は甘くはないですし、お菓子ではなくパンのような位置で感謝祭ではつきもののようです。特に南部では。
スーパーにもコンーンブレッドミックスのようなお手軽に出来る粉がたくさん並んでいます。
小嶋ルミさんのレシピで作ってみました。

コーングリッツという粗挽きのとうもろこしの粉も沢山入って、本来は素朴な物ですが、
さすがルミさん、しっとりふんわりで美味しい~
ホールコーンも入ってみなさんにも好評でした♪











b0108544_2314891.jpg

苺ショート風シフォンケーキ
デコに時間がなくてガタガタ、お恥ずかしい~
高すぎて潰れる恐れがあるからでしょうか、上下1cmづつはカットすることになっています。
それでもかなりの高さ。クリームと苺の重さが心配でしたが、何とか持ちこたえてくれました。
ふわふわな部分が多いですし、やはりジェノワーズよりもシフォンは柔らかくてこちらも大好評でした♪


クランベリーミルクチーズケーキ

こちらにもリコッタチーズを使用、クリームチーズは使いません。
コンデンスミルクでとってもミルキーな美味しさ。
ベイクドタイプ(湯煎なし)なのにとっても滑らかでソフトな食感です。

クランベリーは中にも刻んだ物がたっぷり入っています。
この甘酸っぱさが、ミルキーなチーズ生地に良くあっていて美味しい♪
土台のパートサブレも手作り、これくらい薄~い方が主張しずぎずによい感じでした。










b0108544_230131.jpg

ターキー、大きくてびっくり! 
20パウンドなので、10キロ近くあります。
オーブンから出すにも、熱いし重いし、二人がかりの大仕事でした。

焼きあがってからすぐに食べられるわけではありません。
中の詰め物を出して、ターキーは保温しながら休ませます。
その間に詰め物(スタッフィング)を煮込んでグレービーソースを作るのですが、
それまで待てない~ということで、急遽ミキサーにかけてとろみをつけました。

スタッフィングはターキーの内臓と他は各家で違ったりしますが、お友達はリンゴ、ニンジン、セロリ、セージなどの
ハーブをいろいろ使っていました。
内臓のクセを感じなくて、美味しいグレービーでした。










b0108544_2302713.jpg

手前に並んだのも典型的なサイドデッシュ3つ。
インゲンとマッシュルームのソテー
スイートポテトをバターソテーして甘めに煮て、マシュマロを乗せて焼いた物
リンゴとラズベリー入りクランベリーソース

本来はかなり甘かったり日本人にはちょっと口に合わないようなお料理だったりするのですが、
アメリカ生活の長いお友達、経験から工夫を重ねていらしたようです。
実はターキーは苦手だし、他のお料理も今まで美味しいと思ったことがなく、今まで作るのは避けて来ました(笑)
今回はどのお料理も美味しく、ターキーもくせがなくジューシーでした。










b0108544_231743.jpg

ターキーは御主人がテーブルで切り分けるのが普通だそうです。
なるほど、みていても結構な力仕事です。女性一人では無理かもしれませんね。

他にもみなさんの持ちよりお料理、ラザニア、煮豚、アスパラソテー&プラムベーコン巻き、梅ごはん、
洋梨くるみ入りグリーンサラダ、パンプキンパイ... 御馳走様でした♪









b0108544_2313121.jpg

お家に入ると、天井近くにあるこのターキーにいつもギョッとさせられます。 
ご主人様が初めて行ったハンティングで、見事に射止めたそう。
ご本人はビギナーズラックとおっしゃっています。 野生のターキーもいるのですね~

こちらもかなりの大きさで、目が合うとちょっと怖い...
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-30 00:01 | お菓子 | Trackback | Comments(3)
抹茶と和三盆のシフォン くるみとコーヒーのマフィン
b0108544_2494147.jpg

11月もすでに後半、あっという間ですね!

いつまでも暑い暑い、冬はこのまま来ないのでは~などと思っていましたが、そんなわけはありませんでしたね。
週末からぐっと気温がさがり、朝には暖房を入れてしまうほどでした。
つい一週間前は冷房が必要だったのに...

毎年思いますが、ここでは暑い時期が長く、夏の次には秋をとばしてすぐに冬が来てしまう様な感じです。
四季の移ろいを楽しむ情緒が、あまりないのは残念です。










b0108544_2502948.jpg

この前の、抹茶スフレケーキベリーの豆乳マフィンはお友達の家への手土産にしたのですが、
いつものように、ひとりおやつでじっくり味見です。

抹茶スフレケーキは底が凹んでしまったものの、シフォンケーキよりもじゅわ~しっとりの食感も好みでした。
ラズベリーとブラックベリーの酸味があっさりとした豆乳マフィンのよいアクセントになります。
形はマフィンですがシフォン生地なので、ふわふわ柔らか。
どちらも好評♪ しみじみとした美味しさはなかしましほさんらしいお菓子でした。

和を感じるケーキでしたので、小豆アイスを合わせてみました。
以前登場した抹茶スフレロールでクリームの中に使った小倉あんの缶詰。
これが甘すぎてそのままでは頂けないので、ホイップした生クリームと合わせて凍らせるだけです。
それだけで小倉アイスのようになるのですね!
あんこが甘いので、砂糖も何も加えません。

若山曜子さんの本にあったものですが、本当はゆであずきの缶を使うのでした。そのほうがもっと美味しくなったと思います。 
アイスにしてもまだ甘かった小倉あん。御汁粉にでもすればよかったかな~











b0108544_2505655.jpg

お茶はハーニー&サンズのデカフェのホット・シナモン
シナモンとクローブがぴりりと刺激的。 オレンジピールの香りも爽やかでよいのですが、なぜか甘い!
H&Sではこの時期人気のお茶だそうですが、私は甘い紅茶がちょっと苦手。 甘くないのも販売して欲しい~










b0108544_2511066.jpg

抹茶のシフォンケーキ
抹茶のスフレケーキと同じレシピを今度はシフォン型で作ってみました。
水分多めのようなので底上げしないか心配しましたが、よい感じに焼きあがって嬉しい~♪
手はずしも成功!










b0108544_2512447.jpg

ただ、和三盆糖に塊があって、そのままハンドミキサーでが~っとすれば溶けるかな~と思ったのですが、
グラニュー糖とは違うのですね。
溶け切らずに粒々が残ってしまいました。
大きな気泡がぷつぷつあるのはその部分。

それでも和三盆のすっきりとした甘さが抹茶の風味をストレートに感じさせるようです。
グレープシード油とあっさりとしていますし、今までで一番抹茶の美味しさを感じるシフォンケーキになりました。









b0108544_2514320.jpg

お気に入りのマフィン型で作るキッシュ風、今度はミニマフィン型で小さく作ってみました。
大、中、小と順に三種類の大きさで作ってきましたが、今回のミニが一番合っているように感じました。
小さいと食べやすくてパーティーにもピッタリですね。 
生地も手作りなので、数をたくさん作るのは面倒ですが。

普通のマフィンの大きさの方は、くるみとコーヒー
うちはみんなコーヒーを好まないので、こちらもキッシュ共々お友達のお宅に持参したのですが、
この組み合わせ、とっても合います!
私も美味しく頂きました♪










b0108544_2515947.jpg

インスタではこういう(もっと凝って素敵なのですが)真上からの写真をよく見ます。
私は上の寄った写真の方が詳細よく見えて好きなのですが、どうなのでしょうね~
と迷ったりして、また更新が遅くなる...(笑)










b0108544_2521953.jpg

断面の写真、全然素敵ではないですが、味わいなどが一番よくわかるのではないかと...
後で見ても味がよみがえります。

ミニキッシュはプチトマトとモッツァレラ、そして長ねぎとアンチョビ
薄い生地ながらパイのような層になっているのも見えますね。
クルミはざざっと刻んで食べやすく、顆粒のコーヒーは溶け切らずにほろ苦いアクセントになっています。

ねっ、断面を見ているだけで、食べたような気分になりませんか??

断面大好き!
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-22 04:42 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
マンゴーパフェ  マンゴーのマシュマロ
b0108544_0561715.jpg

11月に入って、やっと昨日の日曜日にはサマータイムも終わり、時計が一時間戻りました。
昨日は雨も降り、気温も下がって少しは秋らしい雰囲気になって来ました。

お菓子の方はまだ夏のようなマンゴーパフェ。 季節感がなくてすみません!

マンゴーを使った4品で出来ています。













b0108544_0562934.jpg

マンゴーのマシュマロ
マシュマロを作るのは初めて。 稲田多佳子さんのレシピです。
マシュマロってふわふわしているからメレンゲを使うのかと思っていましたが、こちらは違います。
マンゴーピュレと水あめとゼラチンなどで作ります。

あまりにも簡単にできるのにびっくり! そしてマンゴーの味が活きて美味しい~!
市販のマシュマロは苦手でしたが、手作りすると美味しいものですね。
かなりくっつきやすいのでコーンスターチまみれで真っ白になっていますが、
右下にある四角いもののように、中はきれいなクリーム色です。

ぶにゅぶにゅっとした柔らかい食感も楽しい~♪
調べると、市販のマシュマロにはメレンゲを使った物が多いそうです。
フランスのギモーヴはメレンゲではなく、今回のようにフルーツのピュレを使っているそうです。












b0108544_0564148.jpg

ヨーグルトマンゴー
若山曜子さんのレシピ。
生クリームと、ヨーグルトは水きりしてあるので、酸味がマイルドになり、爽やかなジェラートのような美味しさ。
はちみつでコクもあり、マンゴーの半分はつぶして混ぜ合わせてあります。












b0108544_0565281.jpg

キャラメルマンゴーマフィン
マンゴーをキャラメライズさせてマフィンに混ぜ合わせます。
コクと甘さをしっかり感じます。稲田多佳子さんのマフィン型の本より。


マンゴープリン
最後に余ったマンゴーで適当に作ったので、適当な味になってしまいました(笑)
もっとマンゴーも多く、プルプルにしたかった...











b0108544_057791.jpg

マンゴーを使った4品、出来上がり♪

コストコで美味しそうな瓶詰めのマンゴーがあったので、購入。
ライトシロップでマンゴーの味がそのまま活きていて美味しいものでした。
とても大きな瓶でしたので、早く使い切りたくて、一度に4品作ったのですが、
その後コストコでこのマンゴーの瓶詰めを見ることがなくなり...がっかりです。

市販のマンゴーは繊維ばかりでとても食べられような、ハズレに当たってしまうことが多いのです。
何か美味しいマンゴーを見分ける方法でもあるのでしょうか...?












b0108544_0572319.jpg

ふと思い立って、4品を集めてバフェ仕立てにして味わいました。
特に工夫もありませんが、一緒になると、また美味しさも膨らみますね♪



↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-11-08 00:59 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
若山曜子さんのフルーツ・マスカルポーネ レモンムース 
b0108544_22185982.jpg

前回のポットラックに引き続き、また違うメンバーでの持ち寄りランチが我が家でありました。
まだまだ暑い夏のような陽気でしたので、デザートもカラフルで全く秋の気配を感じないものとなってしまいましたね。









b0108544_2255695.jpg

若山曜子さんのフルーツ・マスカルポーネ

上に別々に乗せた4種のフルーツが美しいアイスデザートです。
こらは絶対に美味しい~と二倍量で作ったのはよいのですが、この大きな容器のまま冷凍庫で冷やし固めなくてはいけません。
日本からの食材などで混雑している我が家の冷凍庫が大変なことになってしまいました(笑)

実際の美しさを表せる写真がなかなか撮れなかったのですが、断面もきれいなのですよ!










b0108544_226156.jpg

上に乗せたフルーツのマリネと同じ物を、今度はミックスして、中にも散らばせてあります。

マスカルポーネを使ったパルフェというで、ティラミスクリームを凍らせた感じ、普通のバニラアイスよりコクがあるかもしれません。
底には本当はフィンガービスケットを敷き詰めるのですが、ちょうどチーズケーキの土台にしようと
焼いたジェンワーズがあったので、それで代用してしまいました。
もちろんこちらで市販のビスケットよりは美味しいと思いますが、
もう少し軽い食感のビスキュイ生地を焼けばよかったかな?とも思っています。

フルーツのマリネと言っても、ごく薄いシロップ。
どちらかというと、キルシュワッサーの風味付けのためかもしれないと思うほどの甘さですので、
フルーツの酸味はそのままです。
こっくりとしたマスカルポーネアイスとの組み合わせは最高!

食べる時に、はちみつとたらりとかけていただきます♪










b0108544_22193580.jpg

こちらも若山曜子さんのレモンムースに小嶋ルミさんのアガーのネクタリンゼリーを組み合わせました。
前のポットラックのデザートにも似ていますが、あちらはレモンミルクのババロアとプラムのゼリーでした。
前回とは食感も風味も違います。

ぷるっとしたババロアの方が好みかと思っていましたが、レモンムースのほわっとした食感もいいですね~
こちらにはレモン汁も入るので、ババロアとは違って酸味もしっかりと感じます。
その分ネクタリンのコンポートはプラムよりも酸味が弱いので、よい組み合わせになりました。

ネクタリンのコンポート液が鮮やかな赤でしたので、これをデザートに活かしたくて!

ネクタリンの実はオレンジ色なのですが、皮は赤みが強く、種の周りも赤いので、種ごと煮ました。
アイシングなどに使うフードカラーは絶対に自分では使いたくありませんが、
このような素材からでも鮮やかな色が楽しめるのは嬉しいことです。










b0108544_2264728.jpg

焼き菓子は3種ともに、今回も多佳子さんのマフィン型を使ったお菓子です。
それぞれはシンプルなお菓子ですが、こちらもベリーの鮮やかな色のおかげで可愛らしく見えたでしょうか...

ハニーサワークリーム
上に乗っているのは普通のホイップクリームです。生地のほうにサワークリームとハチミツが入っています。
バターも油も使わないのですが、生クリームとサワークリームでしっとりと美味しいケーキです。
バターを使ったきめ細かいふわふわっと柔らかい生地とは違いますが、バター臭くないし、優しい風味の
しっとりとした食感も新鮮で気に入りました。

スフレチーズケーキ
大きく作ると、中まで火が通っているかな~?逆に焼きすぎていないかな~と心配になるスフレチーズも、
小さく作るとお気軽にできます。
小さくてもふわふわと軽い、立派なスフレチーズ。
多佳子さんらしい、甘さ控えめ、チーズも主張しすぎない、優しい美味しさ。
1個では止まらないかも~♪

ラズベリータルトマフィン型で、タルトも作れてしまいます。
タルト生地は、きちんとした形ではなく、底だけに敷くのでこちらもお手軽。
さくさくほろほろのタルト生地にアーモンドクリーム、こちらも優しい美味しさ。
大好きなブラックベリーも真ん中に入れてしまいました。










b0108544_22191889.jpg

やっぱり断面も撮ってしまいます。
こちらの方が焼き菓子のいただいた美味しさが伝わるように思うのですが。
そしてペーパーカップがとっても可愛い物でしたので...ちょっとわかりにくいかもしれませんね。

ハロウィンまであと十日と秋も深まっているのに、いつまでも夏~な画像ばかりですね。
まだまだ30℃を超える日が続いているので、こんなお菓子ばかり作っています。

でも今朝は昨日よりも、いきなり10℃も低くなって寒いくらい~
やっと秋らしくなって来たのでしょうか...??
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-10-21 23:25 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
若山曜子さんのピーチメルバ、レモンババロア マフィン型で焼き菓子5種
b0108544_134398.jpg

前回の、お気軽ポットラックの続き、こちらはデザート編です。

まだまだ暑かったのでひえひえアイスデザートにぷるんとババロア&ゼリー、そしてささっと作れるマフィン型のお菓子5種類。










b0108544_1343178.jpg

ピーチメルバ
ホワイトピーチのコンポートをお菓子に使いたいと思っていたところ、このレシピに出会いました。
本当は白桃の缶詰を使うのですが、残念ながらこちらでは売っていません。

コンポートを作る時に皮も入れたので、かなりピンク色が濃くなってしまいました。
そしてこうやってアップにすると、色が黒っぽくなってしまった部分が目立ってしまいますね。
熟れるのを待っていたら、柔らかくなりすぎた部分が変色してしまいました。

上に散らしたラズベリーの赤で、少しは隠すことができたでしょうか...










b0108544_135251.jpg

底にはラズベリーソースを敷き詰め(種を漉すのが少し手間)、真っ白で美しいのははちみつヨーグルトアイス。
水切りしたヨーグルトを使うので酸味は除かれています。
爽やかだけれど、ヨーグルトアイスと言って想像するよりマイルドな味わいです。
ラズベリーソースと一緒でも酸っぱすぎるということはありません。 大変に美味しい組み合わせです。

若山曜子さんのお菓子は美味しい上に、見た目も、作り過ぎていない華やかさが素敵です♪










b0108544_1352216.jpg

レモンババロア&プラムのゼリー
先日も作って大変に美味しかった組み合わせでふたたび。
曜子さんのレモンババロアはレモン汁は入れずに、牛乳に入れたレモンの皮の香りでレモンを表現。
なのでレモンのよい香りですが、酸っぱくはありません。

その分、プラムのコンポートは酸味が効いていますし、そのコンポート液で作ったアガーのゼリーにはレモン汁も加えています。
色もきれいですし、ババロアのまったり感を爽やかにしてくれます。
こちらは小嶋ルミさんのレシピ。
ゼリーって適当に作ったりもしますが、レシピの分量できっちり作ると味が決まりますね。 やっぱり美味しい~♪

ランチも食べたすぐ後で、私には美味しくても奥の小さいサイズでちょうどよかったのですが、
若いみなさま、結構大きなこのグラスでも、きれいにたいらげてくださいました♪










b0108544_1362327.jpg

さすがに焼き菓子まで全部は入らない~ でも一通り食べてみたい~
ということで、一つを4等分して全種類食べてみました♪


クランベリーのシフォン
細かいドライクランベリーが甘酸っぱくてよいアクセントになっています。
大きく普通に焼いた方が、ふわふわ柔らかい中の部分が多くて、私は好きです。

でも焼きたてを食べられるのはいいですね~
焼きたてはスフレのようにとっても膨らんで、あつあつほわほわの美味しさは格別です!


ガトーショコラ
外はほろほろ、持っただけで崩れそうな柔らかさに中はしっとり。
多佳子さんのガトーショコラはチョコの主張も甘さも程よくて、とっても好みです。
小さく焼いても美味しさに変わりはありませんね♪


抹茶+クリームチーズ
抹茶生地はグレープシード油使用なのであっさり、抹茶の風味が引き立ちます。
中に隠れているのは真っ白なクリームチーズ、色の対比も美しい。
クリチは砂糖で練ってあるので、しょっぱいということはありません。味もよく合っていると思います。


フィナンシェ
バターを焦がさないで使うので、ミルキーでコクのあるマドレーヌのような感じです。
もちろんアーモンドプードルでしっとり。 甘さ控えめなので、焦がしていなくてもバターくどい感じはしません。
深い味わいではないかもしれませんが、かえってあっさりとして私は好きです。


黒糖+バナナ
これもよくある組み合わせですが、全部黒糖だとかなり濃い味ですね。
私には半分グラニュー糖程度が好みかもしれません。
バナナはスライスではなく、長めに切ったのをざくざく差し込むので、存在感があっていいですね♪










b0108544_1364160.jpg

同じマフィン型(キッシュ風2種のみジャンボマフィン型)を使っても、いろいろ違った焼き菓子になるものですね。
稲田多佳子さんのマフィン型で作るお菓子、作りやすくて美味しい物ばかり。 
すっかりはまっています♪




↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-10-08 15:03 | お菓子 | Trackback | Comments(10)