タグ:和菓子 ( 24 ) タグの人気記事
イチゴ大福風シフォン 柚子味噌シフォン
b0108544_04181479.jpg

   (字の大きさがばらばらで変ですが、何だか修正できなくて…見づらくてごめんなさい!)

苺大福風シフォンケーキ

きょうの料理の三月号テキストより。

もちろん苺大福を入れた、というわけではなく、ゆであずきとつぶした苺を入れただけですよ。  

見た目苺の存在感はありませんが、苺の風味はしっかり感じます。

トールシフォンはやっぱりスリムですね~♪


いちご大福

白あんにホワイトチョコを溶かした苺大福は、上のシフォンケーキと共にお友達に大好評!

ミルキーな白あんが苺の甘酸っぱさを引き立てます。

白玉粉のお餅は上品で滑らか、時間が経っても固くならないのもいいですね。 

若山曜子さんらしい、ひねりのあるお洒落なお菓子!


美味しかったのですが、白玉粉のお餅はべたべたして包み方が下手すぎででした。

和菓子はたま~にしか作らないですし、勝手がよくわかりません。

春らしいチェリーブロッサムの可愛い器で少しは誤魔化せたでしょうか?!









b0108544_04181583.jpg
気が付けば4月は全く記事を更新できずでした。
お菓子は相変わらずいろいろと作っていたので、今頃ですが、記録しておきます。








b0108544_04181523.jpg

柚子みそのシフォンケーキ

いつものバターシフォン20cmです。

柚子ピールを柚子リキュール(どちらも日本からの頂き物。ありがとうございます!)に漬けた物も入っています。


3月11日は東日本大震災から6年ということで、ヒューストン在住の日本人の音楽家の方たちのチャリティコンサートがあり、

その差し入れ用に日本を感じるお菓子を作りたかったのです。

息子も学生のコーナーで参加させていただきました。



ドライフルーツのチーズタルト

ドライフルーツのスパイス赤ワイン漬けとピスタチオがたっぷり入って大人向け。

クリームチーズと同量のカマンベールを使っていて、そのカマンベールがとても風味の強かったこともあり、

味見をしたら万人受けする感じではないかな~と。  こちらは持って行くのをやめました。








b0108544_04181565.jpg

前回の柚子みそのシフォンとドライフルーツのチーズタルトでいつものひとりおやつ...

ではなく、春休みで息子も一緒、ちょっと嬉しかったです。


市販の柚子みそが甘さが強かったので砂糖を2割減らして。

言われなければお味噌が入っているとはわからない、それほど味噌味は感じませんが、

甘さの中に塩気が効いて、刻んだ柚子の風味が爽やか。

いつもよりもしっとりとして美味しいバターシフォンでした。  


チーズタルトも時間が経つにつれ、カマンベールのくせが和らいでしっとりドライフルーツの赤ワイン漬けとの相性は抜群!

ワインを頂きたくなる濃厚なおいしさです。









b0108544_04181522.jpg

今日のお茶はハーニー&サンズのチャイニーズ・フラワー。

中国茶にお花の爽やかな甘い香りがプラスされています。

マイルドな優しい風味。ゆったり過ごしたい気分の時に似合うでしょうか。

花びらの彩りもきれいな茶葉♪







b0108544_04181582.jpg

日本のみなさまにはお馴染みのことと思いますが、私はアメリカで初めて見ました、デコポン。

こちらでは「Sumoシトラス」という名前。

検索してみると、熊本出身の方が30年をかけてカルフォルニアで量産に成功されたとのこと。

特徴として、手で簡単にむけて食べやすい、とこんなばらばらにしたところの画像が載っていました。

日本ではほかにも甘夏やはっさくなど柑橘類の種類も多いですよね。そのおいしさがアメリカにも広まることを願っています。

今日のお茶はInvigorating Tea。

お茶とは言っても全く茶葉は入っていなくて、シナモン、クローブ、ジンジャー、カルダモン、ペッパーなどのスパイスのブレンド、

そこにミントとオレンジピールが加わって、爽やかに飲みやすくなっています。

チャイティーのスパイスのみと言ったらよいでしょうか。カフェインフリーですし、スパイスがぴりぴり効いてすっきりするところが好きです。

Invigorationには活性化という意味もありますが、まさにやる気が出そうな朝にぴったりのお茶です。

嬉しい頂き物! きれいなチョコはARAYAというヒューストンでは人気の高級チョコ屋さんです。

一つ一つ手作りで、フィリングもユニークで楽しいですし、チョコそのものが美味しいのです。




一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ


[PR]
by Wingco | 2017-05-13 22:52 | お菓子 | Trackback | Comments(0)
手作り餡でおはぎ アメリカンチェリーのクランブルマフィン
b0108544_4505640.jpg

手作りの餡子であんぱんもいいですが、一番食べたかったのはおはぎです!
こちらでは売っていませんので、自分でつくらなけらば食べられない~

念願のおはぎを、初めて作ることができて満足しています。
何だか大きく形もぼてっとして、おはぎというよりぼたもち(違いはよくわかっていませんが)ですけどね。

せっかくなので、きちんと急須と湯飲みを出して、緑茶も楽しみました。
梅雨の鬱陶しさをはらいのけてくれるような、涼やかな水色が好きです。

葡萄模様の丸の中が半透明になっていて、ちょうど同じ裏側にも葡萄の模様が描かれているのですよ。
薄手て小ぶりなところも気に入っています。











b0108544_45115100.jpg

Harney&Sons、日本では扱っていないと思いますが、こんな日本の緑茶もサイトに載っていました。
SenchaやMatchaもありますが、鹿児島茶ですよね? どんな感じかとお試しの小さいサイズを買ってみました。
これはティーバックではなく、二回分ほどの茶葉が入ったお試し用サイズなのです。

ちゃんとした美味しい日本の緑茶でした。香りもしっかり。
H&Sはフレーバーティーで知られていて、グリーンティーベースの物も多いのですが、
大抵使っている緑茶が葉の大きな、あまり美味しくない物なのです。
それをレモンやフルーツの味を加えて誤魔化しているような...
いえ、余計に変な味に感じてしまいます。多分、日本人にとっては。

なので、こちらのkagoshima茶、きちんとした日本の美味しいお茶で、とっても嬉しい~♪










b0108544_452675.jpg

そう、おはぎを作るのって初めてだったのです。
道明寺の桜餅は作ったことがありましたが、おはぎのごはんの部分が面倒そうな気がしていました。
でも、もち米を普通に炊いて、半突きして...思っていたよりお手軽にできるものなのですね~

ただ、少し水分が多かったようでベタベタ...きなこをまぶしてもすぐにじんわり水分が。
次回は固めに炊くことを、忘れないようにしないと!

小豆餡ときなこの組み合わせもいいですね~ すった黒ごまのおはぎも食べたくなりました。
でも一番食べたいのはずんだおはぎ!  母が好きでよく作ってくれました。 懐かしい味です。

タコはあんぱんは食べてくれるのですが、おはぎはダメ(悲)
ごはん+甘い小豆餡、という組み合わせが信じられないようです。 「ごはんに甘い物はちょっと...」
やはりそこはアメリカ育ちでしょうか。
売っていませんし見たこともなかったので、急には受け入れられないのかもしれませんね。
もっと小さいうちに作っておけばよかった...(反省)

タコも歳を取ったら、私のどんな味を懐かしく思い出してくれるのかな~??











b0108544_4573465.jpg

今が旬(もうすぐ終わり?)のアメリカンチェリーのクランブルマフィン、小嶋るみさんのレシピで作りました。
チェリーもタコは苦手なので、これは最近、タコが留守の間に作ったものです。

反対に私、この夏はアメリカンチェリーにすっかりはまっています!
以前はもっと大味だったと思ってあまり食べたことがなかったのですが、今年のは甘くてジューシー。
最近果物はこればかり食べています。











b0108544_4522452.jpg

このカップ、高さもありますし、上がなみなみになっていて、かわいい~!と買ってしまったのですが、
かなり切り込みの部分が長いので、もしかして、そこから生地が流れ出す~?と不安にもなりました。

ぎりぎりセーフな感じですが、少しNGなのもありました(笑)










b0108544_535522.jpg

ルミさんのマフィンはお友達の森岡梨さんのとよく似ていて、アメリカンタイプのボリュームのあるマフィンが嬉しいです。
ブラウンシュガーも使っていてコクがありますが、ふんわりしっとりとした生地。

クランブルの香ばしさも良いですね~
プレーンが指定でしたが、私にはシナモン・クランブルにした方がよかったかな~という印象でした。
大粒のアメリカンチェリーはとってもジューシーですが、味にはそれほどパンチがないので、
シナモンのインパクトがあったほうがより美味しいのでは?

中にもごろごろチェリーがふんだんに。こちらは軸と種をあらかじめ取りましたが、
「どうせなら、上のチェリーも取っておいてよ~面倒...」とダダ。
うちの家族はやっぱり、見た目はどうでもよいって感じ、なのですね~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-07-20 00:00 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
ハロッズのトート&紅茶 紅谷の”くるみっ子”
b0108544_23562823.jpg

先日の送別会で日本に本帰国されるAさんから頂いたプレゼントです。
急に決まった御帰国でお引越しなどでお忙しかったでしょうに、お気遣いをいただいて申し訳ない限りです。

でも素敵な物ばかりで、とっても嬉しい!  ありがとうございます!
ご主人様が出張で立ち寄ったロンドンの空港で買って来てくださったそうです。
なんてお優しい、そしてセンスのよいこと!

ハロッズのトートバッグ。 可愛いけど派手すぎない柄で、使い勝手がよさそうです。
日本のハロッズのサイトで見てみましたが、この柄のトートは見当たりませんでした。
ロンドン限定でしょうか?!

紅茶も、イングリッシュ・ブレックファストは久しぶりです。
最近アールグレイやフレーバーのある紅茶を飲むことが多かったのですが、すっきりとストレートでおいしい紅茶です。

そしてWalkersのショートブレッドも大好き!











b0108544_025984.jpg

アメリカでも売っていますが、こんな可愛い缶は初めて見ました。
よくわからないかもしれませんが、缶のクッキーの柄の部分がでこぼこして立体感があるのです。

様々な形もかわいくて、何だか味まで違うような...より美味しく感じてしまいました。











b0108544_0252632.jpg

”花かまくら”と和菓子のような名前ですが、ホワイトチョコレートと抹茶クリームをラングドシャのような生地で挟んであり、
洋風のクッキー菓子ですね。 
もう一種類はチョコ味かと思いましたが、今見るとさくら風味とありました。
さくさくとした食感が楽しいお菓子です。

こちらはお友達Tさんの、日本から遊びにいらしたご主人様からのお土産。

Tさんのご主人様は駐在期間が終って、すでに日本に帰国されているのですが、
二人のお子さんがアメリカの大学進学希望(お姉さんはすでに大学生)ということで、
母子だけでアメリカに残ってがんばっていらっしゃいます。

先のAさんはお嬢さんが日本の高校に戻りたいということで、御主人を単身アメリカに残して母子のみでの御帰国です。
駐在とは言っても、ご家庭の事情でいろいろ違うものです。











b0108544_23572058.jpg


少し前のことになりますが、うちでのお茶会の時にいろいろと頂いてしまったお土産。

手作りのマドレーヌに健康によさそうなほうじ茶や寒天サラダ。
ギラデリのチョコは、アメリカのチョコの中ではしっかりとカカオの味がして普通に美味しいです。
(ハーシーズやM&Mなどは苦手~)
ベイキング用のチョコも売っていて、私も使っているのですが、このminisという製品は初めて見ました。
特に青いパッケージのミルクチョコにクランチアーモンド、シーソルトの組み合わせがとっても好みで、
自分でも買いたいと思いました。
普通にスーパーで売っているそうです。
いつもスーパーのお菓子コーナーは素通りなのですが、こうやって、美味しいお菓子を教えて頂けるのは嬉しいです♪










b0108544_0255527.jpg

鎌倉紅谷さんの”くるみっ子”という、リスの絵がかわいいお菓子♪

くるみたっぷりのキャラメルをバター風味のクッキー生地で挟んだ、和風エンガディナーのようなお菓子です。
こちらはざくざくっとしたクッキー生地で歯ごたえのある、しっかりとした甘さのお菓子でした。
御馳走様でした♪

このお菓子をくださったYさん(先日の送別会のホストのしてくださいました)のご家庭も複雑。
ご主人様は、転勤でシンガポール、上の男の子さんは日本の大学、下のお嬢さん(タコと同級生)は
アメリカの大学進学希望のため、やはり母子だけで残っているのです。
御家族三箇所にわかれての生活です。

車や家電や家のトラブルも日常茶飯事ですし、この前は大雨で家が浸水しそう~など大変なこともありました。
海外で母子だけの生活...私にはとても出来そうもありません。
がんばっているお友達...ただただ尊敬、そして応援しています!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-06-23 05:49 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
【わらび餅風】タピオカミルク餅 ルミさんのアップルパイ
b0108544_4151973.jpg

この週末はイースター関連の三連休でした。
日曜日はそのイースターで多くのアメリカ人のみなさんは教会に通ってキリストの復活をお祝いします。
お子さんはエッグハントを楽しみ、大人はイースターのご馳走を頂くようですが、
そこはあまりキリスト教の信者が多くない日本人のこと、毎年イースターの日曜日は商工会ソフトボール大会の日、
となっています。
ヒューストンエリアにお住まいの多くの日本人が参加する、年一回の大イベントとなっています。

それはまたのお話ということで、今回はおうち用のおやつを二つ。
まずは、お友達のお宅で御馳走になったタピオカミルク餅

初めて頂いたのですが、と~っても私好みの美味しさでしたので、さっそく家でも作ってみました。
一見、白くて四角なところがくず餅風にも見えますが、食べてみると粘りの強いわらび餅...といった感じ。
ぷるぷる~もちもち~な食感がたまりません!!











b0108544_4155829.jpg

和菓子のようだけれど、タピオカ粉を使っているので、どこかエスニックな雰囲気も~
ということで、一緒に頂くお茶も、緑茶のフレーバーティーを合わせてみました。

ハーニー&サンズのグリンティーにはココナッツ、バニラ、ジンジャーの強い風味がついています。
なるほど~アメリカ人には受けるのかもしれませんが、日本人にはどうでしょう?
特にココナッツの甘~い香りが、私は少し苦手なので、このお茶も...










b0108544_4161798.jpg

気を取り直して(笑)、お餅のほうですが、タピオカ粉を使います。
アメリカでは普通にスーパーで売っています(何に使うのかな?)し、お値段もお手頃。
わらび餅粉よりはず~っと、お財布にも優しい♪

他の材料は、砂糖と牛乳(または豆乳)だけ。
しかも、作るのも超がつくほど簡単。
そして、冷蔵庫に入れて冷たく冷やしても、翌日でも固くならないのですよ!











b0108544_4163862.jpg

甘さは結構感じましたので、きなこには砂糖を入れないのがちょうどよいと思います。
桜餅の時に作った粒あんが残っていたので乗せてみましたが、黒蜜も粒あんも、私にはなくてもよいかも...

今回は牛乳で作りましたが、次回は豆乳で少しあっさりめに作ってみたいです。


レシピはこちら↓

http://cookpad.com/recipe/797982

クックパッドのレシピはつくレポが多くても、実際作ってみると今一つなことも多く、自分ではあまり試してみないのですが、
御友達に教えていただいたおかげで、お気に入りのレシピが増えました。 
Sさん、ありがとうございます!!











b0108544_4165547.jpg

気温が低い間に作りたい...とずっと思っていましたが、もたもたしている間に20℃を超えるようになってしまいました。
きちんとした折込みパイはもう難しいかな~ でもパイが食べたい!
ということで、速成の折り込みパイ生地ですが作りました、アップルパイ。 小嶋ルミさんのレシピです。

本の写真ではもっと焦げ具合が強いですが、そこまで焦がす勇気がありませんでした(笑)
苦くなりそうで。
きちっと丸くならないところ、模様もアバウトでいかにもホームメイド的なパイの焼き上がり...
結構気に入っています。

しかし、パイ皿のサイズを間違えました。
23cmと本にあったので、結構大きそう。うちのパイレックスのガラスのパイ皿と同じかと思ったのですが、
実際後で測ってみたら25cmでした。 普通作る前に測りますよね(笑)











b0108544_4171531.jpg

パイ生地も薄~くなり(よく破れなかった!)、フィリングのリンゴも足りなくて、何だかスカスカ。
美味しかったのに、見た目がちょっと残念~

特に煮リンゴがとっても美味しくて、甘さもちょうど良く、煮過ぎていなくて、りんごのしゃっきり感も残っていて、
シナモンだけではなく、クローブとナツメグの風味もよくて、もちろんレモンの酸味も程よく...
とにかく、とっても好みの煮リンゴでした。










b0108544_4174299.jpg

タコにとっても美味しかったようで、二切れ一気に食べてしまいました。
身長は180cmとそこそこある割には大食いではなく、ご飯もケーキも滅多におかわりすることがないので、嬉しい誤算でした。

速成パイ生地でも三つ折は二回しますが、バターシートを作る必要はなく、生地そのものは前夜フープロでも作れます。
やはり本格的な折り込みパイよりは、気軽に、時間もかからず作ることができますね。
冷凍のパイ生地という手もありますが、やはり市販の製品は不安もありますし、
ざっくりとしたパイでも喜んで食べてもらえれば、そのほうが安心です。

ちなみに、添えたジェラート、少し緑がかっているのがおわかりでしょうか?
ピスタチオペーストが入っているのです。
見た目それほどわからないかな~とナッツ苦手(アレルギーではありません)なタコの分にも添えたのですが、
「次回は普通のアイスで。」と言われてしまいました。

いえ、美味しいのですよ、ピスタチオジェラート。  私もダダも気に入っています。
アップルパイとアイスの組み合わせ、大好きです!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-03-29 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
雛祭りに桜餅 テキサスNo.1高校オーケストラ
b0108544_23555078.jpg

海外に暮らしていると、日本の季節毎の行事はつい忘れてしまうことも多いのですが、
三月三日の雛祭りの日、今年は忘れずに桜餅を作ることができました。

うちには女の子はいませんし、雛人形もないのですが、こんなお雛様模様の布を飾って、気持ちだけでも...










b0108544_23562341.jpg

道明寺の桜餅を作るのも何年かぶりでしたし、秀衡塗のこの器を使うのも久しぶりです。










b0108544_23563997.jpg

パントリーで道明寺粉を探していたら、大納言小豆の袋も見つけたので、粒あんも作ることにしました。
よく考えたら、桜餅にはこしあんだったような...まぁ、いいかな~気にしない(笑)

「きょうの料理」の10月号に載っていた、土井善晴さんのおはぎが美味しそうで、”粒あん作りたい~”
というのが、ずっと頭に残っていたのです。
実行できてよかった♪










b0108544_23565964.jpg

炊き上がった粒あんを、白木の板に広げて冷ますというのも土井さんの方法です。
余計な水分を飛ばすためでしょうか...?

テキストでは、小豆を柔らかくなるまで下煮するのに50分ほどとあったのですが、
なかなか柔らかくならなくて、3時間もかかってしまいました。
もしかして~と小豆の袋を見ると、賞味期限が過ぎている~!(爆)
お正月に買ったと思ったのですが、その他にももうひと袋古いのが残っていたようです。
(パントリー整理しなくては!)

市販の物より滑らかさには欠けるようですが、甘さもほどよく、このままでぱくぱく食べてしまいたいほどです。









b0108544_23572181.jpg

道明寺のお餅の方は電子レンジで簡単にできるのですが、
粒あん作りに予定よりも時間がかかってしまい、桜餅が出来上がったのは夕方。
室内暗くなってきたので、写真の写りもぼんやりになってしまいました。

よく見えないかもしれませんが、道明寺は1/2の方です。
以前は1/4の粒の小さい方を買っていたのですが、一度半分の粒の方を試してみたかったのです。

なるほど、以前の小さい方がお上品で市販の道明寺に近い雰囲気ですね。
今回の大きい方も、おはぎを思い出させる素朴な感じで私は好きです。










b0108544_23573451.jpg

ほんのり桜色は、紅麹パウダーを使いました。
以前は量が多すぎて、食紅を使ったようなショッキングピンクになってしまいましたので、
今回は控えめに...

桜の葉はありませんが、桜の花の塩漬けのワンポイントで可愛らしくなりました。
見た目だけではなく、食べても、あんこの甘さを桜の花のしょっぱさが和らげてくれて、
私にはより美味しく感じました。









b0108544_235836.jpg

タコは「まあまあおいしい」と可愛くない感想でしたが、もともと和菓子は羊羹以外好まないので、
食べてくれただけでもよかったのかもしれません。

もちろん私は、大好きな道明寺桜餅を、きちんと雛祭りの日に作って食べることができて、大満足の一日でした♪


☆  ☆  ☆  ☆  ☆

桜餅とは全く関係ありませんが、タコの所属する高校のシンフォニック・オーケストラが、
テキサス州のUILフル・オーケストラ部門で昨年度第一位となり、そのご褒美に2月に行われた
音楽教育者の集まる大会に招待され、サン・アントニオまで二泊三日で演奏しに行きました。

高校生なのに持ち時間は1時間もあって、合計5曲の演奏。
プロの方々の前での演奏ですから、もちろんそれなりのレベルが求められるので、練習にも熱が入りました。
アメリカの高校の部活は日本と違って、練習も毎日などしなかったり、ゆるい感じなのです。
フル・オーケストラも昨年度は週に一日しか全体練習はなかったのですが、
1月からは休みの日にも練習があったり、2月からは毎日となりました。

大会の前に高校で行われた、お披露目コンサートの中の一曲です↓
5分と一番短い曲ですので、お時間があれば少し聞いてみてくださいね。









ショスタコーヴィチの交響曲10番のⅡ、ロシアの作曲家をアメリカで取り上げるの~
と少し驚きましたが、このスピード感とドラマチックな感じがテキサス人には受けるのでしょうか。

タコにとって2月は音楽関係、特にオーケストラのいろいろで目の回る忙しさでしたが、
締めくくりに先週土曜日のソロ&アンサンブルのコンクールで両方共州大会に進むことができ、
今週水曜日には高校のフル・オーケストラのコンテストも最高レベルの評価で終って、ほっと一段落。

久しぶりに何も予定のない週末かと思ったら、明日の土曜日は数学のコンテストでどこかの高校に、
朝からスクールバスで行くそうです。
それに備えて勉強などしている気配も全くありませんし(時間に余裕もなく)、
多分人数合わせのために参加するだけで、賞など頂ける訳ではないのですが、
みんなでわいわいバスに乗って、待ち時間に遊んだりするのが楽しいのかもしれませんね。
賞をとるような優秀な生徒さんに少しは感化されて、勉強にも身を入れてほしいものです。

ということで、明日もまた補習校は欠席です。  
来週の土曜日が卒業式と終業式で今年度は最後なのですが、欠席ばかりで進級できるのでしょうか~?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-03-05 00:00 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
叶匠壽庵、ピエール・エルメ、KUSMI... おみやげをありがとう♪
b0108544_7592554.jpg

今回は、今までなかなか機会がなくてまとめてのアップになってしまいましたが、
お友達から頂いた、日本や各国からの旅行のお土産の数々です。

去年は春にシカゴに少し出かけただけで、日本にも行かず、テキサスにこもってばかりでした。
みなさまからの世界の風を感じるお土産が、どんなに嬉しかったことでしょう!


まずは日本の老舗、叶匠壽庵の栗まんじゅうと香煎茶。

お茶の方は、名前から、緑の御煎茶で香りがよいものかな? 栗まんじゅうにもぴったり!
と想像したのですが、ご覧のように白いもの。
飲んでみると、上品な梅昆布茶といったお味でした。
意外に、甘いお菓子にも合いましたよ!









b0108544_81401.jpg

中には大きな栗がごろんと丸のまま~
白餡と共に上品な甘さ、流石の美味しい栗まんじゅう。  
ご馳走様でした♪









b0108544_801931.jpg

同じ頃に頂いたので一緒に撮りましたが、別のロスアンジェルスに住んでいるお友達が、
出張でヒューストンにいらした時のおみやげ、ルピシアのお茶。
他に、LAには和菓子屋さんもあるのよ~と、練り切りのような色鮮やかな和菓子も頂いたのですが、
写真に撮る間もなく、夜のうちに食べてしまいました。

ルピシアはアメリカにも進出していて、LAにはお店もあるのですね。

本当にパイナップルやリンゴの甘酸っぱい香りがする麦茶...
合うかどうかはお好みにもよるでしょうが、面白い味でした。

ルイボスティー、実は苦手なのですが、マンゴーなどで爽やかな風味がついて、飲みやすくなっていました。











b0108544_803613.jpg

こちらはパリとロンドンからのおみやげ。
ピエール・エルメは日本にもお店があり、ケーキやマカロンだけではなく焼き菓子も売っていますが、
こちらのパイ菓子とゼリーのようなお菓子はパリ本店にしか置いていないとか。










b0108544_805045.jpg

パイ菓子はとっても層が薄くてさくさく軽い!
バターが違うのか、何だかパリの香りがするような、普通とは違う美味しいパイでした。

このゼリーのようなお菓子も、見た目甘そうで、やはり甘いのですが、それ以上にフルーツの凝縮された風味がしっかり。
甘酸っぱくて美味しかったです。
カシス、アプリコット、フランボワーズの三種。

ハロッズのお菓子はコーヒー風味のチョコ。 驚くほど甘かった!
その甘さを消すにはぴったりの、ラズベリーとアップルの、色もピンクが鮮やかな、爽やか~なハーブティー。










b0108544_81612.jpg

ペルーからやってきたのは、かわいいアルパカ。
同じお友達がパリにも行かれて、KUSMI TEAも頂いてしまいました。
小さいけれど、蓋ぎりぎりまでぎっしり詰まっているので、結構何回も飲めました。

他の方からも、そちらはニューヨークのおみやげですが、KUSMI TEAの
ブーケ・オブ・フラワーズというクリーム色の缶を頂きました。
その香りが最高に好きで、飲むのがもったいなく、今でも時折缶の蓋を開けては、クンクンよい香りを嗅いでいます(笑)

NYではディーン&デルーカで扱っているそうです。
日本にもお店がたくさんありますが、ヒューストンにはないのです...残念~

奥にぼんやり写っているのは、シンガポールのおみやげ、椰子のみの殻で出来た器。
自然の形なので、よく見ると完全な丸ではないところ、風情があります。










b0108544_812575.jpg

同じ方に頂いた、モロゾフのアルカディアという焼き菓子を入れてみたのですが、
日本のお菓子でも、器のせいでしょうか、どこかエスニックな雰囲気に見えませんか?










b0108544_814353.jpg

こちらでは手に入らない、日本の手の込んだおかきも嬉しいおみやげです。









b0108544_8142514.jpg

形も風味もさまざま、どれも美しくておいしい~










b0108544_815719.jpg

頼んだわけではないのですが、珍しく自主的に、ダダが出張でおみやげを買って来てくれました。
日本からではありませんよ。
カリフォルニアのサンディエゴに行ったのですが、大きな日系スーパーがあったそうです。

海藻類が多かったのは、頭の方が気になっているのでしょうか...(笑)
鮮やかすぎる緑のバームクーヘンにはびっくり@@しましたが、名前の通り、濃いお茶の風味は感じました。

それにしても、30ドルもするバームクーヘン。 私なら買わなかったかな~ 美味しかったけれど... 









b0108544_821139.jpg

私の紅茶好きなのを御存知なお友達から、「日本でヒカリエに行くので、ついでにマリアージュ買ってきますよ~」
という嬉しいお言葉に乗ってしまいました。
アレクサンドリア何とかという、初めてのフレーバーをお願いしたのですが、もったいなくて、まだ開けていません。

それだけではなく、いろいろなお菓子も! ありがとう~
柿の種チョコは以前にもいただいたことがありましたが、進化しているのですね。
こちらは抹茶や苺などいろいろな味が楽しめました。









b0108544_822773.jpg

そして、別の御友達からはレシピ本。 ありがとう~!!

フレデリック・カッセルの本は、実際にお菓子を作るのにはハードルが高そうですが、
全てフランスで撮影したという写真がとにかく美しい!
眺めているだけで幸せ~♪

高橋雅子さんの本も、最初の一冊以外はあまり作ったことがないのですが、どうも気になって買ってしまいます。
これで7冊目?
でも今回の本はとっても身近に感じます。 
すでに何回か作っていて、前回の記事の中のパンもこの本を参考にしました。(パン生地と成形は違いますが)


旅行の限られた貴重な時間を使って、品物を買っていただき、持ち運ぶ荷物も限られているのに、
その中に私へのおみやげも混ぜてくださるだなんて、本当にありがたいことです。

私もみなさんに喜んでいただけるような、素敵なお土産を選びたいものです...
が、まだどこにも旅行の予定がありません~(悲)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-02-18 23:59 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
TAKANOフルーツチョコレート♪  Newデジタルスケール
b0108544_2020381.jpg

高野フルーツパーラーのフルーツチョコレートを頂きました。
ダダの日本からのお土産の一つです。

ストロベリー、メロン、マンゴー、バナナ、レモン、ブルーベリー、ミルク、の7つの味。
小さな一粒ですが、食べればフルーツの自然な味、香りが口いっぱいに広がります。
これは、美味しい~!!

糖衣がけではなく、中も全部この色、この味なのです。
どの味も好きですが、特にメロン♪  
日本のマスクメロンを思い出させます。










b0108544_2021689.jpg

その他にもいろいろ、ダダと私のお友達から頂いた、日本の美味しいもの~
(頂いたみなさま、ありがとうございます!!)

和三盆糖はお菓子作りでも使いたいと思っていましたが、こちらには売っていないので、とっても嬉しい!

もともとミルキーは好きでしたが、抹茶ミルキーはまたまた美味しいですね~
味覚が子供のタコにはNGでしたが、それもラッキー! 独り占めしたいです。
抹茶って、本当に乳製品とよく合いますね♪










b0108544_2021262.jpg

素朴な、草加煎餅やおかきがしみじみ美味しいです。
お菓子はある程度自分で作れますが、おせんべいはそうはいきません。

バウムクーヘンは珍しく、ダダが自分で食べたくて買ってきたお菓子。
こちらも私には作ることができませんし、懐かしくて嬉しい~

でも食べてみると、イメージしていたバームクーヘンとは違いました。
いえ、美味しかったのですよ。
昔のバウムクーヘンとは違って、もっと進化している感じでした。
スポンジ生地のように、柔らかくて、しっとり。 ケーキのようなバームクーヘンでした♪

昔のざっくりとした素朴なバウムクーヘンも好きなのですけどね~
ちなみに、タコもドイツでバウムクーヘンを探してくれたのですが、全く見かけなかったそうです。
ドイツでは、一般的なお菓子ではないのかな?










b0108544_2204393.jpg

食品は「面倒くさい~」となかなか買って来てはくれませんが、
100均ショップを覗くのは好きなようで、いつもガラクタ面白いものを買って来てくれます。

自分の物は膨大~にですが、私にもちょこっと。

「餃子、よく作ってるじゃない!」    
「これがあれば、もっと包むの簡単かと思って...」  
そうかな~??

「コーヒー、嫌いでしょう?]
「いや、これで醤油の泡を作って、減塩になるって...」
一ヶ月経ちますが、一回も使っていません。

リモコンカバーは使えました!
弾力のある素材で、リモコンにフィットしますし、ボタンも押しやすいです。
もちろん、リモコンが汚れないのはいいですね~♪

くるくる、すごい首凝りなので、首には痛気持ちよいですし、
ピーンとのばして、自然に背中のストレッチもできてしまいます。









b0108544_20214862.jpg

こちらは私の頼み物、新しいデジタルスケールです。
今まで使っていた物が、うっかりしばらく濡れた所に置いてしまったのに気がつかなくて、
裏の電池が入るとことが錆びてしまい、掃除をしてもつかなくなってしまいました(悲)

タニタ製で小さいながらも0.5グラム単位で計れましたし、約15年間重宝して来ました。 
今までよく働いてくれてありがとう!  お疲れ様でした。

新しいスケールは前のよりも大きいですが、最少0.1グラム単位で、最大3キログラムまで計ることができます。
パンのイーストなどは0.1グラムでも違いますし、ルミさんのレシピも0.1グラム単位での指定もあるので、
これは便利です。
それに今までのは最大1キロまででしたので、ホームベーカリーなど、時々オーバーフローして、慌ててしまうことがありました。

こちらはご覧のように、ケース付きですので、使い終わったら(今のところは)ケースにしまって、大事に使っています。


スケールの他にも新しいベイキンググッズ、まだまだあるのです~!
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-07-30 23:59 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
トレーダー・ジョーズ開店!  冷蔵庫、三度目の正直~?☆
b0108544_216634.jpg

全てが通称”トレジョー”こと、トレーダー・ジョーズ(Trader Joe’s)で買ってきた、冷凍食品たち。
上から、ざっと説明しますね。

・クリーンカレーの餃子(タイ)
・野菜団子とピラフ(インド)
・ポルチーニとトリュフのピザ(イタリア)
・カレーサンドナン(インド)
・5チーズ入りパイ(ギリシャ)
・ひじき、おあげ、枝豆のフライドライス(日本)
・チヂミ(韓国)
・ポークしゅうまい(中国)
・グリーンカレーと黒米(タイ)
・レモングラス風味のチキン春巻き(タイ)

家に居ながら、食の世界旅行ができそうですね。
常々気になっていた物を、ダダとタコが留守なのをよいことに、まとまて買ってきました。
普段に冷凍食品を食卓に出すのはためらってしまいますが、私一人なら何でもOK!(笑)

それに家族の留守をよいことに、おさぼり女子会を計画していたので、
御友達にもいろいろ、トレジョー製品を試してみていただきたかったのです。

前回の記事で冷凍庫の下の段をお見せできなかったのは、こんな冷凍食品で満杯だったから...ということもあります。

言い訳ではありませんが、アメリカの食事情は寂しいものがあります。
巨大なスーパーでも並んでいるのはみな同じアメリカ~ンな食品ばかり。
日本のように、ちょっとスーパーで出来合いの御惣菜を買ってくるなんてことはできませんし、
もちろんデパ地下のグルメな食品売り場もないし、コンビニのおにぎりや御弁当、スイーツでも、
こちらから見ると、とっても羨ましい~

魚介類や野菜も日本のようにバラエティーに富んだ種類はなく、
限られた手に入る食材を駆使して、毎日ほぼ三食作り続けている感じです。
たまには手抜きしてもよいですよね~??










b0108544_2162859.jpg

冷凍食品以外にもいろいろ...チーズ、ディップ、お菓子類。
一部、IKEAで買った物も混ざってしまいましたが(笑)

羊さんのイラストのは、ゴートチーズとブリーが合わさったような感じで、とても好みでした。
ブリーは時にクリーミーすぎて、重たく感じる時もあるのですが、
羊のミルクなので、あっさり、酸味もあります。
ロックフォールは塩気がきつすぎましたが、ブルーチーズのブリーもまろやかかつブルー独特の風味があって好み。
カマンベールもとろりと美味しい。
トレジョーはチーズの種類も割りと多くて、御値段も手ごろです。
ワカモレもチャンキーの名の通り、大きなアボカドやトマトがごろっと入って、家で作るような感じ。
(なんて、ダダがアボカド・アレルギーなので、うちでは作ったことありませんが。)










b0108544_2164647.jpg

トレジョー、今までは車で30分以上かかる場所にしかなかったので、頻繁には行けなかったのですが、
今年、5分程度の場所に開店~!
便利になって、行く回数も増えました。

ご覧のように、アメリカにしては広くない店内です。
でも普通のアメリカのスーパーとは違った品揃えが、日本人にも人気です。

アメリカでグルメスーパーと言えば、ホールフーズが有名ですが、トレジョーはそこまでのお洒落感、
高級感がありませんが、とにかくいろいろな、アメリカにしては面白いオリジナル商品が置いてあるのです。
東京で言えば、ホールフーズは紀ノ国屋、トレジョーは成城石井、といった感じ?
(もちろんそこまでの高級感も種類の多さもありませんが・笑)

私が住んでいるのはヒューストンの南西部の郊外にある新興住宅地なのですが、
この1~2年のうちに、ホールフーズ、コストコ、トレジョーと立て続けに開店しています。
その他にもナチュラルハウスのようなスプラウトというオーガニックスーパーもできました。
環境もよく便利な上に、学区も良いと評判なので、駐在の方にも人気らしく、どんどん日本人が増えているようです。









b0108544_217381.jpg

オーガニックの野菜や果物もたくさんあります。









b0108544_2332170.jpg

ドライフルーツやナッツの種類は豊富なアメリカ。
(でも栗や栗製品は滅多に見ません)









b0108544_2434411.jpg

餃子ソースなるものも並んでいました。  どんな味なのでしょうね~?

その上にはお菓子類がずらっと並んでいますが、下のケースの中は冷凍食品。
もちろん、ピザやアメリカンな御料理もたくさんありますが...









b0108544_2461611.jpg

アジアンな冷凍食品もずらり!
ワンタン、フォー、ビビンバ、パッタイ...
普通の巨大スーパーでは見たことがないので、どんなものかと興味深々~

でもね、最初の画像のも含めて、いろいろ試した結果、また買って食べたい~
と積極的に思うものは、私にはありませんでした。

いえいえ、不味かったわけではないのです。
アメリカの普通の冷凍料理は全部食べきるのが苦痛なような物が多いのですが、
こちらは普通に美味しかったです。
タイカレーが甘かったり、味付けが濃いかな~油っぽいかな~、と感じるものも多かったですが。

たまに、手抜きしたい時にとか、今回の冷蔵庫が壊れたり~など
何かの時のお助けに、買っておいてもよいですよね。

また他の食品も試してみますね♪










b0108544_2335434.jpg

日本に一時帰国されていたお友達から頂いたお菓子。
叶匠寿庵の和菓子!! 抹茶のチョコ!!  

こちらでは買いたくても買えないものばかりです。 嬉しすぎます♪  
ありがとうございます!!









b0108544_2341042.jpg

”一壷天”は大納言小豆の中に大きな栗が丸ごと入っています。
もちろん栗も嬉しいけれど、小豆の上品な甘さに感動~
小豆餡を炊いて、寒天で固めたら、似たようなものが作れないかな?
などと考えてしまいます。 
全く違う物になりそうですが...

同じく匠寿庵さんで有名な”あも”の抹茶バージョンというのも、頂く機会があり、こちらも美味しくて感激!
この抹茶チョコも、さくさく、とろとろ、まったり~と三種の食感の違いが楽しく、抹茶の風味も強くて美味しかったです。

そして”あられづつみ”というおせんべいも、別の方に頂きました。
初めて見ましたが、京都のお菓子のようです。
名前が示すように、お醤油味のおせんべいの外は、甘い瓦せんべいで包まれています。
口に入れた最初は、甘い味としょっぱい味が同時に広がって、何だか変?
と思ってしまいましたが、食べていくうちに、そこがおもしろくて、病み付きになりそうな感じでした。

どのお菓子も美味しくて幸せ~! 御馳走さまでした♪









b0108544_2394392.jpg

さて、もたもたしているうちに月曜日になり、予定通り、冷蔵庫の修理の方が来てくださいました。

三台目の冷蔵庫、一ヶ月半ほどは順調に働いてくれていたのですが、
7月に入って、ある日突然、まさかの不調~★
ご覧のように、室内の温度が20℃にもなってしまったのです!

もちろん慌てて修理を依頼しましたが、来てくれるのは10日後~(泣)
それまでどうするの~と思いましたが、もう三回目ですからね(笑)、
それほどショックもなく、冷静に...

それに、今回、冷凍庫は冷えすぎるほどに冷え
(設定温度を-15℃にあげても、-24℃とか、最低温度以下になったりしました)、
冷蔵庫の方も、表示は20℃ですが、実際に温度計を入れて計ってみると、一番上は10℃、
下の方は0℃近いので、下の方だけに物を入れて、大きな氷の袋を毎日とりかえれば、何とか使うことができました。

そして、月曜日に調べていただいた結果、ご覧のファンが壊れて動かなくなっていたのが原因でした。
手のひらに乗るぐらいの小さなファン。
冷蔵庫を直接冷やすためのではなく、電子回路を冷却するためのファンで、
これが動かないために、温度管理がうまく出来なかったようです。
なので、冷凍庫はどんどん冷えすぎて、冷蔵庫には送風されない...

新しい冷蔵庫なのにファンが壊れたのは、落雷など、突然の過電圧があってのではないか?
ということです。
確かに、今年はとっても雷雨が多く、特に壊れた頃に、私の人生の中で一番!かと思ったひどい雷雨がありました。
もうすごかったのですよ~ 
夜中のことですが、5秒おきぐらいに、ピカドン、ピカドン、近所に雷が落ちて、
一人のこともありましたし、生きた心地がしませんでした。

でも、1時間ほどで収まり、警報が出された浸水の心配もなくなったので、ほっとして寝てしまったのですが、
そう言えば、停電にもなりましたし、その後だった気がします、冷蔵庫の温度が上がったのは...

この箱に入っていた、サージ・プロテクターというのをプラグにかませれば、こういう雷の被害を防げるそうです。
でも、今度雷が鳴り出したら、冷蔵庫のプラグ抜いてしまおうかな~(笑)

修理の費用も全くかかりませんでした。 一年間の保障が効いたようです。
一日経った今日も冷蔵庫は元気に働いてくれています。 よかった~
今度こそ、安心していいですよね?

みなさまにも、ご心配をお掛けいたしました。 ありがとうございます!
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-07-15 05:20 | 美味しいもの | Trackback | Comments(2)
豆源 ルピシア... 嬉しい 美味しい 冬のいただき物♪
b0108544_4495621.jpg

またまたこの前のランチ会の時のことになりますが、
クリスマスの頃にあれこれ買ったチョコやお菓子、頂き物のお菓子を盛り合わせて、
お茶請けにお出ししました。

右側の、ざらざらっとした表面はコストコのアーモンドチョコなのですが、ダークチョコで甘すぎないこと、
シーソルトの塩気もあって、ついつい手が出てしまう、お気に入りです。
トレジョーにも同じようなのが売っていたので買ってみましたが、
コストコの方が一粒が大きくて、チョコの味もよい気がしました。

下には麻布十番、豆源さんの懐かしいお豆二種類。
甘酸っぱい梅と、きりっと辛い黒胡椒。
それぞれ別の方に、同じような時期に頂いたのですよ。 嬉しい偶然です。

この年末年始には日本に一時帰国されたお友達も多く、みなさまから嬉しい日本のお土産をいただきました。
感謝の気持ちを込めて、一部ですが写真に撮っておきました。









b0108544_4502762.jpg

先ほどの豆源さんの「黒胡椒」、きりっとかなり胡椒が効いています。
七味とはまた違って、シャープな辛さがいいですね~

そして一緒にいただいたこの「いちごティラミスチョコレート」。
中はやはりアーモンドなのですが、コーティングのチョコが、あの人工的な苺の風味とは違って、かなり本物に近い味。
それも見た目ではわかりませんが、苺パウダーがまぶしてあり、それが酸っぱくて、
より苺らしい、美味しいチョコになっています。









b0108544_1620524.jpg

こちらは頂き物ではなくて、自分で買ったお菓子。
インテリアのお店、Crate&Barrelのアフタークリスマスセールで。
直径30cmもある大きな缶に、ホワイトチョコをコーティングしたプレッツェルがいっぱい!

この上の赤いフェルトでできた物をはずすと、赤と白のシンプルな缶で、
また何かに使えるかな~と、かなり安くなっていたこともあり、つい買ってしまいました。








b0108544_16202135.jpg

雪の結晶というよりは星の形に見えるのですが、真っ白で冬らしくてきれい~

ホワイトチョコは好きなので、味も期待したのですが、
チョコよりはどちらかというとアイシングのような砂糖の甘い味が強かったようです。









b0108544_1620365.jpg

「私が作りました!」
と言いたいところですが、違います(笑)
私のお菓子作りは、食べたい一方なので、こういう手の込んだ、見せるお菓子は本当に不得意。

日本でもアイシングクッキーが流行っているようですが、まず甘いし、カラフルすぎるアイシングがたっぷり~
なのはあまり食べたいと思いません。
などと言って本当は、不器用なので、きれいに作れないからなのですけどね。

しかしこちらの、M先生の作られたアイシングクッキーは、美しいだけではなく、食べても美味しいのです!
少し厚めのクッキーそのものがとてもおいしくて、またアイシングも薄くてクッキーの味を邪魔しません。

M先生と言っても、お菓子の先生ではなく、補習校でタコが中二の時に担任をしてくださった、学校の先生なのです。
趣味でクッキーも焼いていらっしゃり、生徒にも配ってくださるのです。
いつも穏やかで上品な先生の人となりが、この美しいクッキーにも表れているようです。
御馳走様でした♪









b0108544_5142471.jpg

こちらはまた懐かしい~ 「銘菓 ひよ子」ですね。
「かわいい~! 食べるのかわいそう~」と言いながら、しっかり頭から...がぶっ(笑)

「鳩サブレー」はサブレーと最後をのばすのですね。
食べるのは初めてでしたが、美味しいのですね!
シンプルな優しい味で、和菓子ではないものの、どこか日本を感じるお菓子です。
こういうサブレが作りたい~と心から思いました。
ちょっと検索すると、本物ではないものの、それらしいレシピもみつかりましたが、どうなのでしょうね...









b0108544_452184.jpg

ついこの間のクラフトの会でも、あれこれ日本のお土産をいただきました。

「半月」は中にクリームが挟んであり、風月堂のゴーフルを思い出すお菓子でした。

柿の種のようなもののチョコがけは、他のメーカーのを食べたことがあって、美味しいと思っていましたが、
ついに本家も出していたのですね。
それも明治チョコとのコラボというのもおもしろい!

「縁」はメリーのチョコですが、出雲大社に参拝された時に買った、御当地チョコだそうです。
「よいご縁がみなさんと今年もたくさんありますように...」  
お心遣いが嬉しいです!    ありがた~く頂きました。









b0108544_6464412.jpg

今はロサンジェルスにお住まいの、コロラド時代からのお友達なのですが、ヒューストンに出張でいらした時に、
お忙しくて、一度夜ごはんをご一緒しただけでしたが、わざわざLAから、私の好きなおかきの詰め合わせとお茶を!

LAには大きな日系スーパーもあり、そこにルピシアも入っているのです。 いいな~
と思っていたら、ハワイにもお店があるそうで、また別の、
「毎年お正月はハワイでゴルフ」という芸能人のような(笑)お友達から、ハワイ店しか売っていないという、
「ライチとストロベリー」、「パッションフルーツとジンジャー」など、トロピカル気分いっぱいのルピシアのお茶も頂きました。

こちらは「いも、くり、かぼ茶」
名前も楽しいですが、本物の、フリーズドライのおいもやかぼちゃがころころ入っています。
茶葉からも、甘~い香りがします。

実はルイボスティは苦手だと思っていたのですが、このかぼちゃたちのおかげで美味しく頂きました。
パウダーではなく、本物のシナモン、クローブなどがごろごろ入っているチャイミックスも嬉しい!
寒い夜には本格的なチャイティーを、ゆったり楽しみたいですね。









b0108544_4524040.jpg

新年早々お会いしたYさん(この前のお花の鉢植えをいただいた方です)には、
これまた縁起のよい「おめでとう」のお茶もいただきました。

緑茶とリンゴの組み合わせというのも面白いですね。
ただのリンゴではありません、日本の「津軽りんご」ですからね。
缶を開けた途端に、甘酸っぱいりんごの香り~!  
幸せ~な気分でいっぱいになりました。

もう二年も日本には帰っていませんが、こうしてしばしば日本の美味しい物を味わえること、感謝しています。
私のつたないお菓子ではあまりお礼にもならないかもしれませんが、
喜んでいただけるよう、また気合を入れて作りますね♪
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-02-28 07:06 | 美味しいもの | Trackback | Comments(4)
ゴディバ、リンツ...コストコのグルメなチョコ♪
b0108544_2171374.jpg

クリスマスも近づいて来ましたね!
この時期は、タコの習い事の先生など、お世話になっている方に、何をプレゼントに贈ろうか...
と頭を悩ませます。
コストコで見かけたリンツのチョコのセット。
横幅が35センチもある大きな箱に、これなら見栄えもよいかな~と買ってみました。

ゆとりのある詰め方ですが、たくさん入っていますね。
中がどろっとした甘い砂糖だったりするボンボンは苦手なのですが、説明を読むと、
四角いのは中がキャラメルですが、そのほかはトリュフ系のシンプルなチョコらしく、
これなら喜んでいただけるでしょうか?








b0108544_1563944.jpg

他にも初めて買ってみたお菓子3つ。

真ん中はアーモンドのちょこがけ。
ダークチョコレートで甘すぎなそうなのと、シーソルトに惹かれました、塩チョコ好きです。

最近チョコのお菓子買いすぎなのですよ。 (それほど好きではなかったはずなのに、なぜか...)
買うと、どんなのかな~と開けて、その上味見もしたくなってしまうのですが、
さすがに、これはまだ開けていません。

右はチョコではありませんが、こんなあられのような日本的なものも売っているのね~
とどんな感じなのか試してみたくて買ってみました。
柿の種のようなのや、わさび豆、揚げおかきや唐辛子の効いた辛いもの、ピーナツにアーモンドなどなど、
10種類以上あるので、味の違いが楽しい~
庶民的なフツーの感じのおせんべいでも、海外で見つけると嬉しくなってしまいます。

そして、グラノーラ・ポップコーン。 
名前も読まずに、この絵がコーンフレークに見えてしまい、つい買ってしまいました。
前回の記事でコーンフレークロックを作りましたが、それ以来、チョコフレークが頭から離れなくて~(笑)









b0108544_2165975.jpg

中身はこんな感じ。 コーンフレークではなく、ポップコーンとグラノーラのチョコがけ...
というよりはチョコを吹き付けた、という感じ。それほどチョコ味は強くありません。
アメリカのお菓子にしては甘すぎず、チョコフレークのさくさくの食感とは少し違いますが、
ポップコーンはふが~っとして、グラノーラはぷちぷちっとして、私は結構好きです。

でも、ぷちぷちしたものが苦手なタコには不評。
さすがにこの大きな一袋を食べ終えたら、もうしばらくは見なくてもよいかな~という感じです(笑)








b0108544_1545079.jpg

最初にコストコでチョコを買うきっかけになったのが、この真ん中、ゴディバの箱を見かけたことでした。

アメリカでもGODIVAは高級チョコブランドとして有名です。
大きなショッピングモールには、ゴディバのお店もあったりします。
ちなみに、英語では”ゴダイバ~”な感じの発音です。

コストコで売っている物はなんでも量が多くて、両側の2つのチョコも大きな袋。
リンツのリンドールも50個入り。
ちょっと大きさを感じずらいかもしれませんが、このゴディバの箱、も結構大きく、何より、深さがあります。

たくさん入っていそう~と期待♪








b0108544_1552987.jpg

かなりゆったりとした仕切り(笑)で9個X3段=27個、とまあまあな量でしたが、
確か1箱17ドル程度だったと思います。
かなりお安いですよね~?

四角のは中がキャラメルで、甘~い。 
わたしはちょっと好みではなかったのですが、
楕円形のはシンプルなダーク、ミルク、ホワイトのトリュフ。 美味しい~♪
丸いものは少し凝っていて、中がラズベリーとホワイトガナッシュだったり、クリームブリュレ風だったり...

いろいろな味が楽しめますし、やはりゴディバは名前も通っているので、プレゼントにはぴったりですね!

しかし...次に買いにいった時には見当たらず...
コストコって定番品も多いのですが、結構商品の入れ替えが激しく、いつか紹介したピスタチオのチョコがけも
もう売らなくなってしまったのですよ。
お気に入りが無くなるのは寂しいです...
お買い得なゴディバも一時の夢だったのでしょうか~??








b0108544_1554919.jpg

左、ベルギーのチョコとあるので買ってみました。
ダークチョコなのですが、苦味が強すぎず、甘さも抑えてあり、すっきりと食べやすい印象です。
この薄めなところも、パリッとした食感がいいですね。

フレーバーは4種類。
私はソルトが一番の好み。粗塩の粒々が入っていて、かりっと食べてもわかります。
ラズベリーとチョコの組み合わせは、ルミさんもガトーショコラに入れたりしていますが、最強ですね。
甘酸っぱさがダークチョコの苦味に合います。
他の2つ、プレーンなダーク、ミント(あまり効いていない)はダダが食べてくれました。


右は、日本でもおなじみでしょうか、スイスのリンツのチョコ。
中がとろりとクリーミーなリンドール、5つのフレーバー。
私はホワイトチョコとピーナッツバター、タコはミルクとセミスイート、ダダはダーク...
とよい具合にそれぞれ好みが違うので、助かります♪

リンドールだけは、今回が初めてではなく、何度も買っています。
溶けてしまうからか、夏場には売っていないのですが、売っているときには常時ストックしているような...
50個も入っていて、10ドル以下とお値段も嬉しい~

もしかして、日本のコストコでも売っているかも?
と調べてみたら、同じ物が売っているようです。 しかも1000円ほど!
円安ですからね、日本の方がお安い~?








b0108544_2172981.jpg

また新しいお菓子を買ってしまいました。
チョコ好き~という訳ではないのですが、何だか気になると、
コストコに並んでいる全てのチョコが食べてみたくなったりして...
さすがに最近は飽きてきましたが(笑)

チョコレートタルトは箱が何となく素敵でしたし、フランス製ということで。
でも、タルト生地、というより普通のクッキーのような生地ががりがり固くていまひとつ。
チョコも苦味があって甘くて、これは失敗~と思ったのですが、家族にはまあまあだったようで、
少しずつ減って来ています。

そして右は、「世界のチョコレート」という名前に惹かれました。








b0108544_2174332.jpg

10種類のチョコレート、フレーバーも違えば国も違います。
フランス、ベルギー、アイルランド、ドイツ、カナダ、メキシコ、スペイン...

カルーア、コーヒーリキュールの香りを想像しましたが、中は甘すぎるシロップで香りはほんのりだけ。
ベルギーのチョコはノイハウスなので期待したのですが、苦手なかなりダークなチョコ。
ピスタチオとヘーゼルナッツは好きなので嬉しかったのですが、その他はどれも今ひとつ...

その他はオレンジリキュール、ジンジャーブレッド、モカ、ミルク。
チョコの味そのものがあまりおいしくなかったり、甘すぎたり...
世界のチョコとは言っても美味しいとは限りませんね。

ノスタルジックな絵のサンタさんのペーパーナプキン。
お友達から頂きました。 Tさん、ありがとう~!!
この小ささがいいですね。
それに広げると、ツリーや雪だるまなどだくさんのクリスマスものが登場して、クリスマス気分も盛り上がります。







b0108544_2175838.jpg

新しいレシピ本が増えました。

小嶋ルミのフルーツのお菓子: 季節のジャムとコンポート、ケーキなど86品

小嶋 ルミ / 柴田書店



何冊も持っていますが、やはりルミさんの本は欠かせません。
今回は、タイトルにもあるように、「フルーツのお菓子」ということで、どのお菓子にもフルーツが使ってあります。
ジャムやコンポート、ゼリーにスムージーなど、今までのルミさんのお菓子とはまた違った種類のレシピも盛りだくさん!
どれも作ってみたいお菓子ばかりです。

一時帰国していらしたHさんにお願いして、買って来ていただきました。 ありがとうございます!!
一緒におみやげまでいただいてしまいました。
「麻布かりんと」の”白かりんと”。   こちら、とってもお勧め!!

今まで普通の黒いかりんとうは、黒砂糖が強すぎて甘くて、固くて、好みではないと思っていたのですが、
この”白かりんと”は甘すぎず、油っぽくなく、とても上品な美味しさです。
あまりに美味しいので、少しずつですけど大事に、一人で全部食べてしまいました。

やはり日本のお菓子は美味しいですね~  
お心遣いも美味しさと共に身に沁みます。  
Hさん、貴重な日本からのお菓子を感謝しています! ありがとう~!!!


外は寒さが厳しくなる時期ですが、こうして優しい気持ちに触れると、心は温かくなりますね。
私もプレゼント上手になりたい!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-12-19 03:41 | 美味しいもの | Trackback | Comments(8)