タグ:子ども ( 58 ) タグの人気記事
彩りチキンローフ弁当 ☆ソフトボールダラス戦2015☆
b0108544_25649.jpg

久しぶりにお弁当のアップです。
9月、10月はハイスクールのマーチングバンドの競技会やアメフトの試合などで早退や欠席が続き、
全くお弁当を作る機会がありませんでした。
このお弁当は8月に作ったものです。 お魚のピックが夏を感じますね。 いつも遅くてすみません。

・彩りチキンローフ
・ほうれん草入り玉子焼き
・鮭の柚庵焼き
・にんじんのグラッセ
・トマト&バジルペストチーズ
・ブロッコリー
・わかめとしらすの混ぜ込みごはん
・わさびふりかけ

おかず盛りだくさん。
高校生男子なので、揚げ物大好き。 お弁当もつい揚げ物のことが多くなってしまうのですが、
今回は揚げ物じゃなくても、野菜が多くても喜ばれるお弁当を意識しました。

チキンローフは鶏ひきの肉だねに、赤や黄のピーマン、ブロッコリーを混ぜて、ラップで包み、蒸し上げるものです。
焼くのでもなく、蒸すというところがヘルシーですよね。
思ったよりも味付けもしっかり、しっとりと美味しくて、タコも気に入ったようです。
「きょうの料理」に載っていたのですが、黄色のピーマンがなかったので、かぼちゃを使いました。

玉子焼きは大好きで必ず入れて欲しいと言われているのですが、プレーン以外はNGでした。
今回は久しぶりにほうれん草入りというアレンジ玉子焼きにしたみたのですが、大丈夫だったようです。
逆にやはりだめだったのはミニトマト。
トマトは大好きで、いつも夕食にはかかせないのですが、皮を剝かないトマトはNGなのです。
では皮を剝いて入れてみたのですが、水分が出てだめ~だったそう。
赤い彩りが欲しいところですが、お弁当にトマト、タコの場合は無理なようです。









b0108544_8453091.jpg

・ヒレカツ
・玉子焼き
・グリーンアスパラ
・青菜と雑穀の混ぜ込みごはん
・わさびふりかけ

うって変わって、定番おかず三品のみの、全く手抜きなお弁当!
それでも、「ご飯は朝炊き立てを詰める、揚げる焼くなど最後の仕上げは朝行う」という、
当たり前といえば当たり前なのですが、自分で決めているルールは守りましたよ。

タコは好物ばかりなので、大喜び。 毎週同じ内容でよいでそうです(笑)

この翌日の日曜日は、年に一度のダラス補習校とのソフトボール大会でしたので、
係りのお仕事のことでお役目のことで頭がいっぱい、お弁当のことまで気が回りませんでした。

昨年はダラスでの大会でしたので、一泊の旅行気分だったのですが、今年はダラスチームを迎える側なので、8月はその準備に奮闘していました。
補習校の大会とはいっても、通っている生徒が参加するということだけで、学校は全く関係ありません。
参加約60家庭が全て何らかの係りについて、大会の無事に開催されるまでお仕事をしなければなりません。

庶務、会計、サプライ、懇親会、お弁当、Tシャツ、茶話会、備品、警備、写真、と係りを並べただけでも、
結構大掛かりな大会なのが想像していただけるではないでしょうか?









b0108544_8454424.jpg

順番が逆になりますが、閉会式の集合写真。  日本人の子供たち、テキサスにもたくさんいるものです。
今年のTシャツは、ダラスが青、ヒューストンが赤、とわかりやすい、テキサスらしい熱い色になりました。
(去年は黄緑とオレンジ)










b0108544_8455949.jpg

朝7時に集合して、会場の設置など、準備にとりかかります。
私の係りは備品のリーダー。
この大きなテントやテーブル、折りたたみ椅子などなど全部で約30品目を補習校などから借りて、
トラックで運んで会場に設置するのがメインのお仕事です。

か弱い(?)私がどうしてそんな力仕事を~と思いますが、テントの組み立てなど、リーダーは指示するだけで、
実際は男性の方に運んでいただいています。
それでも広い会場をかけずり回って、朝から汗だく...(泣)









b0108544_857119.jpg

こちらはサプライさん、茶話会さんのテント。
各家庭から運ばれたクーラーボックスがずらり。
中には水や氷、茶話会用のお菓子や飲み物が保冷されています。

朝陽が横から入ってくるので、レジャーシートを下げてさえぎっていますが、
風も入らず、こちらも朝から暑い~
9月初めとはいえ、最高気温は35℃にはなる予報でした。










b0108544_9111452.jpg

小学生女子の試合。  テキサスの猛暑の中、毎週土曜日2時間半の練習、よくがんばりました。

小学生男子はたくさんいるので三試合あります。
中学生男子、中学生女子、高校生女子、と合計7試合が無事に終って、ヒューストンの3勝3敗1引き分け。
互角の戦いで残すは、メインの高校生男子の試合。









b0108544_8571674.jpg

真っ赤なヒューストン側応援席。










b0108544_9113188.jpg

ベンチの周りにも緊張感が...
私はこの紫の椅子に座って、スコアブックをつけるお手伝い。 違った緊張感でした。

二年前のこの場所で、34対6という大差で負けてしまった最後の試合が頭をよぎりました。
その時はスコアブックではなく、得点板の方をつけていたのですが、
ダラスチームが次から次へとホームを踏むので、得点をつけるだけなのに間違えそうになって...
スコアブックですから、もっと細かいところを、集中しなくては~

このあと、写真を取る余裕はありませんでしたし、もちろんフィールド内には入れないのですが、
大試合の写真係担当はお友達のTさん。
臨場感たっぷりの素晴らしいお写真を沢山撮っていただいたので、少し御紹介させてくださいね。









b0108544_9122846.jpg

試合開始直前なのに、選手達にはこの笑顔。
直前の、監督とコーチの面白すぎる訓示のおかげです。










b0108544_9115575.jpg

試合開始の勢ぞろいしての御挨拶も日本ならではないでしょうか。
アメリカの野球の試合では見たことがありません。

みんなリラックスして試合に挑めたことがよかったのでしょう。
ダラスの攻撃で始まった初回、満塁のピンチも守備の超ファインキャッチで0点。
反対に、こちらの攻撃では1点入り、幸先よい滑り出しでした。










b0108544_8573122.jpg

二回に同点に追いつかれた後はこちらに得点が入らず、相手も無得点の三回裏、円陣を組んで気合を入れ直します。

効き目があったのか、また勝ち越し点が入りました。










b0108544_9124725.jpg

守備での激突~ ボールはしっかりグラブに入っています!










b0108544_9262283.jpg

ボールがバットに当たる瞬間を捉えるなんて...スゴイ!!
(バッターはタコではありません。)










b0108544_9264815.jpg

11対4、ヒューストンの勝利~!!
終ってみれば結構得点差がありましたが、こちらにも満塁のピンチが何度も有り、
最後まで緊張感のあるよいゲームでした。

試合が終れば敵味方もなく、両チームの選手が混ざっての記念写真...もいいものですね♪
(この得点ボード8試合分作成も備品リーダーのお仕事でした。 使用済みダンボールの再利用です。
もちろん、ヒューストン側に得点がたくさん入るように、思いを込めて作りましたよ~)









b0108544_9271160.jpg

昨年はサヨナラ負けで今一歩及びませんでしたが、今年は三年ぶりの勝利で、みな大喜び。
大きな監督さんも宙に舞っています。 
生意気盛りの中高生男子たちをよくまとめて、二年間、毎週土曜日御指導くださりありがとうございました。










b0108544_9273295.jpg

フィールドからは、女子や下級生達が”勝利のトンネル”でお出迎え。 
嬉しそう~!









b0108544_928219.jpg

中高生男子、16人全員での、優勝カップ2つを囲んでの記念写真。
この年頃、「こっちを向いて~、笑って~」と言っても素直に応じてくれなかったりしますが、みな満面の笑み。
嬉しさは隠せません。

中学生男子の試合も勝ちました!
中学生は8人しかいなかった(高校生も8人)ので、タコも途中から代打で中学生の試合にも出させていただき、
期待に答えて二塁打。
高校生の試合でも1四球2ヒットと、何とか貢献できたでしょうか。

やっぱり前日の”ヒレ勝つ(ばっかり)弁当”弁当で、縁起をかついだおかげ?(笑)
(本当は偶然カツだっただけなのですが...)

このあと、テントなどまた備品の撤収という一仕事があり、そして夜には日本居酒屋さんでの祝勝会。
子供たちはカラオケルームで熱唱!?
よい歳をしたおじさんおばさんたちが、事あるごとに乾杯!を何回繰り返した。
あまりの大騒ぎに、他の若いお客様たちも呆れていたような...

実はこの大会の頃は雨がよく降り、前日も大変な雷雨があり、一時は開催も危ぶまれました。
ラッキーにもこの日曜日のみ一日よいお天気で、無事に行われ、みな怪我もなく、大成功の大会に終わり、
みなさん安堵していたのです。
親たちの方が、子供たちより喜んでいたりして?

早朝から深夜まで、長く楽しい一日でした♪









b0108544_9355680.jpg

優勝カップ、一週間交代で選手のお家にお持ち帰りできるのです。
我が家にもやってきました。
少しくたびれた台座やリボンに、26回の大会の歴史を感じます。

タコは日本では高1ですが、次のヒューストンでの大会の時には現地のハイスクールは卒業しているので、多分今年が最後。
よいチームメイトに恵まれ、最高の思い出ができて、本当に幸運でした。

来年は、ダラスでがんばって!
(当事者以外は面白くないかもしれませんね、長々と失礼致しました。 最後まで読んでくださりありがとうございます!!)
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-10-21 11:16 | お弁当 | Trackback | Comments(4)
【男子高校生弁当】 肉団子弁当、ヒレカツ弁当   『みんなのおやつ日記』 届きました♪
b0108544_20524238.jpg

しばしご無沙汰してしまいました。
そしてお菓子ではなく、お弁当のお話ですみません。
補習校も高等部に入って、お弁当をアップしますよ~と言っておきながら、その後何もなし...
というのも、4月は野球の試合やセミナー受講などで、欠席や早退ばかり、お弁当を作る機会がなかったのです。

5月は2回ですが、普通に登校できました。

・玉子焼き
・肉団子の甘酢あん
・豆乳かにクリームコロッケ
・ししゃも
・アスパラ
・青菜と雑穀の混ぜ込み
・わさびふりかけ

この金曜土曜日は、早朝からお友達(6月に帰国されてしまいました...涙)のガレージセールに参加しなくてはならず、
前日の労働でぐったり~(体力の無さをつくづく感じます)
「なるべく加工品、冷凍食品は使わない!」と言ううちのお弁当ポリシーをあっさりと裏切って(笑)、
コロッケは冷凍品です。

少し弁明すると、日系スーパーで、大手のメーカーさんではなくて、透明の地味な包装、手作り感が漂っていたし、
豆乳~というのにも、もしかして美味しいかも?と、つい手をのばしてしまったのです。
クリームコロッケ、作るのも面倒そうですし...

期待に反して、衣は厚いし、カニはカニカマですし、味付けは濃いですし...いまひとつでした。
タコにも「いつもの、ポテトコロッケでいいから~」と言われてしまいました。

肉団子はタネを前日の夜に作っておいたので、朝は揚げるだけ。
お魚が欲しいな~と思ったところに冷凍庫で見つけたししゃも。
すぐに焼けますし、頭から丸ごと食べられてお弁当に結構よいかも。

野菜も少ないので、少しでも~と青菜と雑穀の混ぜ込みふりかけ。
玄米とか豆とか苦手なのでどうかな~と思いましたが、雑穀は小さな粒でごまのような感じで気にならなかったようです。









b0108544_2195238.jpg

・ヒレカツ
・玉子焼き
・ほうれん草のトルテリーニ
・にんじんとピーマンのきんぴら
・ブロッコリー
・青菜と雑穀の混ぜ込み、わさびふりかけ

お肉を切るのが薄かったようですね。 これでは見た目ハムカツのようではないですか。
玉子焼きは、少し甘めの出し巻きです。
みんな大好きなので、卵4個で大きめに焼き、私達もお昼に食べます。
具を入れたりアレンジしたいのですが、タコが嫌がるので、いつも同じ。

トルテリーニはパスタの一種で中にほうれん草のペーストが入っています。
生の状態でトレジョーで売っていて、少しでも野菜を~ということで買ってみました。
パスタはもちっとしてよいですが、ペーストの味は普通でしょうか。
見えませんが、トマトソースにはパプリカとえのきも入れました。








b0108544_2052593.jpg

そして、『みんなのおやつ日記』、こちらの本も無事に届いております!

みんなのおやつ日記

SE編集部 / 翔泳社



すでに発売から一ヶ月以上も経ってしまって...相変わらず何でも遅く、タイムリーに御紹介出来ずにごめんなさい!

まだまだ本屋さんには並んでいることと思いますので、是非ご覧になってみてくださいね。

せっかく3冊も送っていただいたので、表と裏を並べてみました。
そうすると、本に載っている18人全員のブロガーさんのお菓子の写真が、お一つずつ見られます。
(私のはどれでしょう?)

お店屋さんのような華やかなケーキもあれば、素朴だけど温かさを感じる焼き菓子、
今の季節にぴったりの冷たいお菓子、懐かしい和菓子、初めて見るお菓子...

それぞれの方のお菓子や写真に特徴があって、きれいなお写真がたくさん~
眺めているだけでもうきうきした気分になりますし、みなさんのお話も楽しい!

みなさんのお菓子に対する思いの強さ、こだわりに圧倒されます。
「お菓子作りが好きになったきっかけは?」という共通の質問があるのですが、
多くの方は、小学校の時からお菓子を作っていらしたようです。
アメリカに来てから始めた私とは年期も気合も違います。

「みなさんの普段のおやつを紹介する本」
というお話でしたので、気楽に参加してしまったのですが、こうして本を読んでみると、
お菓子を販売されたり、お教室を開いたり、レシピを提供されていたり、本物のパティシエの方も...
お仕事としてお菓子作りに携わっていらっしゃる方がほとんどです。

お菓子作りを習ったこともない、ただのシロウトのお菓子が、
そんな方々の素晴らしいお菓子と並んで載ってしまって...お恥ずかしい限りです。








b0108544_20522421.jpg

ブログも、お菓子は食べると無くなってしまうので、反省点などを忘れないように、と始めました。
写真もお菓子の記録が目的なので、小物を使ったり、かわいく撮ろう~、などの気遣いもなく、
ただそのものが詳しく見られるように、ささっと撮っているのがほとんどです。

そんなうちのブログが出版社の方の目に留まるとは、何という幸運なのでしょう~
(翔泳社のHさま、ありがとうございます!!)
さぼりがちではありますが、長い間細々とブログを続けてきた事へのご褒美だと感謝しています。

もちろん、こうやってブログを続けて来られたのも、ご覧くださる皆様あってのことです。
これからも「ころころまるしぇ」を、どうぞよろしくお願い致します♪









b0108544_2053037.jpg

とここで、ぴしっと〆ればよかったのですが、少し、6月のあれこれを...
6月はブログをさぼってしまったことへの言い訳(笑)


タコの所属していた地元の野球チーム、春リーグの試合がやっと全て終わりました。
レギュラーシーズンは12試合8勝で一位。
プレイオフの最初の試合で負けてしまい、あらら~と思いましたが、敗者復活から勝ちあがっての逆転優勝!
トロフィーを2つゲット、両手に持っています。

高校に入る時には、将来Versity(一軍)に入れる可能性の低い野球は諦めて、
バンド(吹奏楽部)を選んだのですが、特別上手でなくても野球は好きらしく、完全には辞められないようです。
ゆる~い地元のチームなので、エースで4番になったりして~と甘く見ていましたが、
年齢が15歳から17歳まで一緒ということもあり、とってもお上手な先輩のピッチャーがエース、
タコは2番手、それでも投げる機会も多く、楽しかったようです。

タコのように、野球は好きだけど、高校野球は出来ない、という子は結構いるのですね。
中には、高校ではサッカー部、州大会の準決勝まで進んで、地区のMVPに輝いたというチームメートもいたり。
以前のチームで一緒だった子もいたり...
まめで指導力も素晴らしい監督の下、雰囲気もよいチームに参加することができてラッキーでした♪


そして6月5日から長い夏休みに入りました。
同時に翌日には高校の卒業式。
年に一度、この時期に、同じ地区の男子高校生が集まって、卒業生を送別するボウリング大会を開いています。
今年は私が幹事役でしたので、集合写真も撮りました。

去年できた新しいボウリング場、
ボウリング一時間、ピザ&ドリンク、レーザータグ(レーザー銃で打ち合う鬼ごっこのような遊び)、
ゲーム機10ドル分、ビリヤードもついて$20ドルのパッケージ、はお得感あり!
と思ったのですが、精算の時に、これは金額が高くない?と気がつきました。
予約時に半分を予約金として払っていたのですが、残りの人数が間違っていたようです。
指摘すると訂正してくれまいたが、危ない危ない...こちらではよくあります。

そして、お一人、いつまで経っても現われなくて、電話をかけても通じないし、心配のし通しでした。
夜になってやっと連絡がついたものの、「日にちを間違えていました」。
前日にリマインダーを出したのに...こんな小さな会でも幹事役は大変ですね~
でも無事に終わりみなさんからも「楽しかった~」の声をいただいたので、ほっとしました。

子供たちが遊んでいる横で、ママたちはお話に花を咲かせていたわけです。
今回も初めてお会いする方あり、久しぶりにお会いする方あり...
補習校に通っているお子さんは半分もいませんでした。
高校生になるとやはり土曜日は忙しいですし、アメリカの大学に進む方には特に補習校に通う必要もなくなります。
日本語もある程度習得していますからね。

高校生で初めて日本からいらっしゃる方も結構います。
いきなりアメリカの学校に入って、ご苦労も多いことでしょう。
英語漬けの毎日、お子さんもですが、日本とは全く違うアメリカの学校のこと、
親にとってもわからないことばかりです。
こうやってみなさんで話し合う機会、情報収集にもなりますし、やはりお喋りでリフレッシュできますしね。


ガレージセールのお手伝い、6月にも別のお宅でありました。
新居に引っ越されたので、不要な家具などを処分したいということで、
うちも5年間で結構なものが溜まって来ました。
こういう機会があると、そういう、「何だかあるけれど、全然使っていない~」という物を探し、
家は片付くし、少しおこづかいができるし、そしてやはりみなさんとのお話が楽しい~
ランチのみなさんの差し入れも楽しみです。
私はお引越しのお祝いの意味も込めて、普通にいちごショートにしてしまいました。
一部食べた後の写真ですが、20人分ぐらい、大量です~


そして6月の後半になり、私にも嬉しい夏休み~♪
ダダは日本、タコはヨーロッパに行っていて、今週私はお一人様を満喫中!
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-06-27 03:33 | お弁当 | Trackback | Comments(6)
コスプレ、若田さん...ジャパン・フェスティバル2015
b0108544_1625616.jpg

KA・WA・I・I~ 
アニメそのもののキャラクターが、目の前に現れた感じです。(どんなアニメかは知りませんが)
4月に行われた、ヒューストンのジャパン・フェスティバルでは、あちらこちらにこんなコスプレが見られました。

アメリカのティーンズの間にも、日本のアニメは大人気。
タコのハイスクールにも、MANGAサークルがあり、たくさんのオタクのみなさんで活動も盛んだとか。
タコはそれほど関心はないようですが、日本語ができるということで引っ張り込まれているそうです。








b0108544_1631118.jpg

ピカチュー、今でも人気なのですね。
DOZOという名前が怪しい~(笑)  このベンダーさんはきっと日本の方ではなさそう。
たくさんの食べ物のお店も出ていましたが、半分以上はなんちゃって~な感じの、
アメリカナイズされたジャパニーズ・フードでした。
TERIYAKIはBBQの味付けなどで、アメリカでも良く知られています。








b0108544_15283025.jpg

こちらは昔ながらの日本の味。 お祭りでのたこ焼きや焼きそばの屋台が懐かしい~
共食いではありませんが、たこ焼きはタコの大好物!
カツカレーも大人気。 30℃を超す初夏のような陽気でしたので、抹茶のカキ氷も美味しそうでした。
私も食べたかったけれど、どこも長い行列で、並ぶ根性がありませんでした.


 







b0108544_15284264.jpg

よく見ると、ドラ焼きを売っているからどらえもんなのですね~
その隣の、パイナップルで造ったフクロウがおもしろい! 








b0108544_163262.jpg

桃太郎にかぐや姫? 
ボクにも楽しい思い出となって、日本によい印象を持ってくれますように。









b0108544_1633950.jpg

コミックの古本、日本語のでもアメリカの方に結構売れるそうです。







b0108544_15163774.jpg

切り張りしたような真っ青な空。 雲ひとつありませんね。
会場となったハーマンパークはヒューストンの中心部、ダウンタウン近くにあります。







b0108544_15285728.jpg

緑豊かでとても広い公園なのですが、たくさんの人であふれかえっていました。
日本に興味を持っていただいている方が多いことは、やはり嬉しいですね。








b0108544_1624457.jpg

人ごみは苦手ですが、タコが日本人仲間と5人でステージで演奏させていただくことになったので、
三年ぶりに出かけることになりました。

「花は咲く」を最初は5人だけでの演奏、続いてはコーラスのみなさんとご一緒に。
演奏することに決まってから、本番まで日にちもなく、準備が大変でした。

最初はみなで同じメロディーの部分を演奏するだけ、ということだったので、
それなら簡単だしリハーサルも必要ないかと思っていたのですが、
楽器もクラリネット3人、トランペット1人、フルート1人と個性が違うので、せっかくだからと、
コーラスの御指導をされている音楽家の先生が、5人のためのアレンジを考えてくださり、
楽譜が出来上がったのが本番三日前!

みんな学校でブラスバンドを取っているとはいっても、中高生のことですから、
そんなすぐに演奏できるものかと親たちは不安になり、急遽金曜の夜に集まって練習。
そこそこ吹けて、安心したのですが、翌日は先生を交えてのリハーサル。
みんなで歌って、歌詞の意味をよく考えるところから始めるのですね。
さすがプロの方の御指導は違います。
みるみる演奏が素晴らしくなるのが素人の私にもわかりました。
本番もみなさん自信を持って、楽しく演奏することができたようです。

現地校の仲間と演奏するのとはまた違って、日本人同士で演奏するのは初めてのことですし、
大勢の方の前でのステージ、子供たちにとってよい経験になったことでしょう。
一応お世話役をさせていただいた私も、無事に終ってほっとしました。








b0108544_15281566.jpg

コーラスの次は日本舞踊。
ステージに向われるみなさまの艶やかなお着物姿が目を惹きます。
その後も文楽のお人形や、琉球太鼓、合気道など、たくさんの日本文化が紹介されました。








b0108544_1641432.jpg

お散歩しているかわいいワンコちゃんたちに、ついつい目が行きます。








b0108544_1643051.jpg

本当に暑い様なお天気のよい日でしたので、真ん中の池ではワンコも子ども達も水に入って涼んでいました。








b0108544_1635515.jpg

オタク文化、ジャパニーズフードと並んで、もう一つの目玉は、若田宇宙飛行士のサイン会! 
こちらにも長い長い行列ができていました。








b0108544_1621117.jpg

たくさんの人でしたのに、一人一人にサインをしながら言葉を交わして、握手をして、記念撮影も輝く笑顔!
とっても丁寧に対応されていらしたご様子に、やはり大きなことを成し遂げる方は違うわ~
と改めて感心してしまいました。


先日NHKニュースでも取り上げられていましたが、次に宇宙に飛び立つのは油井宇宙飛行士。
息子さんが補習校でタコと同級生です。
冬に行われた学習参観日に、お忙しい中、参観にいらしていました。
すらっとハンサムで見るからに優しそうな、素敵な方でしたよ~
今月末に予定されている打ち上げ、ミッションの大成功を心よりお祈りしております!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-05-10 22:49 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
補習校親善ソフト大会 @ダラス2014
b0108544_539186.jpg

今年もやってきました。 年に一度の、ダラス補習校とのソフトボール親善大会。
開会式での勢ぞろいした子供たち。
4年前に、コロラドから越してきて初めて参加した時には、「こんなにたくさん日本人がいるなんて~」
と驚いたものです。

補習校同士の対戦、とはいっても、補習校の行事ではないので、参加するのも自由です。
毎週土曜日の補習校の授業の後、3時から5時半までの練習。
大会直前の8月には日曜日にも練習がありました。
遠くから通っている(中には片道2時間というご家庭も)方には参加が難しかったり、
コーチも運営も保護者で、みな何かの係りにつかなくてはならないので、保護者にも負担はそれなりにあります。
もちろん、ソフトボールなんで興味ない~、運動は苦手~というお子さんもいらっしゃいます。
ヒューストン補習校全体の生徒数は(どんどん増えて)430人ほどですが、
今年のソフト大会への参加生徒は90人ほどでした。

タコの学年、中三は中でも参加者が多く、男子だけでも8人。
学年があがると普段はなかなか忙しいですし、家が近いというわけでもないので、
遊ぶ機会もあまりありませんが、ソフトの練習が遊び代わりでしょうか。
ソフトのおかげで(わざわざ休みの日に)補習校に通うのも楽しく感じられるようです。

特に今年はダラスでの開催なので、前の日にホテルで1泊。
中高生は子供4人で1部屋、ちょっとした修学旅行気分ですね。









b0108544_5215737.jpg

ダラスへの移動も、生徒は一緒に豪華観光バス2台で。
親たちはそれぞれの車で向います。
同じテキサスとはいっても、広いですからね~ 片道4時間のドライブです。
ほとんど同じような景色ばかりですし、道中退屈してしまうのですが、
今年はお友達が同乗してくださって、彼女とのお話が弾み、睡魔と闘うことも無く、行き帰りの時間もあっという間でした。









b0108544_1359523.jpg

景色に変化の乏しいハイウェイ45号の途中、唯一、この像にはどっきりさせられます。
今回は、車を降りて、近くから見てみることにしました。









b0108544_5221436.jpg

サム・ヒューストン...ヒューストンの地名の元にもなった、歴史でも必ず習うテキサスの偉人です。









b0108544_5222954.jpg

ぐるっと一周眺められましたし、裏にはちゃんとしたビジターセンターやギフトショップもありました。
他に4、5組の方も見ていらして、観光スポットにもなっているようです。









b0108544_5594766.jpg

きゃー、頭の部分のレプリカだと思うのですが、それだけごろんと地面に置いてあると...怖い(笑)
私の身長近くの大きさです。

気を取り直して...








b0108544_5525077.jpg

やはり楽しみは美味しいものですよね~ 
彩りも鮮やかななちらし寿司。
日本では当たり前かもしれませんが、アメリカのお寿司屋さんでは、これは何~?的な
不思議なちらし寿司も多いのですよ。








b0108544_541388.jpg

一昨年にも行ってお気に入りになった、鮨酒
ヒューストンではお目にかかれないレベル(怒られるかな?)のお寿司屋さんです。








b0108544_5413474.jpg

せっかくカウンターに座ったので、握りもあれこれ。
お寿司は大好きですが、実はまぐろなど赤身のお刺身は好まないので、
ほたて、甘エビ、イカ、ウニ...

特に、透明感のあるヒラメと、新鮮なアジはこちらでは珍しいのでパチリ!
そして食べかけですが大きな牡蠣フライ、火の通り具合がちょうどよくて柔らかいホタテとキノコのソテー
もおいしかった!







b0108544_5411739.jpg

ドランゴンロール...はお友達のチョイス。
食べ物には少し保守的なところのある、私達だけでしたら頼まなかったでしょう。
サーモン、鯛、アボカド、マグロとカラフルなだけではなく、中のカリフォルニアロールとも合って美味しかった!

カウンターから、どうやって作るのか見ていましたが、ラップにお刺身を斜めに並べて、
中にカリフォルニアロールを巻き込むのですね。
うちでも作れるかな~??   
見てわかった気にはなっているものの、実際は難しそう...

久しぶりの美味しいお寿司に、幸せなひと時でした。
再来年も、また訪れることができるでしょうか?








b0108544_5415490.jpg

翌日の日曜日は、ホテルを朝7時に出発。
小学生の男子も女子もそれぞれ午前に試合がありました。
男子は2試合の勝利で頼もしかったです。 

午後には試合も終って、ほっとしている様子。
夏の炎天下のもとでの練習で、みんな良い色に日焼けしていますね~
楽しい夏の思い出になったかな?








b0108544_5515626.jpg

中学生男子の試合は、残念ながらサヨナラ負け。
せっかくピッチャーをさせていただいたのに、最後タコの締まらないピッチングのせいで三点差を守りきれず(悲)
野球と違ってスローピッチの投球はコントロールが難しい~、守備のエラーも多かったし~
と慰めていただきましたが、勝てる試合だっただけに、みなさんにも申し訳ない。
打つほうでは、三打席とも全てヒット、うち二塁打二つと貢献できたのですけど...
やはり勝たないとがっかり~ですね。

一番のメインは最後の高校生男子の試合。
といっても高校生は7人しかいないので、中学生も入っているのですが、去年は34対6と大差で負けてしまい、
ダラスとの力の差は明らか。
今年はどうなることかと心配しましたが、追いつ追われつの緊張した熱戦でした。
私はスコアブックをつける大事なお役目をいただいてしまったので、
間違えないように~と緊張して試合内容だけに集中していたので、他を見る余裕がなかったのですが、
ダダによると、周りの観衆も大勢で、応援の熱気もすごかったらしいです。

こちらも最後は残念ながらサヨナラ負けとなってしまいましたが、ここまで戦えたことが予想外。
みんながんばったね~と観衆からは大きな感動の拍手、そして何人かの選手は涙...でした。

心配したお天気にも恵まれて、男女8試合、無事にソフトボール大会も終了~
終わったのは5時近く、そこからまた4時間かけてヒューストンに戻りました。
熱戦の余韻も残り、帰りもお話に花が咲いて、短く感じましたが、
運転したダダは、大会中は写真係としても活躍、大変にお疲れ様でした!


楽しいソフト大会も終って、補習校、続く2週は楽しくない(笑)期末考査。
どちらも前日の金曜日にはフットボールの試合があり、帰宅は11時過ぎ。
試験勉強、一夜漬けをする時間もありません~
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-09-11 02:39 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
苺のミルクプリン アレルギー検査 Pappas Burger
b0108544_0291563.jpg


8月に入りましたね。 暑さもまだまだ、しばらくは厳しい日が続くのでしょうか... 
この時期、毎年言っている気がしますが、オーブンを使うのが億劫~
ベイキングもさぼり気味です。(だめですね~)
ということで、かろうじて作っているのは、スムージーやゼリーなどの冷たいお菓子です。

苺ミルクプリン
クックパッドのレシピを参考に作りました。
プリン、とは言ってもゼラチンで固めるのでオーブンは使いません。
生クリームもホイップしませんし、材料を順番に混ぜるだけなので、気楽に作れます。

ゼラチンの量も少なめなので、トロンとした食感、練乳も入って、どこか懐かしいような、優しい味がいいですね~
私はどちらかというと、プルプル~やつるんとした食感が好みですが、このミルクプリンも家族にはとても好評でした。
甘さ控えめですし、するするっと入ってしまうようです。
「もう一個食べたい~!」とのリクエストも嬉しい~♪

2倍量で作ったのですが、三人で丁度よい量でしたよ。
うちが大食いなせいかもしれませんが...









b0108544_0293268.jpg

ずぼらな私には珍しく、おうち用のお菓子なのに、ホイップクリームも添えて、ちょっと可愛らしくしてみたつもりです。
セルフィーユはこちらでは見たことがないので、いつもならミントで代用するところですが、
今回は、バジルなのですよ。
普通のバジルとは少し違って、全体に小さな葉が密集した、面白いバジルの鉢を見つけて、つい買ってしまいました。

スープなどにも、ちょっと摘んで散らすだけ、刻まなくてよいし、小さい葉の形も可愛くて気に入っています。
風味も大きな葉っぱのバジルよりマイルドなので、デザートに添えても爽やか~違和感ありません。






 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



またまた三週間もご無沙汰してしまいました。
6週間のタコのサマースクールも無事に終って、やっと毎日の長~い運転生活からも解放されてやれやれ...
でしたが、すぐに一週間、テキサスの東の端の、Beaumontという街に滞在していました。
のんびりバカンス~だったらよいのですが、大きな野球の大会のため。
炎天下のもとで毎日野球の練習や試合ばかり...全部で7試合。
今回はキッチン付きのホテルに滞在したので、料理に洗濯に、やはり送り迎えの運転。
それでも、家から離れただけでも、非日常を味わえましたし、楽しかった!

そして帰って来て、ど~っと疲れが出ました。
歳とともに、回復に時間がかかるようになりますね。一週間ぐらいだめでした。
とは言っても一応主婦なので、家事もありますし、ごろごろしている訳にもいかず。
タコにとっては夏休み中、唯一フリーな一週間ということで、病院関係やボランティアの予定を入れてありましたし、
もちろん習い事などもあって、相変わらず送り迎えの運転の毎日でした。
おまけに、7月だけはお休みだった補習校も土曜日からは始まってしまったのですが、
たくさんの宿題が全然終っていなくて、はっぱをかけるのにも、また疲れる...










b0108544_0425269.jpg

アレルギー検査を受けた時の写真です。 こんなにたくさん反応するなんて~とびっくり!

春先に急に目が赤く晴れて痒くなったり、秋にくしゃみ鼻水が出たり、とアレルギーらしい症状が出たことがあって、
気にはなっていたのですが、それほど深刻な症状ではなかったように見えたのと、
1、2週間で収まってしまうのが常だったので、病院に行かないままだったのですが、
頻繁にではないものの、必ず一年に何度かは花粉症らしい症状が出るので、一度診ていただきたいと思っていました。

アレルギー検査をするのには、症状の出ていない(薬を服用していない)時がよいとのことで、丁度よかったようです。
木、雑草、草、カビの70種類以上ものアレルギー源を検査していただきました。
ほとんどの物に反応しているように見えますが、溶かす生理食塩水にも反応してしまう体質(2番がそうです)らいしです。
顕著にでているのは三分の一強。

日本に多い、スギ、マツ、ひのき、ブタクサなどには反応しなかったのですが、
カバ、ニワトコ、ムギ、その他聞いたことのない名前の草たくさんに反応が出ていました。
一番大きかったのはロシアアザミ。
そしてネコとイヌにも大きな反応が...
あら~、そろそろイヌを飼いたい~と思っていたのに...がっかり~


アレルギー検査の後には、歯科の半年に一回の定期健診も入れていました。
間に時間があったので、たまにはタコと二人で外ランチ。









b0108544_030921.jpg

お友達から、「ヒューストンで一番おいしいハンバーガー屋さん!」
と聞いていて、一度行ってみたかったPappas Burger
ポップで明るい内装。 いかにもアメリカのダイナーといった感じですね。









b0108544_0302511.jpg

普通のハンバーガーより一回り大きい!
おいしさがよく表れていない写真になってしまいましたが、タコ曰く、
「肉のところが、今まで食べた中で一番美味しい~」そうです。
私もちょこっと味見しましたが、なるほど、パテが厚みもあってとってもジューシー!

タコのお気に入りハンバーガー屋さんは、今までFive Guysというお店だったのですが、
そこを抜くお店となったようです。
少し細めのフレンチフライは普通~な感じで、こちらはFive Guysの太めでかりっと香ばしいほうが好みかな。

おなじようなハンバーガーではおもしろくないかと私はチリチーズドッグにしましたが、
ソーセージは塩気が強くてそれほどではありませんでした。
オニオンフライは軽く揚がっていて、こちらは好み♪

フレンチフライ付ですが14ドル前後と、ハンバーガーにしてはお値段もよいですが、
それなりのことはあるわね~と二人共納得。
隣に同じ系列の、こちらも味で評判のステーキ屋さんがあって、
そこから出るステーキ用の肉の端っこのところなどを使っているので、やはり美味しさも違うようです。
うちから40分以上はかかるのですが、タコは「近くだったら毎週通いたい~」そうです。
毎週...はちょっとね...  お寿司ならよいけど、こういうアメリカンなものは胸焼けしそう...
近くになくてよかった~(笑)









b0108544_0431575.jpg

こちらは別の日ですが、パパスバーガーと同じ系列の、Papadeaux Seafood Kitchenというレストラン。
シーフードがメインなので店内も船のキャビンを連想させる、落ち着いた雰囲気。
土曜のお昼過ぎでしたが、広い店内、多くのお客さんで賑わっていました。









b0108544_0433042.jpg

タコの補習校のお友達も一緒にランチ。
Catfish(なまず!)のフライを注文したのにはちょっとびっくり~
でも、こうやって出てきたお料理を見ると美味しそうですね。
味にもクセがなく、普通の白身のお魚フライのようらしいです。

うちの家族、特にタコ、は食べ物に保守的(笑)なところがあって、あまり新しい料理や食材を食べてみよう~
という気がないこと、つまらないな~と思ってしまいます。
私も食べ物に好き嫌いが多くて、あまり大きなことが言えないのですけどね。









b0108544_04417.jpg

タコはシュリンプのPo-Boy。
Po-Boyとは、こういう長いドッグパンを使ったサンドイッチのことを言います。
私はパスタ・マルディグラ。
シュリンプ、辛いソーセージ、ザリガニなどが入ったクリームソースのパスタです。
エビも大きくて美味しいのですが、どれも大量~
お昼からおなかいっぱいで苦しい~ といった感じです。


あっという間に、また一週間が過ぎ、長いと思ったタコの夏休みもすっかり終ってしまった気分です。
いえ、実際にハイスクールは8月の最後の週から授業が始まるのですが、
先週の木曜日からマーチングバンドの練習が早くも始まってしまいました。
8月いっぱいは月から金まで毎日、朝7:45集合で夕方5:30までの長~い練習。
これも高校によって違いがあるようで、同じ学区の高校でも、ある学校は今週からで時間も3時までだったり、
またある学校ではそれほど暑くない夜の6時から9時まで、とばらばら。

夜遅い練習というのもどうかな~と思ってしまいますが、練習時間が短いのは楽そう。
タコの高校は厳しいな~と思ってしまいます。
というのも、おととしは学校創立8年目にして、初めてマーチングバンドのコンクールで州大会にまで進んだので、
気合が入っているらしいのです。
でもタコによると、「州大会で優勝するような学校は、朝から夜の9時まで毎日練習するって~」
え~、ホント~??
部活など、日本に比べて練習がゆる~いと思っていたけど、やるところはやっている...のでしょうか?

私にも久しぶりに自由な時間が増えて、嬉しい~♪
昨日の月曜日はさっそく同じようなお友達からのお誘いでお出かけ、
近くの高校生ママ達とお喋り...じゃなくて、情報交換会(笑)
本当に、先輩ママさんからはいつもいろいろなことを教えていただいるのですよ。
今回診ていただいたアレルギー専門医のこともそうですし、アメリカの高校のことはわからないことばかりです。

それにしても、11時に集まって、気がつけばもうすぐお迎えの5時過ぎ...って6時間~!!(笑)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2014-08-06 03:20 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
10年越しのクロスステッチ ~3月のあれこれ
b0108544_23363857.jpg

気が付けば、エキサイトさんでブログを始めて8年近くも経っているのですが、クロスステッチを載せるのは初めてのこと。
や~~っと完成しました! 10年越しですよ~! 
時間かかり過ぎですよね。
もちろん、10年間刺し続けていたわけではなく、10年間ほったらかしになっていたのです。

タコが小さかった頃、日本人ママの集まるプレイグループに参加していたのですが、
そこでクロスステッチがちょっと流行っていました。
みなさんの作品が素敵だったので、私も~と刺してみたら、これがなかなか楽しかった!
最初のはさくさくと進んで、完成させることができたのですが、次に選んだこちらの作品、
キットの表紙の写真ではそれほど大変そうに見えなかったのですが、実際に刺してみると、時間がかかる~

そのうち、プレイグループに持って行くお菓子作りの方が楽しくなって、時間ができると、
ステッチよりもついお菓子やパンを作ってしまう~ ということで、気になりながらも、仕上げることができないままでした。









b0108544_23234361.jpg

最後はこの金色のコーディングだったのですが、どう刺すのかまったくわからず、適当にしてみたのですが、
形がいびつ、ガタガタですね~
無い方がよかったかもしれません。 刺し直したい...けどもうその気力がありません(笑)









b0108544_2337568.jpg

進まなかった理由は他にもあります。
キットを開けて初めてわかったのですが、布地の目が小さいうえに、2マスで1目ではなく、1マスで1目と細かい~
動物には全てアウトライン・ステッチが必要ですし、思ったよりも刺すところがたくさんありました。

最近では老眼にもなってしまった(笑)ので、特に夜など暗いと見えづらくてなかなか刺繍をする気になれなかったのです。








b0108544_23241411.jpg

「ノアの方舟」のテーマでしたので、クリスマス用に~と刺し始めたのですが、何回「今年のクリスマスこそ、仕上げないと~」
と思いつつ、挫折し続けたことでしょう(笑)

そんな中、背中を押してくれたのは、素敵なSoraさんのブログ「ladder of the angel」との出会いでした。
たくさんの素晴らしいクロスステッチの作品に魅了されました。
特にこちらの作品は、冬の景色が楽しく、
折に触れ途中経過を見せてくださって、次はどんな模様が出て来るのでしょう?と絵本をめくるようなワクワク感でした。

細か~い作品も次々に仕上げられていて、その早さと仕上がりの美しさ! 驚くばかりです。
いつかはSoraさんのようなステッチを作りたい~と励みになっています。
Soraさん、いつも素敵な作品を見せてくださって、ありがとうございます!!
 







b0108544_23491376.jpg

「Promises Kept」    DimensionsというメーカーのThe Gold Collectionというシリーズです。

実は他にもいくつか刺しかけのステッチがありまして、そちらも進めています。
お菓子作りも楽しいですし、のろのろの進み具合ではありますが。
次の完成のお知らせが10年後にならないように、がんばります~♪






☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



三月も間もなく終わりですね。 
三月、ヒューストンでは曇り空の日が多く、寒かったり、かと思うともわっと蒸すような暖かさだったり、
雨もよく降って、あまり春を感じることの少ない、何となくぱっとしない陽気でした。
「例年なら、すでに暑い~という言葉も聞かれる頃なのに、今年は変ね~」という声も聞きます。
四月は晴れて春らしいお天気の日が多いとよいですね~

三月にあったことから少し...





b0108544_23244123.jpg

タコの学校の日本語クラスでのボランティア、この日は書道の授業でした。

アメリカ人にとっては難しそうな、日本語を取る子なんているのかな~と思っていましたが、16人と結構いるものですね~
女の子が多い!  やはりアニメの影響でしょうか。 
持ち物にもキティちゃんとかキャラクターものとか、日本のカワイイグッズを持っている子が多かったようです。

4段階ある日本語クラスのうちで1と一番初心者のクラスだったのですが、自己紹介も日本語でしっかり、
書道の前には普通の授業もしていたのですが、とても熱気があって、笑いもあり楽しい授業で、
こんなに日本に関心を持ってくれていることに、嬉しくなってしまいました。

書道の方も、みなさん初めてなのに、こんなにしっかりとした「空」という字を書いてくれる子もいて。
この筆を斜めに入る書き始めって、結構できないものなのですよ...








b0108544_2350090.jpg

書道の基本からは外れているかもしれませんが、個性があって素敵!
「猫」なんて、芸術的~にも見えてしまいます。 
名前はカタカナでの書き方をその場で教えたのですが、アンドレ君は漢字の名前をお持ちでした。
3つとも、お手本にはなかった漢字です。 
漫画に出てきて覚えたのでしょうか、みなさん、自分の知っている漢字を書きたくて仕方が無い~
という感じで、こちらが指示する必要もないほど、次々と紙を替えて積極的。 
和気藹々と楽しい授業でした。
日本に興味を持っている若い方が近くにたくさんいることもわかって、嬉しくなりました。

ハイスクールでは外国語の授業も必須なのですが、圧倒的に取る人が多いのがスペイン語。
他には、フランス語、ドイツ語、中国語、日本語、ラテン語。

タコはフランス語を取っています。
日本語も取れますし、取ればAPクラス(大学の授業)のレベル4まで簡単にクレジットが取れるので楽なのですが、
タコにとって日本語は外国語ではありませんし、「授業も退屈してしまうよ~きっと。時間がもったいない~」とのこと。
スペイン語は一番実用的なのですが、キンダーから小学校でも授業がありましたし、ヒスパニック系の方はとても多く、
回りにスペイン語は飛び交っています。日本での英語のように身近な言語です。
「スペイン語はその気になればいつでも覚えられるし、今だからこそできる新しい言葉を習ってみたい。」
タコはどちらかと言うと理系ですし、英語の宿題では苦労しているようなのに、そのに上もう一つの言語、
負担が多くなるのは目に見えているのですけどね~
国連やオリンピックでも使われますし、フランス語はアメリカ人にとってもどこか憧れもある言葉のようです。
是非フランス語を習得して、タコの通訳付きでフランス旅行がしたい~、とそんな日が来ることを夢見ています(笑)








b0108544_23374791.jpg

野球のトーナメントでは準優勝! 秋に引き続きトロフィーをもらうことができました。
でも決勝戦では勝てそうな試合だったのに、終盤、守備のミスが続いての不甲斐ない負け。
相手が記念写真を撮っている前で、さっそくコーチからのお叱りのお言葉~

日本だったら、帽子をとって直立不動の姿勢で聞くのだと思うのですが、アメリカではこんな片膝立ててが一般的?
集合写真も寝転んでしまって~リラックス...しすぎ?(笑)

トーナメントといっても、週末ごとにどこかでやっているものですし、レベルによってプレミア、エリート、セレクトと
3つに分かれているうちのセレクトのリーグなので、大したことは無いのですが、チームスポーツはおもしろいようですね。
三月にはもう一回トーナメントへの参加が予定されていたのですが、雨で流れてしまいがっかりしていました。
明日の土曜日もあるのです。 晴れてほしいですね~








b0108544_0215753.jpg

三月には現地校、一週間の春休みもありました。
月曜から金曜まで、タコとダダは懐かしいコロラドにスキーに出かけました。
そう、私はお留守番。 五日間の完全休養日~!!
この時間があったので、クロスステッチも集中して仕上げることが出来たのです。

「寂しくない~」とお友達には心配もしていただきましたけど、ぜ~んぜん!
朝はだらだら~ご飯も作らなくていいし、時間も気にせずお買い物にも行けて、
あっという間の楽しい五日間、最後の日にはもう終ってしまうの~と思うと悲しく...(笑)

土曜日の朝、1時に着く飛行機でしたので、家に二人が戻ったのは3時近く、その日は補習校もあったので、
6時には起きてお弁当作り。
もちろん、大変だったのは私よりもタコの方ですね。
旅行疲れもあって眠かったでしょうが、何とか8時前には起きて、補習校に出かけて行きました。

この日は卒業式と終業式、中二も最後の登校日となりました。
中二は25人とたくさんいますが、この日を最後に三人帰国されることになり、クラスみんなでの記念撮影。
こちらでも一名、横たわっている子が~(笑)  はやりなのでしょうか...
そして夕方には送別ボウリング大会、その後も近くのお友達のおうちに集まっての二次会~と夜遅くまで、
タコにとって、楽しくも長~い一日でした。 (付き添っていた私はぐったり~)

この一年土曜日はいろいろとあって、特に後期はマーチングバンドのイベントが毎週あったりして、授業に出られないことが多く、
もう少しで、出席日数不足で進級できないところでした。
日本の高校に通う可能性は今のところありませんし、現地校が第一。
負担が多くなるようでしたら、補習校は無理をして続けなくても~と私は思っているのですが、
タコからは一度も辞めたいという言葉が出たことはありません。
時々でも行くと、日本語で話せる友達がいて、わいわいと休み時間を過ごしたり、
放課後にはソフトの練習あったり...が楽しいのでしょうね。

あと一年、無事に中学卒業までこぎつけることができるでしょうか...?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2014-03-29 03:43 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(10)
ガレット・デ・ロワ、マロンのシフォン ★高校爆弾事件!
b0108544_22491857.jpg

フランスでは1月6日の公現節の日のお祝いに食べるというガレット・デ・ロア
一週間遅れのアップですが、今年も何とか作ることができました。
私が日本に居た頃には聞いたこともなかったと思うのですが、今ではたくさんのパン屋さんやケーキ屋さんで
売っているそうですね。
アメリカ、と言ってもヒューストンでですが、いまだに見たことはありません。

でも、似たような主旨のお菓子、キングケーキという、緑や紫のアイシングで飾られた、
見るからに甘そ~なケーキはこの時期、スーパーでも売っています。
公現節の頃から、テキサスのお隣ルイジアナ州のニューオリンズでのお祭り、
マルディグラまでの間に食べられるケーキだそうです。
この辺りだけの風習で、全米中どこでも売っているというわけではないのかもしれませんね。
パイではなく、ブリオッシュのような生地だそうです。 
中には小さなおもちゃを忍ばせるのが本式、ということも似ています。
スーパーではよく試食もしていて、今までは紫などの色に手が出ませんでしたが、一度挑戦してみようかな?


私のガレット・デ・ロアですが、今年は多田千賀子さんの「おやつ新報」のレシピで作ってみました。
本の写真は横からだけで、上の模様はよくわからなかったので、画像検索してみつけた、こんな花?葉っぱ?模様に。
焼く前は、「あら、結構よい感じに描けたかも~」などと思っていたのですが、焼き上がりはこの通り、
部分的に線の部分がぱっくり開きすぎてしまいました。
おまけに、カラメライズさせるための粉砂糖が、少し溶けきれずに残ってしまっているし...

ナイフを持つと、ついバゲットのクープを入れる要領で、つい深く切り過ぎてしまったようです。
バゲットだって、たま~にしか焼かないのに、だめですね~
模様なのですから、浅くてよいことを、来年こそ忘れないように!







b0108544_22495144.jpg

去年はフープロで混ぜる簡易折込パイでしたが、今年はバターシートも作って6回も折り込む、
本格的折込パイ、パート・フィユタージュに初めて挑戦してみましたが、難しいものですね~
生地がかなり固めで伸びにくかったので、少し無理してのばしているうちに、バターはみ出た部分がありました。
クロワッサンの時には、気温が高かったから~と言い訳できたのですが、今はちょうどよい気候ですからね...

それでも、ちゃんと膨らんでパイらしくはなってくれました。 時間をかけて作った甲斐はあったようです。
直径20cmと大きさもありますが、本にあるように、焼きたてのおいしさは格別!
一人で四分の一ずつ、サクサク食べてしまいました。








b0108544_22502180.jpg

今年もフェーヴ代わりに使ったのはミニチュアの食器。
青と緑で描かれた模様が特徴のグラナダ焼きを真似たおもちゃ。
十数年前になりますが、スペイン旅行の思い出の一つです。

実は失敗はもう一つ。
焼いている途中に、中のアーモンドクリームが一箇所からにょろにょろ~と漏れ出してしまいました。
回りをしっかりと抑えたつもりだったのですが、きっちりと出来ていなかったのですね。
途中で焼き固まったので、出てしまったのは三分の一よりは少ないと思うのですが、
やはり少し痩せっぽちなガレットになってしまいましたね。

いつもとは少し違った傾向のお菓子にタコも喜びましたし、パイ生地は一度にたくさん作って冷凍してあります。
作るのに時間もかかりましたからね~
他のパイ菓子を作って楽しみたいと思います。







b0108544_231607.jpg

ミルクココアのシフォンケーキ
去年に引き続き、津田陽子さんのバターを使ったシフォンはお気に入り。今年もさっそく焼いています。
が、こちらは去年に焼いた分。 学校の冬休み中はベイキングの時間も限られ、焼きあがったのは夜になってしまいました。
照明が暗いので写りもぼんやり~








b0108544_23163515.jpg

夜と朝もパン代わりに食べてしまったので、20cmのシフォンでも、明るくなって残ったのはこの一切れ。
津田さんのシフォンはメレンゲを作る最後に、低速できめを整えたりはしないので、
ばらばらな大きさのと気泡が見えることが多いのですが、濃い目の色だと余計に目立ちますね。

それにしてもいつもよりボコボコしています。
ココアパウダーが入るとメレンゲの泡を潰してしまいがちなので、つい混ぜるのを控えめにしてしまったせいもあるでしょう。
でもこのレシピはココアを粉と一緒にふるうのではなく、牛乳に溶かしてしまうのでした。
ココアの風味は感じますが、とてもミルキーでまろやかな味わい、やはりチョコシフォンというよりはミルクココアの味ですね。
苦味に弱い私には好みの味でした。
もちろん、ふんわりしっとりの食感はいつものおいしさ♪








b0108544_22504111.jpg

先週の月曜日、6日は学校の冬休み最後の日でもありました。
補習校のお友達のお宅で遊ばせていただいたので、御礼に持参した物。
中学生男子には、やはり肉でしょう~揚げ物でしょう~(簡単にできるし~)ということで、
鶏のから揚げと揚げ肉団子の甘酢あん。
急いでいたので、お団子はスプーンで直接ぼとぼとと、揚げているお鍋の中へ...
結果、全く丸くなっていません~不恰好でお恥ずかしい!

そしてママ達団欒のお茶のお供には、栗の渋皮煮を使ったシフォンケーキ。
写ってはいませんが食欲旺盛男子のお腹が満たなかった場合に備えて、生クリーム食パンも。







b0108544_22512759.jpg

マロンのシフォンケーキ
栗の渋皮煮はごろごろと入れたいところですが、そこはシフォンなので、それでは膨らみません。
でも、少し潰しすぎてしまったかな?
おいしいのはもちろんですが、もう少し栗の存在感が欲しいところです。

食べていただいたみなさんにも、最初の一口では何が入っているのかわからなかったようです。
食べ進むうちに、「栗じゃない? ラム酒もきいておいしい~」と喜んでいただけました。
津田さんのシフォンはベーキングパウダーも使っているので、もう少し大き目の具でも底に沈まないで支えてくれるかもしれません。
風味はとてもよかったので、次回は栗をあらみじん切りくらいにしてみようかな~




☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

とここまで書いたのは昨日の朝、そこでタコの通う高校からのメールにどっきり!
「安全確保のため、全員外に避難しています。専門家が事態を調査中。保護者は学校に迎えに来ないように。」
メールに気が付くのが少し遅かったようで、送信時刻を見ると、一時間前。
すぐに次のメールも届きました。
「爆発物らしきものが建物内で発見されました。生徒はフットボール場に隔離され、安全は確保されています。」

これは一大事~とテレビをつけると、ヒューストンローカルのニュースでちょうど映っていました。
ヘリコプターからのフットボール場の様子。
3800人もいますからね、人でいっぱいです。 でもヘリに向って手を振る姿も多く、みんな自由に座って話をしていたり、
歩き回ったり、それほど緊張感は漂っていませんでした。
日本だったら、こんな時、きちんと整列させられているのでしょうね。

お昼過ぎに、「容疑者の身柄を拘束」のメールも来て、あら、爆弾は本物? 犯人は生徒?と概要もわかってきました。
タコの携帯にかけても、呼び出し音だけで繋がりません。
授業中は使用禁止なので、いつもバックパックに入れたままになっているのでしょう。

「1時半に生徒は解放。高校は入れないので、隣の中学校に迎えに来てください。車や自転車は取りに戻れません。」
タコは自転車通学なので、迎えに行かなくては~でも周辺は大混雑しているでしょうね、会えるかな~
と思っていると電話がなりました。
「歩いて帰るから、途中で拾って。」お友達から携帯を借りて電話してきたタコでした。

無事にタコを拾って、ついでにどんな感じなのか高校の前を通って帰ると、パトカーにテレビ局の車がたくさん並んでいました。
でも、23度と暖かい午後、手ぶらでのんびり歩く子供たちはみな笑顔。
突然の事件にショックを受けているというより、一日勉強から解放されて楽しい~と一見はそう見えました。

何でも、朝には避難訓練があって、その後ランチタイム(生徒が多いので時間をずらして順番に取るのです。タコは10時半ごろ。)
の最中にまたベルが鳴り、間違い?と最初は思ったそうですが、ランチもバックパックもそのままにして、
外に出なければならなかったとのこと。
「4時間近くも外で待たされて、疲れた~」と昼寝をしてしまいました。 宿題もしなくていいし、気楽なものです。

夜には容疑者の写真と名前もニュースで流れ、発見されたのは結局爆弾ではなく、zip gunという、
一見銃に見えない銃と車のトランクには違う武器もあったそうで、やはり本物だと思うと、
大きな事件に発展する可能性もあったのですから、本当に怖いです。
容疑者を知る生徒の話では「よい人だけど、もの作り、特に武器をつくることに興味があることは知っていたし、
こういう事件が起こるとしたら、彼が...という気はしていた。」と、明らかに予兆はあったということです。
それなら回りの人や学校は彼の行動を防ぐ手段があったのでは~と簡単に言うことはできません。
動機など詳細はまだ不明です。
危険と隣り合わせに暮らしていることを、これまで以上に実感する出来事でした。


今日は学校も通常授業、ちょっと期待外れのタコにも応援~☆
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2014-01-15 01:47 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
謹賀新年2014♪ ~アメリカでもおせち
b0108544_16251338.jpg

新年、あけましておめでとうございます♪
昨年もゆるゆるとですがブログも続けることができました。
これも遊びに来てくださったみなさまのおかげです。 ありがとうございます!
今年も引き続き、どうぞよろしくお願い致します☆

2014年最初のお話、昨年同様おせち料理でスタートすることができました。









b0108544_16282343.jpg

初めて自分一人でおせち料理を作るぞ~と、遅すぎるのですが、重い腰をあげて取り組んだ昨年。
それに比べて今年はお重も2段から3段へ、品数も増えています。
二回目ということで、少しは段取りにも慣れて来たでしょうか...

それでも当初の予定ではあと4品ほど作る予定で材料も揃えてあったのですが、時間が足りず作りきれませんでした。
マイナーな失敗はいろいろありましたし、詰め方もまだまだですね~ 経験あるのみ...でしょうか。
それでも何とか形にはなりましたし、去年も思いましたが、今年はなお一層感じます、おせち料理を作るのって楽しい~♪

来年も、ではなくて正確には今年の年末にも~ですね。
こうやっておせち料理を作ることができるよう、健康で穏やかな一年となることを願います。
毎日の暮らしも丁寧に、積み重ねて行きたいと思っています。

おせちの内容については、大したものではありませんが、備忘の為にも次回、詳細を載せる予定です。


土曜の朝から、タコがバンドの旅行でいなかったので、これは余裕で年越しの準備ができそう~と思ったものの、
時間があると他のことに目が行ってしまってはかどらず...
おまけに30日には「あまちゃん・総集編」を、すでに全部見ているのだから、また見なくても~と思っていたのに、
TVついているものだから、ちょっと見出してしまったら、やっぱり面白い!  何度見てもおもしろい(笑)!!
ほぼ半日見続けてしまいました。  もちろん、ずっ~とテレビにかじりついたまま、ではありませんけどね。
最後には、総集編だけのおまけヴァージョンやあさイチ特別編もあって、見てよかった~と後悔はしませんでしたけどね。
おせちの準備、全然できていない~と少し不安に...









b0108544_168776.jpg

30日の時点で作り終わったのは、これだけ...
一番右から、真っ黒な液だけでよくわかりませんが黒豆。
冷蔵庫でしばらく冷やすと甘くなる、とためしてガッテン!でやっていたので、冷蔵庫にいれっぱなしになっていた栗。
場所を取るので、今頃になってやっと作りました。栗の渋皮煮。

栗の甘露煮。韓国スーパーで冷凍剝き栗というのを見つけたので、これは皮をむく手間がいらない~
と買ったものの、煮ても煮ても渋皮煮のようには柔らかくならず...(悲)
結局栗きんとんに入れるとそれほど違和感なかったので、こういうものなのかもしれませんが、
以前生栗をがんばって剝いて甘露煮作ったときにはもっと柔らかかったと思うので、もうこの冷凍韓国栗は買わない!
それもあって、渋皮煮を作ったのです。こちらはとても美味しくできました。レシピはきょうの料理より。

なますと写真に入れるのを忘れましたが、菊花かぶ、数の子も味がしみるように早めに作るのですよね。
そして、これもおせちとは関係ありませんが、冷凍庫で場所をとっていた、油揚げ40枚(!)
おいなりさん用のおあげを煮ました。 煮てからも冷凍できるので、大鍋で一度にたくさん煮てしまいます。
きつねうどんは家族も好きですし、いろいろ活用できます。


「あまちゃん」が終って、さあ、もうひとがんばり~と思ったところ、ダダから、「最近できた日本人経営の居酒屋さんに行ってみよう」
とのお誘い。 とにかく、外食は面倒なので何かで外出したついでぐらいにしか行かない人なのでビックリ!
ほいほいと出かけて、ついでに夜遅くまで買い物もしてしまったので、家に戻ると、タコの帰ってくる朝2時まで、残り数時間~
となって何もはかどりませんでした。

そうです、タコの帰りは丑三つ時の真っ暗な夜中。
カレッジフットボールの決勝戦が終わったのが10時過ぎで、それからバスでハイスクールまで帰って来たのです。
いつものスクールバスではなく、大きなチャーターバスだったので、ゆっくりはできたようです。

「おみやげ~!」と連れて帰って来たのは...↓









b0108544_239082.jpg

カワイイ~!! けど大きすぎ~?(笑)  1メートル以上もあります。
なんでも、初日に行った遊園地にあった輪投げのようなゲームで取ったとか...
かなり楽しかった旅行のようで、疲れた様子もなく、夜中だというのにテンション高く話し続けていましたが、
翌日にはさすがにぐったり...
時差の関係で31日朝早くから放送していた紅白、ダダは楽しみにしていたので観ていて賑やかだったのですが、
タコは昼間中ほとんどソファで寝ていました。

そのおかげで私もおせち料理に没頭できた~と言う訳です(笑)










b0108544_2405855.jpg

ようこそ、デカワンコちゃん!! (名前に全くヒネリがありませんね~)

去年は何回か、「犬、飼いたいね~」と話が出てはいたのですが、「お世話は誰がするの~」と怠け者ばかりの我が家では、
今一歩踏み出せないままでいます。
存在感の大きい、デカワンコちゃんがやってきたことで、満足してしまうのか? それともよりワンコ熱が高まるのか?
2014年はどんな一年になるのでしょうね~?? (どうぞもう骨折はしませんように!)

みなさまにとって素晴らしい一年となりますように♪♪



今年は少し話が短くなってるかな~と思われた方も、物足りないわ~と思われた方も、
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2014-01-03 09:43 | うちごはん | Trackback | Comments(10)
タケウチさんのBLTEサンド ♪All Region Band本選と野球
b0108544_0103950.jpg

久しぶりにパンのお話です。
ブランジュリ・タケウチさんの「どこにもないホームベーカリーレシピ」の本。
いつもお世話になっています。普段のパンは大抵この本から。
ホームベーカリーでも十分おいしいパンが焼けるので、時間のかかるパン作りはすっかり怠けてしまっています。


BLTEサンド
一見、成形が下手なバンズパンで挟んだようにも見えますが、これはHBパンの両端、いわゆる耳の部分ですね、
そこを使っています。
ワイルドな感じでいいですね~

歯の弱いダダは普段のサンドイッチも「耳をとってくれ~」と真ん中のふわふわな部分しか喜びませんが、
若いタコはまだ歯は大丈夫なようです。 こういう無骨なものもがっつり食べてくれます。
1.5斤のパンなので、かなりのボリューム☆








b0108544_1424284.jpg

ベーコン、レタス、トマト、にエッグも加わって、BLTEなのですね。
オムレツ、というよりスクランブルになってしまいましたが、卵は2個に生クリームも入ってふんわり、
かりかりベーコンもたっぷりです。








b0108544_011012.jpg

胚芽とはちみつのパン
を使いました。 耳の部分はかりっと、胚芽の香ばしさが活きています。
クラムは普通の白いパンよりふわふわではないかと思うほど。 
はちみつのおかげでしょうか。

膨らみすぎて蓋にくっつき、カッパのようにトップが白っぽくなってしまいましたが、
それだけ膨らみもよくて、クラムも柔らかです。

胚芽が入っているパンというと、ぱさぱさ~だったり、かためだったり、素朴すぎる印象を持ちます。
もちろんその噛み締める感じが好き~という方も多いと思いますが、うちの家族はふんわり柔らかいパンが好み。
でもこのパンは胚芽とハチミツで味わいもよいし、ふんわりと食感もよいので、何度も焼いています。
(好みでないパンには、「二回目は、ないよね~?」と言われてしまう...笑)


胚芽、アメリカの普通のスーパーでもgermという名前で売っています。
最初によくわからないで買ったのは生(raw)で、そのまま使うとパンが膨らまず、どうして~?
と思ったのですが、調べると、生のままではだめだそうで、炒って使うと大丈夫でした。
その後、ローストしてあるgermも売っていることがわかり、お手軽なので、そちらを使っています。










b0108544_0112067.jpg

マルゲリータ風トースト
私のお気に入り、アレンジトースト。
モッツァレラチーズ、プチトマト、バジルを乗せて、オリーブオイルをたらしただけ。
簡単ですが、具を乗せる前にさっとトーストしておくと、具の水分がパンに染み出さず、べちゃっとしません。

トマトの甘みにチーズがとろっとミルキー、そしてバジルの爽やかさが一体になり、言うまでもないおいしさ☆
ピザよりもお手軽で重たくないのも好き。
使っているパンはミルクハースです。









b0108544_0114920.jpg

ミルクハース
うちで食パンと言えば、このタケウチさんのミルクハース。
何度焼いたかわかりません。

水分は牛乳だけ。
栄養もあり、ミルクの風味はやはりおいしい~☆
牛乳を使ったパンはおいしいながらも、少し膨らみが悪かったり、どっしりになったりすることもありますが、
こちらはドライミルクも使っているせいか、膨らみもよく、クラムもふわっふわです。

牛乳パンなので周りの焼き色も濃い目、ですが、その部分は普通よりも薄く...









b0108544_0131048.jpg

クラムは真っ白で、きめ細やか。 
時間が経っても柔らかくて、ミルキーな香りがたまりません!

バターも多めなので、普通の食パンよりはリッチですが、ブリオッシュよりは軽いおいしさです。
バター、1.5斤で50g。 
塊で見ると結構な大きさなので、普段には半分に減らしていますが、その影響はそれほど感じないようです。

とにかく白いふわふわ食パンが大好きな一家なので、今までにもたくさんのレシピを試しましたが、
ホームベーカリではこのミルクハースが今のところ一番のお気に入りです♪









b0108544_0132431.jpg

パン・オ・ハワイアン
今回はうまく膨らんでよかった~!
実は一回失敗しているのです。

材料を3つ添えていますが、マカダミアナッツ、ココナッツファイン、ドライパイン。
タケウチさんがハワイをイメージする材料で作ったパンだそうです。
本当はドライパインではなく、普通のパイナップルをオーブンで水分を飛ばして使うのですが、
一回目その通りにしたら、ふくらみが全然~(悲)

パイナップルの酵素が関係しているのかな? 
ゼリーでも固まりにくいとか聞いた事がありますし...
本にもドライパインでもよいと書いてありますし、今にして思えば、オーブンでの水分飛ばしが足りなかったのかもしれません。
トレジョーでこんなおもしろい、フリーズドライの輪切りパインを見つけたので、二回目に挑戦してみました。

結果、蓋につきそうになるほどよく膨らんで、嬉しい~♪









b0108544_0134259.jpg

クラムもふわっふわです。
こちらも水分は半分牛乳で、ドライミルクは使っていないのに、どうしてこんなにふんわり柔らかくなるの~
と思うほど。
(一回目はどっしり~もちもちし過ぎていました。)

ナッツ類はそれぞれローストして砕いてあります。
本では粗く...とあったのですが、一回目、マカダミアがごろごろし過ぎて、食感、気になってしまいました。
ハード系ではそれでもよいのかもしれませんが、柔らかい食パンにはこのくらいの方がよいかな?

食べてみて、思ったほどハワイを感じない~?と思ったのですが、
トーストすると、ナッツが香ばしくて、パインの甘酸っぱさも何となくトロピカルな雰囲気~♪
ハワイに行きたくなる美味しさ(笑)でした。









b0108544_014020.jpg

3種レーズン
たまにはオーブンでも焼いていますよ。
焼き色もしっかり、よい感じでついていますし、ドライイーストでもがーっと釜伸びもしていて、これぞ食パン~と叫びたい...
と言うのは大げさですが、こういう山食が好きです♪
三分割が適当で、一つだけ山が小さくなってしまいましたが。

どうも最近はお菓子作りの方にばかり気が行ってしまっているよう。
冬にはゆっくり落ち着いて、パン作りも楽しみたいですね~







b0108544_0142097.jpg

普通の大きめな粒のレーズン、小さめのカレンズ、色の薄いゴールデンレーズン、と三種類のレーズンは味わいも違いますし、
ラム酒に漬け込んでおくので、焼いている最中からとても香りがよくて、レーズンの自然な甘さも美味しい。
捏ねの途中でレーズンを加えるので、少しパン生地にレーズンが混ざり合って、でも半分くらいは粒そのままが残っていて、
その混ざり具合、何回か作るうちに、自分好みになってきました☆

こちらには牛乳は入っていません。
牛乳入りのふわふわ柔らかいパン生地だと、レーズンの重さにはには耐えられず、しっとりしすぎてしまうのでしょう。
卵の入ったふんわりだけどさくっとした生地。
バターも砂糖も多めでブリオッシュ...ほどリッチではないけど、似た食感です。

何も付けずに、そのままつまんで食べるのが好きです。
時間がたってからは、フレンチトーストに変身させるのもいいですね。







  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



前回のお話の続き、先週の土曜日はAll Region Band(地区選抜バンド)オーディションの本選が午前に行われました。
月曜日の予選ではやっと通った状態だったので、期待してはいけないと思いながらも、もしかすると~
なんて思ってしまいますよね。 珍しく自分から練習する日もあったので、気合は入っていたのかな?
8時に集合で、午前中には終るけど、はっきりいつかはわからないとタコが言うので、
もしかして、早く終ったら、補習校の中間考査、国語は11:40からなので、一教科でも受けられれば...
と期待して11時頃から待っていました。

会場はタコのとは違う高校でした。
去年の中学校バンドのオーディションの時は、一日で、午前に予選、残った生徒が午後に本選と言う形。
たまたまタコの中学校が会場だったので、私はコンセッション(売店)でボランティアをしていたのですが、
付き添いの先生や保護者もたくさんいて、心配する熱気がむんむんでした。

緊張感もいっぱいだったのですが、高校生ともなると慣れたものなのでしょうか、
大人の姿は会場のボランティアの保護者がちらほら程度。
人数の少ない、バスーンとかオーボエなどの楽器はすでに演奏も発表も終っていて、のんび~りとした空気が漂っていました。

人数の一番多い(?)クラリネットは12時を過ぎても終らないようで、これでは1時からの野球の試合にも間に合わない?
とあせり始めると、これも人数のフルートの子達が帰ってきて、もうすぐかな~と期待してると、
15分過ぎに、やっと出てきました。
結果はどう~と聞いても「まあまあ」といつもの返事。
顔色は悪くないものの、にやにや緩んではいないので、「大失敗はしていないものの、満足できる出来ではなかった」
と読みました。 タコはばか正直というか、気持ちがすぐ顔に出ます。ババ抜きとか下手~なタイプ(笑)
結果発表まで時間がかかることは中学校の時に経験済みなので、待たずにすぐに車で野球に向いました。

何とか野球の試合には間に合ったものの、すでにメンバー表を交換した後だったので、打順は最後。
二打席とも四球で、守備もアップ不足で後半のみで球も来ず...
試合は、タコが出られなかった午前とともに2連勝☆でよかったのですけどね。

帰りにまた会場に戻って、オーデションの結果を見に行くと、フルートを吹いている同じ高校のV君まだいました。
V君、野球もやっていて、補習校でタコと同級生のY君と偶然同じチームなのです。
Y君のママとは「野球のトーナメントで補習校の中間テスト欠席。2教科10%引きは辛いわね~」「うちもよ~」
という話をしていたので、「V君、午後の野球は行かないの?」とタコに聞くと、
「多分、午前のAllは受からなかったから、午後のフレッシュマンを受けたんじゃない?」と彼に確かめに行ったのですが、
その通りで、フレッシュマン・バンドの方は合格していたそうです。
よかった~☆  野球の試合蹴った甲斐がありましたね。

ちょっと待って! それなら、タコも野球の試合に行かないで、Allの結果を確かめて、落ちていたら、
午後のフレッシュマンバンドのオーディションを受けられたのではなかったの...?
「そうだけど。 多分、受かってると思ったから、まあいいかな~ってこと。」
そんな自信ある顔はしていなかったし、事実、合格はしていたのですが、合格者の中では下から4番目。
危なかった~とも言えるのですけどね。

ほとんど上級生ばかりの中での高校生最初のオーディション。 
あがらずに自分の力を出し切る、という目標は何とか達成できて、合格もできて嬉しかったのですが、
そちらのもしも...だった時のことを考えると、変なところが大胆~と驚きとどぎまぎに気が行ってしまいました。

それに、中学校ではRegion Band合格~☆おめでとう~で終ったのですが、高校になるとその先があります。
合格者の上位何名かはArea(地域)オーディションに進むことができ、
そこで選ばれるとAll State Bandに入ることができるそうです。

テキサス州の選抜バンドですからね~、特に音楽の道に進む訳でもないタコにとっては、夢のまた夢~
とてもかなうはずもなく、またその覚悟もないのですが...
そう、オーディションが終って、やれやれ~ということで、ま~ったくクラリネットに触ってもいません。
一月には選ばれたRegion Bandのメンバーでのクリニックとコンサートがあって、その楽譜もいただいたのですが、
中学の時とは違って、4曲共に難しそうなのに~







b0108544_0233321.jpg

去年の中学でのRegion Bandコンサートの時に頂いた、盾とTシャツの写真。
あっ、頂いたというのは嘘で、お金払ってます~(笑)
でも個人の名前入りですからね、Tシャツにも、裏には全員の名前入り。
買わない訳には...こんな晴れがましいことも最後かもしれませんしね~

と思ったものですが、この度も、また頂ける...ではなくて、買わせていただける(笑)のでしょうか~?
楽しみにしています。  
冬休みには練習してね~、なんて悠長なことを言ってるとぎりぎりまでしないので、渇を入れて練習させないと!(汗)


そうそう、野球の方ですが、続く日曜日にはもちろん最初から出られて、打順も4番に復活。
普通のヒットや四球でアウトにならないのはよいのですが、4番にしては長打が出ないのが頼り甲斐がないところ。
接戦で最後のイニング1点差のところ、タコがリリーフして三者三振に抑えての勝利。
盛り上がったところで、次の試合も引き続きタコが先発。

何とか0点に抑えて4対0、あと1イニング抑えれば決勝戦に進める~
あ~でもそうなると、家に戻れるのは10時過ぎてしまう...宿題も残っているそうだし、おなかも空いたし、
寒いし、早く帰れた方がよかったりして~
と一瞬そんな不埒な考えが頭をよぎったのが、よくなかった(笑)

三振~ かと思ったら、キャッチャー取れずに、一塁に投げるも暴投。 つまり「振り逃げ」ですね。
次はセカンドゴロでゲッツーかと思うと、二塁に暴投、ノーアウト一、二塁。
高~い内野フライでこれは大丈夫でしょう、と思ったら、真っ暗な空で見失ったらしく落球。
ここまで不運なことが続くのか~と思うほど。

さすがに動揺してしまったのか、タコは押し出しの四球。
コントロールのよさだけが取り得なので、そこで交代になってしまい、次のピッチャーも急なことで準備もできなかったのでしょう。
打たれてしまって、逆転サヨナラ負けとなってしまいました★

試合の流れが急に変わって思わぬ負け、とか逆に転がり込んで来た勝ちという時もあって、
そういうドラマもまた野球のおもしろいところですが、あの時に、「私が早く帰ったほうが楽なのに~」
などと魔が差したのを神様が見逃さなかった?...のではないかと反省しています。 
ごめんなさい~★


タコががんばっているのにダメな母親~と思われた方も、神様が意地悪~と思われた方も、
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2013-12-21 08:33 | パン | Trackback | Comments(12)
なかしましほさんの豆腐ティラミス ♪地区選抜バンドオーディション
b0108544_2572831.jpg

雪の結晶にジンジャーマン、ではなくてスカートはいているからジンジャーガールかな?
なかなか12月らしいお菓子のように見えますが、今月ではなく、10月の手芸部のお菓子です。(いつも遅すぎ)

日本人の集まりなのでいつも意識していますが、この月は特に、生姜、黒ゴマ、豆腐...
そして懐かしい日本のあのお菓子!(何でしょうね~?) と和の素材を使ったお菓子を選びました。







b0108544_2575226.jpg

豆腐クリームのティラミス
なかしましほさんの「シフォンケーキの本」から。
いつも飾り気のないお菓子ばかりですが、最後にココアをふる時に、カップケーキ用ステンシルというのを使って遊んでみました。
柄の部分も形が出てしまっていますね~(笑)

豆腐クリーム...どんなものなのでしょうね~ 作る前はちょっと不安...(笑)








b0108544_2582047.jpg

見た感じはなかなかおいしそうではないですか~
白く見えるところが豆腐クリーム、少しクリーム色のほうが、豆乳のシフォン生地です。
ロールケーキ用の天板に平たく焼きますが、とてもよく膨らんで、弾力のあるしっかりめのシフォン生地です。
柔らかすぎないので、ティラミスに組み立てても安心。つぶれません。

インスタントコーヒーと熱湯とお湯とカルーアで作るコーヒーシロップ、かなりの量ができて、
全部使ったらびちゃびちゃになってしまう~と半量にしたのですが、食べてみると、このシロップがおいしくて、かなり効いているので、両面に全部使えばよかった~と後で思いました。

肝心の豆腐クリームですが、おうち用に取り分けておいた方を食べてみると、心配したほど変ではなく(笑)、
滑らかでそこそこおいしかったので、安心してみなさんにも食べていただくことにしました。
手芸部には、生クリームやチーズなど乳製品が苦手~という方がいらして、
その方にもこんなティラミスなら食べていただけるのではないかと思ったのです。

とても喜んで、「おいしい~!」とおかわりもしていただけて、作った甲斐があったというものです。
豆腐クリームは、豆腐をゆで、重石をして水気をきり、メープルシロップとともにフープロで滑らかに仕上げます。
この時点ではかなり豆腐~という味だったので、ラム酒をかなり加えて風味付けをしました。

「マスカルポーネや生クリームではなく、何を使っていると思う?」とみなさんには内緒で食べていただいたのですが、
すぐに「豆腐!」とお答えが~(笑)
やはり普通のティラミスのクリームとは味が違いますが、とても滑らかで優しいおいしさです。
シフォン生地はフィンガービスケットよりおいしいですし、カルーア、ラム酒と香り高いですしね。
特にしばらく冷やした翌日は、全てが一体になって、一段とおいしさアップ☆








b0108544_2584946.jpg

ジンジャーのシフォンケーキ
津田陽子さんの「ふわふわシフォンケーキ」より。
おろししょうがの他に、しょうがの甘煮も入っています。
甘煮は生姜と砂糖と水で、生姜が柔らかくなるまで煮るのですが、なかなか柔らかくならなくて、
すっかり水分がなくなり、ぱりぱりになってしまいました。

固くて細かく刻むのが大変~ まあこんなくらいでよいかな~と妥協してしまったのですが、もっと細かくすべきでしたね。
大き目の粒が底に沈んでしまいました。 膨らみも少し足りなかった...
大きな穴があかなかっただけでもよかったと思うことにします。

生姜の風味はしっかりと効いておいしいのですが、甘煮の粒々の食感はやはり気になってしまうかな~









b0108544_2591726.jpg

黒ごまサブレ、スカッチキャンディーのサブレ
多田千賀子さんの「おやつ新報」から。
以前に作って美味しかった、「黙らせサブレ」のアレンジ版です。

黒ごまはご覧のようにぎっしり~入っています。 ぽろぽろと一つにまとめるのが大変なほどです。
焼き上がりを食べてみると、ほとんど甘みを感じなかったので、これは受けないかな~と思っていたのですが、
「黒ごまだから、このくらい甘くない方が好き~」と意外に好評でした。
なるほど、甘くない方が黒ごまの香ばしさが活きていますね。
ダダも好きなようでしたし、大人向けのクッキー...かな?


スカッチキャンディーって具体的にどういうのだったかな~アメリカに売ってる?
と思うと、小さい字で書いてありました、懐かしいキャンディーの名前!

「あなたに~も、○○あげた~い」のCM、
と言えば、わかる人にはわかる...?(笑)

日系スーパーに売っていましたよ~ 今でも売っているのですね~ 「チェルシー」
パッケージもピンクの花柄、昔とそっくりでした。
バタースカッチ味、しか売っていませんでしたが、私は緑のヨーグルト味が好きでした。
もう一種類、黄色の花はコーヒー味だったでしょうか...?

キャンディーは砕いて、生地に混ぜ込みます。
肉たたきで、結構粉々に砕いたのですが、キャンディーのかりっとした食感はしっかりと感じます。
黒ごまと対極の印象、甘さもしっかりしていますが、サブレとキャンディーの混在したおもしろい味わいです。
ヨーグルト味も食べたいな~♪








b0108544_3153463.jpg

きなこと黒ごまのボーロ、じゃがいもとローズマリーのクラッカー
なかしましほさんの「クッキーとビスケットの本」から。

しほさんのぼーろは、片栗粉と卵黄が基本材料です。
きな粉、豆乳、黒ごま、と和の材料が、懐かしいボーロの素朴な味わいを引き立てます。
焼きたてを頬張ると、片栗粉のもっさりした感じがして、あらら~と思いましたが、
時間がたってからはさっくりに変わりました。
口に入れると勝手に溶けていくのも楽しい。

しほさんのクラッカーもバターでなくグレープシードオイル(本では菜種油)を使うでいか、ぱりっさくっとしていて好き。
これにはおろしたじゃがいももたっぷり入るので、もっちりとした感じもあって、
ローズマリーの香りがまた良くあって、味のアクセントになっています。
塩気はかなり控えめなので、もう少しあっても...粉チーズをプラスしても美味しそう。


今回、お菓子の種類は多くありませんが、みな違う本からなので、レビューするのが少し手間でした。
作ったら、忘れないうちにさっさとアップしないといけませんね~(笑)







b0108544_3155945.jpg

手芸部では、よくこんな日本のお菓子の差し入れもあって、それも楽しみの一つです。
かわいいクリスマスツリーはヨックモック。
紅茶の羊羹なんて珍しい~虎屋です。 あまり羊羹好きではないのですが、これはしっかり紅茶味でおいしかった。
ベルンのミルフィーユ、懐かしい~
Kinder、チョコの中にミルク味のクリームがあって、なるほど子供向けの優しい味でした。スペインのお土産。

個人的に日本のお土産で頂いた物。
濃い抹茶クリームのクレープに、とても塩味が効いたスイカ飴もヒットでした。
丸いのはとても軽いさくさくした生地に、梅、抹茶あずき、ココナッツ生姜...など和の素材のトッピングがとても印象的。
こういうお菓子、自分でも作れないかな~と感動の美味しさでした。

いつも美味しいお菓子、珍しいお菓子をご馳走様です!



  ★  ★  ★  ★  ★  ★


夏からマーチングバンド漬けで忙しかったタコも、11月初めでマーチングバンドコンテストも終わり、
フットボールはプレイオフ進出ならずで応援の必要もなくなった...ということで、突然マーチングシーズンに幕がおり、
学校での練習はほとんどなくなってしまいました。

といってもなくなったのは放課後の練習で、バンドも教科の一つなので、毎日、1コマの授業はあるのですけどね。
マーチングはなくなっても、それからはコンサート活動に切り替わりました。
バンドといってもマーチングは演奏よりも動きの練習ばかりの感じでしたが、やっと肝心の演奏の方に重点が...

今週の火曜日には、クリスマスコンサーがありました。
ビデオに撮るも、手振れがひどく、酔いそうな映像でアップできませ~ん(笑)
クリスマスの曲なんて、一度も家で練習しているのを聞いたことがなかったのですが、
ゆる~い曲だったので、授業中の練習だけで十分だったのでしょう。

その前日の月曜日には、地区選抜バンド(All Region Band)オーディション。
9年生から12年生まで、みな同じ課題曲でおなじ土俵で競うので、最下級生のタコには受かる見込みもないと思ったのですが、
来年以降のためにも、とにかくオーディションを体験したいと、タコは勝手に申し込んでしまいました。
ミドルスクールの時と違って、受けても受けなくても自由なのですけどね。

課題曲3曲もミドルの時とは違って、もちろんですが、難しそうです。
家で練習してるのを聞いても、一度も通して間違えなく吹けたためしがありません。
おまけに、かなりのあがり症。 
案の定、本番では、最初の曲で大失敗をしてしまい、もうだめだ~
と開き直ったのがよかったのか、次の2曲で挽回したらしく、何とか8位で予選通過。
10位までが土曜日の本選に進めたそうなので、ぎりぎりですね。

タコは嬉しいようですが、また困ったことに...
土曜日は補習校の後期中間考査があるのですが、受けることができず、来週追試になるので、また10%点数が減点されます。
また、というのは前回の前期期末考査でも一教科追試だったのですが、今回は2教科です。
しかも後期は授業に出たのは3日だけで7日欠席しています。
中一の始めから6回連続の優等賞(平均90点以上)は残念ながら...

聞けば、9年生だけのフレッシュマンバンドというのもあるそうです。
そちらのオーディションは土曜の午後なので、そちらを受けるなら、午前中の補習校の中間テストは受けられるのですが、
タコは「Allの予選に受かった人は、フレッシュマンの方は受けられない」とか言ってます。
受かる見込みの低いAllより、確率の高いフレッシュマンのほうがいいのに~

もう一つ、野球の試合とも重なってしまいました。
雨で流れてばかりの秋シーズン、最後のトーナメントなのですが、少ない試合に出られないとは、これまた残念です。
こちらは翌日の日曜日にも試合があるのですが、それが最後の試合になるかもしれません。
何だかいろいろ心配することがあり、ブログの方には気が回らず...
でも土曜日にはオーデションが残念な結果、で野球の方も残念だったりすると、またまたがっかりして更新する気合が入らず...
ということが十分予想される(今までそういうことたびたびあり・笑)ので、今日はがんばってアップします!


タコの学校のマーチングバンドのUILコンテストの様子がYouTubeにアップされているのを発見!↓
お時間がある方は覗いてみてくださいね。








少し遠めで見えにくいかもしれませんが、アメリカのマーチングバンドはこんな感じ~というのが楽しんでいただけたら嬉しいです。
UILコンクールは学校の順位を競うのではなく、1~5段階評価をもらうもので、タコのハイスクールは一番高い5の評価でした。

それでも十分だと思うのですが、去年は特に華々しい成果だったのに比べると、今年は普通な感じ。
Band Of Americaという最後の一番大きな大会でも、テキサス州の決勝には残れず、
タコの話では、その結果発表の時に、半分以上の女子も男子も泣いていたそうです。
ほんと~? アメリカの高校生がそんな熱くなるなんて~びっくり!@@

そのBOAの全米大会では、決勝に残った12校のうち、5校がテキサスの高校だったそうです。
テキサス州は全米でもかなりマーチングバンドの盛んな州のようです。
そして優勝したのもテキサスの、それもヒューストン近郊にある高校!

全米大会ともなると、テレビで中継もされたそうで、その時の様子が一部分ですが、YouTubeにアップされていました↓








やはり素晴らしいですね~特に動きが。
演奏の出来はそれほど変わらないと思うのですが、パフォーマンスは全然こちらの方が凝っていてカッコイイです。
これは生徒のがんばりというよりも、もともとのプログラムの違いによるところも大きいのではないかな~
などと、勝手なことを考えてしまいました。

結果はともあれ、始まる前はマーチングバンドのアメリカンな乗りに付いて行けるか心配だったタコですが、
何だか最後まで楽しそうにやっていて、時には熱くマーチングについて語っていたので、来年も続けてくれるでしょう。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
↓一日に一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

[PR]
by Wingco | 2013-12-13 15:52 | お菓子 | Trackback | Comments(14)