タグ:子ども ( 58 ) タグの人気記事
桃のコンポート、スムージー ★ハイスクールのフットボール観戦
b0108544_2282030.jpg

11月ですね~ 昨日の日曜日には時計の針も一時間元に戻りました。
サマータイムも(やっと)終って、いよいよ秋も本番です...

というのに、今回はこの夏に作った冷たいお菓子、のまだ載せていなかったものをまとめて... 
まだ季節に追いついていません。すみません。

桃のコンポート杉野英実さんの「シンプルでも素材らしく」から。 この本から作るのは初めてになりますね。
京橋の「イデミスギノ」には何度かスイーツを買いに行きました。 
杉野さんのお菓子のファンで、自分でも作れればいいな~と前の本2冊も買いましたが、実際に作ったのは数えるほど...
プロのお菓子は手順が複雑で作るのが億劫になるのと、手に入らない素材をよく使っていたこともありました。

新刊の「シンプルでも素材らしく」は前二冊に比べると、題名のようにシンプルなスイーツも多くて作るのが楽しみです。
でも半分はフルーツを使った冷たいお菓子系なので、来年の夏には活用させたいと思っています。忘れずにね。

そしてこの桃のコンポートですが、本当にシンプルな作り方です。
白ワイン、グラニュー糖、レモン汁、水と共に火にかけて、湧いてきたら、もうそこで火から降ろしてしまいます。
全然「煮る」という感じではありませんね。 一日以上おいて、味を含ませます。

そしてポイントは生のレモングラス。 これは韓国スーパーで売っていました。 よかった。
このレモンのような笹のような爽やかな香りが、すーっとして甘い桃の風味のよいアクセントとなります。
甘さも香りも控えめなのですが、それが桃そのものの美味しさをより引き出しているようです。

桃の缶詰のようなコンポートとは違って、とても上品な美味しさですね。








b0108544_2291462.jpg

アメリカはイエローピーチが主流ですが、白桃も売ってはいます。
日本の大きくて甘~い桃とは違って、甘さも香りも見た目も劣りますが、
こうやって一手間かけてコンポートにすれば、かなりいけますよ。








b0108544_2293623.jpg

同じくホワイトピーチを使って、コンフィチュールも作りました。
いつものいがらしろみさんのレシピ。
砂糖の量は多いのですが、煮る時間は驚くほど短いので、糖度としては高くないはずです。

杉野さんと同じで、果物の素材としての美味しさを活かした作り方が好きです。
夏のフルーツが安く出回る時期になると、あれこれ果物でコンフィチュールを作りたくなります。
「市販のジャムは苦手~」とおっしゃる方にも差し上げると、「おいしかったわ~」と喜んでいただける。それが嬉しくて...


ただ、果物の種類によってはとろみが付きにくく、フルーツソースのようにゆるゆるになってしまうこともあります。
もっと長く煮ればとろみがつくのでしょうけれど、そうなると甘すぎてしまう...加減が難しいですね。
桃も、ろみさんのレシピでは半分は2センチの角切りということでしたが、
桃は思ったより形がそのまま残ってしまいます。
私には多きすぎるような気がしたし、固形で残っていないほうが使い易い気がしたので、全部手で潰してから煮ました。

ちょうどよいとろとろ具合になり、とてもおいしくできました。
このままでも、つい食べたくなってしまいます。
桃のリキュールで風味付けしてあります。
桃にはバニラも相性がよいですが、少し甘い香りになりすぎるかな~と今回はバニラ無しで。








b0108544_230654.jpg

ピーチヨーグルトアイスクリーム
遅くなりましたが、前回のアイスクリームの記事の中に載せたピーチヨーグルトアイスクリームは、今回の最初の杉野さんの桃のコンポートを使っています。

今回は、黄色い色がきれいに出るかな~と思って、イエローピーチを使ってみました。
コンポートではなく、生のままをピュレにしてそのまま。 甘さが足りなくなるかと砂糖は1.5倍にして。
色も前回より濃くて鮮やかな黄色、香りもこちらの桃はイエローピーチの方が強いので、より美味しくなったように感じます。
見えるかな? ちゃんとバニラビーンズも使っていますよ。

ただ一点、柔らかすぎて、星の型から出すのが大変~ 
ほとんど崩れてしまって、何とか見られる形になったのはこれだけ...(笑)









b0108544_2303027.jpg

カルピスとヨーグルトのジェラート
同じく柳瀬久美子さんのレシピ。
カルピス原液、ヨーグルト、牛乳を混ぜるだけ。お手軽です。
卵も使っていないジェラートなので、本当にさっぱりしていて爽やか。

でもミルキーさもあっておいしくて、しゃりしゃりっとした食感も好きです。
汗をかいたグラス、ブルーのストライプのクロス、も夏って感じですよね~ 
今日は気温も低くて、見てると寒~くなってきます。  熱~いお茶、入れよう!(笑)

すみません、引き続き寒くなるような画像が続きますが、この夏我が家がはまったのはスムージーでした。
特に8月初めから、毎日、タコはマーチングバンドの練習が一日中あり、夕方帰って来る時には汗だくで疲れきっていて、
おやつを食べる気力もないほど...
そんな時にも、スムージーならとりあえず喉を通るということで、毎日のように作っていました。

冷凍庫にはいろいろな果物を凍らせて、気分でいろいろな果物の組み合わせを楽しみました。
牛乳とプレーンヨーグルト、甘みはいつもハチミツ。
がーっと作って、溶けないうちにわ~っと食べてしまうことが常だったので、ほとんど写真にも撮れませんでした。
気が向いて、撮ったものだけ...







b0108544_231235.jpg

イエローピーチとマスカットのスムージー
オレンジ色もきれいですし、桃の甘さと緑ぶどうの爽やかさが良く合います。
ただ、ぶどうの皮が気になってしまいました。 きちんと取ればよかったのですけどね。
イエローピーチは夏の間安く出回るが嬉しいのでが、甘さがなくそのまま食べるにはいまひとつの桃に出会うこともよくありました。
熟すまで待つと、あっという間に傷んでしまいそうになることもあり、そういう時には急いで冷凍庫行き~(笑)

バナナも夏場はあっという間に黒くなってしまいますね。今年はスムージーというよい利用法があったので困りませんでした。








b0108544_2434153.jpg

メロンとキウィのスムージー
メロンといっても日本の高級メロンとは程遠い美味しさですが、お値段手ごろな割には甘いメロンもあります。
ダダはメロンやキュウリの瓜類が大の苦手でタコも食べないし、一人では持て余してしまいがちです。
スムージーにすればわからないかな~と食べさせてみましたが、すぐにメロン~とわかってしまいました(笑)

私には安メロンも高級メロンアイスになったようで、この組み合わせが一番おいしい~と思ったのに...








b0108544_244390.jpg

ブルーベリーとオレンジのスムージー
ブルーベリーは他のベリー類に比べて、酸味も甘みも弱い気がします。
ブルーベリーだけだとぼやけた味になってしまうような...
オレンジとの組み合わせはコンフィチュールも試したことがあり、相性のよいのは間違いありません!

酸っぱくてオレンジの香りが爽やか~
ただ、こちらもブルーベリーの皮が少し気になってしまいました。量が多すぎたのかな。
色も強烈ですね~








b0108544_24424100.jpg

ラズベリーとバナナのスムージー
バナナのせいで色はぼんやりとしたピンクですが、ラズベリーは少しでも味は強いですからね。
こちらも甘さと酸味がはっきりとした美味しさです。

やはりラズベリーの種のプチプチが気にならないわけでもありませんが、この組み合わせも大好き!

タコにはラズベリーは酸っぱすぎるそうで、バナナと苺の組み合わせが一番好きなようです。
ダダもとにかくバナナは外せないようで、プラス桃とかオレンジが好み。
私はあまりバナナは好きではないので、入れない方がさっぱりとして好きなのですけどね。
家族はバナナのまったりした甘さとコクがあるほうが好きで、それにバナナを入れるとどろどろ~っとスムージーらしくなりますしね。

うちではこのどろどろ~の食感、食べるスムージーが好きで、通称「どろどろ」で通ってます。
「どろどろ作って~!」というように。
何だかあまり、おいしそうな呼び名ではありませんが...(笑)






  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



高校での初めてのマーチングバンドシーズンも、この土曜日に行われた、最後のコンテストでほぼ終わり。
夏休み中の7月31日から平日はほぼ毎日練習があったのも、今週からは週一になるということでほっと一段落です。

毎日の練習、土曜日のマーチングコンテストに加えて、週に一度はフットボールの試合があり、
全部の試合に必ずバンドも応援で参加しなくてはならないのです。
試合は夜の7時開始なのですが、バンドも学校から一旦帰ることなく、放課後練習してからスクールバスでスタジアムに向います。
試合の後、兵隊のようなユニフォームに着替えたり、大きな楽器を運んだりと大掛かりで、移動に時間もかかり、
学校に戻って来るのは近いスタジアムからでも10時は過ぎます。

先日の金曜の夜もフットボールの試合があり、その翌日の土曜のマーチングコンテストは片道4時間かかるサンアントニオ。
しかも出番が朝8時前と早かったので、夜中の2時にバスが高校を出発ということになり、
生徒達は数時間ですが、フットボールに試合が終ってから出発まで学校でごろ寝だったそうです。

そして土曜日も出番が終っても、夕方の結果発表まで待たなくてはいけない。
お昼はバンド全体で、何とハードロックカフェに行ったそうです。 アメリカらしいですね~(笑)
もし決勝進出となると、決勝が終るのは夜中でそれから戻ると日曜の明け方になる予定だったのですが...
残念ながら決勝には行けずに、夜の10時過ぎにぐったりして帰ってきました。

こちらのスクールバスって乗ったことがある方ならおわかりでしょうが、椅子も硬くて、座席も狭くて、驚くほど乗り心地が悪いのです。
確かシートベルトもなかったのでは...
眠りたくても、ガタガタがすごくて眠れないとか...女の子にはかなりきついことでしょうね。
そんな大変なことばかりのバンドですが、タコは結構楽しんでいるようです。
学校では授業ごとにクラスを移動するし、ホームルームやクラスというもの自体もないのですが、
バンドという大きなまとまりに参加していることで、目標に向って、みんなで協力して努力を重ねる、
という一体感が味わえるようです。

さて、いつもは夜のフットボールの試合ですが、二週間前の試合は雨で翌日の土曜日のお昼に順延になりました。
この日は補習校の運動会だったのですが、フットボールに行かないわけにはいかず、運動会は欠席です。
バンドは部活だけではなく、授業の一つでもあり、しっかり成績がつきます。
学校にもよりますが、タコの学校では休んだ回は0点がついてしまうのです。 厳しい~







b0108544_2593952.jpg

観客席はぎっしり~見事に真っ赤。 素晴らしい統一感ですね~

実はこちらは対戦相手側の席。
昨年度のテキサスチャンピオンでもある、超強豪校。 すごい熱気を感じました。
赤い服を着ていなかったし、かなり居心地が悪い...(笑)






b0108544_2595984.jpg

でも、フィールドをはさんで反対側のスタンドに陣取っている、タコの学校のバンドの応援の様子もわかりました。
演奏をしているだけではなく、楽器を振り回したり、時には踊ったり、何だか楽しそうでした。







b0108544_304075.jpg

ハーフタイムではフィールドに下りて、マーチングを披露します。
マーチングバンドって、演奏しながら、ただ行進していくのかなと思っていましたが、
もっと複雑な動きで、ショーといった感じなのですね。 たくさんの練習が必要なのもわかります。
ダダがビデオも撮ったのですが、アップのしすぎて、何がなんだかわからず、見ていると酔いそう...
動画をお見せできずに残念です。







b0108544_253483.jpg

この試合は相手チームがホームでタコの学校がアウェイ。 
マーチングはホーム側のスタンドに向って行うので、わざわざ相手側に座って観たのでした。







b0108544_311055.jpg

相手チームはホームカミングというイベントの日で、候補者6人の中から学校のクイーンの発表がありました。
エスコートしているのはお父さん。 晴れがましいことでしょうね。








b0108544_313413.jpg

後半は我が校側に行って、落ち着いて応援できました。
こうやって見ると、相手校のスタンドは真っ赤で、ほんとに凄い!
負けてはしまいましたが、17対12となかなかよい試合で、味方も盛り上がりました。

レギュラーシーズンは全部で10試合。 残り1試合となりました。
暑い夏の長いヒューストンですが、ハロウィン(の日もバンドの練習あり)も終って、
高校のフットボールシーズンも終るころには、さすがに秋らしい雰囲気になってきますね。
同時に、サンクスギビングも近くにせまってきて、ホリデーシーズンを前にそわそわした気分です。

冬が来る前に、秋の味覚を使った、秋らしいお菓子も作りたいですね♪
[PR]
by Wingco | 2013-11-05 07:02 | お菓子 | Trackback | Comments(12)
夏のポットラック ☆野球、準優勝~
b0108544_5235054.jpg

10月に入って(もう中旬ですね)、やっとヒューストンにも秋らしい季節がやって来ました。
今週は最高気温も30度を切っています。
爽やかで過ごしやすい陽気に外出の機会も多く、また、家にいる時間には、
オーブンを使うのも苦にならなくなったので、毎日のように何かを焼いています。

お菓子の画像ばかりは溜まっているのですが...すみません、アップが遅くなって。
PCに向う時間と気力がこの二週間足りませんでした。
そうそう、先週は約半年ぶりに、二回目のおうちカフェも開いたので、その準備にかかりっきりだったのです。

今回のこのケーキはその時の...ではなく、また少し前のことになりますが、
夏にお招きを受けた、ポットラックパーティーに持参したものです。

4家族が集まり人数も多かったので、30×20センチ強。
いつも時間がなくてデコレーションが適当になってしまうのですが、今回も...(笑)
でも、クリームの絞り出しで周りを飾れただけでも進歩です。
長方形なので、額縁のように絞り出してみましたが、長くではなく高くこんもりと絞った方がよかったですね。

丸と違って、写真の収まりが難しい~







b0108544_5311159.jpg

こちらの方がおいしそうですね。
でも光ってしまって、絞り出しがどんな感じなのか見えにくくなってしまいました。

オーガニックの、アメリカにしては甘さもあって美味しめのイチゴ。
中にもぎっしり入っているので、2パック分(約1キロ弱)でも足りず...
ラズベリーとブルーベリーを買っておいてよかった~







b0108544_5313418.jpg

うち以外は女の子ばかりだったので、一度作りたいと思っていた、おすしケーキにも挑戦。
お花に見えるかな? スモークサーモンで出来ています。
桜の花はスライスチーズ。 中にもはさんだのですが、結構合いますね、酢飯にチーズ。








b0108544_5315831.jpg

一段目は鶏そぼろ、二段目はスライスチーズ、海苔、プリーツレタス。

食パン用の一斤型にラップを敷いて、そこに酢飯と具を重ねました。
型に深さがあったので、つい高くしてしまいましたが、型から出したときに、倒れそうになり慌てました。
切り分けるのにも、もっとごはんの量を減らして、低くした方がよかったようです。
押し寿司のように、ぎゅーっとご飯を押し付けないといけませんね。








b0108544_633867.jpg

巻き寿司を作るのも何年かぶり。 
要領を忘れてしまって、一本目は具が多すぎて失敗~
ロールケーキは慣れているものの、お寿司はまた違いますね。







b0108544_6332510.jpg

玉子焼き、スモークサーモン、しめじの煮物、アスパラ塩茹での具です。
私は普通の太巻きが食べたいな~と良く思うのですが、ダダもタコもかんぴょうやしいたけ、キュウリも苦手。
カリフォルニアロールを作りたくても、アボカドも苦手。
巻き寿司の具には何がよいか迷います。








b0108544_6335073.jpg

おまけに、お酒の肴になるかな~と子持ち昆布とオクラのポン酢和えも作りました。
わさびもぴりっと効いています。
子持ち昆布、アメリカで普通には売っていないので、「久しぶり~」と喜んでいただきました。
お一人、関西の御出身の方なのですが、「子持ち昆布は初めて~」とのこと。
関西では、子持ち昆布ってあまり普及していないの?







b0108544_6344432.jpg

お招きいただいたH家の、夏らしい爽やかで素敵なテーブルセッティング!
時々こういうポットラックパーティーはあるのですが、なかなかカメラは取り出せず...
でも今回は、フェイスブックに載せたいから~という方がいらして、「撮ってもいいですか?」とお許しをいただいていたので、
私も~と便乗させていただきました。 







b0108544_741228.jpg
写真上の左から、皮を細く刻んで回りにつけたのと、もち米と二種類のしゅうまい。ポテトサラダも。
そうめんは取りやすいように個別に小さい器に。横にはトッピングの細ねぎや錦糸卵、揚げたナスなどの具がお洒落です。
その他のそうめんはキュウリで巻いて。
撮り忘れましたが、鶏の煮物に良く味のしみた煮玉子、フルーツゼリー、リンゴのケーキもありました。
Hさんの気配りのあるお料理の数々、私も見習いたいものです。

他のお二人もとてもお料理上手。
鶏のから揚げ、細く切ると上品ですね~きんぴらごぼう、生春巻き。
ミートソースのペンネ、エビピラフ、牛肉のたたき、アボカドとトマトのサラダ、ミニトマトのマリネ、スペアリブ。

夜中までお話も楽しく弾みましたし、みなさん持ちよりのお料理もどれもおいしくて、幸せなひとときでした。








b0108544_7391150.jpg

H家でのパーティーのさらに少し前、我が家にも3家族をお呼びしてのポットラック。
さっそくおなかの空いた子供たちに食べてもらった後ですが、何とか並んだお料理を撮る事ができました。
夜、こちらの家は照明が暗いこともあり、よい写真が撮れませんでしたが、料理の備忘に記しておきます。

みなさんからは、ハムサラダ(お子さんにも取り易いように、ポテトサラダをハムで巻いてあります)、
鮭の南蛮漬け、豚の角煮、鶏のから揚げ、生春巻き、お赤飯、ラザニア、フルーツゼリー。
うちは、ちらし寿司(鮭、うなぎ、いくら)、バジルペーストのパスタ、いなり寿司、かぼちゃの胡麻煮、
イチゴショート、ベイクドチーズケーキ、バナナのフロール。

この日も(こちらの方が先でしたが)バラエティーにとんだ美味しいお料理が並び、おなかいっぱい。
子供はゲームで、大人はお話に夜中まで盛り上がりました。






b0108544_746468.jpg

自然光の中のほうが、やはり美味しそうに見えますね。
次の日、明るくなったところで、大事に取り置きしておいた一切れずつを、改めてカメラに納めてから私のおなかへ...(笑)
冷蔵庫で冷たくしても、しっとりさはそのまま、おいしい~! 

津田陽子さんのバナナのフロール
一見チョコにしか見えませんが、生地にはペースト状にしたバナナが入っています。
いつもはメレンゲ立てすぎなのか良く膨らみすぎて、生地が厚くなってしまいがちですが、
今回はそのバナナのおかげか、気持ち膨らみが抑えられていますね。
しっとりした感じも本の写真と似ています。

口に入れた最初は、それほどバナナを感じませんが、後からふわ~っと甘いバナナの香りがかなり来ます。
ココア生地ですが、言わなくても、バナナが入ってる~という味がするのですよ。 
おもしろいロールケーキです。
ミルクチョコのガナッシュクリームも、とろりと甘くて生地とのバランスもちょうどよいのです。


小嶋ルミさんのベイクドチーズケーキ
材料を順番に混ぜるだけの簡単なベイクドチーズですが、ルミさんのレシピはさすがです。
とても口当たりが滑らかで、ベイクドなのにスフレのようにも感じる軽い食感です。
湯煎でじっくり焼いた後、火を消したオーブンにそのまま入れて蒸らすのもコツでしょうか...

レモンは入っていないので、酸っぱすぎず、でもサワークリームで爽やかさを出し、
甘さもほどよくて、これは絶対にまた作ってじっくり味わってみたいチーズケーキでした。






  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



タコはハイスクールのフレッシュマンになって、大忙しの秋。
早くも学年度の六分の一に当たる、1学期が終ってしまいました。
このあたりの学区では6学期制をとっていて、レポートカード(通知表のようなもの)も一年に6回いただきます。
一学期は大抵6週間なので、あっという間に終ってしまいます。

よく「ストレートA」と言って、全部の教科がA(90点以上)の評価だと学年末に表彰されますが、
この学区では6学期それぞれで全教科Aを取らないといけないのです。
全部で7科目ですから、7x6=42個ものA。 大変そうですね~
一年中勉強に気が抜けないようになっているのかな?

でも、そういう基準も州や学区によって違いがあるようです。
一年の平均で90点以上取ればストレートAになるところもあるようで、ここの学区は厳しいらしい。
宿題も、多い多いとは聞いていましたが、本当に多くて、毎日必ず出ます。それも何教科も。
毎日マーチングバンドの練習があって、家に帰るのは7時頃。
その他に週に一度はフットボールの試合があり、バンドも応援に行かなくてはならないので、
試合の場所によりますが、10時は過ぎますし、遅いときは12時近くのことも...
そんな日でも宿題は出てるので、それから取り掛かり、睡眠時間3時間ということも。

「眠らないように見ていて~」と言うので私も付き合うのですが、さすがに翌日はお昼寝をしないとふらふらです。
タコも学校で寝てしまわないかな~と心配になりますが、何とか帰って来るまでは持たせているようです。
う~ん、高校生は想像していたより大変! とこの先が思いやられますが、
先日参加した補習校の中二の保護者懇談会ランチでのみなさんのお話を聞くと、
「暇でゲームばかりしていて困る」とか「宿題なんて全くない~」という方までいて、逆にびっくり。
学校によっても大分違いが有るようですし、日本からいらして間もない方はESLクラスに入るので、
カリキュラムも全く違うようです。
でも、慣れない英語での授業ですからそれだけでも大変でしょうし、日本に帰る時に備えて、受験勉強もあるでしょうし、
それぞれに立場は違っても、忙しいですね子供たちは。





b0108544_15591139.jpg

大きなハイスクールなので、バンドもたくさんいますね~300人ぐらいとか? 
フットボールの試合では、対戦中のスタンドでの応援演奏だけではなく、ハーフタイムにはフィールドに降りて、
マーチングも披露します。
でも、短いし、何だか簡単そうな動きだったので、これだけのために、8月から毎日猛練習していたの~
拍子抜けかも...と聞くと、これはフットボールの時のためだけのマーチングで、マーチングコンテスト用の
もっと別なものだそうです。

コンテストは毎週土曜日に、いろいろな場所で開催され、生徒はスクールバスで向うので、親は行く必要がありません。
先週の土曜日は野球のトーナメントもあり、コンテストの会場から直行すれば間に合ったので、ダダが迎えに行きました。
マーチングを見るよい機会だったのですが、私はおうちカフェの疲れでダウン...
というほどではありませんが、他に用事もあって残念。

でも翌日の日曜日も野球のトーナメントのほうは決勝ラウンドがあり、
嬉しいことに予選から4連勝であと一つ勝てば優勝~!というところまで進みました。
決勝の試合では負けてしまいました(それもタコが先発で・笑)が、準優勝ということで、盾をいただきました。
ハイスクールでは野球を取らなかったし、もう野球をしている余裕はないかな~やめたほうがよいのでは~
と私は思ったのですが、やはりチームスポーツは楽しいようで、セレクトチームは続ける選択をしました。
その分もっと大変になっていますが、こういう御褒美もいただけて、よかったね。







b0108544_1645123.jpg

決勝戦はそれまでと試合会場が違う場所だったので、そこまでの移動中に見た夕焼けの空。
飛ばしていた車から、それも携帯で撮った写真ですが、本当に燃えているような空でした。

春シーズンは何ももらえたことがなかったのですが、秋シーズンの最初のトーナメントから準優勝だなんて、幸先がよい~
でも、この日も朝から、途中雨で試合も遅れて、家に帰ったのは12時近く...
そして、休みの日でも宿題があるのでした。 
また寝不足の毎日が続きます...
[PR]
by Wingco | 2013-10-11 03:06 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(10)
ぷよぷよ弁当 ~懐かしのキャラ弁♪
b0108544_0542869.jpg

突然ですが、本当にお久しぶりのキャラ弁です。 

SEGAフェイスブック公式ページさんが、何と、私が大~昔に作った「ぷよぷよ弁当」を掲載してくださったのです!!

SEGAさんは、素敵な紹介文と共に、こちら「ころころまるしぇ」のブログの方をリンクしてくださったのですが、
実は肝心の「ぷよぷよ弁当」の記事は、エキサイトではなく、その前に書いていた、ライブドアのブログにアップしたものなのです。
そちらでは画像の半分近くについて、見れなくなっていることもあり、今の「ころころまるしぇ」からはリンクを貼っていません。

SEGAさんに載ったぷよぷよ弁当をご覧になって、中にはうちに遊びに来てくださった方もいらっしゃるかもしれません。
ぷよぷよ弁当の記事がなくて、ごめんなさい~!
画像だけですが、見てくださいね。

ということで、次のお菓子の記事もほぼ完成していたのですが、SEGAさんと、みてくださった皆様に感謝の意味を込めて、
懐かしいキャラ弁の一部を、再度アップすることにしました。







b0108544_0545284.jpg

ぷよぷよ弁当
SEGAさんに載せていただいたのは、こちらの方の画像です。
真正面よりもこちらなのはどうしてかな? 立体感があるから?

いつも真正面からのが一枚と、一緒に持たせたお菓子と一緒に、引き気味の斜めからの一枚も載せていたのですが、
内容がよくわかる、真正面からの画像だけにしますね。

古い物から...







b0108544_0551298.jpg

トーマス弁当
何かの本に載っていて、これなら作れそう~と試したのが始まりでした。
でも目の丸とか、眉毛のカットに苦労したような...








b0108544_182572.jpg

こいのぼり弁当
アメリカに住んでいると、日本の季節感には乏しくなりがちです。季節ごとの行事もできないことが多いものでした。
この年は柏餅も作ったのですが、タコは好きでなく...(悲)

補習校では、季節の行事を大切にしていただきました。
新年には、お餅つきにかるた大会、書初め。
鯉のぼりも作ったし、折り紙のかぶとやおひなさま。
七夕にはどこからか笹も調達されて、笹飾りも持って帰って来ました。
毎年の母の日に持ち帰った絵や日本語の手紙は、今でも宝物です。








b0108544_11250.jpg

しまじろう弁当
しまちゃん、大好きでしたね~ 今でもマペットは健在ですよ。








b0108544_121575.jpg

しんかんせん弁当
サンリオのキャラクター、しんかんせんのお弁当箱を買ったので、そのデザインをまね。
タコ、キュウリは苦手なので、緑はピーマンを素揚げしたものです。








b0108544_125622.jpg

笑うヒツジ弁当
「笑う牛のチーズ」が入ってますよね。 それをヒツジにしてみました。
渦巻き模様のパーパーカッターを買ったので、それを試したくて...
海苔を切るのが楽になりました。









b0108544_133534.jpg

眠るひつじ弁当
「笑うヒツジ」ではせっかくのくるくる角が見えなかったので、再度登場。

このでんぶ、タラを炒って紅こうじで色を付けた手作りです。
市販のでんぶは着色料が気になって...








b0108544_14148.jpg

ターキー弁当
日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、こちらでは感謝祭といえばターキー。
こちらは、お母さんたちに受けがよかったですね~








b0108544_143041.jpg

キリン弁当
私はこちらを結構気に入っています。
実はこの黄色いごはんはサフランの色。
パエリアを作ってお弁当にしたのです。 そう、キリンの黄色を出したくて...(笑)
具のエビ、ホタテ、イカ、ムール貝が入っているのもわかりますか~?


こうやって並べてみると、当時のことが思い出されます。
作る物楽しかったけど、やはり結構手間がかかりましたね~
タコは今もですけど、好き嫌いが多くて、使える素材が限られてしまいます。
そして、カニカマのような合成着色料を使用しているものや、冷凍食品はなるべく使いたくない、とデザインよりも
おかずの内容に四苦八苦でした。

2005年から2006年の古い画像でお恥ずかしいですが、懐かしのキャラ弁、いかがでしたでしょう?
まだまだありますので、機会があればまた記事にしてみたいと思っています。
[PR]
by Wingco | 2013-09-18 02:32 | お弁当 | Trackback | Comments(12)
柳瀬久美子さんのアイスクリーム ★補習校ソフトボール大会2013
b0108544_2365154.jpg

9月に入っても、まだまだ暑いヒューストン。 連日30℃を越える日が続いています。
アイスクリームの話題、まだ大丈夫ですよね? 季節外れになる前に、少し...

棚瀬久美子さんの「GELATO, ICE CREAM, SHERBET」という素敵な本。
題名の通り、ジェラート、アイスクリーム、シャーベット、カキ氷のシロップやフルーツを使ったソース、
それにアイスクリームを使ったアレンジデザートも紹介されています。
見ているだけで涼しくなれる(笑)、夏にはもってこいの本ですよ。

すっきりとした表紙に惹かれて、本屋さんで手に取ったのですが、本の中も素敵なデザインです。
特に写真がどれもきれいで、冷たそうで、本当においしそう~!
今回アイスの写真を撮ってみてわかったのですが、アイスはすぐに溶け出してしまうので、撮るのが難しいですね。


バニラアイスクリーム
まずは基本のバニラアイスから作ってみました。
牛乳と同量の生クリームを使うので、とてもなめらかでくどさのない、おいしいバニラアイスです。
ハーゲンダッツの「FIVE」という、5種類の材料しか使っていない、つまり添加物が入っていない、
というシリーズのバニラアイスと似ています。 甘さはもっと控えめ。
すっきりとシンプルなおいしさがよいのですが、FIVE、日本では売ってないかな?

アイスクリームメーカーでできたてを、待てずにすぐに食べてしまいたかったので、
写真でも少しゆるめで、ねっとりとした感じに見えますね。









b0108544_2373811.jpg

ニョロニョロ~(笑)

バニラアイス、とてもおいしかったけど、本の材料では、アイス好きなうちでは一回で食べきってしまう量だったので、
二回目は二倍量で、そしてアイスクリームメーカーできたアイスを容器に入れて、しっかりと冷凍庫で凍らせました。

しっかりと固まっている様子が写真にも表れていますよね。
そして、すっきりとした優しいおいしさなのも...









b0108544_2381793.jpg

あっさりバニラアイスクリーム
同じバニラアイスでも、卵黄を3個から2個に減らして、生クリームの量も半分に減らした、
あっさりとしたバニラアイスも紹介されています。

こちらの方が黄色が強くて、一見濃厚そうに見えるかもしれませんね。
実はこちら、おうち用なので、バニラビーンズではなく、バニラオイルを使ったのですが、
どどっと多めに入ってしまいました(笑)  その色が出てしまったようです。

やはりこちらの方があっさりしています。
食感も最初のほど滑らかさはなくて、しゃりしゃりとした感じ。
「あいすくりん」という、やはりこういうクリーム色をしたアイスが売っていましたよね?
かなり似ています。

こちらも好きですね~ 卵ジェラートといった感じです。
また、牛乳を使わないで、全部を生クリームにするともっとリッチなアイスになるそうです。
いろいろ試して、自分好みのバニラアイスを求めてみたいです。










b0108544_2384982.jpg

うちのアイスクリームメーカー、もう10数年使っています。
まだパン作りも、お菓子作りもしたことがなかった頃ですが、お店で見かけたこのマシーンに惹かれて、
つい買ってしまったのです。

思ったよりも簡単に、しかも売ってるのよりは美味しいアイスができてしまって感激でした。
「もしかして、アメリカでは売っていない日本風のイチゴショートや柔らかいパンだって作れてしまうのかな?」
思えば、このアイスクリームメーカーとの出会いが、私のベイキング好き生活の原点かもしれませんね。

このポットを冷凍庫で凍らせておかなくてはいけないので、場所も取りますし、
ヒューストンに来てからは全く使っていなかったのですが、やはり手作り、何も余計なものが入っていないアイスはおいしい!!
これからもどんどん活躍していただきましょう~









b0108544_23121129.jpg

チェリーリボンアイスクリーム
ただチェリーをアイスに混ぜただけではありませんよ。
チェリーをレモン汁、バニラ、キルシュでさっと煮て、コーンスターチでとろみをつけた、チェリーソースを作るのです。

このチェリーソースが美味しい~!
本ではダークチェリーの缶詰を指定していましたが、サワーチェリーのシロップ煮の瓶詰めを売っていたので、
それを使ってみました。
この瓶詰めのサワーチェリーが甘すぎずにおいしかったので、余計美味しいソースになったのでしょうね。

ただ、アイスに混ぜるソースとしては、もう少し甘さが強く感じる方がよかったかもしれません。
市販のチェリーリボンアイスとはかなり違ってチェリーの爽やかさが引き立つアイスです。

今もまだアメリカンチェリーは売っていますし、甘みが強くておいしいので、生を使ってソースを作っってみたいですね~








b0108544_23123579.jpg

そのままで十分においしかったのですが、ちょっと気分を変えて、うちでの定番、
なかしましほさんの豆乳シフォンと合わせてみました。

タコは生のチェリーが苦手なので、このアイスもどうかと思ったのですが、全く問題なし。
とても気に入ってくれました。
嫌いなのは味ではないのですね。 食感? 種? 
生も食べてくれるといいのですけど...好き嫌いをなくそう~という気が無くて、困ったものです。










b0108544_23133057.jpg

ピーチヨーグルトアイスクリーム
桃とヨーグルトは相性良いですよね。 酸味が効いた爽やかさ、夏にぴったり!
ピーチリキュールとバニラも入って、風味付け。 
冷たくて甘さが控えめだと、味の印象もぼやけがちになりそうですが、レモンの摩り下ろしも入って、
味を引き締めますし、色もほんのり黄色のようなオレンジのようになりました。

本当は白桃の缶詰を使った高級アイス(?)なのですが、それはこちらでは売っていない~
イエローピーチでもいいかな?と思ったのですが、こちらでもフレッシュなホワイトピーチは売っています。
それでコンポートを作り、使ってみました。

杉野さんレシピの上品なコンポート(次回の記事で...)もよい出来だったので、
アイスもシャーベットとアイスの中間のような、しゃりっとした食感の、
でも卵黄のコクも感じる、やはり上品なおいしさでした。








b0108544_23135280.jpg

星の形、きれいに出て嬉しい~
シリコンのこんな型があったのを思い出して、少し遊んでみました。
本当は焼き菓子用の型らしいのですが、一度使ったところ、シリコンのせいかきれいな焼き色が付かず、
使う機会がなかったものです。
処分しようと思ったこともあったのですが、思いとどまってよかった。

木のフォークを刺して、アイスキャンディー風にしてみたら、タコの反応も違います。
翌日も、「星まだある~?」と珍しく自分からリクエストしていました。
こういうところ、まだまだ子供ですね(笑)






☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆



b0108544_23445589.jpg

9月1日、日曜日のソフトボール大会から、あっという間に一週間経ってしまいました。
正式な名称「第23回 ヒューストンVSダラス 小中高生親善 ソフトボール大会」、と長いです。
同じテキサスにある2つの補習校の対戦ですが、片道4時間以上もかかるので、前日に一泊をするという、
一年に一度の大がかりな大会。

去年はダラスでの大会だったので旅行気分でのおでかけでしたが、今年はヒューストンでの開催。
受け入れ側の方が準備が大変です。
参加するのは補習校に通っている生徒ですが、運営は保護者なので、みな何かの係りについています。
うちは備品係、それも一昨年と同じく係りのリーダーも担当しなくてはなりませんでした。
一度リーダーになれば、次はもうしなくてもよいと聞いていたのに~

でも、役に立たないからやめてくださいと言われるよりは、微力でも必要と思われることを有難いと思わなくては...
事前の準備段階の方が、10倍大変でしたが、当日もテント、テーブル、野球用品などの荷物を会場まで運ぶことの他に、
全9試合ごとのスコアをつける、という仕事もありました。
お弁当、茶話会、写真、警備、など当日仕事のある係りは他にもあるので、人が足りなく、私達夫婦で4試合連続担当。

ダンボールの箱を利用した、手作りのスコアボードにも得点を記入する一方、
写真の右上に写っていますが、電光のスコアボードの操作もすることになったのです。










b0108544_981439.jpg

ずーっとこんなバックネット裏の小屋の中に缶詰になり、「今のボールはストライク? ボール?」、「何点入った?」
などと目を凝らしていたので、試合全体を楽しむ余裕もあまりなく...

タコは中学生男子の一軍、二軍両方の試合に出させていただいて、
一軍の試合では2打席ともヒットで5得点を挙げたと本人は言っていますが、
私はそうだったかな~という感じでよく覚えてません(笑) 
みんながよく打ったので15対4の大勝だったのです。
でも二軍の試合は1ヒットは打ったものの、もう一打席はチャンスでポップフライ...
そのせいでというわけではありませんが、9対3で負けてしまいました。









b0108544_23381995.jpg

女子の試合は少し余裕があったので、缶詰になっていた小屋から、ヒューストン側を撮ってみました。
やはりグランドのすぐそばで、みなさんと一緒に盛り上がって応援したかった~

実際に4試合ずっと缶詰になっていたのはダダだけだったのですが、
途中他の試合のスコアボードの様子や、本部の集計表への記入、備品の問い合わせ、
おまけにダダは飲み物やいろいろとリクエストも多く、あちらこちらに駆けずり回り...









b0108544_23285998.jpg

ソフトボールですが、アメリカ人の公式審判も頼んで本格的です。
試合前にこうやって選手が向かい合って整列、帽子を取ってのお辞儀って、日本的ですね。
アメリカの野球の試合では見たことありません。
一列に順番に並んで握手を交わすということはありましたが。

一番最後に行われる、メインの高校生男子の試合。
去年は接戦をヒューストンが制しましたが、今年は34対6という大差がついてしまいました。
次から次へとホームベースを踏まれるので、得点を間違えないように~それも相手の得点なので疲れも倍~(笑)

でも、そんな大差がつくほど力の差があったようには思えません。
ほんとに、こちらは良い当たりの打球がちょうど野手のいるとことに飛んで行き、あちらはなぜかいないところに飛んでいくような。
つきがなかったというか、相手の元気さに押されてしまったかな~という感じ。
ヒューストンチームは高校生が少ないこともあり、また普段も野球をやっている、お上手な中学生が
レギュラーの半分ほどを占めていたので、おとなしい印象。
元気なダラスの高校生相手に、雰囲気に呑まれてしまったのかもしれませんね。
午後の直射日光が強い中、点差が開いても、7回、最後までよくがんばりました!









b0108544_2348097.jpg

閉会式。 三年前、初めてこのダラス戦に参加して時は、コロラドから引っ越してきたばかりだったので、
こんなにたくさんの日本人がいるなんて~!
と驚いたものですが、4回目となると慣れてきたものです。

毎年楽しみな、両チームのTシャツですが、今年はライム対オレンジと夏のテキサスの太陽に負けない、
鮮やかな色の対決、なかなかよかったのでは?
一昨年は何と、ショッキングピンク対真紅(笑) 見ているだけで暑~くなる取り合わせでした。








b0108544_23443221.jpg

最後の盛り上がる試合に負けてしまったので、その後の片付けにも、うきうき気分とはいきませんでしたが、
怪我もなく、お天気にも恵まれて、無事に大会が終ったことに感謝!

そしてお役目からも解放されて、ヤッタ~!
というよりは、ぐったり...(笑)   
その後2日間、体中が痛くてダウンしてしまいました。
だめですね~ 日頃の運動不足がたたっています。

今回は、バックネット越しの写真ばかりになってしまいましたね。
なかなか写真を撮る余裕がなくて...すみません。
来年は、もっと楽しい様子を撮れるかな~?
[PR]
by Wingco | 2013-09-09 23:39 | お菓子 | Trackback | Comments(8)
パーベイクのピザ ~zopfのパンで夏休みランチ
b0108544_2310481.jpg

夏休みのランチ、何にしようか迷うことも多いですよね。
うちの場合はもっぱら麺類に頼ってしまいました。
そば、うどん、そうめん、ラーメン、冷やし中華、の繰り返し...はっきり言って、手抜きです(笑)
一応、タコには何がよいか聞くのですよ。
シンプルな麺類が好きなようで、助かります。

麺類でもパスタや焼きそばなどは、学校のある時にもお弁当に持たせることがあるので、
正式には、お弁当にはできない、「つゆのある麺類」が多かったのです。
普段だったら一人のお昼なので、残り物などで適当に済ませてしまうので、う~ん面倒...
なんて思ってしまうこともあります。 だめですね~
ちなみに、ダダには夏休みがないので、朝お弁当を作らなくてはいけないし、
夏休みは二重手間...ということもあるのですよ。

そんな時にお手軽なのが、やはりパンのランチです。
特にこちら「ツオップ 失敗しないパンづくり」に載っているパーベイクのピザは、
生地を半焼きの状態まで、一度にたくさん作っておけます。
冷凍しておいて、食べたい分だけ冷凍庫から取り出して、冷凍した生地のまま、具を乗せて焼くだけ。 
お手軽ですし、ピザはやっぱり焼きたてがおいしいですからね。
食べる分だけささっと焼くことができるのは、ありがたいです。









b0108544_2311914.jpg

モッツァレラと2色のプチトマト
下にはトマトソースを敷いてあります。
バジル、一枚はうっかり焼く前に乗せてしまい真っ黒に。 やはり焼いた後に乗せないと~ですね。
ちゃんとしたモッツァレラチーズを使ったので、ミルキーで甘い。
このシンプルな組み合わせだけで十分おいしかったのです。

チーズがとろ~りとしたところに、焼いて甘さが際立ったトマト、バジルの爽やかさ。 
赤、白、緑のイタリアンカラー(黄色も入ってますが)も鮮やか~








b0108544_23112942.jpg

ブルーチーズとじゃがいも
ゆでたジャガイモなので、そんなに薄くなくてもいいかな~と思いましたが、もう少し薄い方がよかったと食べて感じました。
ブルーチーズとの相性はとてもよくて、塩味がよく効いて、大人な風味。
なのでタコにはだめでしたが、私はもう一度試したいですね。 薄めの生地の方が合うかな。

もう一種類、牡蠣とカマンベール、ねぎの組み合わせにもとっても惹かれますが、
牡蠣の時期になるまでお預け...でしょうか。









b0108544_23114774.jpg

実は同時に二種類のパンを焼いたので、半焼きより、少し焼きすぎてしまったのです。
本当は、パーベイクの段階では、焼き色がつかないようにしないといけないのです。

手前がもう一種類のパン。 ちょっと粉ふりすぎですね。
パーカーハウスロールと言って、アメリカ生まれの形だそうです。
楕円形に広げた生地に溶かしバターを塗って、半分に折りたたんで焼きます。
周りのふちの部分を少し厚めに仕上げるのが、かっこよく焼きあがるコツだとか...









b0108544_23121275.jpg

バターを塗ってあるので、焼いた後でも、パカッと元のように開きます。
ここにいろいろな物をはさんで、ガブッと食べるのですね。









b0108544_23123615.jpg

タコの好きなヒレカツサンド。
カツにはつきものの千切りキャベツも、パンの片方が閉じているので、ぽろぽろこぼれずに食べやすいようです。

もちろんハンバーガーやオムレツバーガーにもいいですね。
現地校のお弁当は、ランチタイムが短くて、手早く食べられるものというリクエストでパン類を持たせることが多く、
普通のサンドイッチの他にもこのパンやドッグパンで、少しは変化を持たせています。
朝はいつもばたばたして余裕がなかったり、暗かったりで写真はなかなか取れないのですが、
今回はそんなパンたちを御紹介しています。









b0108544_23125985.jpg

こちらもお弁当パンの定番、フランキーボーイ
定番と言う割には、かっこよく焼きあがっていないのですが、
太いソーセージしかなくて、たて半分に切ったら、パンとのバランスが悪くなってしまいました。








b0108544_23181448.jpg

一見楕円形のパン生地にソーセージを乗せただけのようですが、
実際は、細長く延ばした生地を半分に折って、Uの形になった上に乗せているので、
ピタっと収まっているのです。

フランキーボーイはzopfの最初の本、「zopfのおうちパン テーブルロール」に載っています。
この本、残念ながら今は絶版らしいのですが、プロのパン屋さんのお惣菜パン、
成形パンもあれこれ紹介されていて、とても参考になっています。








b0108544_23183328.jpg

ハムロールもその本から。
こちらも成形がちょっと凝っていて、一つずつ、広げた生地にハムをのせてくるくる巻いて、
押して、たたんで、輪の部分に切り込みを入れて、そこそ広げて上にマヨコーンを乗せる...というもの。
言葉だけだと難しそうですね。

たっぷりのコーンにマヨネーズがとろりと、たまりませんね~
こういうお惣菜パンはアメリカで見ないし、私は大好きなので、自分のために時々作りたくなります。
本当はハム抜きで、代わりにチーズを入れたいところです。









b0108544_215053.jpg

あんこ食パン
こちらも自分のためのパン...でしょうか。
あんこ物も、もちろんこちらでは普通には売っていないので、食べたければ自分で作るしかない~のです。

このパンも成形に手間がかかります。
あんこをパン生地に折り込まなくてはいけないし、その生地を細長く切って、三つ編みにしたものを丸めて
食パン型に入れる...
デニッシュ食パンのような作り方ですね。
でもバターシートと違って、普通のあんこをパン生地に薄く伸ばすのは結構難しい~
あんこって固くてなめらかにはのびないのです。
それに一斤の食パンにあんこ300g! これはけっこうな量なのですよ。

もう少したくさんの層になって欲しい気もしますが、これが限界?
それでも角食パンらしくはなりましたし、食べればなかなかのもの。 
ふわふわなパン生地と、あんこの一体感がよい感じです。
あんぱんとはまた違ったおいしさですね。




 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  




b0108544_231938.jpg

来週の月曜日から、タコも高校生になります。
といっても、日本なら中学の二年生ですし、まだ全然しっかりしていないので、とてもそうは見えません...
と思っていましたが、夏休み明けの補習校や野球チームの練習など、最近あちこちで「背が伸びたね~」と言われます。
いつの間にかダダの背に並んで、超えてしまいました。
外でスポーツしているか~昼寝しているか~のどちらか、のような夏休みだったので、
「寝る子は育つ」の言葉を実証したのかもしれませんね。

中学校で卒業式がなかったように、高校にも入学式のようなきちっとしたセレモニーはありません。
在校生が新入生について校舎の中を案内する、Fish Campというイベントや、
ロッカーの番号や授業の時間割をもらいに行く、オリエンテーションのような日があるだけです。
学校初日は1時限目から7時限目までびっしり、いきなり授業が始まります。

画像は、新入生の親対象の説明会。
こういう学校関係の集まり、現地校では大抵夜にあります。
ですのでお父さんの姿も多く見られます。

校長先生も、仕切るカウンセラーの先生も、みなさんお話がおもしろい。
とにかく笑を取らなくては~という感じで引き付けるのはアメリカらしいですね。
内容は真面目なのですが、お笑いのおかげでお話がすっと入って来ます。

今時の高校生の特徴を一言で表すと、Digital Native
生まれたときから、周りにネット環境が備わっている世代。
忍耐強くない、一度に複数のことを同時にする(集中しにくい)、面と向かってコミュニケーションをとるのが苦手...
などのデメリットが目立つそうです。
なるほど~ タコにも思い当たることが多いですね。

この高校、建物も大きくて、人数も多いとは聞いていたのですが、実際の数字を聞いてびっくり~
全校で3636人だそうです。 9年生は825人
新興住宅地にあるので、毎年すごい勢いで生徒数が増えてきたそうです。
今年度から近くに新しい高校ができて、これでも少しは新入生が少なくなったのですよ。
最上級生の12年生は1000人以上。 

もしかして、アメリカで一番多かったりするのかな~と調べてみると、
数ある高校の中で、2桁には入る多さのようですが、上には上があるようで、一番の学校は8000人もいるそうですよ。







b0108544_23191911.jpg

8月に入って平日は毎日、夏休み返上でマーチングバンドの練習に励んでいます。
こんな駐車場のコンクリートの上で猛暑のなか、大変そうですね~
手前に数人座っている子がいますが、バンドとは関係ないそうで、練習時間はずーっと、
自分の出番ではないときにも、後ろで立って見ていないといけないそうです。
ランチの時間以外は立ちっ放しなので、毎日帰ってくると、足の裏や足首が痛い~と訴えています。
今まではスポーツでも音楽でも、アメリカの練習ってゆるいな~と思っていましたが、
ハイスクールになったら突然厳しい~! その違いに驚いています。

マンモス学校なので、バンドも大きくて300人もいるそうです。
マーチングにもトライアウトがあって、3割ほどの生徒は出られないとか。
バンド(吹奏楽部)は芸術系の授業なのに、マーチングは完全に運動系の内容ですね。
演奏の上手い下手ではなく、マーチングが上手くなかったり、体力がないと、出ることができない、というのも変な気がします。

中には、中学の時にとても演奏が上手でいつもファーストチェアだったのに、マーチングが嫌でバンドを取らない、
という生徒さんもいるそうです。  もったいないですね~
私から見るといつももっさりとしていて、機敏さのかけらもないタコですが、今のところは楽しいようです。
トライアウトにも受かってポジションをもらって...
バンドからすでに、新しい高校生活がスタートを切っているのですね。
この調子でこれからも、楽しく充実した4年間を過ごして欲しいと願っています。
[PR]
by Wingco | 2013-08-23 14:27 | パン | Trackback | Comments(14)
しほさんのいちごシフォン ★中学校卒業~♪
b0108544_273329.jpg

またまた少しご無沙汰してしまいました。 ごめんなさい。 
近況は後にして、まずはお菓子。
前回に引き続き、今回もなかしましほさんのお菓子ですが、季節が進んで、冬から春らしい感じのお菓子...
になっているでしょうか?


ミルクかんといちごマリネ
「おやつですよ」から、ミルクかんは牛乳を寒天で固めただけの簡単おやつです。
でも、合わせる苺には一手間、きび砂糖とバルサミコ酢でマリネしてあります。

ミルクかんはあっさりとして、するするっとした食感がよいのですが、甘みはコンデンスミルクのみ、
ほとんど甘みは感じないこともあり、タコには「豆腐みたい~」と言われてしまいました。
バルサミコ酢のマリネも、どんな感じなのかと楽しみでしたが、
確かに苺に甘みとコクが加わったものの、バルサミコのピリッとする感じやクセも気になりました。
見かけと違って、個性が強く、大人向けのデザートかもしれませんね。

このごろは桃が安くておいしい~
[PR]
by Wingco | 2013-06-26 16:31 | お菓子 | Trackback | Comments(16)
パーティーブレッド ~ホシノ酵母ホームベーカリーパン
b0108544_5394086.jpg

少し前の上田まり子さんのホシノ酵母パンの記事の最後に、”次回はこの本のまとめのおはなし...”と書きました。
まとめるにあたって、いつも本のベスト3を選ぶことにしているのですが、どれにしようかな~
とあれこれ迷ってまた作ってみたりして、パンの写真が増えてしまいました。
ちょっと御紹介...


キャラウェイ・ライ
タイトルと違いますが、この写真が好きなので、トップに持ってきてしまいました。
釜伸びがぐわ~んとすごい、それも片方だけ(笑)
何だかベレー帽を斜めにかぶっているようにも見えるこの形、このレシピだけではなく、
ライ麦が入った食パン、いつもこんな感じになるのが不思議です。

次回はきっと、本のまとめになるはず...
[PR]
by Wingco | 2013-04-09 06:45 | パン | Trackback | Comments(10)
ルミさんのケークサレ ★補習校中一修了~
b0108544_2353265.jpg

こんにちは♪
日本のニュースで見るような美しい桜は残念ながらありませんが、
芝生も随分と緑を取り戻し、うちのバラもたくさんの花を咲かせています。
すっかり春らしくなってきました。
先週は春休みとガレージセール、今週は同じ学区の日本人ママが集まっての情報交換会やボランティアなど...
気が付けば4月はもう目の前、今年も四分の一が終ってしまったのですよ、早いですね~
春と聞くと、気分もうきうきして来ますが、自分の誕生日が近いこともあり、
今年も何もできていないような、どんどん月日だけが流れていってしまうような...
あせる気もする季節でもあるのです。

ボランティアの集まりも、4月に行われるジャパン・フェスティバルへの準備のために頻繁にあり、
そのお菓子の写真も溜まってまっているのですが、とりあえず一回分...

ケークサレ、こんな感じでいいのかな?
[PR]
by Wingco | 2013-03-29 23:00 | お菓子 | Trackback | Comments(10)
レシピ本2012 ☆野球、秋シーズン終了
b0108544_21342039.jpg

10月の後半、用事があって、一人で日本に行って来ました。
水曜日から次の水曜日までの一週間、といっても往復に一日ずつ取られるし、’用事’にかなりの時間がかかり、
少ない自由な時間は、ほぼ買い物で終わり。
もっと日本の秋を楽しみたかったですね。 あっという間でした。

買い物といっても一人で三人分ですから、あちこち駆けずり回って、たくさん荷物を持って。
私にしてはよく歩きました。アメリカではどこに行くにも車ですからね。すっかり足もなまっています。
夜には足がパンパンになるし、豆もいくつもできてしまいまいsた。
日本で暮らしているとこんなによく歩くのですね、アメリカ生活ってやっぱり不健康。
日頃意識して運動するようにしないと...ってあらためて思いました。 

そして、今頃ですが、クオカって便利ですね!
今回は毎日電車によく乗ったのですが、切符を買う必要がないことの楽なこと!
地下鉄でも使えるとは知りませんでした。
あと、何だか、金髪とか紫とか、どきっとするような色に髪を染めている若者が目に付いたかな。


新しいレシピ本は7冊。
なかしましほさん、津田陽子さん、小嶋ルミさん、高橋雅子さん、志賀さん、とお馴染みの顔ぶれ。
もちろん、新しい方の本もたくさん並んでいて惹かれましたが、年のせいか、どうも冒険ができない...(笑)
でもビビアンさんの本は写真もきれいで、説明も詳しい感じ、ハード系のパンは多分焼かないのでは~
と思いながらも、つい買ってしまいました。

レシピ本、眺めるだけでも満足~
[PR]
by Wingco | 2012-11-25 10:18 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(6)
星条旗ケーキ ☆タコ13歳
b0108544_14443338.jpg
久しぶりに苺のショートケーキ。
独立記念日も近かったので(7月4日、かなり前ですね・汗)、アメリカ国旗を真似てみました。
なので星条旗ケーキ

こちらでは日本のように粒の揃った苺がきれいに並べて売られているのではなく、
大きいのも小さいのも、一緒に、ごろごろ~っとパックに入っています。
不恰好なのも多くて、きちっとは並べられませんでした。

おまけに、星型の口金~と思って搾り出したのに、見ると8個に分かれている菊型(?)であらあら....
口金を取り替えるのも面倒なので、そのまま...(笑) 
ブルーベリーの上の☆もありませんし、これでは星条旗になっていませんね。

それでも、「わぁ~、おもしろい~」と家族も喜んでくれたので、来年もまた、今度はきっちりと作ろう!

前のカメラが壊れて、新しいのを買うまでの間、ダダのコンデジだと何だか要領がつかめず...
写真はいまひとつかもしれませんが、おいしかったお菓子ばかりなので覚えておきたくて。
今回でコンデジの写真は全部出し終わりの予定です。 
すでに旅行の写真は新しいデジ一で撮ってますが、次回からは、パンもお菓子もデジ一で。
なのに見た目、違いなかったりして...(笑)

コンデジだとはっきり写りすぎるのかな。
[PR]
by Wingco | 2012-09-27 02:54 | お菓子 | Trackback | Comments(8)