タグ:子ども ( 58 ) タグの人気記事
zopfのバターロール ★補習校ソフト大会@ダラス
b0108544_3185865.jpg
ツオップの伊原シェフの本、「失敗しないパンづくり」の最初に載っているバターロールを作りました。
よく膨らんでくれたのはよかったのですが、成形に問題が...
しましまが左右対称に同じ幅でできていませんね。

バターロール、最後に作ったのはいつだったか覚えていないほど...
たま~にしか作らないのだから、上手くなるはずがありませんね。 また練習しないと。

半分には溶き卵を塗り、半分には粉をふりました。
本によると、粉をふったほうは食感が柔らかになるそうです。
なるほど、表面が柔らかですね。 でも粉っぽくなるし、溶き卵のほうが好みかな?

パンはコンデジでの写真です。
[PR]
by Wingco | 2012-09-19 09:14 | パン | Trackback | Comments(4)
フロリダ旅行記2 ~フレンチ・クォーター
b0108544_20595138.jpg

遅くなりましたが、夏のフロリダ旅行(というよりメキシコ湾岸旅行ですね、まだフロリダまで遠い~)記、二回目です。
一日目、ニューオリンズに着いて、夜にさらっとフレンチ・クォーターを歩いてみましたが、
翌日の午前にもまた出直しました。

街の中心にあるのは、この教会です。
教会の中も拝観できるとあったのですが、日曜の午前ですからね、ドアを開けるとミサの真っ最中。
静か~に退出しました。

新しいカメラで撮ったのですが、機能がよくわからず...
[PR]
by Wingco | 2012-09-08 00:41 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
フロリダ旅行記1 ~ニューオリンズの夜
b0108544_2216676.png

7月の21日から28日までの8日間、フロリダ方面に出かけました。
「フロリダ」と聞くと、フロリダ半島を思い浮かべますが、地図でよく見ると(見づらくてすみません)、
メキシコ湾に沿った部分も、結構西にのびています。

今回の旅行は、車でヒューストンから東に向かい、ルイジアナのニューオリンズで1泊、ミシシッピを通って、
アラバマのモービルではお友達のお宅に1泊、お友達夫婦と一緒にフロリダの西のリゾート地で4泊、
帰りはまたモービルで1泊後、ヒューストンまで700km以上あったと思うのですが、
途中2度の給油休憩のみ、かっ飛ばして半日で、何とか無事に帰ることができました。


出発したのは土曜日で、補習校のソフトボールの練習に参加した後、お昼に出発。
7月は補習校も夏休みなのですが、9月初めのダラス補習校との大会に備えて、午前中三時間練習がありました。
土曜日なのでヒューストンの中心も混まないかな~と気楽に考えていたところ、途中から超のろのろ~
そして「この先、工事のため通行止め」の標識。
仕方なく迂回路を通って、その先はスイスイでほっとしましたが、かなり時間をロスしました。

しかしルイジアナ州に入ると、みるみる黒い雲が広がり、雨が降ってきました。
それもかなりの激しさで、ワイパーを最速にしても視界ゼロな感じ。
前の車の赤いランプだけが頼りです。
路肩に車を止めて、様子をうかがっている車もちらほら...

今週も大きなハリケーンが接近しているそう...
[PR]
by Wingco | 2012-08-28 14:39 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
セレクトチームのワールドシリーズ
b0108544_117124.jpg
ワールドシリーズとは言っても、そういう名前の野球トーナメントなだけ、スゴイわけでは全くありません(笑)
それでも、今年の野球シーズンを締めくくる、一番大きなトーナメント。 5日間野球漬けになってました。
場所はBeaumontというテキサス州の東のはずれにある市。お隣はもうルイジアナです。

少年野球といえば、歴史のあるリトルリーグが一般的によく知られていますが、
リトルリーグには、主には選手を守るためなのでしょうけれど、いろいろと制約があり、
ハイスクールでの野球や、もちろんプロ野球とはルールも違います。
なので、もっと本格的に野球をやりたい子たちのためのリーグ、Nations、USSSA、などがあり、
通称セレクトチームと呼んでいるようです。

リトルリーグとの違いは、ピッチャーのホームベースまでの投げる距離が長い、ピッチャーの投球数の制限が少ない、
離塁可、ボークあり...などいろいろありますが、一番の違いは、リトルリーグは初心者でも誰でも参加でき、
シーズンが終わればチームも解散してしまいますが、セレクトチームはずっと続くチームで、
トライアウトを合格しないと入れないということです。

運良く、タコにも入れてくれるセレクトチームがあったので、今年は欲張ってリトルリーグとセレクトチームをかけもちしたのですが、リトルリーグは平日に二日、土日はセレクトリーグの試合。
週に4日も試合があり、もちろんその他の日には練習...かなり忙しい春でした。

セレクトチームの試合は普段、土曜日に予選の2試合、その結果によってシードが決まり、
日曜には勝ち続けると、優勝まで、続けて5試合することもあるそうです。
残念ながら、タコのチームは弱いので、優勝したことはありませんが。
シーズン最後のトーナメントは総まとめということで、予選3試合、決勝トーナメントは2敗するまで戦えます。
逆に言うと、優勝するまでは10試合も...遠~い道のりです。

イチローNY入りには驚きましたね。
[PR]
by Wingco | 2012-07-26 15:03 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
シニフィアン シニフィエの高加水パン★Honors Band
b0108544_541464.jpg
パンドミ
シンプルな、いわゆる基本の食パンですが、志賀さんのレシピは一味違います。
全く砂糖を使っていこともあり、粉の味が引き立ちます。
焼き色をつけるためにモルトは使っていますが、1グラムとわずか。
あっさりとしているのですが、味がないのとは違って、
控えめのバターと牛乳でも、逆に味わいを深く感じます。

「ホームベーカリーでつくる シニフィアン シニフィエの高加水パン&ドイツパン」
東京で人気のパン屋さん、シニフィアン シニフィエの志賀さんが、何とホームベーカリー用の本を~
ということで飛びついたのですが、「極み」を目指した志賀さんのレシピは、ホームベーカリーといえどもハードルが高い。

というのも、材料が細かくて、揃えるのが大変なのです。
例えば、このパンドミの粉だけでも、最強力粉、フランスパン用準強力粉、石臼挽き強力粉、と三種類。
それもグリストミルなど銘柄もカッコ書きで指定されています。

日本ならクオカさんなどで手に入るのでそうけれど、アメリカではそうもいきません。
最初の二つは何とかキングアーサーにありましたが、石臼挽きの粉というのは見つかりません。
普通のベイキングフラワーで代用しました。
そして水もコントレックス指定ですが、アメリカの水は硬水っぽいから、普通のミネラルウォーターでいいよね~
と志賀さんの「こだわり」に忠実には沿えませんでしたが、それでもいつもの食パンとは違う新鮮なおいしさのパンドミでした。

味わいの深さもですが、「高加水パン」とあるだけに水分の量が多く、そのとても柔らかくしっとりとした食感も独特です。
そして、ドライイーストの量も普通の半分ほどと少ないのです。
普通の自動コースで焼き上げるので、はたして膨らむのかな~と不安もありましたが、
ご覧のように、普通よりも高さは控えめでしたが、きれいにに焼きあがって、中も空気感のあるクラムでした。

初めて動画をアップしてみました。
[PR]
by Wingco | 2012-07-03 08:45 | パン | Trackback | Comments(4)
サン・マルコスのアウトレット・モール
b0108544_2253284.jpg
テキサスに来て初めて、アウトレットモールに行きました。
サン・マルコスという街のはずれにあるのですが、同じテキサスといっても、ハイウェイを飛ばして3時間強はかかるのです。
お友達から、「ここのアウトレットはお勧め! 一日では足りないくらいほどたくさんショップが入ってる。」
と聞いて楽しみにしていました。
しかし、着いたのは夜の7時過ぎ、閉店まであまり時間がありませんでした。

まず入ったのはクレイト&バレルでしたが、思ったよりもずっと狭くて、品物も限られています。
アウトドア用品などプラスチック物が多い印象、そしてクリスマスなどの季節物、家具...
さっと見て次はウィリアムズ・ソノマへ。

ソノマにもアウトレットがあったのですね~私は初めてだったので興味津々。
入り口を入ると、とにかく広い~!
同系列のポッタリー・バーンと一緒なので、家具など大型のものも多く、
倉庫というかホームセンターのように、品物が素っ気無く、ただたくさん並んでいました。

どうも雰囲気に弱い私は、そこで購買意欲を失ってしまったのですが、せっかく来たのだからと一通り見ると、
40%オフのコーナーにいつも買ってるオーブンミトン(厚手でしっかり)とハンドソープ(グレープフルーツが爽やか)発見。
それに、夏らしいテーブルクロス(柄は周囲だけのオフホワイト)、バンブーのカッティングボード。
こちらも定番、Harney&Sonsの紅茶は半額! 全種類買い込みました。 
(買い物嫌いな家族の、「え~ ワザワザ寄るの? 面倒~」という冷たい声にもめげずに)やっぱり来てよかった!

とこれだけでも満足でしたが、お友達に頼まれていたベラ・ブラッドリーのお店に急ぎました。
うちの御近所にも扱っているお店があるので、特に自分用には買おうと思っていなかったのですが...

また行くことがあるでしょうか...
[PR]
by Wingco | 2012-06-22 07:27 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(4)
黒練りごまの2層シフォン★リトルリーグMajors
b0108544_20385697.jpg
水色の器が夏の雰囲気ですね。
今のヒューストンにぴったりです。
5月に入っていきなり30℃を超え、そのままずっと、すでに夏の陽気が続いています。
前回の記事から一ヶ月が過ぎてしまいましたね。
5月中に一つ記事がアップできてよかった~

今回も集まりに持参したお菓子の覚書です。
そう、お菓子もパンもよく作ってはいたのですよ。 
更新はなまけてしまいましたけどね。
6月こそ、まめにがんばろう~(?)

リトルリーグも学校も終って、6月はのんびりできる...?
[PR]
by Wingco | 2012-05-31 08:26 | お菓子 | Trackback | Comments(12)
津田さんのスフレロール★補習校卒業式
b0108544_13354119.jpg

前回の記事では、レストランでの送別会でしたが、今回はおうちランチ送別会に持参したパンとお菓子です。

以下、三週間ほど前に書きながらアップできなかった記事、今だと変なとこもありますが、
変更してるとまた遅くなってしまうので、そのままです...すみません。


今年は雨の多いヒューストン。  この日も雨で、特に午前は部屋の中も暗く...
でも電気つけると赤っぽい色合いになってしまうし...とカメラの設定を明るめにしたら、
しすぎたようで、白くぼんやりした風合いになってしまいました。
おいしかっただけに、写りがいまひとつで残念~

入学式もありました。
[PR]
by Wingco | 2012-04-10 08:13 | お菓子 | Trackback | Comments(10)
レシピ本、ハンドミキサー★補習校授業参観
b0108544_2361810.jpg
日本に帰るたびにまとめ買いしたレシピ本を記録していました。最近のはこちら、「夏の新刊」
ブログをお休みしていたこともあって、二年前に帰国したときの分が抜けていました。
今頃になって遅すぎですが、今でもよく使う本もあります。
どれもよい本なので、紹介することにしました。
カテゴリの「雑貨」を久しぶりに使ってみたかった~ということもあったりしますが。

一番出番が多いのは、前回の記事もそうでしたがブランジュリ・タケウチさんの
「どこにもないホームベーカリーレシピ」。
さすが人気のパンやさんのレシピだけあって、どのパンもはずれがありません。
その後、ビゴさんや志賀さんの本も買って、そこからパンも作っていますが、
作りやすい(材料が揃いやすい)こともあり、まずはタケウチさんのパンを全部作ることが目標です。
そしてパンレシピだけではなく、それ以上に載っている、
パンを使ったアレンジ料理の数々も作るのが楽しみになっています。
いつものサンドイッチやトーストにジャムといった食べ方だけではなく、
パンの世界がぐんぐん広がっていくようです。

小嶋ルミさんの「おやつなお菓子」からもたくさんのお菓子を作っています。
ルミさんのお菓子は本格的でおいしいけど、手順が多く、気合を入れないと作れないような...
ということも多いのですが、こちらの本は少し肩の力を抜いたようなほっとする、
なるほど「おやつ」感覚のお菓子が多いのです。
ホットケーキ、マフィン、蒸しケーキ、ドーナツ、ショートブレッド、パンプディング...
気楽に作れるところが嬉しいですね。
もちろんルミさんらしく、どれも普通のおやつとはちょっと違う、一段上のおいしさです。

稲田多佳子さんの「和風の焼き菓子レシピ」も利用しています。
やはり和風のお菓子は海外では喜ばれることも多いですしね。
和風といっても、餡子、抹茶、おいも、きなこなど和の素材を使っているお菓子ということで、
和菓子とはまた違って、バターやクリームとの組み合わせがいいのです。
ただ、柚子や白餡、栗、大納言などこちらでは手に入りにくい材料もあるので、全部作るのは無理かもしれません。

高橋雅子さんの「少しのイーストでホームベーカリーレシピ」のパンも少しずつ作っています。
雅子さんらしい、ハードっぽいパン、お洒落な素材のパンもあり、こちらも作りたいものばかりなのですが、
天然酵母コースを使用しなくてはなりません。
7時間かかるので、作るタイミングが合わないこともしばしば...
別に、7時間ほっておけばいいのでは~と思われるかもしれませんが、
焼きあがったらすぐにケースから出さないと、あっという間にクラストが硬くなってしまいますし、
具があるパンだと、うちのMKのホームベーカリーは最初の予備のコネの後、3時間ほどしてから
本コネがあって、そこで具材を入れないといけないので、
夜寝る前にスタートすれば朝には焼きたてパンが~、とは単純にならない場合も多くて...

シフォンケーキの本も、プロの方(シフォンケーキのお店をなさっているそう)のレシピだけあって、
かぼちゃシフォンを作ったらとてもおいしかったのです。
もっと作りたいのですが、こちらも素材準備に面倒なものが多くて...
しほさんの普段感覚のシフォンとはまた違った、よそ行きによい感じ(見た目がお洒落)のシフォン。
気合が入った時に、作ってみようと思っています。

他の二冊からはまだ何も...
「おいしい手作り生活」はマンガもおもしろくて、読んではいます。
納豆やお味噌を手作りできたらいいな~とは思っているのですけどね。
なかなか気合が入りません(笑)

早く慣れないと...ハンドミキサー
[PR]
by Wingco | 2012-02-18 23:51 | 雑貨 | Trackback | Comments(10)
いちごジャムロール
b0108544_3121080.jpg
いちごジャムロール
これはなかなか上手く巻けたかな~と自分では思っています。
厚めのふわふわはしてるけど、弾力のあるしっかりとした生地で巻きやすかったのがよかったのでしょう。
でも厚めの生地にクリームたっぷり欲張ると、巻き終わりのところ、たいていクリームはみ出してしまいます。
今回もやっぱり...(笑)

なかしましほさんのシフォンケーキの本に載っている...のでシフォン生地そのままのロールケーキです。
本の最初に載っている基本のプレーンなシフォンケーキとほとんど同じ配合、作り方で、
シフォン型ではなく、天板に流して巻けばロールケーキになってしまうのね~とちょっと目からウロコ。
シフォンケーキは大好きなので、ロールケーキへの展開ができる、それもかなり好みの感じにできたのは嬉しい発見。

大げさですね。今までも多佳子さんのシフォン生地っぽいロールケーキもあったし、
考えればわかりそうなものなのですが、シフォンケーキそのままだと、柔らかすぎて巻けないのかと思っていました。
一つだけ、水分、この場合は豆乳を使っていますが、それはロールケーキのほうが少し量を減らしてあります。
それにより、安定した巻きやすい生地になるのでしょうね。

シフォンの作り方も三人三様...
[PR]
by Wingco | 2012-01-29 17:02 | お菓子 | Trackback | Comments(10)