タグ:焼き菓子 ( 28 ) タグの人気記事
イチゴとホワイトチョコのパウンドケーキ メイプルシフォン
b0108544_12095917.jpg

ワンプレートでの一人おやつの時間。
メイプルシフォンケーキは意外にあっさりいていたので、お砂糖なしのホイップクリームとメイプルシロップをたっぷり!
かけたつもりなのですが、はちみつと違ってすぐにシフォンに吸い込まれてしまって、情けないような見た目になってしまいました。

メイプルシロップ、いつもコストコの大きなのを、オーガニックですしお値段も手ごろなので使っていますが、
この瓶の形に惹かれて買ってしまいました。
でも甘~い! メイプルの風味はあまり感じないのに、甘さが強い。
お土産にいただいた小さい熊さんのも、やはり甘い。
すっきりした甘さのコストコのメイプルの方が好みでした。

キウィもコストコで、オーガニックのを最近売り出したのでよく買うのですが、
たまに全部熟れ熟れ状態の時があって、とてもすぐには食べきれないので、ジャムとシャーベットにしました。
どちらも美味しいですが、特にジャムはそれほど煮なくてもとろっとろになり、酸味が効いて、そのまま食べて止まらないほど気に入っています♪









b0108544_12362789.jpg

焼き上がりのケーキ。
バターシフォンは手外しできなそうなので、ナイフを使うのですが、今回は側面はまあ良い感じ。
でもいつも底がきれいにできなくて、遠くてぼやけてもらっています。

パウンドはドロワ型なのでこちらもどっしり、ボリュームがありますね。
若山曜子さんのレシピそのままの量ですが、ドロワ型を意識されたのかな? 普通のパウンド型だと入りきれないのでは。









b0108544_12274230.jpg

メイプルのシフォンケーキ

20センチなので断面もどっしり、でもきめ細やかでふわふわなバターを使ったシフォン。
以前作った時に、甘すぎると感じたので砂糖を40グラム減らしたのですが、減らし過ぎたかもしれません。
かなりあっさりした印象です。でも膨らみには支障なくてよかった!

メイプルシロップのほかにメイプルシュガーも使っているのですが、それほど風味を感じなくて、
今回もクラフトの集まりに持っていったのですが、みなさんもなかなか何のフレーバーのシフォンか正解がでませんでした。

水分になるのでシロップはあまり増やせないと思いますが、メイプルシュガーを増やせばよいのでしょうか。
でもお高いので贅沢にはなかなか使えませんね。









b0108544_12280317.jpg
イチゴとホワイトチョコのパウンドケーキ

苺は刻んだだけで、何も加工しないのであまり味を感じないのでは?と思いましたが、
サワークリームやレモンも使っているからでしょうか、爽やかでしっとり、とても美味しいパウンドでした。

もちろんホワイトチョコレートとの相性もぴったり!
実際の見た目はもっとピンクが美しかったのに、写真にはよく表れないのが残念~
春らしく可愛くて心が浮き浮きするようなケーキ、また作りたいです♪


一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ




[PR]
by Wingco | 2017-05-09 20:27 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
25cmハチミツレモンのバターシフォン ノルディックウェアのプチフラワー型



b0108544_01141122.jpg

ノルディックウェアのプチフラワー型は日本でも販売されているようですが、そのアルミの色とは少し違いますね。
こちらはゴールドタッチという特別な加工がしてあるもので、とても扱いやすくなっています。

今回はバターの多いフィナンシェを焼いたので、余計に型ばなれがよいのですが、
試しに、一番左側の列は型に何も下処理をせずに生地を流してみました。
それでもするっと気持ちよく~

オイルをスプレーしたものより焼き色が強いのはなぜでしょうね?
ココナッツファインとココナッツパウダーを加えた、小嶋ルミさんレシピのココナッツフィナンシェのせいか、
普通のフィナンシェより白っぽい焼きあがり。
今回はバターをしっかり焦がしたのですが、それでもです。


津田さんのバターを使ったシフォンの中でもお気に入り、ハチミツレモンのシフォンケーキですが、少しアレンジしてみました。
プレーンシフォンと砂糖の量は同じなのに、ハチミツも入っているので、少し甘さが強く感じていました。
砂糖の量を二割減らしてみました。 それでも膨らみはよくほっとしています。

レモンの風味をもっと出したいと思ったのですが、以前レモン汁の量を増やして、
そのせいかははっきりしないのですが、底上げをしたことがあったので、水分を増やすのは危険?
今回は以前「レモンのお菓子」で作ったレモンピ-ルを、こちらも自家製リモンチェロ(レモン酒)に漬け込んでだものを刻んで入れてみました。












b0108544_01143229.jpg

これは大正解!でした。
細かく刻んだこともあって断面の画像ではよく見えませんが、食感のよいアクセントにもなりますし、
やはりリキュールが入ると香りがよくなりますね。












b0108544_01144039.jpg

今度は大きな25cmの型で焼いてみました。
向かって左がその25cm型、隣が17cmです。
ずいぶん幅が違いますよね。高さはあまり違いませんが。

アメリカではこの25cmの型が普通、というより、それ以外はあまり売っていないのです。
爪が三箇所に出ていて、そのままひっくり返して冷まして置けるようになっているのですが、
今回は膨らみがよすぎて、この爪は全く役に立ちませんでした(笑)

バターシフォンなのに手はずししようとして側面ぼろぼろですが、とてもよい感じに焼き上がりました。
20cmの分量を二倍量で、うちにある一番大きなボウルで何とかできました。
作る過程は多くなってもそれほど大変ではありませんが、よくわからないのが焼き時間です。
卵11個を無駄にしたくなかったので、慎重に、長めに焼いてみました。
もともとハチミツが入ると焼き色が濃くなりますが、やはり焼き時間が長いと周りはかなり濃くなりますね。













b0108544_01145715.jpg

でも、中はとてもしっとりと、大きな気泡もなく、といって詰まった固い感じでもなく、
ふわふわ柔らかに美味しくできました。

断面も迫力がありますね~
葉書くらいの大きさがあるでしょうか。
お友達のお宅でのガレージセールのランチ用に焼きました。
12分割しましたが、一切れがかなりのボリュームになったので、さらに上下半分に切ってちょうどよい感じ。
24切れになりました♪














b0108544_05341241.jpg
先々週の金、土曜日と二日間、とってもよいお天気の下でのガレージセール。
日本ではガレージセールとは言っても、広い場所で多くはプロの方がお店を出しているらしいのですが、
こちらでは自宅の本当にガレージとその前を使って、家庭の不要になったものなどを並べる。
リサイクル目的が多くを占める感じなのです。

お客様もたくさん立ち寄ってくださり、ちょっとしたお店屋さんごっこのようで楽しかったです。
セールは午前中のみで、片付けてからのみなさんとの持ち寄りランチがまた楽しいのですけどね。

しかし、家に帰るととんでもない事態になっていました。
私のPCが突然全く動かなくなってしまったのです。
バックアップを取ったこともなかったので、写真もビデオも10年分くらいが無くなってしまいました。

すぐに新しいPCを買ってもらったのですが、そちらは古いPCと繋げて、
だめもとですが、リカバリーのプログラムを走らせています(現在まだ50%)。
大変なショックでしたし、不便なことこの上ない!
10日経って、やっとブログを更新できるようになりました~

みなさまもバックアップ、お忘れなく!!

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ









[PR]
by Wingco | 2017-03-08 06:00 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
お城のケーキ ラムプルーンとレーズンのココアバターケーキ
b0108544_05430524.jpg

先日の大きなシフォンケーキの成功に味を占めて、今度は久しぶりに砂のお城型でココアケーキを焼いてみました。
容量10カップ(アメリカは1カップ250cc)、最大奥行き24センチの、こちらもアメリカならではの大きな型です。
パウンドケーキ3本分でちょうどよい感じでした。

上の方は真ん中にたくさん空洞があるように見えますが...







b0108544_05352295.jpg

底は小さな穴が空いているだけです。下から見ると、四角いシフォンケーキのようですね。結構食べ応えもあります。
うちで友人達とのランチ会を開くことにしていたので、ちょうどよい機会とお城ケーキを焼いてみることにしたのです。
失敗してぼろぼろになっても、笑って食べていただけそうだったので。

もちろん保険に他の焼き菓子も作りましたよ。
同じく多佳子さんのレシピで紅茶とラズベリーのバターケーキ
最後にホワイトチョコレートでおめかしをするのですが、不器用なことがよ~くわかる残念な仕上がりになってしまいました。

こちらもお花のプティフール型のきれいな形が現われて嬉しかったココナッツのフィナンシェ
でもバターの焦がしが足りなかったようで、ほら、フィナンシェにしては焼き色が薄いですよね。味もぼんやり、反省しています。

お城のケーキはココアのみ使用でチョコレートは使っていないのですが、Sur La Table(キッチン用品店)で
ヴァローナの製菓用のチョコレートを数種類売っているのを発見!
嬉しくて並べてみました。
二つ結構大きさが違うのに、値段がそれほど変わらないのが不思議...









b0108544_05355558.jpg

雪の降らないヒューストン、一時は寒く感じる日もあったのですが、先週も20℃台が続いて、全く冬の風情というのを感じられません。
ケーキにだけでもと、雪を降らせてみました。
もっと旗とか立ててみればよかったのですが、いつも飾り気がなくてすみません。
ちなみに、今日の最高気温予想、何と30℃!! 息子は半袖で登校しました。 
でもご安心ください。明日は一気に10度下がるそうです。

気楽に作ったのもよかったのか、レシピもよかったのか、とてもきれいなお城ができて自分でもびっくり!
もちろんみなさまにも楽しんでいただきました。
最後まで、「もったいないから切らないで~」と言っていただきましたが、それも困るので、
最後は恒例みんなで食べ切れなかったお料理やお菓子をシェア。 喜んで持ち帰っていただきました。









b0108544_05362468.jpg

うっかり紅茶のケーキは断面の写真撮り忘れ、うち用に残したこちらだけです。
ラズベリーは緩めのジャムのようなソースにしてマーブル状に混ぜ込みます。
甘酸っぱさが軽めの紅茶ケーキのよいアクセントになりました。

ラムプルーンとレーズンのココアバターケーキ
バターケーキですが、作り方はスポンジケーキに似ているので、ふんわりと軽さがあり、
しかもアーモンドプードルとサワークリームも入っているのでしっとり、ほどよいコクもプラスされています。
そして去年からラム酒に漬けてあったレーズンとプラムがとってもよく合いました。

見た目だけではなく、食べてもとっても美味しくて嬉しい~♪












b0108544_05365058.jpg

おまけにもう一枚。 
お城のケーキ、こう上手く焼けることは、もうないかもしれないので...

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ



[PR]
by Wingco | 2017-02-09 02:33 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
アーモンドココアケーキ  焼き菓子8種の断面
b0108544_221564.jpg

恒例、パーティーの翌日はお楽しみの一人ブランチ♪

全部で10種類、作った物をじっくり味見します。
パーティーではお話やおもてなし、そしてゲストのみなさんのお料理を味わうので手一杯。
自分で作ったものまでは楽しむ余裕がありませんでした。いつものことですが。

それぞれの詳細については、前回の記事で...

まだ外は暑い日でしたので、まずは先日おみやげにいただいた「白桃の麦茶」を食事のお供に。
デザートには、いつものハーニー&サンズのお茶の中からきりっとした風味の、アールグレイ・インペリアル。
最後にはノン・カフェインのスパイス・プラム・ハーバル。
プラムの甘酸っぱさにシナモンの香りの加わった、お気に入りのフルーツティーです。色も鮮やか!










b0108544_21544716.jpg

多佳子さんのマフィン型のお菓子とパン。
どれも同じマフィン型で作ったとは思えないほど、それぞれに個性の違う美味しさでした。











b0108544_2155441.jpg

断面からはよりその個性がわかるのではないでしょうか?
(反面、誤魔化せない?・笑)

抹茶マフィンは中にたっぷりのクリームチーズと砂糖を混ぜてクリーム状にしたものが入っています。
ガトーショコラとフィナンシェはとてもしっとり~
シフォンのドライクランベリーの赤もきれいです。

キッシュはやはり大きな型では大きすぎたかもしれません。
それに皮が厚すぎたようですし、チキンの具もぎっしり詰めすぎですね。










b0108544_21551854.jpg

ということで、二回目のキッシュは普通のマフィン型で作ってみました。
それでも深さは結構ありますし、食べてもボリュームがあります。

最近時々、以前からのお友達のIさんのお宅に3人集まってあることを教えていただいているのですが、
その時のランチ用に持参しました。

トマトとモッツァレラのキッシュ風、こちらでも大好評でした。
チーズのとろとろとトマトの甘味が何とも言えない美味しさ!

ハムロール、イースト少な目、冷蔵発酵、オリーブ油のあっさりパンです。ハムマヨとシンプル。

実はもう一種類アイスも持って行きましたし、他の方の水羊羹もあったので、
このココアケーキはその時には食べる余裕がなかったのですが、後で食べたらこれがとっても好みでした。











b0108544_22481490.jpg

アーモンドココアケーキ
卵白のみ使用、ココアだけでチョコレートは入れないのでお手軽にできそうと作ってみました。
薄力粉以上にアーモンドパウダーも入り、ココア味のフィナンシェのような風味でもあります。

でも卵白はメレンゲにして加えるので、ふわっと軽い食感であっさりとした美味しさ
ラム酒の香りもよくて、それほどチョコが得意でない私には、濃厚なガトーショコラよりもこちらの方が好みかもしれません。

よく膨らむというので、このお気に入り、高さのあるペーパーカップも使うことができました♪










b0108544_2213482.jpg

こちらも断面を。
ココアケーキがよく膨らんでいるのがわかりますね。

ハムロールはこのぐるぐる成形よりも、手間はかかりますが、いつもの平たいハムコーンパンの成形の方が食べやすいかな?
キッシュは皮も薄くなり、こちらの方がフィリングとの一体感があってよかったです。










b0108544_21553570.jpg

前回のポットラックパーティーでは嬉しい事に、みなさんから日本のお土産までたくさん頂いてしまいました♪

茅乃舎のだしは以前から愛用していますが、この「極みだし」というのは初めて。
美味しいほうじ茶は、こちらではなかなか手に入らないのでありがたいです。作りたかったお菓子も丁度ありましたし。
黒胡椒は、小さいパックが使い易いですね。かわいい和のポーチに入っていました。
和三盆のポルポローネ、名前からして美味しそうですが、口溶けの良さ、抹茶の味がしっかりと甘さ控えめの美味しさ!
日本のお菓子ならではですね~ これはまねしたくても作れないでしょう。










b0108544_2211469.jpg

フルーツグミ? ゼリーでしょうか? 甘さ控えめ、自然なフルーツの味がしっかりと感じでとても美味しかったのです。
これ全部、形も味も違うのですよ~ たくさんの種類ですね~
買っても食べたいと、いただいた方にお聞きしたのですが、やはり他の方にどっさり頂いた物をおすそ分けしてくださったので、
どこのものかは判らないそうです。

どなたか、御存知の方がいらしたら教えてください!!

みなさま、貴重な日本の美味しい物をありがとうございます!
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-10-14 23:37 | お菓子 | Trackback | Comments(6)
若山曜子さんのピーチメルバ、レモンババロア マフィン型で焼き菓子5種
b0108544_134398.jpg

前回の、お気軽ポットラックの続き、こちらはデザート編です。

まだまだ暑かったのでひえひえアイスデザートにぷるんとババロア&ゼリー、そしてささっと作れるマフィン型のお菓子5種類。










b0108544_1343178.jpg

ピーチメルバ
ホワイトピーチのコンポートをお菓子に使いたいと思っていたところ、このレシピに出会いました。
本当は白桃の缶詰を使うのですが、残念ながらこちらでは売っていません。

コンポートを作る時に皮も入れたので、かなりピンク色が濃くなってしまいました。
そしてこうやってアップにすると、色が黒っぽくなってしまった部分が目立ってしまいますね。
熟れるのを待っていたら、柔らかくなりすぎた部分が変色してしまいました。

上に散らしたラズベリーの赤で、少しは隠すことができたでしょうか...










b0108544_135251.jpg

底にはラズベリーソースを敷き詰め(種を漉すのが少し手間)、真っ白で美しいのははちみつヨーグルトアイス。
水切りしたヨーグルトを使うので酸味は除かれています。
爽やかだけれど、ヨーグルトアイスと言って想像するよりマイルドな味わいです。
ラズベリーソースと一緒でも酸っぱすぎるということはありません。 大変に美味しい組み合わせです。

若山曜子さんのお菓子は美味しい上に、見た目も、作り過ぎていない華やかさが素敵です♪










b0108544_1352216.jpg

レモンババロア&プラムのゼリー
先日も作って大変に美味しかった組み合わせでふたたび。
曜子さんのレモンババロアはレモン汁は入れずに、牛乳に入れたレモンの皮の香りでレモンを表現。
なのでレモンのよい香りですが、酸っぱくはありません。

その分、プラムのコンポートは酸味が効いていますし、そのコンポート液で作ったアガーのゼリーにはレモン汁も加えています。
色もきれいですし、ババロアのまったり感を爽やかにしてくれます。
こちらは小嶋ルミさんのレシピ。
ゼリーって適当に作ったりもしますが、レシピの分量できっちり作ると味が決まりますね。 やっぱり美味しい~♪

ランチも食べたすぐ後で、私には美味しくても奥の小さいサイズでちょうどよかったのですが、
若いみなさま、結構大きなこのグラスでも、きれいにたいらげてくださいました♪










b0108544_1362327.jpg

さすがに焼き菓子まで全部は入らない~ でも一通り食べてみたい~
ということで、一つを4等分して全種類食べてみました♪


クランベリーのシフォン
細かいドライクランベリーが甘酸っぱくてよいアクセントになっています。
大きく普通に焼いた方が、ふわふわ柔らかい中の部分が多くて、私は好きです。

でも焼きたてを食べられるのはいいですね~
焼きたてはスフレのようにとっても膨らんで、あつあつほわほわの美味しさは格別です!


ガトーショコラ
外はほろほろ、持っただけで崩れそうな柔らかさに中はしっとり。
多佳子さんのガトーショコラはチョコの主張も甘さも程よくて、とっても好みです。
小さく焼いても美味しさに変わりはありませんね♪


抹茶+クリームチーズ
抹茶生地はグレープシード油使用なのであっさり、抹茶の風味が引き立ちます。
中に隠れているのは真っ白なクリームチーズ、色の対比も美しい。
クリチは砂糖で練ってあるので、しょっぱいということはありません。味もよく合っていると思います。


フィナンシェ
バターを焦がさないで使うので、ミルキーでコクのあるマドレーヌのような感じです。
もちろんアーモンドプードルでしっとり。 甘さ控えめなので、焦がしていなくてもバターくどい感じはしません。
深い味わいではないかもしれませんが、かえってあっさりとして私は好きです。


黒糖+バナナ
これもよくある組み合わせですが、全部黒糖だとかなり濃い味ですね。
私には半分グラニュー糖程度が好みかもしれません。
バナナはスライスではなく、長めに切ったのをざくざく差し込むので、存在感があっていいですね♪










b0108544_1364160.jpg

同じマフィン型(キッシュ風2種のみジャンボマフィン型)を使っても、いろいろ違った焼き菓子になるものですね。
稲田多佳子さんのマフィン型で作るお菓子、作りやすくて美味しい物ばかり。 
すっかりはまっています♪




↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-10-08 15:03 | お菓子 | Trackback | Comments(10)
マスカルポーネのなめらかプリン チーズスティックサブレ
b0108544_853662.jpg

前回の続き、作ったお菓子8種類を一つずつ。
お茶会翌日の恒例、ひとりおやつの時間です。

・ティラミス風ロール
・オレオ台のプレーンレアチーズケーキ
・ポピーシードとレモンのスフレチーズケーキ
・ヨーグルトケーキ

については、前回触れましたね。 










b0108544_86108.jpg

シンプルな焼き菓子はこちらにまとめて...

ミルキーマドレーヌ
ラム酒、はちみつ、コンデンスミルク、アーモンドパウダー、といろいろな材料を少しずつ使った多佳子さんらしいお菓子。
マドレーヌはとてもシンプルな焼き菓子ですが、それだけに、本当に美味しいマドレーヌというのは難しいような気がします。
市販のマドレーヌでも自分で作った物でも、そこそこは美味しくはあっても、これぞ理想的!
と思えるのにはまだ出合っていないような...

そんな中でも、このミルキーマドレーヌは一番のお気に入りで、今までにも何度か作っています。
いろいろな材料を使っていても、決してうるさくはならず、バランスも控えめな甘さもちょうどよい、美味しいマドレーヌです。


ジャムのせクッキー
アーモンドプードルではなく、スライスアーモンドを使っています。フープロでの生地作り。
手で丸めるラフな形、真ん中の凹ませたところにジャムを乗せていただくのも楽しい♪

ブルーベリー、イチゴ、ラズベリー、アプリコットの手作りジャムももちろん美味しい~!
だた、市販のよりはフレッシュさを大事に、ゆるめに作ってありますので、乗せたらすぐに頂かないと。
水分がジャムに染みて、しなしなクッキーになってしまいます(笑)


チーズスティックサブレ
こちらもお気に入りのお菓子。 
特にチーズ味の塩気の効いたお菓子は男性にも好評! うちの家族も喜びます。

生地にはたっぷりのチェダーチーズ、なのにさくさく、そしてしっとり。
上にはパルメザンと黒こしょうをたっぷり振りかけて。
甘いお菓子が続く中に、こういう塩味のお菓子は嬉しいですね。 
ワインにもぴったり♪









b0108544_21341921.jpg

マスカルポーネのなめらかプリン
名前の通り、マスカルポーネを使ったなめらかなプリン。
卵は卵黄だけでコクのある味ですが、クリームブリュレほど濃厚ではなく、とろっとなめらかな美味しいプリンです。

カスタードプリンは昔ながらのしっかりめのプリンが好みですが、このプリンはまた違った雰囲気で気に入っています。
フレッシュなオレンジを使ったオレンジカラメルソースも、酸味と苦味が良く合って、
グランマニエの香りが一層美味しさを引き立てているようです。









b0108544_865863.jpg

お茶会はばたばたとして、途中の写真を何も撮れませんでした。
テーブルを飾ったお花を、最後に...


ご覧くださりありがとうございます♪
↓一日一回、クリックの方もありがとうございます☆
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-09-20 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(7)
いちごシフォン さつまいものフィナンシェ 塩レモン
b0108544_373788.jpg

20cmと17cmトールシフォン、こうやって並べてみると、大きさの違いがよくわかります。
高さは同じですが、トールシフォンはかなりスリムですね。

私は慣れているせいか、20cmのほうがふわふわな部分が多くて好きなのですが、
一切れのボリュームがありすぎるかも...
トールシフォンの方が細長くて、食べやすい大きさなのかもしれませんね。

シフォン2切れにフィナンシェまで。
ここは生クリームを添えるところですが、朝の気分はさっぱりと、甘さのない自家製カスピ海ヨーグルトでした。










b0108544_38368.jpg

さつまいものフィナンシェ
そう、形はミニパウンドですが、フィナンシェなのですよ。
小嶋ルミさんの、「おいしい生地」より。 最近またこのバイブル的な本を見直しています。
乗っているお菓子の半分ほどは作ったことがあったのですが、まだまだ作ってみたいお菓子が残っていました。
作ったことがあるお菓子も、どれももう一度作ってみたいと思いながら、そのままに...










b0108544_382644.jpg

ぷく~っと膨らんだところもパウンドケーキのようですね。
バターの焦がしは控えめに。 
上にはたっぷりの白と黒の胡麻、そしてバターソテーしたさつまいもを乗せました。

さつまいもを、生地に混ぜ込むのではなく、上に乗せるのですね。
そのさつまいも、バターソテーはするものの、それほど柔らかくしなくてよいということです。
食べてみると、なるほど、その微妙なさうまいもの食感がしっとりとしたフィナンシェのよいアクセントになります。
もちろん胡麻のぷちぷちも。

ぎっしり、乗せすぎ~見えるごまも...










b0108544_384256.jpg

一切れになるとほどよい感じ。
さつまいももっと乗せてもよかったかな?と思いましたが、その程度に抑えたほうが
フィナンシェの美味しさが引き立つのかもしれませんね。

もう少しくどい感じになるのかと思いましたが。甘さもそれほど強く感じず、ちょうどよい美味しさでした。
作った当日食べたより、冷蔵庫で数日寝かせた方が、甘さも落ち着いて、よりしっとり、美味しくなりますね。


おばあちゃんのいちごシフォン
なかしましほさんのレシピです。
ですから、きび砂糖のあっさりめのシフォン生地。
そこに、自家製セミドライいちごの甘酸っぱさが加わって、爽やかな春らしい美味しいシフォンになりました。

セミドライいちごは、スライスしたいちごを低温のオーブンでしばらく入れるだけで作ることができます。

以前いちごとヨーグルトのシフォンを作った時に、ヨーグルトで爽やかさは補えましたが、
やはりいちごは果物そのものの味わいがそれほど強くないので、シフォンに入れちょっといちごの印象が弱いかな~
と思ってしまいました。

セミドライいちごにすると、いちごの味と甘さが凝縮されて、そのまま食べても美味しいですし、
シフォンに入れれば、いちごの風味をしっかりと感じるシフォンになります。

ただ、二回目ということもあってちょっと油断が...(笑)
セミドライいちごを作ってからシフォンを作るまでしばらく間が空いてしまい、
いちごから水分が出てしまったようです。
そしてもっと細かく刻まなくてはいけなかったのに、大きくなってしまい、いちごの周りに穴が空いてしまった部分が...










b0108544_317083.jpg

ゆで小豆のシフォンケーキ
こちらは津田さんのバターシフォン。
とらも黄身の色が濃いたまごでしたので、シフォンも
以前作った時に、缶詰のゆで小豆は結構甘いので、コクのあるバターシフォンですから、
全体に甘さが強すぎるかな?という印象がありました。

今回も、シフォンにしてはしっかりとした味でしたが、それほどくどくはないし、小豆カステラのようで、
特に冷蔵庫で冷やしてもふわふわで、より美味しく感じました。


三種のケーキをざざっと詰めて、それと、先日作って美味しかったタピオカミルク餅
もまた作って、お友達のお宅へ...










b0108544_39119.jpg

私の作ったお菓子たちと、ホストのMさんが作ってくださった、シャンパンのしゅわしゅわフルーツゼリー。
素敵な器にテキトーに盛りつけたのは...私(笑)

ファイヤーキングのアンティーク。 
白い色にプレートもティーカップも四角というのが珍しいですね。
Mさんもお気に入りだそうです♪

タピオカミルク餅用に出してくださったのは、ロイヤル・コペンハーゲンのミニミニなお皿。
フルレースでこんなに小さいお皿、初めて見ました。  かわいい~!









b0108544_392639.jpg

順番が逆ですが、デザートの前にはこれまた素敵で美味しいお料理が並びました。
サーモンのポキ丼、クロワッサンのキッシュ、サテ、クリームチーズ揚げワンタン、クレソンのサラダ、
たくわんとかにかまのサラダ、お豆のサラダ。
この他にも、お豆腐の白和え風なお通し、アスパラベーコン、チーズ盛り合わせなどなど...ご馳走様でした!









b0108544_3163420.jpg

お庭はレモンの木があり、た~くさんのかわいいレモンが実をつけていました。
食べきれないから~といただいてきたレモンで、さっそく念願だったレモン塩を作りました。









b0108544_3161528.jpg

いただいたレモン、ぽちっと出た部分がかわいいな~とそのまま飾っておいたのですが、
二日目に気がつけば、くろいぽちぽちが~!
かびとかではなく、ちょっと変色しただけなので、問題はなさそう、と慌ててレモン塩にしました。

これも防腐剤とか農薬など使っていない、自然のままのレモンだからのことなのでしょうね。
貴重なレモンをありがとうございます!



熊本地震の被害についてはこちらでも報道されています。
早く余震が収まってほしいと願っているのですが、今もまだ大きな余震が続いているようです。
被害にあわれたみなさまがどんなにお困りか、
いつになったらみなさんが安心して普通の生活に戻れるのかと思うと、胸が痛みます。

こちらヒューストンでも、昨夜からのひどい雷雨が今も続いており、浸水する家屋や、道路にも水が溜まり、
あちらこちらで通行止めになっています。
ほとんどの学校もお休みになってしまいました。 なるべく家から出ないようにとのことです。
昨日通った交差点が水で溢れて、車が浮いている映像もありました。
熊本地震には比べようもない、小さな災害ですが、それでも不安に思います。

どうか早く余震がおさまり、被害がこれ以上大きくなりませんように...

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-04-18 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
かぼちゃのシフォン あんずのフィナンシェ キャベツとかつおぶしのおやき
b0108544_0261816.jpg

今週は一週間学校が春休み...ということもあって、先週の金曜日の夜からフロリダに出かけていました。
急に決まった旅行でしたので、ホテルの予約も前日、ばたばた~っと準備をしていたので、
ほぼ書きあがっていたこの記事も、もう少しだったのですが、更新出来ずに出かけてしまいました。

日曜日からは、早くも夏時間が始まり、一気に春がやってきた雰囲気です。
ちなみに、夏時間のことをアメリカではDaylight saving timeと呼びます。
本当に、一時間ですが日の入りが遅くなり、7時でも明るいと、何となく得をしたような気分になりますね。

今回のお茶もお菓子も、写真からもおわかりでしょうが、まだ冬のイメージです。
いつも季節遅れになってしまって...
お許しくださいね。










b0108544_027179.jpg

今回のHarney&Sonsのお茶はWinter White Earl Grey
そう、冬にぴったりのお茶だったのです。
水色の缶もすっきりと素敵です。

茶葉の色も薄くて、黒や茶というより、シルバーや緑がかっています。
白茶をベースにしているので、お茶の味わいは軽いのですが、ベルガモットがとても効いていて、
缶を空けると、キューンと鋭い香り。
冬の寒い朝にぴったりの、目の覚めるようなシャープなお茶です。
味というよりも香りを楽しむ印象です。










b0108544_0271771.jpg

パン二種類とシフォンとフィナンシェ、最初全部お皿に乗せてみると、ちょっとボリュームありすぎ?

かと最初の写真のように半分にしてみたのですが、結局美味しくて、こちら全部を平らげてしまいました(笑)










b0108544_634819.jpg

かぼちゃのシフォン
小沢さんのレシピはどれも美味しいですが、特にこのかぼちゃシフォンは大のお気に入りです。
生地にもマッシュしたかぼちゃが入っていて、自然なかぼちゃの甘い風味に、よりしっとりとした食感がたまりません!

繊細なシフォン生地に具を入れるのは、沈まないか、大きな穴があかないか、心配になります。
今回は特に、かぼちゃは重さもありますし、少し大きめにも切ったので、自分ではちょっとチャレンジ気分でした。
よい感じにかぼちゃが散らばり、理想的な断面になったことでも喜んでいます♪











b0108544_055572.jpg

相変わらず雑な型出しですが、一応、全体像も...











b0108544_0544537.jpg

この前のアイスクリーム作りで卵白が余りましたので、消費のために、
あんずのフィナンシェ
小嶋ルミさんの「おいしい生地」から、久しぶりのお菓子です。

ルミさんの普通のフィナンシェとは少し作り方が違い、バターの焦がし具合も浅めに、
淡白は軽くホイップさせて、ふわっとした生地に仕上げたいとのことです。

見た目もフィナンシェというより、マドレーヌに近くはないですか?
少しバターの焦がし具合が足りなかったかもしれませんね。
食べてもマドレーヌとフィナンシェの中間といった印象です。

アーモンドパウダーが入ってしっとりとしたフィナンシェなことには変わりないのですが、
少し軽さがあり、特にアプリコットの甘酸っぱさがバターの重たさを和らげてくれます。
アプリコットが入ることで、単調さがなくなり、これは「厚みのある型で」というのも納得です。
三種類の型を使いましたが、10センチのタルト型で大きく作ったのが一番合っていると感じました。











b0108544_0273138.jpg

キャベツとかつおぶしのおやき
千切りキャベツの塩もみにかつおぶしをたくさんまぶしただけ、と本当に簡単な具です。
ちぎった梅干を入れるのが味の決め手ですね。

あっさりしていますが、これは私の好みの味です。 パンにも意外に良く合いました。
おやきの焼き方、今回はつぶれすぎずに、パンもふっくらと焼きあがったのも嬉しい~♪


高菜とクリームチーズのプチパン
本当は普通の丸パンなのですが、おやきと一緒に焼いたので、こちらもおやき風に少し潰れてしまいましたね。

高菜漬けだけでは塩辛さが際立ってパンにはどうかな?、と思いますが、クリームチーズでまろやかになりました。
あまり漬物は好まないので、今度作る時は高菜少しにクリームチーズたっぷりにしたい感じです。










b0108544_12926.jpg

今回の組み合わせ、いつものクラフトの会でのランチのために作りました。
朝9時すぎには家を出なくてはならないので、いつも朝はどたばたしてしまいます。
お菓子は両方共前の日に作っておけるものですし、パンも冷蔵庫でのゆっくり発酵なので、朝は成形から焼き上げるまで。
いつもよりは余裕があったでしょうか...

思ったとおりに事が進むと、嬉しいものですね!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-03-17 22:05 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
ルミさんのバニラムース ヘーゼルナッツフィナンシェ
b0108544_8585082.jpg


巨峰のバニラムース


小嶋ルミのフルーツのお菓子: 季節のジャムとコンポート、ケーキなど86品

小嶋 ルミ / 柴田書店




ババロアでもゼリーでもパンナコッタでもブラマンジェでもなく...ムースです。
ムースを大きく作るのは初めて。 
しかも型出しするなんて、ほわんほわんなムースがきちっと形を保っているのか不安でした。

それに卵を10個使っています。
本でもこの型、ブロンズ型というのですね、同じ型を持っていたので、これは作るしかないと思っていたのですが、
何となく、アメリカの型ですし、少し大きめでしたので、二倍量で作ってみたところ、卵黄の量は10個必要になりました。
ルミさんのレシピですので、卵も何個~ではなく、きっちり卵黄xxgですからね。









b0108544_8592129.jpg

やっぱりやってしまいました。  下の一部分型からきれいに剥がれず。
フルーツで何とかごまかし...きれていませんね(笑)

実は型出しの前に、作る途中で失敗しています。
弱火にかけて、とろみをつけるところがあるのですが、
ちょうどオーブンに入れていたジェノワーズが焼きあがったりして、そちらに気をとられているうちに、
ふと見ると、底がスクランブルエッグ状態に!(泣)

作り直そうかとも一瞬思いましたが、卵10個を無駄にするのも悲しいので、とりあえず続行。
漉したりもしたので、何とかそれらしいムースに固まって、一安心。
こちらの記事の時の、”パーティーにお持ちしたもう一品”とはこのバニラムースのことでした。

以前のお話のことですみません。
(おまけにお天気の悪い日+夜からのパーティーで仕上がったときはお外は暗く、写りが...)
もう一度きちんと作ってみてから比較したかったのですが、そのままになってしまいました。








b0108544_90352.jpg

見えるでしょうか、バニラビーンズの黒いつぶつぶ。
やはりカスタード系のお菓子には本物のバニラビーンズが欠かせませんね。
バニラオイルとは味も香りも違います。

ルミさんのムースはメレンゲを全く加えず、卵黄をしっかりホイップすることと生クリームで柔らかな食感を出します。
本当に、ほわんほわんでまったりとした食感が面白い。
味は結構リッチで、本ではバニラアイスクリームのようよありましたが、私にはシュークリームの中のクリーム
そのものの味という印象でした。

ですので、たくさんのフルーツと一緒に頂くのがとても美味しい!
外からは見えませんが、中にもぶどうが入っています。
日本の巨峰とは違うかもしれませんが、大きくて甘くて、美味しいぶどうでした。










b0108544_9364815.jpg

フィナンシェ

卵白が余ればフィナンシェかチュイーユ...他に何かありませんか?
こちらもルミさんレシピです。 スリムオーバル型を使ってみました。

奥にも2つ写っていますが、うちのフィナンシェ型は薄いので不満でした。
やはりオーバル型のほうがよい感じに焼きあがっていますね。
比較にバトータルト型も使ってみましたが、ふちが薄い分、焦げ気味です。








b0108544_9371023.jpg

裏の中心部分だけが焦げる感じも、何だかかわいい。

と型には満足したのですが、実はこれまた少し失敗。
バターの焦がし具合が足りなかったようです。 
足りないと、バターのくどさが出てしまうようですし、より甘く感じました。
そして焼き時間も足りなかったようです。
何度も作っているフィナンシェなのに...だめですね~ 









b0108544_9372989.jpg

ヘーゼルナッツフィナンシェ

まだ卵白は残っていましたので、挽回にもう一度、今度はヘーゼルナッツフラワーを使ったフィナンシェを作りました。
久しぶり、ルミさんの「おいしい生地」からのお菓子です。

今度はよい感じに焼きあがりました。
写真も何となく上手く...というか美味しそうに撮れている、と私には見えてしまいます。









b0108544_93749100.jpg

皮付きのヘーゼルナッツフラワーですので、より強くヘーゼルナッツの風味を感じます。
ヘーゼルナッツの入ったチョコレートとか、ヌッテラもそうですよね、ヘーゼルナッツは大好きです
なかなかフィナンシェとの相性もよい!

発酵バターと普通のバターを半々に使っていますし、
ベーゼルナッツパウダーだけでは風味が強すぎるということで、アーモンドパウダーも入っています。

ルミさんらしいこだわりを感じるお菓子たち、美味しく作ることができてよかった!
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-11-21 23:58 | お菓子 | Trackback | Comments(2)
多佳子さんの桜のエンジェルシフォンケーキ 黒糖のフィナンシェ
b0108544_104405.jpg

クラフトの会に持参したお菓子3種。
桜にフルーツの彩りが、春らしさを感じる組み合わせになったでしょうか。

この時でした。
シフォンケーキを作って、予熱していたオーブンに入れようと扉を開けると...
あら、熱くなってない...どうして?
とオーブンが壊れていることに気がついたのです。

うちのオーブンはガスで、アメリカではよくあるタイプの、上が煮炊きをするレンジになっていて、
そちらは全く普通に火が出るのですが、下のオーブンは全く火が付かない...

シフォンケーキは諦めるしかないと思ったのですが、
ふと、オーブントースターに入らないかな~と。
いや、やっぱり無理、上につかえてしまったのですが、下の網を取って、
じかに熱線に型を乗せることになってしまったのですが、
無理やり押し込んで、何とか入りました(汗)
いつもと違って、17cmと小さめの型だったことも助かりました。

温度調節も付いていますが、アナログのダイヤル式で、かなり適当な感じですし、もうダメモト!(笑)
それでもだんだん膨らんで来るのが見えて...もしかして、焼けてる...?

焼き時間も適当でしたが、型から外しても、ご覧のように、凹みもなく、立派なシフォン~
嬉しい~!!
発見しました。 オーブントースターでもシフォンケーキが焼けるのです!!!(笑)










b0108544_10444935.jpg

桜のエンジェルシフォンケーキ
稲田多佳子さんの「ちょっと和風の焼き菓子レシピ」の本からは、久しぶりのお菓子です。
ヒューストンで桜の花が咲いているのを見たことはないのですが、
春らしいお菓子を作りたくて、選びました。
細かく刻んだ、桜の塩漬けが入っています。

名前に”エンジェル”とついていますが、アメリカではなじみのあるお菓子、”エンジェルフードケーキ”
を参考になさったそうです。

エンジェルフードは、形はシフォンと全く同じですが、卵白のみを使った真っ白いケーキ。
こちらではスーパーなどでも売っていますが、一度食べたものの、ふがふがっとしていて、甘~い。
あまり美味しいものではありませんでした。
日本のシフォンケーキの繊細で柔らかいけれど弾力のある食感とは全く違います。

ですので、色は真っ白できれいですが、食べてはどうでしょう...?
と不安でしたが、普通のシフォよりもしっとりと空気感があって、軽~い感じ。
なかなかの美味しさです!









b0108544_10452340.jpg

はちみつのブランマンジェ、アプリコットソース添え
最近何度か作っているブランマンジェがまた登場です。
とっても気に入っているということもありますが、オーブンが使えないので、冷たいお菓子でその代わりに...
ということもありますし、このアプリコットソースとフルーツを添えて、おもてなし風にしてみたかったのです。

実は以前に作ったときにもアプリコットソースも作ったのですが、オーガニックのドライアプリコットを使いました。
それが、多分自然のあんずをそのまま干すとそうなるのでしょうけれど、オレンジではなく、茶色。
ソースにしても茶色のままで、うちで食べるのはは遜色ないものの、やはり見た目がきれいではないので、
よそ様の分には添えませんでした。
今回は普通のドライアプリコットを使いました。

砂糖、レモン汁と共に煮て、ミキサーにかけて、裏ごし。
酸味がきいて、とても美味しく、ミルキーなブランマンジェとよく合います。










b0108544_10455096.jpg

黒糖のフィナンシェ きなこグレーズ
こちらも多佳子さんの、今度は「フィンガーフードと小さなお菓子」の本に載っているお菓子です。
オーブントースターで焼けそうな小さ目の焼き菓子がないかな~と探しました。
本当はミニスクエア型を使うのですが、持っていないので、シリコンの個別のマフィン型に
フィナンシェらしく薄めに生地を流しました。

フィナンシェとありますが、バターは焦がしません。 
溶かすだけなのでお手軽に作れます。
その代わり、黒砂糖を使ってコクを出すのですね。

もちろんアーモンドパウダーもたくさん使うので、しっとりとフィナンシェのような食感です。
そしてきなこも入った、ラム酒だけで溶かすグレーズが大人の味わいです。
洋菓子なのに、黒砂糖にきなこと和の雰囲気を感じる、多佳子さんらしいユニークなお菓子です。









b0108544_1185048.jpg

桜のエンジェルシフォンケーキの断面、ふわっと軽いケーキなのがわかっていただけるでしょうか?
卵白4個に対して、卵黄を1個だけ入っているので、適度なコクもあり、
軽いながらも美味しいシフォンに似た食感になっているのでしょう。

桜の塩漬けが入っているとはいっても、細かいこともあって、花びらのピンクはあまり目立ちませんが、
口に入れた途端に広がる、桜の香り!   
みなさんには、いつもの通り、何が入っているか言わないで召し上がっていただきました。
アメリカにはない素材ですし、これは判りづらいのでは~との予想に反して、すぐ正解が!

「う~ん、この味、懐かしい何かよね...そう、桜餅!」
なるほど、餡は入っていませんが、桜餅の葉っぱの味ですね。
その塩気が効いていることも、よい感じです。
みなさんで、またお話も盛り上がり、どれも美味しくいただいた三種のお菓子でした♪


壊れたオーブンですが、アメリカでは修理を頼んでもすぐには来てくれなかったり、
ちゃんと直らないことも多いし、新しいオーブンの購入も考えました。
アメリカのオーブンは大きすぎるし、どうせなら、日本の多機能なオーブンレンジがよいな~
とも考えたのですが、とりあえず、修理の方にきていただいて(一週間待ち)、
結局、イグナイターという発火装置の交換だけで、無事に済みました(300ドル強)

よかった~これでまたお菓子作りもがんがんできる~
と思ったのもつかの間...
何と、今度はいきなり、冷蔵庫が壊れました~!!(泣)

メーカーに修理を依頼すると、やはり一週間待ち!
冷蔵庫のない生活、オーブンがないよりもっと大変です。
いろいろお友達に聞いても、修理に来てもらっても、モーターの交換が必要なので、かなりの高額だったり、
やはりみなさん、一度は冷蔵庫が壊れた経験をお持ちで、こちらは買い替えた方がよいということになりました。

アメリカの家電は10年が寿命と聞いたことがあります。
なるほどどちらも10年近くなるので、仕方がないのかもしれませんが、
何も続けて壊れなくても...

ということで、トラブル続きのため、ブログの更新も遅くなってしまいました。 
たくさんアップしたい話題はあるのに~!

三度目は...ないですよね??
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-04-29 23:59 | お菓子 | Trackback | Comments(4)