クリームパン ~fumiさんのおやつなパン
b0108544_212834100.jpg
今週は月曜日に雪が降りましたし、ずっと最高気温が0度前後の寒い日が続く予報のコロラドです。
寒いと作るパン方も自然に甘いものが多くなる...お菓子も作っているのに...
その上ますます出不精になって体もなまる一方。怖くて体重計にも乗れません。
早く暖かくなってほしい~~

そんな我が家のおやつパンいろいろ。全部fumiさんレシピです。
ヨーグルト酵母パンのしっとりとまろやかな味わいが、これまた甘いおやつパンによく合います。
まずはクリームパン
酵母パン独特のぷつぷつが表面に表れて、何も塗らない自然な焼き上がりの表情が好きです。
丸く伸ばした生地の真ん中にカスタードクリームをこんもりと乗せて、ぱたっと半分に折るだけの
簡単な成形ですが、結構クリームの量も多く、端に付いてしまうときれいに生地がくっつかない、
ということで、気を使いました。
一個もクリームがはみ出すことなく、思ったよりもよく膨らんだので、自分では満足!





b0108544_2131199.jpg
焼きたてはクリームもとろとろで最高においしかったのですけど、
一日経ったこの写真だとクリームも冷たく、固めの感じに見えてしまいますね。
次回はもう少し緩めに、冷めてもおいしいクリームにしたいのだけど、そうなるともっと成形が難しくなりそう...





b0108544_2136549.jpg
チョコパンの焼き上がりも、同時進行で山食なんて作ったせいで、すっかり夕方。
本当は夜に仕込んで一晩寝かせて朝焼くのがベストなのでしょうけれど、
自家製酵母にしては元気のよいクイックヨーグルト酵母、一次発酵が3時間で済んでしまうという時もあったり、
でも一緒に入れる素材によっては6時間以上もかかることもあったり...
と不安定なので、どうしても朝捏ねて何度か発酵の具合を見て、タコが帰ってくる頃に焼きあがる~
ということになってしまいます。
その点、発酵時間が決まっている、ドライイーストやホシノ酵母の方が楽なのですけどね。
ヨーグルト酵母パンの味わいは、その面倒さに勝る魅力があると私には思えます。





b0108544_21383695.jpg
ふんわりとした生地にはココア、中には板チョコも入って、焼きたてのとろ~っとしたところがまたたまりません!
砂糖は少し多目に入っていますが、ココアであまり甘さは感じないので、
指定はありませんが、中のチョコはミルクチョコの方が合うようです。
チョコのパンというと、プレーンな生地にチョコクリームの入ったチョココロネを懐かしく思い出しますが、
このダイレクトにチョコが入ったパンも、チョコ好きな方にはきっと喜んでいただけることでしょう。






b0108544_2141457.jpg
同じような牛乳を使った生地ですが、卵黄も入っているので、もう少しさっくりしっかりとした生地。
その方が巻いたり切ったりの成形がしやすいのかもしれませんね。
大きく伸ばした生地に砂糖で緩めたクリームチーズを塗って巻いたものを切る...
そうシナモンロールの応用ですね。
クリームチーズロールは簡単なのに、このくるくる渦巻きがかわいいし、
ちょっと手間がかかっているように見えたり...しないかな?
焼くとチーズクリームの部分がホワ~っと膨らんでくるのがおもしろいのです。(冷めるとしぼみますが)





b0108544_2146233.jpg
半分にはチーズクリームにラズベリージャムを混ぜて、遊んでみました。
私としては色もピンクで可愛く、香りもこちらの方が好みですが、うちの男性二人からは何の反応もありません...(悲)
クリームチーズは好きだし、おいしかったことには間違いないようなのですけどね。





b0108544_2285055.jpg
プチカレンズ、はっきり言って...失敗ですよね(笑)
HBで捏ねたついでにミックスコールでかなりたくさんのカレンズを入れたのですが、
柔らかかったこともあり、少しつぶれて生地に混じりこんでしまったのでした。
なので生地もべたついた感じで成形もうまくできない。
おまけに最後にナイフで入れる十文字の切り込みにカレンズが引っかかってしまい、
見た目が悲惨~(特に~なのは奥でボケてます)

ライ麦の入った素朴な生地にカレンズの組み合わせは好きなのに...
これは無理に小さく成形しないで、大きいまま一つで作ってはどうでしょうね。
フォションでそんなぎっしりレーズンとくるみの入った、なまこ型のライ麦パンがあったと思います。
自分で作ると、たくさんのレーズン(粉の半分の量)を入れて捏ねるのって難しいな~とわかります。
以前最後に手捏ねでレーズンを入れたら、全然均等に混ざらなくてだめだったので、
今回はHBのミックスコール機能をつい使ってしまったのですが、それでも何だか片寄りが出てしまいました。
どうしたらフォションのパンのように、ぎっしり均等にレーズンの入ったパンができるのでしょうね~





b0108544_21594175.jpg
気を取り直して...
が、しかし、この煮豆パンも成形がいまひとつだったのです...
おいしかったのでよいことにしますけど(笑)
本では煮豆が外に出てしまうことなく、うっすら透けて見えるようになっています。
何とか数えるほどはそういう感じに見えなくもないのがありますが、
もっと全体にたくさんうっすら煮豆が見えなくてはいけないのです。
生地の状態が違うのでしょうか...いくらやってもそんな全部の豆なんて、できません~(叫)





b0108544_2157466.jpg
スキムミルクたっぷりのふわふわで少し甘めの生地に、これまた自然な甘さの金時豆の煮豆、
日本を感じる懐かしい味わいのパンですね。
この前の黒豆イングリッシュマフィンの時にも思ったのですけど、バターの香りがまた煮豆によく合います!

今回は市販の金時煮豆を使ったのですが、自分で煮た煮豆だったらもっとおいしかったかな?
でも金時豆ってアメリカで売っているのでしょうか...
あっ、おせちの残りの冷凍してある黒豆をつかってもよさそうですね~
またまた作りたいパンが増えてしまいました。
おやつパンが続いたので、お食事パンも食べたくなってしましたし、あさっりリーンなパンももちろん!

でも、そんなことばかり言って食べてばかりいないで、
そろそろ春を迎えるにあたって活動を始めないといけませんよね。
それにしても、この辺りのリスって冬眠しないのでしょうか?
毎日のように見かけるのですが、今日も元気に塀の上を駆けていったり、
松の木にするする~っと登って行く姿がキッチンから...
お天気もいいし、庭の掃除でもしようかな~と裏庭のドアを開けると...さ、寒い~~!
やっぱりぬくぬく暖かい家の中が一番です。暑いのもイヤだけど、寒いのは本当に苦手。
寒い中でも元気なリスになりたい!
by Wingco | 2009-01-28 21:31 | パン
<< MIKUNI ~Park Me... ルーロ抹茶 &たかこさんのロー... >>