『自家製酵母』のパンとお菓子の本、完了! 
b0108544_18441421.jpg
みなさまお久しぶりです!
二ヶ月も更新しなくてごめんなさい。
「どうしたのかな~?」、「ブログやめてしまったのかな~?」と思ってくださった方もいるかもしれませんね。
ご心配くださってありがとうございます。
家族揃ってずっと元気でいたのですが、この二ヶ月間あることにかかりっきりで、
なかなかブログをする気持ちの余裕がありませんでした。
そのお話はとりあえず後にして、fumiさんの二冊目’『自家製酵母』のパンとお菓子の本’完了のことです。
早くまとめたかったのにできなくて、ずーっと心にひっかかってました。

実は去年すでに、この本に載っているパンは全て作ってブログにも載せ終わっていたのですが、
その後、特に気に入ったパンをいくつかまた作ってみて、私的BEST3を決めよう~なんて思っていたのです。


まずは、カマンベール入りプチパン
ぷくっとパンだけでなく、チーズまでもおもちのように膨らんだこの姿、たまりません~
fumiさんのクイックヨーグルト酵母を使用したこのパン、おととしの11月にも焼いたのです
(そんな前のことになるのですね~)が、その時はカマンベールがなぜか溶けて流れ出してしまって...
それでもおいしかったので、もう一度作ってみたいとずっと思っていたのです。
やっと念願かなって思っていた通りの形になりました(嬉)





b0108544_18353010.jpg
ころっとした丸いパンの上から、中に入れたカマンベールがぷくっと顔をのぞかせて、
まるで焼いたお餅のようによく膨らんでいます。
自家製酵母ならではの力強くてもっちりとしたパン生地。
甘味のほとんどない、あっさりとしたリーンな生地がカマンベールとよく合います。






b0108544_18423912.jpg
中にもカマンベールがごろごろ~
今回はWhole Foodsで購入した、フランスはノルマンディー産の本物カマンベールを使ったこともあってか
熱で溶け出すこともありませんでした。よかった~






b0108544_1848225.jpg
煮豆パン
こちらは砂糖も多目、バターも使ったふわふわの柔らかくておやつパン的な生地です。
甘辛い煮豆の味に負けません。でもあんぱんよりもくどくなくていいですね。
前回は煮豆がパン生地から透けて見えるように包むのがうまくできなくて心残り、
再度の挑戦も...あまり変わり映えしないかな?(笑)







b0108544_18495189.jpg
しかし、食べてみれば大満足~!
たくさん入った煮豆、本では金時豆を使用していますが、今回は黒豆にとバージョンアップしてみました。
実はわざわざ煮たわけではなく、市販品、しかもお正月の残り...なのですけどね(笑)







b0108544_18513952.jpg
そして心残り...じゃなくてベスト3の三つ目はステックパン
このねじり加減が結構難しくて、二次発酵、焼きと進むにつれでゆるんできてしまい、
前回は焼きあがってみるとあまりねじれて見えなかったのですが、
今回はどうでしょう?
自分では結構ねじれてるかな~と満足していますが...







b0108544_18541519.jpg
中にはとっておきのうぐいす豆を自分用に、キャラメルチョコチップをタコ用にアレンジしました。
春にぴったりの(と思っているうちに夏になってしまいましたが)緑がきれいなうぐいす豆。
そのまま食べても止まらないぐらい大好きですが、パンに合わせるとまた格別です。
このパン生地も最初のカマンベールのと同じであっさりとしたリーンな生地。豆のおいしさが引き立ちます。
このステック状の形、見た目もかみ締めて食べるのも楽しくて、タコも大好き!






b0108544_1921366.jpg
抹茶ミルクゼリー&チーズミルクゼリー
パン以外にも気に入ってリピートしているのが’コーヒーのおとも’として紹介してくださっているお菓子です。
チーズケーキも簡単でそれぞれおいしかったのですが、何と言っても一番は冷たいお菓子!
今回はそのうち2種類を一度に作って二層にしてみました。
一番上に生クリームも流したので三層かな?






b0108544_1951282.jpg
白に緑がきれいで見た目も好きですし、味も、抹茶ミルクゼリーの苦味の効いたあっさり味に、クリームチーズを使ったチーズミルクゼリーの
こく、ミルキーさがぴったり~!
そして、型出しできないほどのとろとろ具合もたまりません! 家族みんなのお気に入り~

もちろんそれ以外にも美味しかったパンたくさんありました。
特に私が気に入ったパンは太字にしてご紹介しますね。
作った日付順にパン焼きの記録です。

2008-10-16 あっさり丸パン、シュガーバター、レーズン入りふたごパン、白ごまコッペパン、黒糖とくるみのおやつベーグル、基本のずんぐりパン、プロセスチーズとごまのプチパン基本のスティックパンチョコチップのスティックパン

2008-10-23 トマトとモッツァレラのピザパン、抹茶ミルクゼリー

2008-11-07 レーズンとくるみのスコーン、かぼちゃのドーナッツ

2008-11-11 ハムロール、かぼちゃんのおやつベーグル、基本のスコーン、ちぎりパン、スリムなミニバゲット、ナッツのずんぐりパン、カマンベール入りプチパン

2008-11-18 ブルーベリーマフィン

2008-12-02 メロンパン、チョコメロンパン、黒練りごまのプチパン、グラハムのピタパン、雑穀のスリムなミニバゲット

2008-12-15 コーヒーナッツマフィン、チーズミルクゼリー、クリーミーチーズケーキ、カフェオレゼリー、チーズクラッカー

2008ー12-22 メランジェ、クランベリーとクルミのずんぐりパン、黒ごまのミニイギリス食パン、黒ごまのピタパン、黒ごまのリュスティック、基本のリュスティック、ライ麦とごまのスリムなミニバゲット、ベーコンチーズのフィセル、グラハムのプチパン

2009-01-16 ミニイギリス食パン、ミニバタートップ、はちみつミルクパン、イングリッシュマフィン、黒豆のイングリッシュマフィンブルーチーズとピーカンナッツのリュスティックブルーベリーのおやつベーグル

2009-01-28 クリームパン、チョコパン、クリームチーズロール、プチカレンズ、煮豆パン

2009-02-12 スイートブール、くるみのミニ食パン、コーンパン、薄焼きピザ、バタール、アーモンドクリームロール

2009-06-21 カッテージチーズケーキ、キャラメルチーズケーキ、クランブルチーズケーキ、キャラメルスコーン、ヨーグルトムース

以上55種類の酵母を使ったパンとお菓子、プラス、チーズケーキ4種と冷たいお菓子4種。
う~ん、たくさん作ったものですね~
こうやって全部の名前をタイプすると、いろいろと思い出されて感激...というよりちょっと疲れた...(笑)
なので更新ものびのびになってしまうのですよね。
別に本のレシピを全部作ることにこだわらなくてもよいのですが、それほど無理なく作れてしまうのです。
特にfumiさんのパンって...そう、肩に力が入らないパンなのですね~
それに本に載っているパンどれもおいしそうで、食べたくなるものばかりだから...ついつい...

すでに三冊目の本からも作っていて、すでに今年に入ってブログにもアップしてありますが、
最近はブログ同様、自家製酵母のパンともご無沙汰しています。
酵母をつなぐために定期的に焼き続けなくてはいけない自家製酵母パン、おいしいのはもちろんですが、
管理と時間にはちょっと手間がかかります。
時間と気持ちに余裕がないと、私にはちょっと無理...

実はこの夏休みに、ダダの仕事の関係でテキサス州のヒューストンに引っ越すことになりました。
普通にお引越しというだけでも大変そう~と思ったのですが、今住んでいる家を売りに出さなくてはなりません。
そのための準備がそれはもう大仕事!
無精者の私たちは10年前に家を購入してから、壊れたところを直した以外はほとんど手をかけずにいました。
そのツケがいまになって回って来た~という感じです。
アメリカの方は衣食住だったら一番住に手間とお金をかける...ような気がします。
回りの家々もハウスクリーニングは定期的に頼んでいるし、ペンキ塗り替えや庭の模様替えなどあちこち手を入れています。それをこの二ヶ月で一気にやってしまった我が家。
担当してくれるリアルターさんを探すところから始まって、各専門の業者に見てもらうと、
直さなくてはいけないところが出るわ出るわ~(笑)
それに加えて、地下やクローゼット、ガレージなど普段見えないスペース放り込んでいたジャンクの山!
トラック一杯引き取ってもらってもまだまだ出てくる~
ダダはすでに去年の秋からヒューストンでの仕事が始まっていて、とびとびの週末にしか帰ってこない~
ただただ疲れた二ヶ月間でした...
なんとか家も売りに出せる状態になり、明日からマーケットに乗るそうですが、果たして売れるのか~???
この不景気の中ですからね~ まだまだ心配は続きます...

しかしそんな中、ブログまでは手が回りませんでしたが、パンやお菓子を作ることは止められませんでした。
私にとってはよいストレス解消法~




b0108544_19304085.jpg
自家製酵母は無理でしたが、ドライイーストを使って、一度にどっさり、粉1キロ!!
次にいつ焼けるのかわからないので、焼き貯めです(笑)

コムシノワのレシピでパン・ド・ミ
型はそれぞれ一つずつしか持っていないので、向こうから二斤、キューブ型、一斤。
余ったパン生地はコッペパンにしました。





b0108544_19331432.jpg
去年の夏あたり、上手く焼けなくて苦労した二斤角型も、ホワイトラインらしきものも見えてまあまあな感じに。







b0108544_19393592.jpg
型による断面の大きさの違いを表したくて、並べてみました。
上が一斤で下が二斤。長さが長いだけではなくて、断面も二斤の方が一回り大きくなっていますね。
真ん中はキューブ型。正方形になるはずですが、ちょっと生地量が足りなかったようですね。





b0108544_1944123.jpg
同じプレーンな生地だけでは飽きてしまうかな~と一斤のはほうれんそうの角食に冒険(笑)してみました。
生のほうれん草をそのまま生地に混ぜ込むのです。それも結構な量を...
これが予想に反して美味しかったのです。
見てもおわかりのように、生地は白いまま、ほうれん草は存在感もあってきれいに混ぜ込まれています。
味もほうれん草のフレッシュなおいしさが活きていて、元気が出そうなおいしさ。
そしてほうれん草の水分のためか、普通よりしっとりともっちりとしておもしろい食感です。
生食するサラダほうれん草を使ったのも、えぐみが出なくてよかったのかもしれませんね。
by Wingco | 2010-06-04 09:51 | パン
<< たかこさん和の焼き菓子 ★エレ... ベーコンのちびエピ ~『酵母そ... >>