Zopfのパン講習会(デニッシュ編)&カレーパン
b0108544_425553.jpg
早いもので大震災から一週間が経ってしまいました。
いまだに先の見通しがつかない不安、被害に遭われた方の大きな悲しみと辛い状況を報道で見ては
暗く沈んだ気持ちになってしまいます。
この一週間はタコの現地校がSpring Breakでお休み。
まだテキサスの観光もしてないので、オースチンとかどこか近くに旅行...という計画もあったのですが、
なんとなくそんな気分にはなれずにやめてしまいました。

そんな中、いつものベイキングの話題でブログを更新するのもどうかな~とも思っていました。
でも他のブログにお邪魔すると、更新が止まったままでいるより、何か、情報でも笑わせる動画でも
癒される写真でも今の思いでも、何か書かれているとほっとしますし、元気をいただいたのです。

大好きなパン屋さん、千葉は松戸にあるZopfの店長夫人、りえさんのブログパンダのぶつくさもその一つ。
地震の後、材料が揃わなかったり計画停電などの困難にもかかわらず、
店長さんのがんばりと工夫でスタッフも一丸となってパンを焼き続けていらっしゃいます。

Zopfと言えば、以前店長さん自ら教えてくださるパン講習会に二回参加させていただいたことがあり、
一回目はZopfのパン講習会としてアップしたのですが、二回目は、教えていただいたパンを作ってから...と思いつつ、
ハードルの高いデニッシュ、講習会で使用していたマーガリンシートがこちらでは手に入らないから、
と言い訳したり...(べつにマーガリンをのばしてシートを自分で作ればいいのですよね。)
まだ一度も作ることなく、講習会の様子もお蔵入りになっていました。ごめんなさい。

そう、この写真は講習会で店長さんがお作りになった、美しい~デニッシュの数々なのです!
ぱっと見て、「Wingさんいつの間に腕をあげたの~」と思ってくださった方、はい、違います(笑)
ごめんなさい~!




色とりどりのフルーツデニッシュ。真ん中の白いのはクリームチーズ。
店長さんお話もお上手でそれは次から次へと、手順も詳しくためになるコツやら注意やら、
暖かくもプロならではの厳しい視点で教えてくださるのですが、
もちろん片時も手の休まることがありません。

手際の素晴らしさにもうっとり~~
店長さんがなさるとあっという間に出来て何でも簡単に見えてしまうのですが、
このブルーベリーの乗せ方一つにしても、さりげなくなさっているのですが、
自分でするとこんなかっこよくならないのです。
なので今回は自分の焼いたパンの写真はなし!(笑)
前回もついていくだけでやっとで余裕がなかったのですが、
デニッシュが上級編でもあり、さらにあわてふためいていました。
ビデオなんて撮っていたせいもあるのですが...

それに対して、他の生徒さんはもう慣れたもの~という感じで、
私がもたもたしていていると、片付けとか私の分もしてくださって、ありがたいやら情けないやら...
今回はより以上にパン作りが好きでたまらない、という生徒さんばかりのようでした。
みなさん、他のパン講習会の経験もあり、新幹線で広島から参加の方、
パン屋さんをやっているけど、しばらくお休みしてこちらで勉強しなおすという方も。
講習会初めてなんて、ほんと場違いですよね~(恥)






b0108544_430346.jpg
みなさんの真剣な表情にお作りになってるパンもさすがの出来です。
その後ろで、にこやか~な伊原店長さん。
でも今回は、いつもアシスタントをしてくださっているりえ夫人が他のお仕事で不在。
お店のスタッフの方が務めてくださったのですが、慣れないせいか材料など揃っていないことが何度かあり、
その都度「○○出てないぞ! だめじゃないか。」と大きな声が響きました。
プロならではの厳しい表情も見せていただいて、私もぴしっと引き締まった気分です。

でも後半りえさんが現れると、途端にほっと安堵の表情を浮かべたこと、見逃しませんでしたよ~(笑)
お二人のおもしろい会話といい、店長さんがいちいち言わなくても今何を必要としてるのかがわかって、
さささーっと出してこられたり、とにかく息のぴったり合ったところを拝見するのも楽しいのです。
Zopfのお店にうかがうと、いつもスタッフのみなさんがきびきびと、でも温かい雰囲気で働いていらして、
とても気持ちよく買い物ができるのですが、これも店長さんとりえさんお二人夫唱婦随で育てられたチームワークのよさあってのことだと思うのです。






b0108544_456553.jpg
チョコデニッシュもたくさん作りました。






b0108544_4572017.jpg
この幾重にもなった層の薄さ、美しさ~!
食べればさくさくのそれはそれはおいしいデニッシュでした。
マーガリン使いのせいか、重たくなりがちのデニッシュも、くどさが全くなく、いくつも食べてしまいそう。






b0108544_4574839.jpg
おまけに教えてくださったのが、余ったクロワッサンにアーモンドクリームをいっぱい、
上にも中にもはさんだクロワッサン・オ・ザマンド。
クロワッサンにはバター使用。コクのあるアーモンドクリームとの組み合わせですが、
これは私の大好物!
外のサクサクとした香ばしさに、中はあふれるバターの風味にしっとりとしたクリームの甘さ、
カロリー高そうだけど、忘れて(笑)、じっくり味わいたい!





b0108544_4581397.jpg
みなさんのパンも焼きあがりました。壮観ですね。
失敗したのなんて全くなし~
上から二段目、これはあまり生地で作ったクロッカン。カリカリの香ばしさがいいですね!





b0108544_459733.jpg
こちらもお楽しみ、試食タイムでの一品、たらばがにがどっさり入った、焼きたてふわふわのキッシュ!
これは今でも忘れられない味、絶品!!でした。もちろん焼きたてのバゲットも。
講習のお手伝いもなさりながら、こちらの準備もいつの間にかささっとされていて、
「スフレはできたてを食べてほしいから...」と絶妙のタイミングで出してくださる、りえさん。すごい!

大人気のZopfのパン講習会。私にとっても貴重な経験となりました。
「すぐに家でも作ってくださいね。それがうまくなる第一歩ですよ。」
と店長さん繰り返し強調してくださったのに、それもできなくて、全くだめだめな生徒でしたが、
みなさんの熱気を感じてその場にいられただけでも幸せなひと時でした。
最近の講習会の予定を見ると、デニッシュ単独の回はなく、クロワッサン講習の一部として、
デニッシュは店長さんのデモによる説明だけになっているようです。
できれば最初の基本編から受講したいと、ずーっと思っているのですが、願いは叶うでしょうか???





b0108544_51158.jpg
素晴らしいデニッシュの後でお恥ずかしいのですが、Zopfのテーブルロールの本を見て作った黒米クッペ
本では「黒小麦クッペ」なのですが、黒小麦なるものが見つからず。
見た目似てるからと黒米を代わりに。
それもいざ作る時になって、黒小麦は塩茹でするとわかったのですが、その時間がなく、
何と生のまま入れてしまうという大胆さ(笑)
当たり前ですが、プチプチ感が楽しい~と通り越して黒米かちっ!歯にあたる~?

でもクッペ成形はまあ何とか形になったし、黒米を広げては折りたたむ、
少し変わった方法でも割とまんべなく混ぜ合わせることができてよかった~






b0108544_513759.jpg
同時に作ったオニオンカップ
同じスイートロール生地を使っているのですが、表情がずいぶん変わりますね。
本当は丸型カップを使うのですが、ない代わりに10センチのタルト型で。
周りがなみなみ模様でちょっとかわいい?
彩りのパセリを忘れたけど、ゆで卵、ホールコーン、たまねぎをマヨネーズで和えた具がとても好み!





b0108544_515661.jpg
こちらはカレーパン
お店では揚げたてが並ぶことが多く、待ちきれなくて帰りの車の中で食べてしまうことが多い、
タコもダダも大好きなZopfのカレーパン。
よく膨らんだししっかりカリカリに揚げられて、なかなかお店のに近い感じ~と自分では満足。
パン粉は水溶きの小麦粉で付けるって知りませんでした。
そう言えば、きちんと揚げるタイプのカレーパンを作ったのは初めてのことかも...





b0108544_522221.jpg
スイートロール生地は卵も入って少しリッチめだけどそれほど甘くなく、カレーパンにもぴったり!
もちろん二人にも大受けでした。
具の作り方は載っていないので、適当に余ったカレーのじゃがいもをつぶして入れました。
Zopfの豆カレーのフィリングも独特のおいしさなので、教えていただきたいものです。カツカレーパンも!

一緒にバターロールも作ったのですが、気持ちがカレーパンの方にばかり傾いて、
勝手に自己流で成形したら、やっぱりだめですね。あらら~な焼き上がりに...
なので後ろでボヤけてます(反省)


材料が手に入らなかったり、計画停電でパン作りもままならない方、
それどころか支援物資が行き渡らない、満足な食事もとれない方も多いなか、
こんな呑気な話題で申し訳なくも思います。
もしかして、一人でも、この記事を見て楽しい気持ちになってくださる方がいらっしゃることを願っています。
by Wingco | 2011-03-20 09:30 | パン
<< 紅茶と白餡のロール、メイプルロール Pray for Japan >>