人気ブログランキング |
ミルクパン ~リング型で焼く天然酵母のケーキとパン
b0108544_22124026.jpg
ミルクパン
かわいい~! 焼きあがったパンを見て、思わずにやにやしてしまいました。 
丸い形っていいですね、なごみます。
控えめに短く入れたクープもはじけてよい感じ、お花みたい?

久しぶりの天然酵母パン、その風味や香り、しっとりとした生地も懐かしい~
やはりドライイーストとは違いますね。
断面の写真を撮るのも忘れて、いつも間にか食べきってしまいました。

Kona salon、熊崎朋子さんの「リング型で焼く天然酵母のケーキとパン」の本を買ったのは一年も前なのですが、
そう、天然酵母を起こすのが億劫で、そしてヒューストンの長くて暑い夏の間はオーブンあまり使いたくない~
ということで、今頃になってしまいました。





b0108544_22132371.jpg
天然酵母とはいっても、ホシノ丹沢酵母なので、自家製酵母とは違って、酵母をおこすのは簡単~

ついでに、右となりには、これまた最近はまっている塩麹。
こちらの日本スーパーでも市販の塩麹をみかけるようになりました。
でも、小さいのに結構なお値段~ 日本からの輸入品だからでしょうね。
お隣に「KOJI]と書いてあるパッケージを発見! 
こちらはアメリカで作られていて、大きいのにお値段も手ごろ。
さっそく買って、作ってみました。

作るといっても、塩と水を加えて一日一回混ぜて5日おくだけです。
ホシノ酵母もそうなのですが、やってみれば結構簡単~
そして使い方も幅広く、肉や魚に塗ってしばらくおけば、肉は柔らかくなり、ただ焼くだけでも、いつもよりおいしい~
調味料として炒め物や、炊き込みご飯にも、ただ切ったキュウリを塩麹で和えただけでもおいしかったのです。
もうこれで塩麹を作るのは三回目。冷蔵庫で長く保存ができるのもいいですね。










b0108544_13541918.jpg
18センチ型だと、粉は300グラム程度、ということは食パンだと1斤強なので、我が家では一日で食べ切ってしまいます。
どうせ作るならたくさん~、と二回目は二倍量で作りました。

といっても同じものでもつまらないので、本を見て同じ生地を使っている二種類、ピロシキとメロンパン風です。
先ほどのミルクパンとは違って、こちらは卵、牛乳、バターがたっぷりめの、ブリオッシュのようなリッチな生地です。

手前のピロシキは揚げてあるわけではないのですが、パン粉も散らして、それらしい雰囲気にできました。
そうそう、エンゼル型は一つしか持っていないのですが、20センチのシフォン型でも代用できるかな~
と使ってみました。
底が平らになる程度で見た目は変わりませんね。
深さがあるので、よく膨らんでも生地が溢れたり、具がこぼれる心配もありません。
これはなかなか使えます。
だた、深さがある分、上火から遠くなるので、上部に焦げ目のつくのを待っていたら、
底が少々焦げすぎになってしまいました。 調整しなくては...

メロンパン風は少々失敗。
型の底の部分にクランブル生地を敷き詰めてから、パン生地をその上に乗せるのですが、
焼きあがって、逆さまにひっくり返したら、半分くらいクランブル生地が型にくっついたままでした。
後からくっつけましたが、見た目が...なので奥でぼやけています(笑)








b0108544_13564683.jpg
ピロシキ
ブリオッシュの生地でメロンパンというのはすぐに結びつきますが、ピロシキってどうかな?
ミルクパンの生地の方が合っているように想像してしまいます。

でも、ひき肉、玉ねぎ、ゆで卵の具は塩こしょう、ナツメグだけのとてもシンプルな薄味なので、
リッチな生地でもくどくなりません。
具と生地の相性が良くて、食べるとなかなかにおいしい~

ただ、断面を見てもおわかりのように、包み方げ変でしたね。 具が上に片寄ってしまいました。
それに一個につき大匙一杯とありましたが、それでは具が少なく感じました。
おいしかっただけに、きちんともう一度作りたいです。






b0108544_141067.jpg
メロンパン風
「風」とあるのはクッキー生地をかぶせたのではなく、クランブルを乗せた簡易版だからでしょう。

以前にも、fumiさんの本に載っていた、クランブルパンというのを作ったことがあります。
これも似た感じですが、クランブルパンはパン生地の上にクランブル生地を乗せて焼いたので、
クランブルがかりっと香ばしく、おいしかったのですが、
こちらは底に敷くので、しっとりとはしていますが、香ばしさがなく、かなり甘く感じます。
やはり上に乗せた方が...という印象でした。


クランブル生地もパンからはがれてしまったし...
ブリオッシュ生地そのものは卵の黄色がきれいで、ホシノ酵母らしい、しっとりとおいしい生地なのですけどね。







b0108544_2219649.jpg
オニオン
こちらは牛乳ではなく水、バターではなくサラダ油を使ったあっさりとしたパン生地です。
最初のミルクパンと同じく、8分割して丸めた生地を型に入れる成形ですが、
焼く前に入れる切れ目を横でなく、縦に入れるだけで、また印象が変わりますね。






b0108544_22295136.jpg
生地にはフライドオニオンを混ぜただけなのですが、これがよい味わいとなっています。
パン生地の水分を吸って、炒め玉ねぎのような食感と甘さをとても感じます。
といってくどくなくて、ミルクパンよりふんわりと柔らかい、サンドイッチにぴったりのおいしいパンになりました。


それにしても、クロスが水色で、いかにも夏~という雰囲気ですね。
実際このパンを作った10月初旬は、連日30度を超す気温の高さでした。








b0108544_2230816.jpg
さすがにハロウィンも近づいたので、かぼちゃを使った生地で、秋らしい雰囲気に...








b0108544_2230449.jpg
かぼちゃパン
マッシュしたかぼちゃがたっぷり入っているだけではなく、牛乳、バター、卵黄も入ってリッチめな生地です。





b0108544_22311830.jpg
黄色がとっても鮮やかに出て、断面を見ただけでもうきうき楽しい気分になってしまうパンです。
かぼちゃの味もしっかりと感じて、リッチな甘めの味わい。

かぼちゃを混ぜ込んだパンやケーキは以前も作ったことがありますが、もっちりしそうなのに、なぜかよりふわふわ、
とても柔らかくなるのです。
そして今回のかぼちゃパンはその柔らかさに加えて、ホシノ酵母でしっとり感も強く、リッチでおやつパンの印象です。







b0108544_22314066.jpg
クリームパン
かぼちゃ生地がそんな甘めのパンだとは思わなかったので、半分はついクリームパンにしてしまいました。
本では普通のブリオッシュ生地にカスタードクリームを包んでいたのですが、かぼちゃクリームパン、
想像ではすご~く合いそうなイメージ。 つい実行してしまったのですが...

カスタードクリームはハチミツ入りで、これまた結構しっかりした甘さ。
かぼちゃパン生地も甘いので、ちょっと甘すぎ(笑)なパンになってしまいました。
かぼちゃとカスタードは想像通り、よい相性だったので、少し甘さを調節すればよかった~反省!


全部で6種類のリングパンを作りました。
見た目も何となく可愛いし、成形も簡単ですし、焼くのも真ん中に空洞があることで、火が通りやすい。
大きなパンのように焼き具合もあまり心配しなくてよいのです。
そして一個ずつ小さく焼くよりも、つながっているので皮の部分が少ない。
皮よりもふわふわな中身が好きな、うちの家族にも好まれる形のパンです。
これからもリングパンにはまりそうな予感...



  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆ 


10月下旬に用事があって、日本に一人で行って来ました。
日本では思ったほど寒くはなく、ちょうどよい気候でした。
とはいっても、みな半袖で過ごしているヒューストンから比べると、外出には長袖の上着が必要ですから、
かなり違います。
一週間ほどの滞在だったので、時差にも気候にも慣れた頃にはまたヒューストンに戻ることに...

また時差ぼけ~に加えて、家族は私の留守中、不自由な点をカバーしていてくれたので、
帰った当日から、ごはんの仕度に洗濯に買い物に、待ってました~とばかりにお仕事たくさん。
いない間は仕方ないからスクールランチにしていたので、もう一日、翌日ぐらいはそれでいいでしょうと思ったのに、
大変まずいそうで、「絶対にいやだ~」と訴えられると、まぁ、日本でちょっとはおいしいもの一人で食べてしまったし、
すまなかった気持ちもあり、夜にパンを焼いて、翌日から二人分のお弁当作って、夜は野球の試合。
見ているだけなのだから大したことないはずなのに、タコが投げて負けちゃったりする、とどーっと疲れたり(笑)
翌日の金曜日は、学校からピアノのレッスンに直行、そしてバンドのハロウィンコンサート&パーティ。
「あ~補習校の宿題が終ってない~」、と夜中までかかっても終らせようとするところは、適当な私と違うな~感心。

土曜日とはいっても補習校があるので、また早起きをしてお弁当作り、に加えて、PTA会議もあるので、
自分の仕度もしなくては~(いつもはダダが朝行ってくれるので、送り出した後ほっとすることができるのだけど。)
そう、クラス委員のお一人が日本に本帰国なさってしまい、代わりのクラス委員になってしまったのです。
この日は校内漢検というのも予定されていたのですが、タコはちゃんと勉強していなくて、
土曜の朝のぎりぎりになって、テスト問題させてみてもまだ間違えてるし~
「車の中でやるからいいよ~」と口ばかりで、5分もたたないうちに寝ちゃってる。朝なのにまた寝てる...

今回のPTA会議はあまりもめごともなく、意見が分かれたのはベーパーレス化についてのみ。
毎週、「学校だより」とか「学級通信」とかけっこうな量のドキュメントをもらってくるのだけど、
それをメール配信にしてはどうかという事。
現地校ではほとんど紙でのお便りってないので9紙なのはレポートカードとか個人的なことぐらい)、
私は単純にペーパーレスでいいのでは~と思ってしまいましたし、
中一委員4人で話し合った結果も、「別に困らないよね~」
「うちは裏紙として漢字の練習とかに利用しているから、紙でもいいかな~」
「うちもうちも、裏紙にしてるよ~」 「あってもいいかな~ でもたくさんの紙、やっぱりもったいないかな~」
とみなゆる~い感じなのでまとまらないでいましたが、
他の学年さんは真剣に、確固たる御意見を述べられていました。

「紙じゃないと子供が見なくなる、」
「400人もいる学校全体でみるとかなりの無駄。印刷だと白黒だし、画面でカラーで見たほうがよい。」
「日本語で書いた物に触れる機会が少ないので、一つでも減らしたくない。」
それぞれのご家庭、学年で立場が違うと随分違うものなのかと驚きました。
役員さんの方でまた話し合って結果を出すそうですが、どうなるのでしょうね。
私の予想では、ペーパーレス化は難しい...?

会議の後は、コスコ、韓国スーパーで食料品買出し。
一旦家に戻ってダダのお昼ご飯の用意(勝手に食べてくれるといいのに~)、タコを迎えにいかなくては。
補習校の後でまた野球の試合。
先発のピッチャーがたくさん点を取られてまた負けてしまったけど、途中から交代したタコは点を取られずヒットも打ったので、
うちとしては明るい。

まだあります。タコは補習校ソフトのお友達の家でのお泊り会へ。
しかし、翌日の日曜日はまた違うチームでの野球の試合が、それも2試合。
こちらはちょっと重要な試合。徹夜されてふらふらでは迷惑もかかる。
でも少しはみんなと遊びたい~ということで、お泊りは諦めて、夜中の12時に迎えに行く事に...長い一日でした。

少しでもリフレッシュできたおかげか、日曜は一試合目勝ち投手。
よかった~と二試合目はもう投げることもないだろうし、のんびり見ていたら、先発の子がたくさん点を取られて、
途中からまたタコにお呼びがかかり...
そのまま逆転することもできず、守備のエラーの後でタコもヒットを打たれてしまったけど、
たくさん投げさせてもらっただけでも、よい経験になったようです。

お天気は相変わらずよいのですが、急に気温が10度も下がりました。 一日で、ですよ!
冷た~い強~い風が吹き続いて、野球観戦もコートに毛布が必要なほどでした。
30度→20度なのでたいしたことはないのですが、寒いのが苦手な私にはきつ~く感じました。

11月もまだまだ野球の試合が予定されています。
コロラドと違って、ほとんど雪の降らないヒューストンでは、一年中アウトドアでスポーツが楽しめる、
それは有難いのかもしれませんが、冬は冬らしく、暖かい家の中でのんびり過ごしたいかも...
せっかくオーブンの温かさが嬉しい季節なのですからね。 ベイキングもたくさんしたいし...
出不精な親ですみません~
by Wingco | 2012-11-01 15:59 | パン
<< なかしましほさんのシューとオム... ミルクプリン ~なかしましほさ... >>