人気ブログランキング |
パン・ド・ブラン~シニフィアン・シニフィエの高加水パン&ドイツパン
b0108544_16301965.jpg

一月も下旬に入ってしまいまいたが、前回の初焼きお菓子に続いて、今年のパンの初焼きはこちらでした。

パン・ド・ブラン
全粒粉にシードミックスがたっぷり入った、雑穀パン。
おいしいことばかりを求めてしまいがちですが、家族の健康のためにも、体に良さそうな素材を
できるだけ取り入れて行きたい、という思いを込めての初焼きパンです。





b0108544_1630456.jpg

ホームベーカリーでのパンにしてはころっと、高さがありませんが、1.5斤用のうちのHBなのに、
1斤の材料で焼いたためで、失敗ではありません。

雑穀パンでもどっしりではなく、ご覧のように空気感があり、柔らかくでふんわりしています。
ナッツたドライフルーツなどの具入りが苦手なタコには嫌がられるかな~と不安でしたが、大丈夫でした。
少しプチプチするのもありますが、シードは細かくて、固くもないので、それほど雑穀~という感じもしないのですね。






b0108544_1632378.jpg

パン・オ・セレアル
気をよくして、もう一種類雑穀パンを今度は1.5斤で。 今度は高さもありますね
最初のパンと同じシニフィアンさんの高加水パンの本に載っているパンで、とても似ているのですが、
少しずつ配合が違い、シードミックスも多く使っています。

そしてこちらのパンにのみ、ハチミツとマッシュポテトも使っています。
ハチミツはわかりますが、マッシュポテトは不思議でもありますね。
このパンだけではなく、他にも何種類かマッシュポテトが登場するのですよ。

以前にもいくつかじゃがいもを使ったパンは作ったことがあります。
もっちりというより、しっとり柔らかくなった覚えがあります。 
その効果を期待してのことでしょうか。






b0108544_16325146.jpg

確かに最初のパン、より空気感もしっとり感も増したような...






b0108544_1713126.jpg

入っている雑穀は、
オーツ、小麦フレーク、ライフレーク、サンフラワーシード、胡麻、フレックスシード、ポピーシード、きび。
うちの家族、雑穀ごはんは「たま~にはいいけど...」と喜ばれませんが、
こちらのパンは、香ばしいけれど柔らかいのでおいしかったよう。
大喜び!とはいきませんでしたけどね(笑)     

嫌いじゃなければ健康のためにも雑穀パン、これからも焼きます!







b0108544_1794344.jpg

シュヴァイツァーブロート
という聞き慣れない名前のパン。 ライ麦を使ったドイツパンだそうです。
見た目地味ですが、シニフィアンさんの本の表紙を飾っているパンでもあるのですよ。

ドイツパンにはサワー種を作るか、粉末のサワー種を使う必要があるのですが、
種を作るのは大変そうだったので、日本で粉末サワー種を買って来ました。
ドライイーストと同じ扱いで、簡単です。
しかもHBは「早焼きコース」指定。 
ドイツパンって、じっくり作る印象がありましたが、逆なのですね~







b0108544_1710725.jpg

やはり普通の白いパンよりは高さが出ませんが、想像より空気感もあり、柔らかい食べやすいパンでした。
私はサワドゥーのような酸味のあるパンをあまり好まないので、家族の反応が気になりましたが、
だれからも「酸っぱい~」という不満も出ず、普通に食べていました。

といっても、こちらのパンがこの本のドイツパンの中で一番ソフトで食べやすそうなのです。
他にはどっしりと黒くて、いかにもドイツパンらしいのが揃っています。
どんなパンなのか作るのが楽しみなような、怖いような...(笑)






b0108544_17103486.jpg

パン・オ・ショコラ
ココアの他に、本物のチョコレートもたっぷり使った、味もチョコ~をとても感じるパンです。
やはりココアだけのパンとは風味もしっとりとした食感も違いますね。
家族にも大喜びされました。
おいしいチョコケーキを食べているように、ふわふわ柔らかな食感、とてもおいしいのです。

卵、生クリーム、バターもた~っぷり使っている、かなりリッチなパンだからおいしいのですね。
いわば、チョコブリオッシュ、のようなものでしょうか。
それでも砂糖の量は多くないので、重たくなくて、ケーキよりもたくさん食べられてしまうかもしれません。
怖~いパンです(笑)

雑穀パンとは対極にあるようなリッチなパンですね~
今年の(というか常にですけど)健康によいパン作り~という主旨には反しますが、
健康によさそうなパンと不健康そうなパン(笑)、どちらもバランスよく作っていきたいかな~と思っています。


ところで、「シニフィアン・シニフィエの高加水パン&ドイツパン」の本からのパン、去年の7月に話題にしたものの、
その後ご無沙汰してしまいました。
シニフィエのパンはどれもおいしかったし、ホームベーカリーで作るのだから気楽に次々と作れそうなものですが、
実はそうもいかず...

というのも、材料に凝ったパンが多いのです。
粉を何種類も配合することは前回も言いましたが、具材がなかなか揃わない~のです。
雑穀パンに使うのは、本ではシードミックス。
日本ならクオカさんとかで注文すればよいのでしょうけれど、こちらでは、お店で探してみてもそういう名前では
見つかりませんでした。

しかし...


b0108544_179203.jpg

アメリカでベイキング材料といえば、ここしかありません!(多分) 
キング・アーサーにありました!
シードミックスという名前ではありませんが、このハーベスト・グレインズの内容が、
な~んとなくそれらしいので、注文してみました。

ちょうど年末のホリデーシーズン。 送料無料~のお得な時期。
ついでにいつものドライミルクとアーモンドパウダー。
それに今までは粗挽きのライ麦粉を使っていましたが、シニフィアンのドイツパンでは細惹き指定なので、ミディアムのライ麦粉。
こちらのお店では見かけない、オレンジピール、レモンピール、ドライパイナップルなどもついでに注文。

アメリカで大きなセールといえば、サンクスギビングの後のブラック・フライディですが、
私が毎年楽しみにしているのは、クリスマスの次の日、お気に入りの店の半額セールです。








b0108544_218221.jpg

Crate&Barrel, Pottery Barn, Williams Sonomaの3軒、ざざっと回ってオーナメントなどを購入~
いつもは衝動買いなどはせず、一つのものにも結構迷って、買うまでに何回かお店に通ったりするのに、
セールとなると、それほど考えずにぽんぽんカゴに入れてしまい、一度も使うことなく仕舞い込んでいる物も結構多かったり...

結局、無駄遣いしてしまっている...?
のはわかっているのですけれど、それでもセールってうきうき、心弾んで行ってしまうのですよね~
今回は、なかなか、後悔のないお買い物ができたと思っています。 今はね(笑)
一番のお買い得は、栗の瓶詰め、フランス産。
甘みついていないようですが、レシピ本で見かけるカスタニエという蒸し栗の代わりに使えるのでは?

アメリカでは、なかなか栗やマロンペーストなどの加工品も見ないので、余計に嬉しいのです。
Williams Sonomaらしく、もともとは結構なお値段だったのですが、何と定価の三分の一以下!
賞味期限が切れているわけでもないし...やはりアメリカで栗は売れないのでしょうか? 
たくさん置いてありました。
何に使おうか、今から楽しみです!
by Wingco | 2013-01-21 23:12 | パン
<< 黒豆ココナッツパイ ~おせちリ... ヨーグルトチーズケーキとガレッ... >>