人気ブログランキング |
ルミさんのケークサレ ★補習校中一修了~
b0108544_2353265.jpg

こんにちは♪
日本のニュースで見るような美しい桜は残念ながらありませんが、
芝生も随分と緑を取り戻し、うちのバラもたくさんの花を咲かせています。
すっかり春らしくなってきました。
先週は春休みとガレージセール、今週は同じ学区の日本人ママが集まっての情報交換会やボランティアなど...
気が付けば4月はもう目の前、今年も四分の一が終ってしまったのですよ、早いですね~
春と聞くと、気分もうきうきして来ますが、自分の誕生日が近いこともあり、
今年も何もできていないような、どんどん月日だけが流れていってしまうような...
あせる気もする季節でもあるのです。

ボランティアの集まりも、4月に行われるジャパン・フェスティバルへの準備のために頻繁にあり、
そのお菓子の写真も溜まってまっているのですが、とりあえず一回分...





b0108544_2213183.jpg

ミニトマトの赤に、ディルの緑がきいていますね。
オニオン、パルメザンチーズの白と共に、イタリアンカラー。 食欲を誘います。

こちら、オーブンに入れる前を撮っておきました。
before&afterで結構表情が変わってしまい、焼き上がりはあらら~と思うことも多かったので...









b0108544_22383944.jpg

でも、焼きあがりに、あまり変化はなかったでしょうか? 
イメージ通りに、なかなかよい感じになって嬉しい~

サーモンとクリームチーズのケーク・サレ
小嶋ルミさんの「シンプルテクニックのお菓子」の本からです。
「ケークサレってなに?」と食べていただいた方から質問も出ましたが、
サレはフランス語で塩。
「塩味のパウンドケー」キということは、日本でも流行ったと思うので、御存知の方も多いことでしょう。

単に砂糖を入れないで、塩を加えて作ればできる...というものでもないようです。
パウンドがふんわりとするのは砂糖の役目も大きいので、それがないと固い生地になってしまう。
そこで混ぜ方にコツがあって、天ぷらの衣のように、菜ばし三本使った粘り気をなるべく出さない混ぜ方...
なのですが、天ぷらも、なかなか満足のいくようには揚げられたためしがないので、
食べるまでは、ちょっと心配~







b0108544_2239103.jpg

中にはスモークサーモンとクリームチーズも入ってボリュームもあります。
生地にもいためたみじん切りの玉ねぎと、粉チーズがたっぷり入っていて、しっかりとした味わいですが、
バターではなくサラダ油なので、くどさはありませんし、冷めてもしっとりとしています。
でもやはり、温かい方がおいしいですね。

目新しくて、見栄えもするので、みなさんには好評でしたが、
自分ではクリームチーズが多すぎて、その味が強すぎたのと、
スモークサーモンの魚っぽい風味が少々気になったかな...

塩味の生地でもなかなかふんわりとはできたし、美味しいので、
野菜だけいろいろ組み合わせたバージョンも数種載っていますし、そちらを楽しみに作りたいと思っています。







b0108544_2239198.jpg

コーヒーときな粉のロールケーキ
たかこさんの「和風の焼き菓子レシピ」から。
卵別立てのスポンジなのですが、メレンゲの中に直接卵黄を加え混ぜ、それから粉...
というシフォンともまた違った作り方です。

巻きやすくて、しっとりとしたおいしい生地。
コーヒーは苦手なのですが、生クリームもつかっているせいか、それほど強く感じません。
写真からはわからないかもしれませんが、クリームにはきな粉も入っていて、
食べるときな粉は結構感じます。
まったりとしたクリームがコーヒーに苦味と良く合って、これは一見意外なようですが、
とてもよい組み合わせのおいししいロールケーキでした。

巻きも上手くできて、美味しさが写真に表れている一枚かな~?









b0108544_22395787.jpg

ヘーゼルナッツのクロッカン
津田陽子さんの「100のおやつ」から。
クッキーを焼く感じで大きく天板に広げてしまったのですが、
それからさらに膨らみ、広がって、とても大きく焼きあがってしまいました。

ヘーゼルナッツは半量は半割りに、残りは丸のまま使うので、ご覧のようにごろごろ入っています。
クロッカンは卵白で膨らます、マカロンの親戚のようなものですね。 外はかりっとしています。
私には、カルメ焼きを思い出させる味わいでした。








b0108544_231639100.jpg

厚焼きショートブレッド
小嶋ルミさんの「おやつなお菓子」から。 こちらはうちの家族好みのプレーンなお菓子。
クッキーの類ですが、一つに大きく作るのも楽しくて気楽です。
それでもしっかりセルクルの中で焼いたので、きっちりときれいな円にできました。
模様は本と違ってテキト~(笑)

この厚みも、ショートブレッドらしいざくざくの食感になって、いいですね~
ウォーカーズのショートブレッドも好きですが、それよりバターのくどさがなくて、もっとおいしいのですよ。
私にとっては、ですが...

発酵バターを使っていますし、全粒粉も少し、ブラウンシュガーもグラニュー糖と同量使って、
さっくり感とコクを出しています。
シンプルなお菓子も、ルミさんのレシピはさすが~の美味しさです。






 ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


少し前になってしまいますが、16日の土曜日は日本語補習校、中学一年最後の日ということで、
通知表など、いろいろと頂いて帰ってきました。



b0108544_22404931.jpg

二月に受けた漢検4級、「不合格」のお知らせも~(笑)
あと一点!惜しい~、とも言えますが、まぐれで合格しなくて、かえってよかったのかもしれません。
受験を申し込んだものの、すぐに受験日がクラリネットのソロ・コンテストと重なることがわかり、全く勉強もせず...
でも、その日の三日前に、以前にも触れましたが指を骨折してしまって、コンテストは棄権...
すなわち、漢検を受けられることになってしまった...というわけです。

中学一年ともなると、習う漢字も難しくなって来ましたね。
読みはともかく、私にも書けない漢字が...一緒に勉強した方がよいかもしれません。
日頃漢字を使う機会のないタコには、余計に難しく感じることでしょう。
漢検受験は受かることより、少しでも漢字の勉強をしてくれるための動機付けなので、
4月初めまで補習校がお休みの間に、漢字にも取り組んでくれるかな~と期待していたのですが、
現地校の宿題に追われていたのと、何だか骨折してから、学校から帰ってくるとまず寝てしまうようになり
(松葉杖生活は疲れるのかな?)、全く漢字のかもなく、補習校のことはどこかに飛んで行ってしまっているようです。
4月から、大丈夫かな~








b0108544_2317798.jpg

中学では、各教科の内容も当然難しくなり、宿題も増えたように思えます。
各教科の問題集、小学校では2冊ずつだったのが1冊と減ったのですが、
その分というかそれ以上に、作文やプロジェクトのような、考える、時間のかかる宿題が多くなりました。

写真は社会の宿題でタコが書いた、「歴史上に起きたことがらを取り上げて、それについて新聞を作る」、
と「歴史上のある有名人について調べてまとめ、その人物に対する感想を書く」。
日頃ものすご~く字が汚いので、きちんと書くことにも苦労していたようです。

他にも毎週、教科書をまとめる宿題も、小テストもあって、日本で暮らしたことのないタコにとっては
全く馴染みのない日本の歴史。
人名など覚える漢字も難しくて、イヤになるのでは~と最初心配になりましたが、
イラスト入りの先生直筆のわかりやすくて面白いまとめのプリントや資料を毎週くださったり、
授業に大河ドラマを取り入れたり、などの工夫のおかげで、タコもすっかり日本史好きに...
最後の授業はA,B組合同の歴史クイズ大会で、タコは同率で二人でしたが「一位になった~」と喜んでいました。
多分すぐに忘れてしまうことも多いのでしょうけれどね、こんなこと勉強したこともあったな~
程度でも、懐かしく思い出すことがあれば...と思っています。








b0108544_22503555.jpgb0108544_22504575.jpg

苦労したプロジェクトですが、そのたびに立派な冊子にまとめてくださるので、やり甲斐もあるというものです。
みなさんの作品、どれも素晴らしくて、拝見できるのも楽しいし、がんばっているな~と刺激にもなるようです。

学校文集も、小学校までは全員一つの作品は掲載されていましたが、中学になると選抜制になり、
半分ほどの生徒さんしか載らなくなります。
今年は「ベルリンの壁」について調べたものが載りました。
国語の宿題も、毎週新聞記事の要約とそれに対する自分の意見、プラス、読書感想文だったり、
文語を使って自分の生い立ちを書く、詩、四字熟語を作るなどの課題も。
週一回、二時間の国語の授業で、教科書一冊もきっちりと抜けなく、全部こなすので、
進むスピードも早く、問題集の宿題も、10ページということもあったり、とにかく宿題が多いのです。








b0108544_22412159.jpg

松葉杖姿が痛々しい~、というより滑稽に見えてしまうのですが、優等賞を校長先生からいただきました。
こんな晴れがましい舞台に立てるなんて、もうないことと一年前、
小学部の卒業式での答辞の時に思ったものです。
今年はこの時間、お友達のガレージセールで忙しくしていたので、こんなことになっていたとは知らず、
学校にはいなかったのですが、お姉さんが卒業された同級生ママが、ありがたいことに写真を撮ってくださったのです。

中学部を卒業したわけでもなく、まだ一年が終っただけですが、学年があがるにつれて、
現地校との両立はより難しくなってくることを感じます。
いただいた通知表、がんばっていることを最高に評価していただいて、タコも二年生になっても~
とやる気になっていますが、裏に書かれている「出席状況」は授業日数42日に対して、
欠席9日、遅刻早退8日と多いのです。
もちろん、さぼっているのではなく、現地校のバンドなどのコンテストや野球の試合などですが、
三分の二以上出席しないと進級できないそうなので、危ない~

この秋からは現地校はハイスクールに入るので、ますます土曜日に何かあることが多くなりそうです。
うちは駐在の方と違って、日本の学校に進む予定は今のところないので、現地校中心、
補習校はいつやめる事になるかわかりません。
(できれば、一度始めたことは最後までやり遂げて欲しいのですが...)

無事に中学一年生修了、おめでとう!
by Wingco | 2013-03-29 23:00 | お菓子
<< パーティーブレッド ~ホシノ酵... クロワッサン・ダマンド ~苦労... >>