人気ブログランキング |
ココナッツミルクのシフォンケーキ ~津田陽子さんの夏シフォン♪
b0108544_23254392.jpg

ココナッツミルクのシフォンケーキ
サラダ油ではなく、バターを使った津田陽子さんのシフォンケーキ。
焼き上がりの、表面の感じも違うでしょうか。 
膨らみも、サラダ油使用より穏やかなように思えます。

今年の夏は例年に比べて、暑さがそれほど厳しくないかな~と思っていました。
と言うのも、天気予報で夏の間に何度かは、最高気温100度を超える日があって、
それを見るたびに、「わぁ~、今日は暑くなるぞ~」と身構えるのです。
マーチングバンドも100度を超えると外ではなく、建物の中の練習になるとか...
でも今年は3桁を超える日がまだありません。 
この夏の最高気温、97度で留まっています。

あっ、もちろん100度というのは、アメリカでの気温を表す華氏の温度のことですよ。
摂氏でしたら、38℃ぐらいでしょうか。
でも気温の上下があまりなく、6月、いえ5月からかな?、毎日30℃から35℃と夏が長いヒューストンです。
9月いっぱい、暑い夏が続くことでしょう。

冷房が効いていても、熱いオーブンの前にはあまり立ちたくない~
と作るほうはあまりやる気がないのですが、「ケーキとか、何かないの~?」と家族にはせかされます。
そんなときには、やっぱりシフォンケーキ。
下準備もほとんど要りませんし、焼きっぱなしでよいですからね。
21cmと大きく作れば、三人で2~3日は持つでしょうか。
冷蔵庫に入れても、少し締まる程度で柔らかさはそれほど変わらず、冷たくても美味しくいただけますしね。









b0108544_23261660.jpg

シフォンケーキのバリエーションはいろいろ試していますが、ココナッツミルクというのは初めてでした。
ココナッツミルクの独特の香り...
タイカレーとか私は好きですが、タコはあまり好きではないのか、
以前ココナッツミルクプリンというのを作った時はだめでした。

でもこのシフォンケーキはおいしかったようです。
確かに、それほどココナッツミルクの風味は強くありません。
ほんのり、何か甘い香りが~という程度でしょうか。
ココナッツミルクだけではなくて、牛乳も使っているので、マイルドな風味になったのかもしれませんね。
津田さん、さすがです~♪








b0108544_23375089.jpg


b0108544_23263365.jpg

そして、クリーム色もきれいですし、普通のプレーンシフォンよりも一層柔らかくて、しかもしっとり。
ふわふわ...それよりも、ふわじゅわ~な感じでしょうか。

トロピカルな夏を感じる風味の、おいしいシフォンでした。
ココナッツミルクが入ることによって、味だけではなく、食感も変わってしまうこと、おもしろいですね~










b0108544_23373627.jpg

アップルピールのシフォンケーキ
シナモンパウダーも入っているので、全体に濃い目の焼き上がりですね。

ケーキとは関係ありませんが、キッチンクロス、涼やかなブルーの色合いが好きです。
夏らしい雰囲気ですが...








b0108544_23372286.jpg

よく柄を見ると、トナカイとか雪らしいものも...
そう、クリスマスシーズンに買ったものなのですよ。

写真ではわかりにくいですが、トナカイの部分だけ刺繍になっているのです。
お菓子に戻って...







b0108544_23365974.jpg

アップルピールというのが見つからなかったので、こちらのdiced pineappleなるものを代わりに入れました。
結構細かいものなのでで、断面を見ても、あまり存在感がありませんね。
そのもの自体が食べてみて、甘さが強くて、あまりパインの風味がない~(悲)
ということで、ただの甘いシナモン味のシフォンということになってしまいました(笑)

それに、シナモンと相性のよいのはやはりリンゴですよね。
リンゴの季節になったら、自分でアップルピールを作って、もう一度作ってみたいです。









b0108544_2338129.jpg

イチゴ、確か日本ではきちんと一つずつ同じ方向に並べられて、ケースに入っていたと思いますが、
アメリカでは大抵こんな大雑把な感じ。
大きさも形もばらばらです。
なので、イチゴのショートケーキを作る時に、困ってしまうのですよね。
きれいな形で同じ大きさのイチゴを揃えるのは、至難の業。

アメリカは日本よりも農薬の規制もゆるいらしくて、イチゴは特にたくさん農薬を使うらしい...
と聞いたので、なるべくオーガニックのイチゴを買うようにしています。
夏でもオーガニックイチゴが、それもそんなに値段も高くなく、手に入るのは助かります。
2パウンド、約900グラムでしょうか、8ドル程度でした。

そして、1粒が大きい~
お隣はアメリカンチェリーなので、こちらもこちらも結構な大きさなのですが、並べると小さく見えてしまいますね。
でも、味のほうはいまひとつ...固くてあまり甘くない~
そういう時は、スムージー用に冷凍庫行き。
そして、ジャムも作りました。

チェリーは夏の果物...と思っていたら、クリスマスの時期にも売っていたりしますが、
やはり夏はお値段も安いし、たくさん出回っています。
こちらは甘くて、そのままでもおいしい~
のですが、うちの家族には、「種を出すのが面倒~」などと言われて、あまり喜ばれません。
私一人では食べきれないので、残ったチェリーもジャムにしました。








b0108544_23382968.jpg

ジャムはいつもの、いがらしろみさんの作り方です。
糖度が高めですが、強火で比較的短い時間で仕上げます。
ですので、黄色のイエローピーチのように、色も鮮やかに仕上がります。

でもその下のイチゴのジャムは、いつもと違って、きれいな赤ではありません。
というのも、きび砂糖を使ってジャムを作る...という記事を見かけたので、
どんなものかと、Raw Cane Sugerを使ってみたのです。
やはり砂糖の色が濃いですから、ジャムの色も濃くなってしまいましたね。

色だけではなくて、食べてみても、何だかくどい味に感じました。
なかしましほさんのお菓子などは多くがきび砂糖使用で、素朴な焼き菓子にお菓子によいコクを与えていますが、
ジャムにはすっきりとしたグラニュー糖の甘さの方が合うようですね。

こんな、いまひとつなジャムが出来てしまった時、私はカレーに使ってしまいます。
マンゴーチャツネの代わりですね。 甘み付けにいいですよ。
他にも何か使い道があるでしょうか...?

チェリーのジャムの方は、キルシュワッサーの風味も効いて、おいしくできました。
甘さもそれほど強くなく、炊く時間も短いので、ジャムというより、コンポートのような食感です。
こちらのシフォンに使いました↓









b0108544_2351924.jpg

チェリーのシフォンケーキ
本ではグリオットチェリーの洋酒漬けを使っています。
チェリーのジャムでは甘くなるかな~と思いましたが、ちょうどよい感じでした。
細かく刻んだせいか、あまり存在感がなくて、もう少し量を増やしてもよいかも~と思うほど。

シフォンに具を入れるのは、特に水分のある具の場合、大きな穴が開いたり、具が底に沈んでしまったり...
と失敗しやすいのですが、今回はなかなか良い感じに焼きあがってほっとしました。
いつもより空気感を感じる、ふわふわ~なシフォンです♪









b0108544_23512777.jpg

チェリーのシフォンだから...と赤いクロスを敷いてみましたが、
暖かい感じになってしまい、夏には合わなかったでしょうか?(笑)









b0108544_23514782.jpg

スパイスミルクのシフォンケーキ
涼やかに見えるのは、やはり寒色~?と水色のお皿に置いてみました。
シフォン自体はいつものように21cmなので、かなり大きなお皿です。
ミルキーな水色、回りのお花のようにカーブしているところも好きなお皿なのですが、
こうやって写真で見ると、あまり良さが表れていませんね~(笑)








b0108544_2352332.jpg

同じ素材の小鉢にも入れてみましたが、全体が赤っぽく、ぼんやりと写ってしまうようです。







b0108544_23522028.jpg

お皿を変えてみました。
あまり違わない...って~?(笑)

こちらの方がスパイスの粒々まで見えるような...
気がするだけかもしれませんね。

見た目は地味かもしれませんが、私はこのシフォン、とっても気に入りました。
ぴりっとスパイスが効いて、甘さの中に辛さがあって、美味しいのです。
シナモン、が多め、他にナツメグ、ジンジャーパウダー、白コショウも少しずつ入っていて、
そのミックス具合が絶妙かも~!

アメリカではクリスマスの頃によく出回る、ジンジャーブレッドのような味を想像したのですが、
もっと、ずーっと美味しいものでした。
甘さもずっと控えめですし、あのようなきつい味ではありません。
そこはシフォンですから、味も食感も軽くて、夏にも食欲が増すような刺激的な美味しさです。

とは言っても、すごく辛い、という訳ではなく、タコも気に入っていたようです。
小さいお子さんにも喜んでいただけると思います。


今回は(も?)飾り気のない写真ばかりになってしまいましたが、
津田さんのバターシフォンは、クリームなど添えなくても、そのままで十分においしいのですよ~
暑い夏にも食べたくなるようなシフォン...と感じてくださったでしょうか?
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

by Wingco | 2014-08-12 23:59 | お菓子
<< たかこさんの、抹茶のパンドジェンヌ  苺のミルクプリン アレルギー検... >>