『みんなのおやつ日記』への掲載ありがとうございます♪
b0108544_23501295.jpg

生姜のマフィン
多佳子さんの「ちょっと和風の焼き菓子レシピ」より。
生姜のすりおろしがたくさん!
なのでぴりっと辛さが効いて、きび砂糖ならではの甘さととってもよく合います。
お塩も入っていて、その塩気が効いたところがまた好みの味です。









b0108544_23503320.jpg

マフィンと名乗っていますが、手順を見ると、卵と砂糖のホイップから始まる、スポンジの要領なのですね。
バターも少なめで、その分生クリームがたっぷり~

焼きたては、ほわっほわ~ そっと持たないとつぶれてしまいそうなほど柔らか。
食べると、とてもふんわりと柔らかくて、しっとりとした食感です。
見た目はシンプルですが、見た目以上に印象に残る美味しさでした。

中に何も具が入っていないところもタコ好み。
焼きたては特に、辛さが際立つのですが、そこがよかったようです。
ついこの間まで、中辛のカレールーでも「辛い~!」と甘口でないと食べられなかったタコですが、
この一年でいきなり辛い物好きになって来ています。
うどんも唐辛子をたっぷりかけるように...

背も急に高くなりましたが、味覚も大人になってきているのですね~
嬉しいような、さみしいような...









b0108544_19274788.jpg

マロンのベイクドチーズケーキ
こちらも多佳子さんの、「フィンガーフードと小さなお菓子」の本より。

生クリームがたっぷり、サワークリームも入ったチーズ生地。
湯煎焼きなので、どっしりではなく、まったりとした少し軽めの食感です。
多佳子さんらしい甘さ控えめの優しいおいしさ。
栗がよいアクセントになっています。

本当は栗の渋皮煮を入れるのですが、むき甘栗で代用してしまいました。
渋皮煮でしたら、もっと本格的な美味しさになったかもしれません。
でも粒の大きめの柔らかいよい甘栗でしたので、味も強くなくて、
かえってチーズ生地との一体感があったかもしれません。

チーズケーキも角型で作ると雰囲気が違いますね。
小さく切り分けるのにもうってつけです。








b0108544_23514746.jpg

家族には味見用の、この小さい2切れのみ。
タコは栗を好まないので、端っこ切り落としの、栗のないところで十分喜んでいました(笑)

この週末は三日間、日本に帰ってしまうお友達の、リビング&ガレージセールのお手伝いをさせていただきました。
ランチの差し入れに、いなり寿司とこちらのチーズケーキを持参して。
久しぶりに会う、栗好きなお友達も参加されると聞いていたので、喜んでいただけるかな~と思って。

連日盛況で、たくさんの方に来ていただき、たくさんの品物が売れて行くのは気分爽快~!
でしたが、日頃の運動不足がたたって、よく月曜日はぐったり...
すっかりお知らせが遅くなってしまいました。



そう、月曜日18日は私のブログの記事も掲載させて頂いている、
『みんなのおやつ日記』の発売日!

だったのです~


みんなのおやつ日記

SE編集部 / 翔泳社




どんな本なのでしょうね~ 読むのが楽しみです!
出版社の、大変お世話になった担当のHさんから、本の発送のお知らせをいただいたのですが、
海外ですからね、時間もかかるのでしょう。  まだ届いておりません(笑)

<内容説明>によりますと↓

 「ほっとする素朴な焼き菓子、クリームたっぷり乙女のスイーツ、ひんやりつるりんのデザート……見ているだけで癒される、手作りお菓子の写真日記!
有名パティシエ店の高級スイーツもよいですが、おうちでていねいに手作りしたお菓子は、忙しい毎日を少し楽しく、豊かに彩ってくれるものです。本書は、レシピやライフスタイルが人気のブロガーさんたち18名による、手作りお菓子の写真とそのお菓子にまつわるエピソードをたくさん収録させてもらった本です。お店スイーツとはひと味違う、自分好みのこだわりお菓子や、誰かを喜ばせるための心づくしのお菓子がいっぱいです。今度のお休みに作ってみたくなる、身近な食材での簡単お菓子アイデアや、いつかチャレンジしたい難易度高そうなお菓子まで、お菓子作りのネタ探しにも最適です。素敵なお皿使いやおしゃれなスタイリングにも注目。」

わ~ ”人気のブロガー”でもありませんし、”おしゃれなスタイリング”もできていない私...申し訳ありません~
でもきっと、他のブロガーさんは美味しいお菓子に素敵なお写真満載なのでしょう!
もし、私の記事はボツになっていたらどうしよう...と不安もありますが...


最初Hさんから、本に掲載のお誘いを受けたとき、「まさか~、冗談でしょう!」と思いました。
だって、いっさいレシピは載せていませんし、ほとんどオリジナルのお菓子などないからです。
でも本の主旨が、レシピ本ではなく、普段のおやつの紹介、過去に載せた記事でよいとのことで、
こんなつたない、ゆる~いブログでも目に留めてくださったことが嬉しくて、
また、これも長い間ブログを続けて来たことへのご褒美かと思い、掲載をお願いすることにしました。

全くお菓子作りを習ったこともなく、アメリカに来るまでクッキー一枚焼いたことのなかった私ですが、
アメリカに来て、日本の慣れ親しんだ繊細な美味しさのお菓子が恋しくて、食べたい一心で始めたお菓子作りです。
お菓子の先生はレシピ本のみ。
失敗もたびたびですが、このブログはそんなお菓子作りやアメリカ生活の記録を残したくて、ゆるゆると続けています。
今回の本への掲載という身に余る幸運も、このブログに遊びに来てくださるみなさまのおかげと感謝しております!
これからも、どうぞよろしくお願いいたします♪


是非、本屋さんで、『みんなのおやつ日記』、お手に取ってご覧いただければ幸いです。
(このブログも載っているかどうか、教えてくださいね~)
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

by Wingco | 2015-05-20 03:19 | お菓子
<< *小沢さんのフランボワーズシフ... ルミさんの紅茶のプリン いちご... >>