大納言と小豆 七夕イベント
b0108544_23332790.jpg

お友達のお宅でのランチ、夏休みで子供たちも一緒でしたので、子供受けのよい定番ハムコーンパン、
あんぱん、それにクリームチーズの入ったソフティチーズを持参しました。

やはりパンは焼きたてが一番美味しいかと、出かける直前に焼きあがるように朝早くから作ったのですが、
最後はいつものようにばたばたして、塗りたまの雑なこと~

でもふわふわで美味しい~!
あんぱんの餡は手作りなので、なおさらそう感じます。

桜餅を作った時にも手作りのあんはやっぱりおいしい~と思ったのですが、結構煮ても小豆の皮の食感が気になりました。
”古い小豆だと柔らかくなりにくいらしい”と聞いて、今回はなるべく新しい小豆で作りたいと買いに行きました。












b0108544_23343248.jpg

日本と違って、産地がどことかこだわりのある小豆と手に入れることができないのですが、
それでも日系スーパーには普通の「小豆」と「大納言小豆」の二種類が売っていました。
大納言の方が少し値段も高かったのですが、どう違うのか比べようと、両方買ってみました。
やはり大納言の方が粒が大きいですよね。

ふたつのお鍋で同時に、同じ方法で炊いてみたのですが...見た目だけでは、あまり違いがわかりませんよね?
袋の並びとは逆に、向って右が「大納言」、左が「小豆」です。
大納言の方が、何となく、粒がそのまま残っているよう、小豆のほうが皮がやぶれ気味になっていると思いました。

予想では大納言の方が美味しい餡になるのではないかと思ったのですが、
大納言は粒が大きい分皮もしっかりとしていて、食べてみると皮の存在感が少し気になります。
小豆の方が皮が少し薄いのか粒餡としての一体感があります。
粒餡を作るには普通の小豆の方がよいようです。

大納言はせっかくの大きな粒ですし、煮崩れしにくそうなので、鹿の子甘納豆など作ってみたいですね。












b0108544_23454127.jpg

次の週にも同じお宅に、またまたお邪魔してしまいました。
チャイナペイントをちらっと体験させていただくためです。

左端の写真、もちろん私の作った物ではありません~
「初心者にはこんな感じの作品はいかが~」と見せていただいた物です。

かわいい~! でもこんなに細かい模様、とても描けそうもありません。
きっとただの体験だけで終ってしまいそうです...

ちなみに、
雪だるまのような形の物は何かな~と思ったのですが、ケーキサーバーだそうです。
でも結局使い勝手が悪くて、ただの飾りになっているそう。納得です。
息子さんの御希望で作ったキャラクターのカップ、絵は転写シートを使うので、
「意外に簡単」とおっしゃいすが、色も複雑で、私には全く簡単には見えません。

教えてくださる合間に、ささっと作ってくださったご馳走。
私だったらお料理にかかりきりになってしまいそう。手芸もお料理も手際がよくていつも感心してしまいます。
豚フィレのソテー、温かいクスクス、マンゴーサルサ。
もう一人のお友達の野菜の寒天寄せも夏らしい爽やかなお料理でした。

私は前回の記事に出てきた、ココナッツミルクシフォンとチョコレートシフォン。
フルーツとラムレーズンアイスでおめかししていただきました。
実は午前中に待ちきれなくてシフォンの味見をみんなでしてしまい、それでも午後のお茶でもまた食べたくなり、
半分に切って控えめに...
今回のシフォンは「どちらも甲乙つけがたい~」と大好評でした♪











b0108544_012064.jpg

7月7日にはダウンタウンにあるチルドレン・ミュージアムで七夕にちなんだイベントが行われ、
私もボランティアとして参加させていただきました。

七夕にちなんだ織姫と彦星のお話を紙芝居で上映したり、日本舞踊もありましたし、折り紙を教えたり。
私の担当は、短冊に願い事を書いていただいて、笹につける御手伝いをすること。
もちろんアメリカにはこういう風習はないと思うのですが、小さいみなさん、すぐにわかってみな真剣に御願い事を考えて、
一生懸命書いてくださいました。
本当にどのお子さんも素直で、このくらいの年頃ってこんなに可愛かったのね~ととっても癒されました。
普段、生意気な高校生ばかり見ていますから、余計にそう思うのかもしれませんね(笑)

女の子は、
「パピーが欲しい」 「ポニーが欲しい」 「プリセスになりたい」 「ユニコーンになりたい」
など夢見がちなお願いが多いのに対して、

男の子の願いは、
「プロのサッカー選手になりたい 」「リッチになりたい」 「ゲームが欲しい」 「弟が欲しい」
など現実的なものが多いような気がしました。

でも中には、「ママとずっと一緒にいたい!」と泣けてくるようなお願いを書いた男の子もいて、
もう胸がキュンキュン、心が洗われる思いがしました。

7月頭から4週間、タコは一人で日本に行くことになり、行く前にはその準備でばたばた、
行っても日本で無事にやっているのか心配になったり、やはり寂しさでぼんやりしていたのですが、
思い切ってボランティアに出かけてみてよかったです。 
みなさんに元気をいただきました! 
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

by Wingco | 2016-07-13 23:59 | パン
<< zopfのツイストドーナツ ハ... バターvsオイル シフォン対決3連戦 >>