ボストン旅行記1 ~歴史を感じる街
b0108544_17495237.jpg

去年、2017年7月に行ったボストンの旅行記です。
画像のサイズも修正しないままですみません。見辛いかもしれません。

ボストンはアメリカでも歴史を感じさせる街です。
アメリカ独立前後の建物や記念碑などを徒歩で回れる、約4キロのフリーダムトレイルがあります。
それらを含んで、もっと郊外の方の名所も回る、途中乗り降り自由の観光バスに乗って巡ってみました。

写真はマサチューセッツ州庁舎です。







b0108544_17514026.jpg

手前の小さな家が、レキシントン・コンコードの戦いの時に、何かの舞台になった家だそうです。
バスの運転手さんがガイドもしてくれるのですが、英語なので聞き逃すことも多かったです。
息子は後で歩いてフリーダムトレイルを回ったのですが、中は撮影禁止だったそうです。







b0108544_21095121.jpg
大きな彫刻のモニュメント。ボケていてすみません。走っているバスからの撮影なので…
ガイドさん付きのコースもあるのですね。当時の服装をされていますが、暑い中大変そう~









b0108544_17530456.jpg
独立戦争前後の有名人も多く葬られている墓地だそうです。
ベンジャミン・フランクリン、サミュエル・アダムス...









b0108544_17533986.jpg

思ったよりも暑くなく、窓のないバスは風も入って快適でした。
ボストンは赤レンガの建物が多い印象です。











b0108544_21051652.jpg
もちろん、近代的な建物もあります。










b0108544_17550628.jpg

レッドソックスの本拠地、フェンウエイ・スタジアム。
こちらは外野側です。座席が見えるほど近く。
アメリカでは大きなスタジアムを観ることが多いので、割とこじんまりとした印象です。









b0108544_17552486.jpg

スタジアム全景。高さも低めです。









b0108544_17555448.jpg
アメリカ人なら多くが知っている、Cheersというコメディドラマ。
そのオープニングがこのお店の前の画像。
私も何度か再放送で見たことがあるので、遠くからでもわかりました。
放送はず~と前に終わったのに、全く変わっていない!









b0108544_21043941.jpg
スタバの看板、ボストン茶会事件も歴史的に有名ですが、日本の昔ながらの大きなやかんを思い出してしまいました。












b0108544_17574712.jpg

約2時間程度でしょうか、一巡した後に、クインシーマーケットでバスを降りました。








b0108544_17575910.jpg


建物は古いそうですが、今は市場ではなく、






b0108544_17581531.jpg
フードコートが中心でした。





b0108544_17583724.jpg

ボストンは海にも近く、シーフードを使ったお料理も有名なようです。
クラムチャウダーもありましたが、ファストフード的なお店ばかりであまり惹かれませんでした。










b0108544_17585837.jpg


二階は客席だけかと、一応上ってみると、半分はユニクロの大きなお店。
ヒューストンにはないので、珍しくてじっくり見てしまいました。
アメリカンサイズに直して売っているのですね~








b0108544_17592464.jpg
少し歩いたところにあった、パブリック・マーケットの方が、入っているお店もお洒落で、ボストンの方が普段に訪れるような感じ。
興味が持てるお店が多かったです。







b0108544_21052917.jpg
お茶とハーブのお店。






b0108544_17594798.jpg

朝ごはん用に買ったチーズのペストリーと息子の好きなドーナツ。
ラズベリーの酸味が効いていてそれほど甘くなく、予想を裏切る美味しさでした。











b0108544_18005204.jpg

Boston Tea Party Museum というのも観光バスに付いていたので行ってみました。









b0108544_18013903.jpg
船はレプリカで、当時の物はお茶箱一つだけ(撮影不可)でしたが、
このように当時の船内も復元されて、当時の登場人物に扮する体験型のミュージアム、楽しかったです。
ボストン茶会事件のことがよ~くわかりました。






b0108544_18015926.jpg
小さなお子さん達も役に扮して、お茶箱を海に捨てたり、楽しそうでしたよ♪








b0108544_18023381.jpg
ミュージアム近くのRow34というモダンなレストランに入ってみました。







b0108544_18032000.jpg

前菜に、セビーチェがあったので頼んでみたのですが、上に乗ったヤムのポテトチップスばかり目だっていますね。
テックスメックスのようなクセのあるスパイスが効きすぎて、ホタテなどそのものの美味しさが消えてしまっていました。
アメリカのお料理でよくありがちですね。
生のシーフードはシンプルに頂くのが好みです。
奥のクラムチャウダーはこれまた少し変わった風味、酸味のあるような?でしたが、それはそれでクリーミィで美味しかったです。








b0108544_18033349.jpg
やはりメインはロブスターロール。
ロブスターたっぷり、セロリも少し。
あっさり目のマヨのみのシンプルな味ですが、ロブスターの美味しさが十分楽しめました。
息子はキャットフィッシュ(ナマズ)のサンドイッチ。
日ごろ食べ物には臆病で、変わった物は選ばないと思っていたのですが...
たまにはね~とのこと、普通に美味しかったそうです。

三日間のボストン滞在で、三回ロブスター、クラムチャウダーを頂きました。
ボストンのマックにはロブスターロールがあるようですよ。入りませんでしたが、地下鉄の広告で見ました。
ヒューストンも海は近いのに、あまりシーフードの名物料理はありません。やはりテキサスだから肉~が多い(泣)

ご覧頂きありがとうございます♪
次回はアカデミックなボストンの予定です。








[PR]
by Wingco | 2018-08-06 23:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://wingco.exblog.jp/tb/28540801
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ボストン旅行記2 ~アカデミックな街 おせち料理2018 >>