人気ブログランキング |
レーズン酵母でカンパーニュ
b0108544_22101640.jpg
10日ほど前に初めて完成したレーズン酵母を使ってのパン。その後も調子に乗って続々と焼いています。12月丸々全くお菓子もパンも作っていなかったので、作りたい~願望が溜まっていたとうこともあるかも...

やはり手作りの自家製酵母といえば、イメージするのは田舎風のパン、カンパーニュ
十文字に入れたクープからめりめりっと釜のびしているところ、元気な酵母なのね~と嬉しくなってしまいます。
本の写真ではそんなのできていないし、ただクープを深く入れすぎただけなのしれませんけどね。11月にホシノで初めて作ったカンパーニュよりは膨らみもよく、クラストも固すぎずガリガリからパリパリになった感じがします。





b0108544_21564130.jpg
冷めるのを待ちきれずに切ってしまったら、やはり切り口がところどころ団子状になってしまいましたね。でも、暖かいパン、しっとりもっちりでおいしい~!

本、「自家製酵母」のパン教室では準強力粉8に対して全粒粉1とライ麦粉1の割合。ライ麦はあまり多く入っていないので、酸味も強くなく、噛み締めた後にレーズン酵母のフルーティーな酸味を感じる程度、食べやすいカンパーニュだと思います。
それでもハード系なパンをあまり喜ばないダダには「おいしいけど(と一応気を使っている?)、やっぱり(お弁当の)サンドイッチには普通の柔らかいパンがいいな~」と言われてしまいました。
そこでもう一度パン・ド・ミです...


b0108544_21143925.jpg
自家製酵母で最初に焼いたパン・ド・ミは本の作り方に忠実に、手ごねで一から作ったのですが、結局一次発酵はさせすぎ、最終発酵は温度管理も適当で不十分な状態で焼いてしまった~と反省。
もう一度作らないと~と思ったのですが、ふと「ホームベーカリーにおまかせしてみたらどうかな~?」などとまた手抜き(笑)することを考えてしまいました。

「天然酵母コース」で待つこと7時間。いや~これがなかなかどうして! ふわっと柔らかくて、希望通りの釜伸びまでできるふくらみ具合になったのですよ~
もう嬉しくって、さっそくもう一つ焼いてお友達に感想を聞いたら、「自家製酵母のパンってもっとどっしりしているのかと思ったら、こんなにふんわりできるのね~ 素朴な味わいがあっておいしい。イーストの香りがしないのがいいわ~」と喜んでいただけました。健康志向で普段も玄米と野菜中心な食生活を送っている彼女、今までのパンにはイースト臭さを感じてしまうことも度々だったそうです。

難しそう~と思っていた自家製酵母のパンもHBでできてしまったら、ぐっと身近になったような気がしませんか?
パン作りはこだわりをもって手をかけて作るのも楽しみですけれど、私の場合、市販のパンを買いたくない(好みなのがこちらでは売っていないから。もちろん添加物も気になるし~)、半分はご飯を炊くような日常にかかせないものになっているのです。
だから忙しい時や気分が乗らない時でも、お手軽にパンが焼ける手段があるというのはとってもありがたい!

ただちょっと、見た目焼き色がついていないところがいまひとつかな?
見た目と違って、実際クラストはパリパリでフランス食パンのような食感、もちろん中もちゃんと焼けているのですけどね。やはり最後はオーブンで仕上げた方がもっとおいしくなるのかな~
とにかくパン・ド・ミはうちにとって基本のパンなので、もっと追求して行きたいと思っています。
ちなみに、本に載っている材料では全量558グラムとなるのでHBの容量には多すぎるかな~と80%に減らしたら丁度よかった! フタまであと2センチ~というところまで膨らんでくれました。


b0108544_2147877.jpg
次に何か簡単そうなのは~と本を眺めて見つけたのがベーグル。何と一次発酵がいらない!!
あれ?ベーグルってみんなそうでしたっけ?それともこの本だけなのかな~と不思議に思いながらも捏ねの後いきなり四分割(かなり大きい~)。水分が少ない記事なので、粘土のような感触(笑) 成形はしやすかったのですけれど、茹でる時にタコと話をしながらだったのでそちらに気が行ってしまって、気がつけばお湯がグラグラ~と沸騰! したがって、ご覧のように真ん中にシワが寄ってしまいました(悲)

ライ麦も10%ほど入って噛み締めるほどに味わいがある、もっちりしたおいしさです。
でも表面がちょっと固いかな~ 市販のベーグルにもいろいろありますが、私はもちもちしながらも少し柔らかめの食感が好みです。以前作った一次発酵のあるまりまりさんレシピのベーグルのほうが好きかな~


b0108544_21423190.jpg
お弁当にはこんな感じにしました。エビのオムレツです。最初にエビをバターで炒めて端に寄せて、空いたところに卵を流してまとめる。オムレツというよりスクランブルっぽいのですけど、少し甘めに味付けた卵がいい感じです。
タコはマヨネーズが大の苦手なので、サンドイッチはいつもハムとチーズ、みたいなワンパターンになりがち。なにかよい具のバリエーションがあったら教えてくださいね~!


b0108544_21344773.jpg
レーズン酵母のつなぎが間に合わなくなりそうになり、慌てて起こしたホシノ丹沢でじゃがいもブレッド
いつものまりまりさんの「MKホームベーカリーレシピ」に載っているのですが、使っているのはポテトフレーク。こちらでは見かけたことがないので、ゆでたジャガイモをマッシュしたもので代用してみました。

勝手に配合を変えて大丈夫かな~と心配もしたのですが、よ~く膨らんでおいしく出来たので嬉しい!!
お芋だからもっちりになるのかと思ったら、ふわっふわでしっとりなのですね~ 表面の焦げ具合も良くて、薄いけどパリパリの香ばしさ、何となく甘いようなじゃがいもの風味も感じるのです。
本では生イースト使用ということもあって、材料の配合を変えたので、備忘のために...
<材料>
茹でて潰したじゃがいも  70g
牛乳  120g
ホシノ丹沢生種  25g
砂糖  20g
強力粉  250g
塩  4g
無塩バター  30グラム


b0108544_2114112.jpg
また雪がちらついた土曜日でしたが、一日中お友達のお宅にお邪魔して、子供たちはコミュニティの中にある温水プールや、モノポリーなどおうちで思う存分遊ばせていただき、大人はいつものように時間を忘れてのお喋りを楽しんだのでした~
ランチということもあって、持参したのは三種類のパンとシフォンケーキをこれまた三個。炭水化物ばかり(笑)


b0108544_21234870.jpg
これまたお手軽に「MKホームベーカリーレシピ」からクランベリーチョコブレッド
この本に載っているレシピは全部作るぞ~と目標にしているのですが、私とタコはチョコをあまり好まないので、なかなか作れないでいました。でもたいていのお子さんはチョコが好きですよね?このパンも「チョコが入ってる~!」と喜んでもらえてよかった~

ドライクランベリーもチョコチップももう少し多くても~と思ったのですが、結局ホシノ丹沢のふわふわの生地のおいしさを損なわない、飽きが来なくて食べやすい量なのですね。
うっかりチョコチップを入れるのが遅くなって、発酵に入った後になってしまったのですが、うちのHBでは発酵途中に三度ほど羽根がぐるぐるっと回って、軽くパンチが入ります。それで何とか全体に散らばったようですね。それに、焼いてもチョコチップって溶け出さないものなのですね~不思議。


b0108544_21251436.jpg
レーズン酵母のリュスティック。これはかなり私の好みにできました。
外はカリッと、といっても固すぎず、中はもちっと、噛み締めるたびにしみじみおいしいな~と思えるパンです。生地にはバターも入っていなくて砂糖もほんの僅か、素朴なところが味わい深いし、クープにはさんだバターが生地に染み入ったところもたまりません! レーズン酵母を使ったパンの中では今のところ一番のお気に入りです。


b0108544_21334657.jpg
いつもブログを拝見しては、おいしそ~なプロも顔負けの完成度の高いパンやお菓子が次々に現れて感激~!!している「Baking Diary」のassam-milkさんオートミールハニーブレッド。レシピをアップなさっていたので、私もさっそく作ってみました。

以前にもオートミール入りのパンは作ったことがあり、とてもふわふわにできた覚えがあるので、それにこれまたふわふわ作用のあるハチミツが加わったらそれこそすご~くふわふわなパンになるのでは~と期待も高まります。
そしてできたパンのもやっぱり~のふわふわ、嬉しい~!! 後で断面の写真を撮ろうと思っていたのに、いつの間にかなくなってしまいました。卵黄も入って黄色のきれいなパンだったのですよ~ assamさん美味しいレシピをありがとうございます!!
その本物のおいしそうな画像は是非こちらで...
by Wingco | 2007-01-30 22:41 | パン
<< クリームチーズとポピーシードの... たかこさんの本、2冊目 >>