ヒューストン旅行記
b0108544_2315436.jpg
ハロウィンのあった10月最後の週は現地校がお休み、ダダの出張に便乗して一週間、初めてヒューストンに行って来ました。

ヒューストンと聞いてまず浮かぶのがアポロとの交信、「こちら、ヒューストン」でおなじみのNASAですよね。広大な敷地の中にSpace Centerという観光施設があって、宇宙開発に関する展示物や宇宙体験、スペースシャトルの着地シミュレーション、三階建てほどはありそうな巨大スクリーンIMAXシアターなど大人も子供も一日楽しめそうな場所です。その中でも一番の見所は、トラムによるNASAの敷地を巡る90分のツアーでしょう。

これは最後に見た、ロケットの途中切り離されるおしりの部分です。幾つかの丸い部分から噴射されるのですね。配線等複雑に入り組んでいて、私には無機質な巨大エイリアンのように美しく恐ろしい物に見えました。





b0108544_215182.jpg
こうして横たわっていると無用の長物のようにも見えます(うそうそ)が、実際端から端まで歩いてみると本当に大きくて、これが空をものすごいスピードで飛んで行くなんて信じられない~




b0108544_22137100.jpg
建設中のスペースシャトル?
いえいえ本物ではありません。宇宙飛行士たちの訓練用に作られたものです。多分本物と同じ程度の大きさはあるのでは? 巨大な倉庫のような建物にこんなのがいくつもありました。ニュースでも見る、無重力状態での作業トレーニングの施設も。見学者は直にではなく、上からガラス越しに見るようになっています。残念ながらランチタイムのようで、人はほとんどいませんでした。
もう一箇所止まったのは、実際に昔使われたコントロールセンターがある建物。映画アポロ13号などでおなじみの当時の様子そのままで、今にしてはちょっと時代遅れ、結構狭いな~とも感じましたが、世界中を湧かせた月着陸の瞬間の感動が伝わってきました。当時そこにいらしたという方の説明があり、質疑応答でも盛り上がっていました。実際に月で人類が生活できるようにするためのプロジェクトなど、また月が見直されているそうです。




b0108544_224025.jpg
やっぱり食べ物の話題がないと私らしくありませんよね(笑)
最初の三日間はダダが仕事だったので、日中タコと二人で時間を潰せるところは...? 
やっぱりお買い物、ショッピング・モールですよね。
ヒューストンには見た感じ、デンバーの倍以上大きなダウンタウンがあるのですが、そことは別にガレリア地区にあるモールが一番大きいということで連れて行ってもらいました。
本当は自分で車を運転するつもりだったのですが、ヒューストンは東京のように交通量が多くて、立体交差が複雑な道路、道も分からないし運転するのがちょっと怖くなってしまいました。

ヒューストンって全米第四位の人口の多さだと初めて知りました。ニューヨーク、ロスアンジェルス、シカゴに次ぐそうです。大都会なのですね~
それに黒人、ヒスパニック系の人が多い。白人の方がずっと少ない。そして体が縦にも横にも大きい~!(笑) コロラドは全米でも肥満率が最低の方だと聞いて、え~ウソでしょう~と思っていましたが、ヒューストンに来てみて、いるところにはこんなにいるのだと妙に関心してしまいました。
ちなみに、コロラドで肥満率が低い大きな理由の一つに、晴天率が高いということも挙げられているそうです。
外で運動する機会が多くなるということでしょうか。ワーキングやジョギングしている人がとっても多いこと、運転しているといつも感じます。
ヒューストンはデンバーに比べて気温も高いのですが、雨もよく降るそうで夏は湿気があってちょっと日本の気候を思い出す~とダダが言っていました。
確かにこの季節なのに、夜になっても外に出るとモワ~ンとした空気。陽が落ちると途端に気温が下がり、キリッと引き締まった空気のデンバーとは随分違いますね。

このクレープは生地も厚めで二本とボリュームもすごいですけど、チキンにブロッコリーとトマトが入ったクリームソースでおいしかった~
アメリカではクリーム・パフと呼ばれるシュークリーム、こちらも私のゲンコツより大きなもの。キャラメル味というのに惹かれたのですが、もの凄く甘かった! タコも一口食べて「いらない~」
でもここ、ギャレリアモールの中にあるLa Madeleineというカフェなのですが、クロック・ムッシュやキッシュなど、フランスのカフェのような雰囲気と料理でした。




b0108544_2354698.jpg






b0108544_2451461.jpg

とにかく照明の暗いお店だったので、あまり美味しそうに撮れていなくてごめんなさい。
ヒューストンではおいしい日本食レストランだと聞いていたKubo'sというお店。寿司カウンターは奥にあるものの、内装はバーのような薄暗いお店。広くて日本人のお客さんもたくさんいたのですが、これならデンバーでおいしいと言われるお寿司屋さんの方が雰囲気も味も勝ち!(笑)なんて思ってしまいました。

もちろん、外国でよく見る変なお寿司~ではなく、ちゃんとしたお寿司でしたし、ちらし寿司は三段重ねと工夫はしているのですけど、お刺身の切り方もあまり...奥に見えるタコのカツカレーが一番おいしいかったりして~ 
ヒューストンって海に面しているのでシーフードには期待したのですけれど、それほどおいしい物には出会えませんでした。前もってちゃんと調べておけばもっとおいしいお寿司屋さんもあったのかもしれませんが...





b0108544_2314337.jpg
しかし翌日もまたお寿司(笑) 今度はランチだったので、光に反射してまた写りがよくないですね。
昨日のお店に行く途中で見かけたAZUMAというお店。こちらは坪庭があったり、内装も日本の民家の雰囲気でよい感じでした。(って写真がありませんけど)




b0108544_2282520.jpg
牛串焼きというお弁当を頼んだら、チャーハンに中華風炒め、この横には写っていませんが餃子と思いっきりチャイニーズな内容でした。奥の焼きうどんがこれまた片手で持ち上げられないほどの大皿に盛られて、二人前はありそう!





b0108544_2464982.jpg
後半はダダもお休みを取って、ヒューストンから南に車で1時間ほどくだった所にあるガルベストン(Galveston)という島に一泊しました。
念願の海~さっそくピアに行ってみたのですが、本土と向き合う北側の海はこんなお仕事してます~という雰囲気でした。




b0108544_2564111.jpg
ガルベストンの島は一周車で1時間もかからないのでは?と思えるほどの小さな島ですが、その昔は結構栄えたそうで、こんな時代を感じさせる建物も街の中心部にはよく見られました。
というのも、1900年に大きな台風の被害を受け、6000人もの人がなくなり、島は壊滅的な影響、その後しばらくは復興されることもなく、当時の建物がそのまま残っているのですね。
右下にはテントのお店が見えますが、この週末は大きなイベントがあり、たくさんの屋台が並んで賑やかでした。




b0108544_10322794.jpg
この腕のような太さのソーセージを見ただけでも太ってしまいそうです。この他にも鳥丸ごととか骨付き肉の塊とか、ギャートルズの世界の食べ物ばかり...




b0108544_344020.jpg
すらっと並んだバイク、ヒストリックな街並みに似合わない~?
バイクのラリーが開かれるとかで、どこに行ってもバイクだらけ。頭の中はイージー・ライダーがぐるぐる回ってました(笑)





b0108544_363197.jpg
街中、すれ違うのはこんな格好をした人ばかり...コワッ!





b0108544_21183299.jpg
真夏のような陽射しが照りつける暑さ、ホテルの朝食を食べ過ぎてあまりお腹は空いていなかったのですが、一休みすることにしました。ポップな感じが古き良きアメリカを思い出させる、海沿いに立つレストランです。





b0108544_21234270.jpg





b0108544_21412288.jpg
塩気は強かったのですが、クラムチャウダーは具沢山だし、ベルギー名物を思い出させるバケツいっぱいのムール貝は、身が大きくてぷりっぷりのおいしさでした。





b0108544_2202488.jpgb0108544_21492440.jpg
今ではヒューストンからのお手軽なリゾート地として開発されているガルベストン、大きなレジャー施設もあるのですが、全部を楽しむ時間もなく、その中の一つ水族館だけを覗いてみました。外観はガラス貼りのピラミッドとうユニークで結構大きな建物ですが、中には中心に三階建てほどの高さがありそうな巨大な水槽があり、その上から、横から、底からといろいろな角度でまるで本当の海の中の暮らしを覗いているよう感覚です。
その中にはこんなサメもいたのですが、他の魚は食べられてしまわないのでしょうか?
大好きなペンギンもいました。ちょうどエサやりの時間だったのですが、お行儀よく順番を待っていましたね~




b0108544_2144383.jpg
南側の外海は、うってかわって水平線が続くこれぞリゾート~の光景。泳ぐにはもう遅いようでしたが、サーフィンをしている人の姿はたくさん見ました。




b0108544_2152414.jpg
ヒューストンでは一度メキシカンレストランに行った以外はずっと日本食だったので、今夜こそイタリアン~と街に繰り出したのですが、「空」という漢字を見つけて、「おぉ~こんな島にも日本レストランがあるの~!」とつい引き込まれてしまいました。
こんな超モダンな内装でびっくり~そして不安~(笑)
とその不安が見事に当たって食べ物の画像がないのです。(だって全部真っ赤に見えるから)





b0108544_2234693.jpg
まるで日本の居酒屋そのものの雰囲気ですよね。Oishii(おいしい)という名前のお店なのですけど、日本人らしい人は働いていなかったのですよ。ヒューストンでの最後の夜は懲りもせずまた日本食~(笑)
しかもこんな飲み屋さんのような場所なのですけどこれで二回目、デンバーにはこんなお店がないし、翌朝6時のフライトと早く寝なくてはならなかったので、お店を探している間もありませんでした。




b0108544_22144256.jpg
壁一面に飾られた絵は美大生の作品のようです。近くに大きな大学病院や大学もあって、若い人でいつも大賑わい。お医者さんの格好のままぐてんぐてんに酔っ払う人もいれば、歌い出だすクループもありました。




b0108544_22204131.jpgb0108544_22153519.jpg
お寿司もフツーに食べられました。ソフトシェルクラブのロールなどもっとおいしそうなのも食べたのですが、撮ったのはちょっと変なお寿司(笑)
左の真ん中に見える黄色っぽいのは、イカカレー。見ておいしそうではないな~と思ったのですが、想像通りの味。右側の黄色いロール、豪勢にウニロール??
いえいえ、野菜天ぷらロールというのを頼んだら、かぼちゃの天ぷらがど~んと巻いてありました。見えないけどアスパラの天ぷらも...
その向こうのマグロ、ハマチ、タイを巻いた中落ち巻きのようなのはシンプルでよかった~
そしてぼやけて見える小鉢。イクラがたっぷり乗っているようにも見えなくもありませんが、これはトビコです。野菜ものが欲しい~と頼んだカニサラダなのですけど、葉っぱは何にも入ってない~ ほぐしたカニカマどっさりにトビコを載せて、マヨネーズがぐるぐる~というだけの大胆な一品~(笑)

もう食傷気味ですよね。書くのも疲れてきましたが(爆)、もう少しだけ...





b0108544_22352280.jpg
ホテル生活も一週間となると窮屈さを感じるようになりますね。今回ヒューストンではシェラトンに泊まったのですが、シェラトンでもビジネス系のFour Points。アメリカのホテルなので、ベットはクイーンサイズが二つ入ってもゆったりとしたお部屋だったのですが、サービスはあまり...
あるはずの冷蔵庫がなくて、部屋替えを頼むと翌朝と言われ、朝言うと「冷蔵庫を持って行くから~」との返事。そこで安心するのは早くて、夜になっても持って来ない...また電話~を二度。ヘアードライヤーもついてなくて同じことの繰り返しでした。
最後の夜は空港近くの本当のシェラトン(笑) こちらは冷蔵庫もドライヤーも備え付け、アメニティも違ってランクが違うのは分かるのですが、かなり古い建物のようで、内装も傷みが見られるしエアコンを付けるとものすごい音がしたので切ってしまいました。

それに比べて、ガルベストンで泊まったこのお部屋、実はモーテル系の安宿なのですが、去年できたとのことでどこもキレイ~! 4階で眺めもいいし、部屋ごとに外に出られるバルコニーは付いているし、冷蔵庫に電子レンジも備え付けられているし、内装もご覧の通り落ち着いた雰囲気で快適に過ごすことができました。朝は自分で焼くワッフルなど、基本的な物は揃っている朝食もついているのですよ。
モーテルに泊まると聞いて、「え~! よく犯罪者が潜伏先にするあの侘しいところ~??」(変な映画の見すぎ)と悲しかったのですが、モーテルにもいろいろあるのですね~




b0108544_22262361.jpg
そして今度こそ最後。このホットドッグのように大きなエクレアですが、これがおいしかった~
中はホイップクリームとカスタードクリームの二層でイチゴが両側にはみ出すほど入っています。この皮が、よくアメリカで売っているようなお麩のような固くて味のないのではなく、卵を感じるフランスで売っているタイプのシューでした。クリームもちょっと大味でしたがとにかく甘すぎないのだけは嬉しい~

Central Marketというちょっとホールフーズに似たグルメストアーで買いました。お洒落度ではホールフーズに負けるかもしれませんが、食品の種類の多さには驚きました。テキサスにしかないお店のようなのですが、コロラドにも進出して欲しいです。
そういえばホールフーズもテキサスのオースチンが発祥の地なのですよね。
う~ん、グルメの多い土地柄なのかな~? そうは見えなかったのだけど...(笑)
いえ、探したらきっと美味しいお店がありそうですよね。今回は出発の直前までごたごたしていて、行き当たりばったりの旅行になってしまいましたから...
あっ、御主人様の出身がヒューストンの近くということで、KICKPOPさんからいただいた情報はとってもありがたかった~本当にありがとうね~!!




b0108544_22362570.jpg
そのセントラル・マーケットで買って来たもの。
何と言っても、Taylors of Harrogateのリーフティーが売っているのが嬉しかった!
手前のはパッケージに惹かれた、いろいろな味のチョコレート。ベルギー産なので味も期待できますね。
ブルーチーズとワインのビスケットはアメリカ製。ブルーチーズの風味はそれほど強くありませんが、塩気が効いて、甘くないビスケットは好みです。
この他にもデンバーでは今まで見たことがなくってわざわざネットでも買った、オレンジピールとレモンピールも売っていて重たいのにどっさり買ってしまいました。

旅行記と言う割にはヒューストンの見所とかよいところをちゃんと紹介していないし、また長いだけのだらだら話になってしまいましたが、ここまで読んでくださってありがとうございます!!!
by Wingco | 2007-11-14 21:38 | 旅行
<< 続・少しのイーストゆっくり発酵 Rox & Roll >>