人気ブログランキング |
Zopfのテーブルロール
b0108544_2025497.jpg
日本から戻ってまだ(もう?)一ヶ月なのですが、pinotさんfairyさんのところで登場したZopfのパン達に「懐かしい~、あ~また食べたい!」とおなかを空かせてしまいます。

そうそう、私も今回の日本滞在中に頂いたZopfのパンを紹介して、みなさんの食欲を刺激してしまいましょう~!!(できるかな?)

あらあら、一年前に紹介した時の最初の画像でもこのマロンペストリーが写っていましたね。
よっぽど好きなのでしょう(笑)
細か~い層のパリパリ生地、栗の味がしっかりするマロンクリームの上にはごろんと大きなままの栗...
奥の黒豆のクグロフうぐいすあんぱんも前の記事に載っていて、あれだけ種類がたくさんあるのに、全種類食べてみたいな~なんて思っているのに、つい目に止まるのは好みのパンになってしまうのかもしれませんね。

でも、初めて選んだのももちろんありますよ。
トッピングのさりげない可愛さに手に取った、いちじくのケーキもその一つ。
以前はあまり好きでなかったドライフルーツですが、パン作りを初めてから変わってきました。
これも形はマフィンのようですが、中はしっかりしたバターケーキにドライフィグがぎっしり!




b0108544_21574182.jpg
ハードなパンもアレンジで楽しくなります。
ソフトな緑から受ける見た目の印象同様、どこか懐かしいよもぎあんぱんを思い出させる、やさしいおいしさのよもぎと小豆のリュスティック
栗とブルーベリーのカンパーニュ、そうまた栗~!です(笑) 
アメリカではなかなかお目にかかれませんからね、栗。





b0108544_20102965.jpg
pinotさん、fairyさん、お二人の画像にもあったゴルゴンゾーラノア
U字型、それとも馬蹄型とでも言うのかな? ユニークな形が目にとまるのももちろん、大好きな青カビチーズとなるとたまりません!





b0108544_20143999.jpg
中心が空洞になって、溶けたチーズと生地が一体化してしています。
細かいクルミがたくさん入った全粒粉の生地は香ばしく噛み応えがあります。

奥はルヴァンカンパーニュ。本物のルヴァン酵母の味ってこうなのね~という味わい深さ。
左のこれまた素朴なのは王様のパンという名前に惹かれ、「さぞやリッチなおいしさでしょうね~」と想像しながら切ると...見た目もかなり素朴...(笑)
サイトの説明によると、「6種類もの穀物が入った栄養価の非常に高いパンです。それでいてカロリーが低く、その昔王様だけしか食べる事が許されなかった事からその名がついてます。」なんて、納得~

細いですが存在感のある、とっても気に入ってしまったこのスティック状のパン。パン・オ・フリュイとも似てますが、もっと細くて長~い感じだし、ドライクランベリー、ブルーベリー、くるみの他に、クリームチーズもところどころに入っていて、これがよいアクセントになっています。
パン生地より具の方が多いよう。外側の香ばしさと中のしっとり感、ドライフルーツのほどよい甘みと酸味、くるみのこりこりした歯ごたえとチーズのクリーミィーさ...たくさんのおいしさが詰まっています!!




b0108544_21474685.jpg
やはりクロワッサンもはずせませんね。
「全部のパンを半分に切ることないでしょう~」とまた母に変な目で見られながら、少しでもパン作りの参考に~と撮っています。
右側の普通のクロワッサンより、左の天然酵母の胚芽クロワッサンの方が層が薄くて細かいですね~
食べても胚芽クロワッサンの方が軽くてさくさくのおいしさでした。

とにかくこのパン屋さんのパンの種類の多さには圧倒されます。
サイトの画像では内部の一面しか写っていないのですが、それがぐるっと四面にぎっしり並んでいて、ご近所だったら毎日通いたい! 
それでも全種類制覇するには何ヶ月もかかりそうなのですよ。
この日は他にカレーパン、ドーナツ、照り焼きチキンパンなども買ったのですけど、待ちきれない家族に車の中で食べられてしまいました(笑)
作りたてはなおさらおいしい~!!!


ところで、タイトルの「Zopfのテーブルロール」、肝心のテーブルロールらしきパンが見当たりませんよね?

本題はこれから(?)、「ZOPFのおうちパン テーブルロール」を参考にして、家でもZopfのパンが食べたい~と作ってみたのです。(もちろん’Zopfもどき’ですけどね)





b0108544_227115.jpg
成形はまだまだですが、持つと重さを感じないほどふんわり軽く、それでいて食べるとしっとり柔らかいながらも引きのある生地。程よい甘さにそれほど強くないバターの風味。
飽きの来ないバターロールが焼きあがって、一回目にしてはかなりの満足度です(嬉)

以前作ったfumiさんのバターロールもふっくら、素朴な表情も好きだったのですが、Zopfの本によると、一層の厚みが薄くて巻き目がはっきりしないのはよくないのだそうです。
なるほど、表情は以前とかなり違ったものになりました。
成形の方法も、延ばした時の長さ手順の多さなど違いがあります。そこで...





b0108544_21562669.jpg
3個だけ、Fumiさんの方法で成形しました。
こちらの方が横長でスマート、きれいに見えるかもしれませんね(笑)
生地そのものが違うので、成形は同じでも以前のFumiさんのロールパンより層に厚みが出て、巻き目もしっかり見えてきました。

でも、横から見てみると...





b0108544_22104232.jpg
真横からではないし、遠くの方が小さく見えてしまうので違いがはっきりしないかもしれませんが、手前の三個より奥のロールパンの方が膨らみもよく、高さが出ています。
食べてもよりふんわりしているような気が...
でも細かい成形の手順がきちんと出来ている...とはあまり思えません。
何回も作って少しでも上達したいものです。

実はこの本、Zopfから本が出たと聞いて楽しみにしていたのですが、本屋さんで実際に中を見てどうしようかな~と迷いました。
というのも、紹介されているパンの数も少ないし、生地はテーブルロールの一種類だけ。全てその生地を使って形が違うか、お食事パンやお菓子パンへのアレンジだけなのです。


でもその基本のテーブルロールの説明が詳しい~
作り方に8ページも割いている~!と思ったら、それに引き続き各工程のポイントごとにより詳しい解説が10ページ~!!
ひとつのパンを作るにも、プロの方ってこ~んなにたくさんのことを頭に入れているのね~と改めて感心してしまいました。
他にも、いつもいまひとつな成形の勉強にもなるし、何と言っても、お店で見たお惣菜パンもたくさん~!
これは食べたい!!と購入を決めました。
この一年はホシノや自家製酵母、イーストでも量が少ないゆっくり発酵でのパン生地のおいしさを求めて来ました。
もちろんそちらも作り続けて行くつもりですが、ドライイーストならではの気軽さを活かした、家族が喜んでくれるお食事パンやおやつパンも気軽に作れるようになりたい、と思っているこのごろです。


   *  *  *  *  *

いつも渋滞していないところでなぜかひどい渋滞...そういう時って事故の後処理で車線が減ったから~
ということはよくあります。
でも昨日は生まれて初めて、車がぶつかる瞬間を見てしまいました。
二車線の直線がずーっと続く見通しのよい道路、右も左も適度にスピードが出て車も連なっている。
私は左車線を走っていたのですが、右車線の前の方で信号のないところを右折しようとする車が見えました。
すると、その後ろを走っていた数台のブレーキランプが赤くなり、減速しているのがわかります。
でも私のほぼ隣を走っていた車は減速する気配がない...その前の車が目前に迫ってくるのに~
とすぐにグシャッと鈍い音、あら~大変!と思いながら運転席を見ると、引きつった表情の女性。
きっと前を見ていなかったのでしょうね。
ケガをするほどではなかったでしょうけれど、車に損害があったのは明らかです。
私も気をつけなくては~と気を引き締めたのと同時に、後ろからぶつけられたら避けようがありませんよね。
最近回りでもぶつけられた~というお話を立て続けに聞いたので、ほんと運転が怖い。
と言っても、ほぼ毎日、運転しない日はないのですけどね...

みなさまには、そんな事故に巻き込まれることなど決してありませんように!!
by Wingco | 2008-02-12 06:27 | パン
<< 黒豆チーズケーキ 羽二重団子とピエール・エルメ >>