ココアとピスタチオのミニ食パン
b0108544_13593670.jpg
オーランドからは日曜日に戻っていたのですが、二時間とはいえ微妙~に時差ボケ、それともオーランドでは連日の強行軍(私にとっては)でその疲れが出たのか、なかなかブログを更新できないでいました。
留守のあいだにも覗きに来てくださったみなさま、ありがとうございます! そしてコメントのお返事も最後まで出来ないままで申しわけありません。
オーランドのお話ももちろんしたいのですが、出発前に作ったパンを忘れないうちに、手短に...

相変わらず続いています、Fumiさんの自家製酵母パン。
ココアとピスタチオのミニ食パン。本ではココアとピーカンナッツなのですけど、なぜだかピスタチオだって思い込んでしまって...
本当に全く自分では気づかずに、ミニパウンド型で3つできたので一つ食べてもらったお友達に後で「次はどれが食べたい~?」とFumiさんの本を見てもらった時に、「これってこの前いただいたパンよね? 中に入っているのピーカンだったの~」と言われて、「えっ! ピスタチオじゃなかったの~!」と気がついた次第。
おいしかったし、ピスタチオの緑もきれいなのでよかったのですけど、こんな思い違いをするなんて、ちょっと脳が危険(笑) 

ココアが粉の一割と多いのですが、それ以上にスキムミルクがたっぷり、少し甘めの生地。柔らかいだけではなく、しっとり、少しもっちりとしたヨーグルト酵母の生地がまたおいしい~





b0108544_1405243.jpg
どうもココアを加えた生地って発酵にも時間がかかるし、しまって成形もしにくい。
ピスタチオは広げた生地に散らして、それからくるくる巻いてワンローフにするので、どこを切ってもこのように均等に入っています。でも渦巻きが真ん中に寄ってしまいましたね。巻くときに力が入ってしまったのかな?




b0108544_14223074.jpg
同じくバターロール生地のアレンジで、メープルレーズンバンズ
トッピングだけではなく、生地にもメープルシュガーがたっぷり! 
自家製ラムレーズンと共に、とってもよい香りのパンになりました。




b0108544_1435137.jpg
カレンツ、サルタナ、ゴールデンレーズン、グリーンレーズン、トンプソンレーズンといろいろなレーズンが入っています。
年末、シュトーレン用のフルーツを漬け込んだ時に、ついでにこのラムレーズンも作りました。
お菓子でもパンでもレーズンを使う時はいつもこのラムレーズン。ラムの風味がとっても好き!
以前はあまりレーズンって好きではないと思っていたのですが、すっかりお気に入りになりました。相変わらずタコはレーズンが苦手で全く食べてくれませんが...




b0108544_1423384.jpg
前回のサッカーの記事の最後にちらっと載せたパンをもう一度、これはアップルクロワッサン
キャラメルクリームは大好きですが、プリンのカラメルも苦手だし、このカラメルりんごも私にはちょっと苦いかな~ 普通のバターソテーにしておけばよかったかも~ などと思ったのですが、クロワッサン生地にカラメルが染み込んだところはおいしい!
それにこの成形、結構簡単なのですが、お店で売っているようなデニッシュにも見えて(不恰好ですが)自分では気にいっています。




b0108544_14295650.jpg
同じクロワッサン生地のアレンジ、チョコクロワッサン
上のアップルクロワッサンと同じ生地なので、本の分量より多めにして半分半分に二種類作りました。

ヨーグルト酵母のクロワッサン生地は、少し層も厚めでざっくりした感じですが、そこがまたおいしいのです。Fumiさんの言う「噛み締めるおいしさ」、食べてみてなるほど~!とわかりました。



b0108544_14261168.jpg
細長く切った生地の真ん中に板チョコを置いて左右をたたむだけ、横は空いたままなので焼いたらチョコが溶け出すのでは?と心配しましたが、全く大丈夫でした。
甘いミルクチョコレートとクロワッサン生地がとってもよく合います。小さめなので、それほど罪悪感なしに楽しめる...かな?(笑)




b0108544_14381033.jpg
手間のかかるクロワッサン生地作り。どうせならついでに~とこのミニデニッシュ食パンも同時に。
とは言っても、上の2つとは生地の配合がちょっと違うので、切り分けたのではなく別に作りました。上の生地を三つ折して、寝かせている間にこちらのデニッシュ生地を三つ折して延ばして...と交互に作業をして行ったのですけど、やはりダブルは疲れますね。途中で寝かせる時間などかなり適当~(笑)

ミニパウンドに天板で重しをして焼くのですが、きちっとできたのは手前の1個だけ、あとの2つは少し膨らみが足りない(悲)
この模様、細長く切った生地を三本三つ編みにして型に入れることでできるのです。きっとまたきつく編んでしまったのでしょうね~




b0108544_14401682.jpg
切ってみると一応デニッシュのような層もできているし、食べればもちろん、リッチなデニッシュのおいしさそのもの!!
水は全く使わず、水分は牛乳だけなのですが、それに加えてスキムミルクもたっぷり入った、とてもミルキーな味。外はかりっと、そしてヨーグルト酵母ならではのしっとり感、バターのくどさも感じさせない。うちの家族はこういうパンがとっても好きです。




b0108544_14482470.jpg
最後は久しぶりにホシノ酵母のパン。
まりまりさんの「ホシノ天然酵母のホームベーカリー・パンレシピ」から枝豆チーズブレッドです。
この本ではお手軽なホームベーカリーにおまかせのパンがたくさん載っていますが、このように食パン型で焼いたり、成形するパンも紹介されています。

ふんわりと柔らかいパンになるのがホシノの特徴でもあるのですが、今回使ったビール酵母はホシノの中でも特に膨らみがよく、ふわっふわでとっても柔らかい! そしてその柔らかさが長持ちするのです。
枝豆と大きめにごろっと切ったチェダーチーズの相性もよくて、こうやって厚めにスライスしてかぶりつくと、幸せ~な気分になるのでした。
by Wingco | 2008-04-09 22:40 | パン
<< オーランド・ディズニーワールド... ベッカム登場~ラピッズ開幕戦大勝利! >>