ハムコーンパン ~fumiさんのクイックヨーグルト酵母パン
b0108544_228970.jpg
ハムロール、懐かしいお惣菜パンです。
fumiさんの最初の本にも、ツナパン、ウィンナパン、明太ポテトパンとお店でしかかったことのなかった
お惣菜パンが載っていて、自分で作れるなんて嬉しい~と思ったものですが、
二冊目の本でもこのハムロールとベーコンのフィセル、薄焼きピザなどが紹介されています。

生地にハムを乗せてくるくる巻いて、折りたたんで、切込みを入れて開く。
言葉で書くと何やら面倒そうに見えますが、実際にやってみると、おもしろいようにお店で見た形になります。
少し厚過ぎてしまいましたけどね。
上にコーンを乗せて、マヨネーズをしぼって、焼いた後にパセリをふりかけるはずだったのですが、
慌てて焼く前に乗せてしまいました。でもそれほど問題なし!

牛乳で練った少し甘めの生地が、こういうお惣菜パンには合いますね。
焼きたても冷めてもおいしい~!
ハム抜きで、たっぷりのコーンをマヨネーズで和えた、オニオンスライスも入っていたかな?
コーンマヨパンも好きでした、

ハロウィンの次の日曜日にサマータイムも終わって、やっと時計が一時間戻りました。
でも体は急に戻らないので、(周りが明るくなると自然に目が覚める)我が家では
みんな何となく早起きしてしまった先週一週間でしたが、
これからまた少しずつ日の出の時間が遅くなり、起きるのも自然に遅くなってしまうのでしょうね。

パンは、夜仕込んでおいたのを朝一番で焼き上げるか、
朝捏ねたのが焼きあがるのが夕方近くか夕方になってしまうことがほとんど。
最近は日も短くなり、パンが焼けた時には明るさが足りないことも多いのです。
このハムロールの写真の時には夕陽が差し込み、何とか撮る事ができましたが、
赤味が濃い写真になってしまいましたね。





b0108544_22433091.jpg
このかぼちゃのおやつベーグルもそう。
かぼちゃのマッシュが生地に入っているのですが、黄色が強ぎて見えてしまいます。
それ以前に、実は一次発酵させすぎてしまって、生地がだれだれ(笑)
水分も多すぎたのかべたべたして、成形もできない~と泣きながらなんとか形にしたのですが、
最終発酵で上にかけていたビニールにくついてしまい、お肌がざらざら~(悲)

それでも、食べるとかぼちゃ効果でふわふわ~しっとり。
おやつベーグルとありますが、甘さはそれほど強くない、やさしいおいしさのベーグルです。
本では小さいのを12個作るのです。
オーブンミトンに乗ってしまうほどの大きさ、おわかりですね。
焼きたては小さいのもぽいぽいつまめておいしいのですが、
やはり冷めてトースターでかりっと焼くのには大きい方がよいので、3つは大きく作りました。






b0108544_22452037.jpg
前回の記事に載せたレーズンとくるみのスコーンに引き続き、
今度は基本のスコーン、つまりプレーンなスコーンを三日寝かせたあと焼きました。

気分で正方形ではなく長方形に切ったのですが、オーブンに入れると思いのほか膨らんで、倒れそうに!
やはりどっしりとした正方形にしておけばよかった~
でもぱっくりと横に割れ目もできて、BPではなくヨーグルト酵母の力で膨らむスコーンは
もさもさせず、しっとりとして、しみじみとやさしい味わいです。





b0108544_2246755.jpg
こちらは、予想以上においしかったちぎりパン
この16分割してくっつけた形、ちぎって食べるのが楽しいのですよね。
タコに受けるだろうと思って作ったのですが、タコが喜んだのはもちろん、
焼いている途中からのとってもよい匂い私もたまらなくなりました。





b0108544_22582296.jpg
ブラウンシュガーを多めに使っているのですが、これが食欲を誘う香ばしい匂いですし、
そのまま食べてもおいしい~!
くどくなるのでは?との想像とは全然違ってました。
お菓子にはよくコクを出すために使うブラウンシュガー、
パンにも使ったことはありましたが、全粒粉やライ麦粉のパンなど、
クセを和らげるために使ったものばかりだったかもしれません。

普通のふわふわパンにブラウンシュガーもいいですね~!
オーガニックのちょっといいのを使ったのも正解だったようです。





b0108544_2315859.jpg
スリムなミニバゲット、久しぶりに一本ですけどクープを入れるパンを作ったのですが、
やはりうまく出来ませんでした。
あ~あ、と思いながらお弁当にしなければならないし、力なく照明の下で写真を撮ったら、
やっぱり~の写り(笑)




b0108544_235152.jpg
それでもこのスリムなバゲットで作った、長さ20センチ以上もあるホットドッグは大好評!
珍しく「また作ってね~」とリクエストされました。
大きめなフランクフルトなのですが、一本では足りなくて、一本半。
こういうしっかりした味の具には、ベビースピナッチ(サラダ用ほうれん草)が合いますね。
お弁当なのでスライスチーズも挟みましたが、本当は上にチーズを乗せて
トースターで焼いて、あつあつのところをいただきたいですね~





b0108544_2310120.jpg
ナッツのずんぐりパン。4分割では小さいパンになると思って2分割にしたのですが、
平らに広げてナッツを散らばせてくるくる巻くという成形。
結局太さは同じで長さだけ倍の細長い感じのパンになってしまいました。




b0108544_23114890.jpg
断面にもちゃんとくるくるナッツが渦巻いていますね。
くるみ、アーモンド、かぼちゃの種と三種類も! 
軽くローストしてから粗く刻む、香ばしさもいいですね~

この前の基本のずんぐりパンはちょっとハードな感じなのにそうでもなく、
食べやすくておいしかったので、こちらも期待しました。
でも、ナッツの量が少し多すぎるかな~?
全部で110グラム。前回のくるみの倍近く入っていますからね。
ライ麦が入ってない分、生地はあっさりしていて、ヨーグルト酵母らしくしっとりとはしているのですが...





b0108544_23141332.jpg
最後は私が一番好みだったカマンベール入りプチパン
とにかく、チーズとパンの組み合わせは大好き。
それもカマンベールとなると、それだけでおいしいのはわかるのですが、
ヨーグルト酵母の表面はカリッと、中はしっとりと味わいのあるバゲット生地との組み合わせは最高です!

実はまたまた失敗(爆)
最後に入れる十字の切り込みが深すぎて、中でとろ~っととろけるはずのチーズが
外に随分と流れ出し、下にチーズのおせんべいができてしまいました(涙)
それでも十分においしいので、これはもう一度きちんと作り直したい!

ワインが似合いそうなパンなので、成功したら、ワインでお祝いしたいですね~
(下戸ですが...)
by Wingco | 2008-11-11 08:51 | パン
<< マフィン! まふぃん! Muf... 紅茶風味のチョコレートクリーム... >>