はじめてのキャンプ★漢字バトン
b0108544_15193460.jpg
前回のお菓子3つやら何やら、ジープ一杯に大荷物を積んで向かった先にはこんな景色が待っていました~

うちから車で1時間半ほど西に向かったJefferson Lakeです。
[PR]
# by Wingco | 2006-07-06 15:27 | アメリカ生活 | Trackback(1) | Comments(14)
パイナップル・アップサイドダウンケーキ
b0108544_125497.jpg
本間節子さんの「シンプルですが味わいのあるお菓子焼いています。」からパイナップル・アップサイドダウンケーキです。実は2月にもこれを作っているのですけど、その時にはキャラメルソースに失敗してしまってただのパインケーキになってしまったこと、覚えてる方もいらっしゃるかもしれませんね? 

今度はほどよい色のキャラメルで何とかそれらしい物ができました。酸味の強いパインとキャラメルのほろ苦さがよい感じ。粉、バター、砂糖の量がほぼ同じバターケーキのような生地ですが、卵が3個入って黄色が鮮やか、でもヨーグルトも入って爽やか、それほど重たい感じはしません。


b0108544_12554569.jpgベーキンパウダーは入っていなくて、ジェノワーズ生地のようにひたすら泡立てるのですが、最後に入れる溶かしバターの量が多いので、せっかくふっくらとした生地の量がみるみる減ってしまいます。
これでちゃんと膨らむの~?と不安になりましたが、オーブンの中で型から溢れそうになるくらいに膨らんで行く様子を見てほっとしました。

ジェノワーズほどふわふわではありませんが、アメリカでよくあるアップサイドダウンケーキのようにはくどくなく、しっとりしたきめの細かい生地でおいしい~!!
缶詰の果物は苦手なので生のパインを使い、本にはなかったクルミも並べました。本の1.5倍量にして18センチの型にしたら、半円のパインが6切れちょうどぴったり!きれいに並んで嬉しい~!

b0108544_12564493.jpg
子供がたくさん集まるので、この前作って子供達に評判がよかったモンキーブレッドをまた作ってみました。 
今回試したE・recipeのレシピは生地の量も多いし、卵や牛乳を使ってリッチな感じの生地。シロップもたっぷりで焼きあがりも結構よい感じにできたと思うのですが、食べてみると、う~ん...

この前のまりまりさんレシピのモンキーブレッドの方が好みでした。それはほとんどプレーンな食パンと同じような生地だったのですが、ふわふわ感が全然違います! モンキーブレッドの外側は甘いシロップでカリっとさせるので、中はシンプルな生地の方が合う...と思うのですがどうでしょう?
前回のはシロップと焼き時間が足りなかったために見た目が白っぽくなってしまったのですが、そこを改善すれば理想的なモンキーブレッドになりそうです。ちぎって食べるところがおもしろいのでしょう、今回のでも見る見る間になくなって行きました。お子さんの集まりにはモンキーブレッド、お勧めですよ~


b0108544_12573338.jpg
大人用にもう一つ、久しぶりに津田陽子さんの「天板でしっとり焼き菓子」からゆであずきのケーキも作りました。

卵たっぷり、はちみつでしっとり、牛乳とゆであずきが効いた小倉アイスを思い出すおいしさです! あっ、もちろん冷たいわけではありませんからね。たとえが変かな~?(笑)
こちらにはベーキングパウダーも入いるので、上のアップサイドダウンケーキよりはふんわり軽い食感、やはり和を感じる味はほっとしますね。ゆであずきを200グラムも使うし、この本から今まで作ったお菓子の印象は甘さしっかりめだったので、砂糖を半分に減らしましたが、それでちょうどよかったようです。天板ではなく20センチの角型で焼いたので、高さが出てふんわりの部分が多くなってこれもよかった~

ただ、もう時間がなくて慌てて写真を撮ったので、これではおいしさが伝わらないかな?
もう夏本番の暑いコロラド、オーブンを使った焼き菓子はあまり作る気がしないでいたのですが、この日は朝暗いうちから起きて(その方が涼しいので)この3つ+朝ごはん用の生クリーム食パンを焼いて、仕度をして、初めての経験をしにお昼前には出かけました。
長くなってしまったので、そのお話は次回に...
[PR]
# by Wingco | 2006-07-03 12:58 | お菓子 | Trackback(2) | Comments(28)