タグ:おでかけ ( 70 ) タグの人気記事
ボストン旅行記2 ~アカデミックな街
b0108544_13422980.jpg

せっかくキャプションたくさん入れたのに、更新エラーで消えてしまいました(泣)
時々あります、エキサイトブログ。
とりあえず、写真だけでの更新。後ほど必ず説明入れます。
(9月20日 説明済。大変遅くなりました。)

歴史のあるボストンには全米有数の大学も。
こちらはハーバード大学の狭き門です。









b0108544_13425322.jpg

夏休みだからでしょうか、大陸からの修学旅行のようなお子さんがいっぱい!








b0108544_13430229.jpg

大学の創始者、ハーバードさんの像。

足を触ると頭が良くなるとかで、長い行列が。

心なしか、お顔が嬉しくないように見えました。





b0108544_13431070.jpg
大学の図書館。









b0108544_13432398.jpg
アメリカの大学にしては広くはない印象のキャンパスですが、
緑豊かで、歴史を感じる建物が並んでいました。









b0108544_13434086.jpg
MIT(マサチューセッツ工科大学)はギリシャ神殿を思わせる大きな建物。








b0108544_13435161.jpg
天井の高さ!
こちらにも主に大陸からの見学の方で賑わっていました。








b0108544_13440263.jpg
よーく見ると、数字や記号でできています。
こちらはとにかく広大なキャンパス、歩いては回り切れないほどです。
ところどころにこのようなオブジェもありましたし、
近代的な建物が立ち並んでいました。









b0108544_13443451.jpg
中心部にある教会と左には図書館もちらっと写っています。










b0108544_13444750.jpg
図書館とは思えない、マーブルで重厚な雰囲気。







b0108544_13445763.jpg
こちらは木を使って、落ち着きとぬくもりを感じます。








b0108544_13450768.jpg
広い空間!
しーんと、これなら勉強もはかどりそう~
と言いたいところですが、実際はこちらにも観光客が結構多いのです。
何とか途切れたところを撮ったのですが。









b0108544_13452330.jpg
教会の方は、有料だったせいか、人も少なく厳かな雰囲気。








b0108544_13453381.jpg





b0108544_13454667.jpg








b0108544_13461212.jpg
ボストン美術館に行くために乗った市電。
一般道を車と並んで走るので、街の景色も近くに見えて楽しかったです。
普段は車のみの生活なので。








b0108544_13462424.jpg
同じ電車がずっと街中まで走っていて、途中からは地下鉄となります。
なので地下鉄の駅では、乗る時にかなり高いステップを上がることになります。
初めは慣れなくてどぎまぎ。









b0108544_13513463.jpg
中もこんな風に、高いところにある座席と低い所にある座席があります。
座席の向きも一定ではなく、面白い。







b0108544_13514808.jpg
ボストン美術館。
建物はシカゴ美術館の方が凝った美しい内装でしたが、広く展示物はより多かったと思います。







b0108544_13530845.jpg
館内のカフェ。この空気感が好きです。









b0108544_13525171.jpg
吹き抜けの天井には雲のようなオブジェ。
他にも現代アートも所々に見られました。







b0108544_13525880.jpg



b0108544_13531650.jpg
ラバーソウルの頃の写真ですね。
この展示会、後で見ようと思っていたのに、時間がなくなってしまいました。
写真撮ったりしてるからですよね。
後悔してこれ以降、ニューヨークでは美術館にはカメラを持って行きませんでした。








b0108544_13522454.jpg
展示室も天井が高く、広い空間でゆったりと鑑賞できます。









b0108544_13523312.jpg
小さめですが、モネの睡蓮もありました。









b0108544_13524143.jpg
日本が大好きだったというモネのジャポニズムが表れていますね。
近くで見ると、真ん中の武士が立体的で、今にも飛び出して来そうに怖かったです。








b0108544_13532489.jpg
日本の仏像もたくさんありました。







b0108544_13533347.jpg
お寺の中のような造りで、照明もかなり暗く、ここには人もほとんどいなかったので、
静寂の中、厳かな雰囲気で観ることが出来ました。

続いてはアジア各地の仏像も、もっとたくさん展示してあり。
日本の仏像とは違ったエキゾチックだったり、セクシーだったり...型にはまらない美しさに感動しました。







b0108544_13535727.jpg
こちらも日本の金屏風かと目に留まったのですが。








b0108544_13540839.jpg
近くで見ると、描かれているのは日本の戦後の頃の街の風景でした。
説明には、マッカーサー元帥に送られた物を、のちに夫人が寄贈したと、夫人のお手紙も展示してありました。
高速が上を通る前の日本橋や、アメリカ兵と日本人が交流している場面も描かれています。
心温まる優しいタッチの絵で、日本のみなさまにも是非見て頂きたいと思いました。









b0108544_22032704.jpg

ボストンでは美味しい物を色々と頂きましたが、その中でも一番印象深かったのがこの「北海丼」
新鮮なウニ、いくら、カニ、ホタテがどっさり!
どれも私の一番と言ってもいい大好物です。最高に美味しかった!

テーブルに着くとすぐに、冷たいお水と美味しい緑茶をお持ちくださったのも嬉しかったです。
アメリカではまず、飲み物は何にするか聞かれるので。それが結構面倒~なのです。
緑茶はほぼお代も必要です。
何も言わなくてもささっと持って来てもらえる、日本らしいサービスにも感動!
「四季」という素敵な日本レストランです。







[PR]
by Wingco | 2018-08-09 22:38 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
ボストン旅行記1 ~歴史を感じる街
b0108544_17495237.jpg

去年、2017年7月に行ったボストンの旅行記です。
画像のサイズも修正しないままですみません。見辛いかもしれません。

ボストンはアメリカでも歴史を感じさせる街です。
アメリカ独立前後の建物や記念碑などを徒歩で回れる、約4キロのフリーダムトレイルがあります。
それらを含んで、もっと郊外の方の名所も回る、途中乗り降り自由の観光バスに乗って巡ってみました。

写真はマサチューセッツ州庁舎です。







b0108544_17514026.jpg

手前の小さな家が、レキシントン・コンコードの戦いの時に、何かの舞台になった家だそうです。
バスの運転手さんがガイドもしてくれるのですが、英語なので聞き逃すことも多かったです。
息子は後で歩いてフリーダムトレイルを回ったのですが、中は撮影禁止だったそうです。







b0108544_21095121.jpg
大きな彫刻のモニュメント。ボケていてすみません。走っているバスからの撮影なので…
ガイドさん付きのコースもあるのですね。当時の服装をされていますが、暑い中大変そう~









b0108544_17530456.jpg
独立戦争前後の有名人も多く葬られている墓地だそうです。
ベンジャミン・フランクリン、サミュエル・アダムス...









b0108544_17533986.jpg

思ったよりも暑くなく、窓のないバスは風も入って快適でした。
ボストンは赤レンガの建物が多い印象です。











b0108544_21051652.jpg
もちろん、近代的な建物もあります。










b0108544_17550628.jpg

レッドソックスの本拠地、フェンウエイ・スタジアム。
こちらは外野側です。座席が見えるほど近く。
アメリカでは大きなスタジアムを観ることが多いので、割とこじんまりとした印象です。









b0108544_17552486.jpg

スタジアム全景。高さも低めです。









b0108544_17555448.jpg
アメリカ人なら多くが知っている、Cheersというコメディドラマ。
そのオープニングがこのお店の前の画像。
私も何度か再放送で見たことがあるので、遠くからでもわかりました。
放送はず~と前に終わったのに、全く変わっていない!









b0108544_21043941.jpg
スタバの看板、ボストン茶会事件も歴史的に有名ですが、日本の昔ながらの大きなやかんを思い出してしまいました。












b0108544_17574712.jpg

約2時間程度でしょうか、一巡した後に、クインシーマーケットでバスを降りました。








b0108544_17575910.jpg


建物は古いそうですが、今は市場ではなく、






b0108544_17581531.jpg
フードコートが中心でした。





b0108544_17583724.jpg

ボストンは海にも近く、シーフードを使ったお料理も有名なようです。
クラムチャウダーもありましたが、ファストフード的なお店ばかりであまり惹かれませんでした。










b0108544_17585837.jpg


二階は客席だけかと、一応上ってみると、半分はユニクロの大きなお店。
ヒューストンにはないので、珍しくてじっくり見てしまいました。
アメリカンサイズに直して売っているのですね~








b0108544_17592464.jpg
少し歩いたところにあった、パブリック・マーケットの方が、入っているお店もお洒落で、ボストンの方が普段に訪れるような感じ。
興味が持てるお店が多かったです。







b0108544_21052917.jpg
お茶とハーブのお店。






b0108544_17594798.jpg

朝ごはん用に買ったチーズのペストリーと息子の好きなドーナツ。
ラズベリーの酸味が効いていてそれほど甘くなく、予想を裏切る美味しさでした。











b0108544_18005204.jpg

Boston Tea Party Museum というのも観光バスに付いていたので行ってみました。









b0108544_18013903.jpg
船はレプリカで、当時の物はお茶箱一つだけ(撮影不可)でしたが、
このように当時の船内も復元されて、当時の登場人物に扮する体験型のミュージアム、楽しかったです。
ボストン茶会事件のことがよ~くわかりました。






b0108544_18015926.jpg
小さなお子さん達も役に扮して、お茶箱を海に捨てたり、楽しそうでしたよ♪








b0108544_18023381.jpg
ミュージアム近くのRow34というモダンなレストランに入ってみました。







b0108544_18032000.jpg

前菜に、セビーチェがあったので頼んでみたのですが、上に乗ったヤムのポテトチップスばかり目だっていますね。
テックスメックスのようなクセのあるスパイスが効きすぎて、ホタテなどそのものの美味しさが消えてしまっていました。
アメリカのお料理でよくありがちですね。
生のシーフードはシンプルに頂くのが好みです。
奥のクラムチャウダーはこれまた少し変わった風味、酸味のあるような?でしたが、それはそれでクリーミィで美味しかったです。








b0108544_18033349.jpg
やはりメインはロブスターロール。
ロブスターたっぷり、セロリも少し。
あっさり目のマヨのみのシンプルな味ですが、ロブスターの美味しさが十分楽しめました。
息子はキャットフィッシュ(ナマズ)のサンドイッチ。
日ごろ食べ物には臆病で、変わった物は選ばないと思っていたのですが...
たまにはね~とのこと、普通に美味しかったそうです。

三日間のボストン滞在で、三回ロブスター、クラムチャウダーを頂きました。
ボストンのマックにはロブスターロールがあるようですよ。入りませんでしたが、地下鉄の広告で見ました。
ヒューストンも海は近いのに、あまりシーフードの名物料理はありません。やはりテキサスだから肉~が多い(泣)

ご覧頂きありがとうございます♪
次回はアカデミックなボストンの予定です。








[PR]
by Wingco | 2018-08-06 23:00 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
静かな港町、コットンフィールド ~初めての釣り旅行②
b0108544_05354674.jpg

前回の釣り旅行からまたまたしばらくのお休みとなってしまいました。
ご存じのように、8月末にテキサス南部では巨大なハリケーン、ハービーの被害で大変なことになっていました。

8月初めに訪れたこの漁村。日曜日だったせいか、たまに鳥の鳴き声がするほかはシーンと、本当に静かでした。

ここは台風の上陸地とは少し離れていますが、ヒューストンより近いので、少なからず被害を受けたのではないかと思うと、
なかなか旅行記を進めることができませんでした。

(写真は全て加工なし、大きいサイズのままで失礼いたします。)










b0108544_05365079.jpg

ここで主にとれるのは海老だそうです。船も小さめですね。











b0108544_05375691.jpg
海を見おろすキリストらしき像。
きっとこの辺りを守っていてくださったと信じたいです。











b0108544_05383764.jpg
橋を通る車もあまりなく。











b0108544_05392992.jpg
南国ですね。海岸の砂浜にはサボテンが。














b0108544_05403238.jpg
わぁ~、釣れましたね~!
いえいえ、お隣で釣りをしていた方に頂いたそうです。 ヒラメにSea Troutは鱒の仲間だそうです。

せっかくなので、家に帰って焼いてみました。
臭みがなく、柔らかい身で美味しかったです。

ちなみに夫が釣ったのはナマズ一匹だけでした(笑)











b0108544_05460901.jpg
スタバもないような本当の田舎町で、探したのですが、素敵なレストランもなく。
でもやはりシーフードかな~と怪しそうなお店ですが、入ってみました。

すごいボリュームですよね。
私のチョイス、海老とホタテのソテーは中がレアな焼き方、シンプルで美味しかったです。
下のスチームしただけの温野菜も嬉しかったです。
旅行中は野菜が不足しがちですからね。

夫の頼んだ鯛(といってもキンメダイのようなレッドスナッパー)のグリルは何だか臭みがありました。
息子は海老とカキとナマズのフライのpo-boyというサンドイッチ。













b0108544_05465995.jpg
帰る途中で通ったコロラド川。
普段でも水位が高いですね。






b0108544_05474355.jpg

一面に広がる畑。
白いお花のような物が見えるけれど、何が植えてあるのかな~と珍しく車を停めて見ると...









b0108544_05492444.jpg
ふわっふわのコットンでした。








b0108544_05500963.jpg
このくらいになってから刈り取るようですね。
すでに裸の畑も多かったので、きっとハリケーンの前にはみな無事に刈り取られたかと思っています。










b0108544_05505610.jpg
一面に広がるコットンフィールド!
まるでちらちら雪が積もっているようにきれいでした。

360度この風景、壮観ですね~
アメリカらしい風景を見ることができて、楽しい旅行の締めくくりとなりました。

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2017-09-19 06:45 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
CozyなB&B ~初めての釣り旅行①
b0108544_05161194.jpg
久しぶりの更新になってしまいました。
旅行記も久しぶり、つい写真のアップロードが面倒で、機会を逃していました。
写真の編集もしていないので、大きなまま。
お見苦しいかもしれませんが、とりあえず旅行の記録は残しておきたいので、お付き合いいただければ嬉しいです。

7月の末に二泊で、車で二時間ほどの海の近くでのんびりしてきました。
その前に8日ほど、息子と私の二人でボストン・ニューヨーク旅行に出かけていたのです。
仕事の都合で夫は行けなかったので、つまらなかったのでしょう。
そして何だか急に初めて釣りをしてみたくなったらしく、いろいろと釣り道具を買い込んで、私たちの帰りを待っていました。

宿泊先のB&Bを決めたのも夫です。
よそのお宅に泊めさせていただくようで楽しい♪
屋根裏部屋のような三階全てがワンルームになっていて、そこが私たちのお部屋でした。
外も中もきれいにメンテナンスされているので古い感じは受けませんでしたが、
オーナーさんの説明によると、1910年に建てられたそうです。
100年以上も前ですね!
中には当時のモノクロの写真もたくさん飾ってあり、幼稚園となっていたこともあったそうです。








b0108544_05184383.jpg
螺旋階段を上ると屋上に出ます。一階二階にもお部屋がありますが、屋上は私たち専用~
四方に出窓があり、全てにキルトのクッションと敷物が置いてあり、くつろげる場所になっていました。









b0108544_05202377.jpg
いかにも屋根裏部屋という感じ。子供用のベッドのキルトも可愛かった♪
さっそく息子が寝転がった後なので、よれてしまっていますが...









b0108544_05220290.jpg
猫脚のバスタブに、クロスにはお手製のかわいい刺しゅう。
反対側にシャワーブースもきちんと。広くて清潔でゆったりできるバスルームでした。











b0108544_05232667.jpg
出窓からの眺め。目の前はすぐ海です。
この隣に長い桟橋もあり、男二人で夜釣りを楽しみました。











b0108544_05291394.jpg
反対側の窓からは、広いお庭とそれに続く森。








b0108544_05304532.jpg
お庭のビニールハウスでは、多肉ちゃんもいろいろ。











b0108544_05320957.jpg
一階のリビングルーム。
昔ながらのアメリカのお宅らしい、落ち着いた雰囲気です。










b0108544_05331008.jpg
朝食は大きなテーブルで、他のゲストの方もご一緒に話も弾みます。
手作りのシェパーズパイ、マッシュポテトとひき肉のパイですが、これがとっても美味しかった!
フレンチトーストにはイングリッシュマフィンを使っていて、表面のオートミールがぱりぱり、
ベリーソースとメープルシロップたっぷり。
フルーツもたっぷり、オレンジジュースも何回もついでくださって、すっかりおなか一杯!
ご馳走様でした♪









b0108544_08091824.jpg
お庭では猫ちゃんたち(他にもたくさん!)も朝ごはん中~
とっても居心地の良い、素敵なB&Bでした♪


一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ






[PR]
by Wingco | 2017-08-10 23:23 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
25cmハチミツレモンのバターシフォン ノルディックウェアのプチフラワー型



b0108544_01141122.jpg

ノルディックウェアのプチフラワー型は日本でも販売されているようですが、そのアルミの色とは少し違いますね。
こちらはゴールドタッチという特別な加工がしてあるもので、とても扱いやすくなっています。

今回はバターの多いフィナンシェを焼いたので、余計に型ばなれがよいのですが、
試しに、一番左側の列は型に何も下処理をせずに生地を流してみました。
それでもするっと気持ちよく~

オイルをスプレーしたものより焼き色が強いのはなぜでしょうね?
ココナッツファインとココナッツパウダーを加えた、小嶋ルミさんレシピのココナッツフィナンシェのせいか、
普通のフィナンシェより白っぽい焼きあがり。
今回はバターをしっかり焦がしたのですが、それでもです。


津田さんのバターを使ったシフォンの中でもお気に入り、ハチミツレモンのシフォンケーキですが、少しアレンジしてみました。
プレーンシフォンと砂糖の量は同じなのに、ハチミツも入っているので、少し甘さが強く感じていました。
砂糖の量を二割減らしてみました。 それでも膨らみはよくほっとしています。

レモンの風味をもっと出したいと思ったのですが、以前レモン汁の量を増やして、
そのせいかははっきりしないのですが、底上げをしたことがあったので、水分を増やすのは危険?
今回は以前「レモンのお菓子」で作ったレモンピ-ルを、こちらも自家製リモンチェロ(レモン酒)に漬け込んでだものを刻んで入れてみました。












b0108544_01143229.jpg

これは大正解!でした。
細かく刻んだこともあって断面の画像ではよく見えませんが、食感のよいアクセントにもなりますし、
やはりリキュールが入ると香りがよくなりますね。












b0108544_01144039.jpg

今度は大きな25cmの型で焼いてみました。
向かって左がその25cm型、隣が17cmです。
ずいぶん幅が違いますよね。高さはあまり違いませんが。

アメリカではこの25cmの型が普通、というより、それ以外はあまり売っていないのです。
爪が三箇所に出ていて、そのままひっくり返して冷まして置けるようになっているのですが、
今回は膨らみがよすぎて、この爪は全く役に立ちませんでした(笑)

バターシフォンなのに手はずししようとして側面ぼろぼろですが、とてもよい感じに焼き上がりました。
20cmの分量を二倍量で、うちにある一番大きなボウルで何とかできました。
作る過程は多くなってもそれほど大変ではありませんが、よくわからないのが焼き時間です。
卵11個を無駄にしたくなかったので、慎重に、長めに焼いてみました。
もともとハチミツが入ると焼き色が濃くなりますが、やはり焼き時間が長いと周りはかなり濃くなりますね。













b0108544_01145715.jpg

でも、中はとてもしっとりと、大きな気泡もなく、といって詰まった固い感じでもなく、
ふわふわ柔らかに美味しくできました。

断面も迫力がありますね~
葉書くらいの大きさがあるでしょうか。
お友達のお宅でのガレージセールのランチ用に焼きました。
12分割しましたが、一切れがかなりのボリュームになったので、さらに上下半分に切ってちょうどよい感じ。
24切れになりました♪














b0108544_05341241.jpg
先々週の金、土曜日と二日間、とってもよいお天気の下でのガレージセール。
日本ではガレージセールとは言っても、広い場所で多くはプロの方がお店を出しているらしいのですが、
こちらでは自宅の本当にガレージとその前を使って、家庭の不要になったものなどを並べる。
リサイクル目的が多くを占める感じなのです。

お客様もたくさん立ち寄ってくださり、ちょっとしたお店屋さんごっこのようで楽しかったです。
セールは午前中のみで、片付けてからのみなさんとの持ち寄りランチがまた楽しいのですけどね。

しかし、家に帰るととんでもない事態になっていました。
私のPCが突然全く動かなくなってしまったのです。
バックアップを取ったこともなかったので、写真もビデオも10年分くらいが無くなってしまいました。

すぐに新しいPCを買ってもらったのですが、そちらは古いPCと繋げて、
だめもとですが、リカバリーのプログラムを走らせています(現在まだ50%)。
大変なショックでしたし、不便なことこの上ない!
10日経って、やっとブログを更新できるようになりました~

みなさまもバックアップ、お忘れなく!!

一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ









[PR]
by Wingco | 2017-03-08 06:00 | お菓子 | Trackback | Comments(4)
大納言と小豆 七夕イベント
b0108544_23332790.jpg

お友達のお宅でのランチ、夏休みで子供たちも一緒でしたので、子供受けのよい定番ハムコーンパン、
あんぱん、それにクリームチーズの入ったソフティチーズを持参しました。

やはりパンは焼きたてが一番美味しいかと、出かける直前に焼きあがるように朝早くから作ったのですが、
最後はいつものようにばたばたして、塗りたまの雑なこと~

でもふわふわで美味しい~!
あんぱんの餡は手作りなので、なおさらそう感じます。

桜餅を作った時にも手作りのあんはやっぱりおいしい~と思ったのですが、結構煮ても小豆の皮の食感が気になりました。
”古い小豆だと柔らかくなりにくいらしい”と聞いて、今回はなるべく新しい小豆で作りたいと買いに行きました。












b0108544_23343248.jpg

日本と違って、産地がどことかこだわりのある小豆と手に入れることができないのですが、
それでも日系スーパーには普通の「小豆」と「大納言小豆」の二種類が売っていました。
大納言の方が少し値段も高かったのですが、どう違うのか比べようと、両方買ってみました。
やはり大納言の方が粒が大きいですよね。

ふたつのお鍋で同時に、同じ方法で炊いてみたのですが...見た目だけでは、あまり違いがわかりませんよね?
袋の並びとは逆に、向って右が「大納言」、左が「小豆」です。
大納言の方が、何となく、粒がそのまま残っているよう、小豆のほうが皮がやぶれ気味になっていると思いました。

予想では大納言の方が美味しい餡になるのではないかと思ったのですが、
大納言は粒が大きい分皮もしっかりとしていて、食べてみると皮の存在感が少し気になります。
小豆の方が皮が少し薄いのか粒餡としての一体感があります。
粒餡を作るには普通の小豆の方がよいようです。

大納言はせっかくの大きな粒ですし、煮崩れしにくそうなので、鹿の子甘納豆など作ってみたいですね。












b0108544_23454127.jpg

次の週にも同じお宅に、またまたお邪魔してしまいました。
チャイナペイントをちらっと体験させていただくためです。

左端の写真、もちろん私の作った物ではありません~
「初心者にはこんな感じの作品はいかが~」と見せていただいた物です。

かわいい~! でもこんなに細かい模様、とても描けそうもありません。
きっとただの体験だけで終ってしまいそうです...

ちなみに、
雪だるまのような形の物は何かな~と思ったのですが、ケーキサーバーだそうです。
でも結局使い勝手が悪くて、ただの飾りになっているそう。納得です。
息子さんの御希望で作ったキャラクターのカップ、絵は転写シートを使うので、
「意外に簡単」とおっしゃいすが、色も複雑で、私には全く簡単には見えません。

教えてくださる合間に、ささっと作ってくださったご馳走。
私だったらお料理にかかりきりになってしまいそう。手芸もお料理も手際がよくていつも感心してしまいます。
豚フィレのソテー、温かいクスクス、マンゴーサルサ。
もう一人のお友達の野菜の寒天寄せも夏らしい爽やかなお料理でした。

私は前回の記事に出てきた、ココナッツミルクシフォンとチョコレートシフォン。
フルーツとラムレーズンアイスでおめかししていただきました。
実は午前中に待ちきれなくてシフォンの味見をみんなでしてしまい、それでも午後のお茶でもまた食べたくなり、
半分に切って控えめに...
今回のシフォンは「どちらも甲乙つけがたい~」と大好評でした♪











b0108544_012064.jpg

7月7日にはダウンタウンにあるチルドレン・ミュージアムで七夕にちなんだイベントが行われ、
私もボランティアとして参加させていただきました。

七夕にちなんだ織姫と彦星のお話を紙芝居で上映したり、日本舞踊もありましたし、折り紙を教えたり。
私の担当は、短冊に願い事を書いていただいて、笹につける御手伝いをすること。
もちろんアメリカにはこういう風習はないと思うのですが、小さいみなさん、すぐにわかってみな真剣に御願い事を考えて、
一生懸命書いてくださいました。
本当にどのお子さんも素直で、このくらいの年頃ってこんなに可愛かったのね~ととっても癒されました。
普段、生意気な高校生ばかり見ていますから、余計にそう思うのかもしれませんね(笑)

女の子は、
「パピーが欲しい」 「ポニーが欲しい」 「プリセスになりたい」 「ユニコーンになりたい」
など夢見がちなお願いが多いのに対して、

男の子の願いは、
「プロのサッカー選手になりたい 」「リッチになりたい」 「ゲームが欲しい」 「弟が欲しい」
など現実的なものが多いような気がしました。

でも中には、「ママとずっと一緒にいたい!」と泣けてくるようなお願いを書いた男の子もいて、
もう胸がキュンキュン、心が洗われる思いがしました。

7月頭から4週間、タコは一人で日本に行くことになり、行く前にはその準備でばたばた、
行っても日本で無事にやっているのか心配になったり、やはり寂しさでぼんやりしていたのですが、
思い切ってボランティアに出かけてみてよかったです。 
みなさんに元気をいただきました! 
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2016-07-13 23:59 | パン | Trackback | Comments(5)
シフォンサンド 運動会のお弁当2016
b0108544_5324055.jpg

シフォンケーキはよく作りますが、シフォンサンドを作るのは初めてのことです。

シフォンケーキのスライスに切り込みを入れて、ホイップクリームを絞り出すだけのことなのですが、
私の好んで作るシフォンは、とても柔らかくて軽いものなので、クリームの重さに耐えられないのでは?
と怖くて作れませんでした。

しかし、日曜日に行われた商工会ソフトボール大会のおやつ、去年好評だったカステラの代わりに、
今年はシフォンサンドにしよう~と思いたってしまったのです。

こちらは冷蔵庫に残しておいた方。 
いつものように翌日頂いた、私の楽しみおやつ。

数をたくさん作りたかったので、一切れが薄くなってしまいました。
ふたつで支え合って、何とか立っています。
もちろん量を多くするために20cmの型で焼いたのですが、
数が増えるというより、一切れが一回り大きくなってしまうのですね。
シフォンサンドには17cmの方が、すらりとしてちょうどよい大きさになりそうです。

今日のお茶は、赤みが強いと思いませんか?
紅茶ではなく、ルイボスティーです。










b0108544_534627.jpg

ハーニー&サンズのアフリカン・オータム。
ルイボスティーはアフリカ原産なところからついた名前でしょう。

オータムは...クランベリー風味だからでしょうか?
独特のくせがあるルイボスティーですが、クランベリーとオレンジピールの爽やかな風味がプラスされて、
とても飲みやすくなっています。

それでも私はルイボスティーが苦手なので、あまり好みではないのですが、
先日のお茶会では、みなさんに好評でした。
ポリフェノールたっぷりでカフェインは入っていないので、健康にもよいようですね。










b0108544_6142515.jpg

日曜日のソフトボール大会のお昼、今年も7名による持ち寄りのお弁当でした。
選手と家族、合計30人ほどの人数用ですので、全部並べると豪快ですね。

私のシフォンサンドもどこか...おわかりですか?










b0108544_543122.jpg

コロッケ、筑前煮、ハンバーグ、鶏のからあげ、枝豆。 どれも大量~、そして美味しそう!
他にもみなさんの作ってくださったおかずは、鶏つくね、ポテトサラダ、チキンソテー、春巻き、白菜の浅漬け、
キュウリの漬物、フルーツいろいろ...










b0108544_632224.jpg

おにぎりもずらり。 おこわ風炊き込み、チャーハン、ひじき、きのこ、鮭、こんぶ、おかか、梅干...
おにぎりの内容は打ち合わせ無しでしたが、同じ物がかぶらないのが不思議~!(笑)
奥の焼きそばパンも人気。 ミニキッシュもありました。

みなさま、御馳走様でした♪










b0108544_5315122.jpg

私の作ったは向こう側2つの容器に入ったもの。
いなりずし、玉子焼き、ポテトとソーセージのローズマリー風味、えびしゅうまい(冷凍品でごめんなさい!)
ハムコーンパン、ソーセージパン。
深い容器なので二段、三段に入っています。

朝早い出発でしたので、時間がなく、入れ方もぞんざいになってしまいましたね。
いなりずしの袋詰めはダダとタコに頼んだのですが、ふと見ると、おあげに寿司飯をスプーンで入れているではないですか!
びっくり~@@
ダダには去年も頼んだのでてっきり大丈夫だと思ったのですが、
「そんなの一年も覚えてないよ~ 最初に教えてよ~」と言われてしまいました。
タコも、「何か変だな~と思ったけど、こういうものかな~って。」
気がついた時にはほとんど作り終えていたので、そのままに...(笑)

普段全くキッチンに立つ事のない二人。 これではいけませんよね。
特にタコは家を出る日も近づいているので、少しずつでも教えないと。


去年の大会に比べると、種類は少なくなっています。
去年は打ち合わせなしで、ただ単身者の分も含めて多めに作って来てくださいということにしたのですが、
みなさん、たくさんの種類を作るのが手間だったかと、今年は一人2品の分担を決めて、
それぞれの量を多く作りましょうということにしました。

それでもみなさん、3品、4品...とたくさん作ってきてくださって。
私はちょっと手抜きしてしまったかな~と反省しています(花粉症が酷かったから...と言い訳)。










b0108544_554068.jpg

プレーンの方は、津田さんのバターシフォンなので、少しはしっかりとしていて、サンドにしても大丈夫でしたが、
チョコの方は、溶かしたチョコレートが200グラムも入った濃厚チョコシフォンでしたので、
味はとてもよかったのですが、手で掴んだだけでも潰れてしまいそうに柔らか。
サンドにするのは諦め、高さも半分にカットして詰め込みました。


タイトル、「運動会のお弁当」については去年も触れましたが、案の定、去年も補習校の運動会は
マーチングバンドの大会と同じ日になり、参加することができませんでした。
きっと今年の運動会も出られないことでしょう。
それでもこのソフト大会で、まるで日本にいるかのようにスポーツのイベントを楽しむことができ、
みなさんと手作りのお弁当を味わうことができるのは、とてもありがたいことと感じでいます。

来年でタコが参加できるのも最後になりますが、よいお天気の下みなさんとまた楽しく応援できますように、
できれば3年ぶりの決勝進出も期待しています!
↓一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ







[PR]
by Wingco | 2016-04-03 00:00 | お弁当 | Trackback | Comments(3)
ハイスクールのフットボールゲーム★
b0108544_3305562.jpg

フットボール(日本で言うところのアメフトですね)の試合は、アメリカのハイスクールで一番盛り上がるイベント、
と言ってもよいのではないでしょうか。

選手入場も、ダンスチームがずらっと並んで御出迎えの中、このオレンジの戦士のヘルメットのようなのは、
学校のシンボルをかたどっているのですが、それをくぐって、颯爽と登場。
アメリカ、というか、派手好きなテキサスらしい光景~といつも思ってしまいます。








b0108544_315270.jpg

タコの通うS校、円陣を組んで気合を入れています。
旗はテキサス州の旗。 
テキサスは”Lone Star State"と呼ばれるように、独立心が高く、テキサスが一番~と思っている、
テキサスLoveの人が多いそうです。
(そこがちょっと鼻につく...と他の州からは疎まれがちな面もあるらしいです・笑)

Versity(一軍)チームだけでもこれだけたくさんの人数。
アメフトって守備と攻撃でメンバーががらっと入れ替わったり、予備のセットにキック専門の人など、
とにかくたくさんの人数が必要だそうです。









b0108544_318979.jpg

この日のお相手は、超、超強豪のK校。
何度もテキサス・チャンピオンになったことがあり、去年も準優勝しました。
アメリカのハイスクール・フットボールでは、州のチャンピオンが最高で、そこから先、全米大会というのはありません。
ただ、戦績などで全米ランキングというのは発表になり、一位になったこともあり、毎年シングルランキングに入っています。

もちろん、プロの選手もたくさん輩出していて、今年8勝0敗と絶好調のベンガルズのクォーターバックも
このK校の出身。
日本でしたら、甲子園での有名校、早実とか昔でしたらPL学園のような感じの有名校です。
選手も一軍だけ(二軍、三軍もあります)で100人もいるそうで、体格も一回り違う感じ。
大勢の応援団も、スクールカラーの赤一色に統一されています。










b0108544_4204388.jpg

こちらのスクールカラーはオレンジ。 
赤対オレンジ...見るからに、熱い戦いですね♪

後ろの保護者たちは座って観戦ですが、手前のバンドの生徒たちはもちろん、
向こうの前の方の普通の生徒たちも、ずっと立ち上がったままでの応援です。











b0108544_3313271.jpg

大きな学校なので、バンドにもたくさんの生徒がいます。 300人以上?

試合時間が半分を過ぎたところで、ハーフタイムといって長い休憩時間があります。
選手たちはロッカールームに引き上げてしまい、休憩するのか、作戦を練るのか...?

その時間を利用して、フィールドでは両校のマーチングやダンスが披露されます。
つまり、タコがバンドにいるので、私はそちらメインで観戦に行くわけですね。

ちなみに、フットボール以外にもたくさんのスポーツ部がありますが、
こんなに大袈裟な応援がつくのはフットボールだけだそうです。
バスケットボールにはチアーが行きますが、ベースボールだって何もありません。地味らしいです。
フットボールだけ、高校生でもTV中継があったり、とにかく別格扱いです。










b0108544_3315059.jpg

しかし、この日はこちらがビジターのゲームでしたので、マーチングも裏から見ることになり、
何をやっているのか、よくわかりません(笑)

マーチングはホーム側の客席(写真では向こう側のK校)に向って行われるのです。
このスタジアムはホーム側とビジター側の客席がぴしっと二つに分かれていて、行き来が出来ないようになっているのです。
出入り口もそれぞれにあります。
興奮した観客同志が乱闘になるのを防ぐためでしょうか??










b0108544_3321196.jpg

マーチングのプログラム、今年のテーマは”海の中”ということで、パネルには表から見るとお魚など描いてあるのです。
クラゲもいますね。

このパネルやクラゲを操作しているのも、バンドの生徒達。
トライアウトがあって、楽器のポジションをもらえないと、それ以外の役目になり、それもいただけないと、
手前に数人立っていますが、補欠となってしまうのです。 厳しいですね。










b0108544_3323636.jpg

別の試合、T校のハーフタイムですが、こちらはもっと人数も多くて、補欠の生徒さんが
写っていない左側にもずらっと並んでいました。

T校、去年からマーチングを指揮する先生が変わって、すごく力が入っているとは聞いていましたが、
素晴らしいものでした。
毎日7時までの練習に加えて、朝練まであるそうです。
日本ではそういうのが当たり前かもしれませんが、何でもゆる~いアメリカでは驚きです。










b0108544_1633546.jpg

T校のダンスチームにはお友達のお嬢さんも参加しているので、御一緒に観戦。

フットボールの応援というとチアーを連想しますが、チアーは少人数で試合中ずっと飛んだり跳ねたり、
観客に向って応援を華やかにします。
こちらのダンスチームも試合中はもっと人数も多くて、スタンドでバンドの演奏に合わせての振り、
ハーフタイムではフィールドでダンスを披露します。

こちらも常日頃から練習をしている、アスレチックの科目の一つでもあり、こうやって踊るために、
毎週トライアウトで合格しなければならないそう。
それ以外にも、女の園なのでいろいろと、厳しい世界だそうです。

この日はこちらがホーム側でしたので、マーチングも表からちゃんと見ることができる~
と思ったのですが...











b0108544_341574.jpg

ホームカミングのゲームでしたので、ハーフタイムはこのキング&クイーンの発表、とダンスで時間いっぱい。
ホームチームのマーチングはありませんでした。 がっかり。

ホームカミング、夜にダンスパーティーがあったり、ハイスクールで一番大きなイベントでしょうか。
他に体育祭も文化祭のようなのも、こちらにはありませんしね。

キング&クイーンは候補5人ずつから、生徒の投票で一人のキングとクイーンを選びます。
写真はちょうどクイーンが発表になったところ。
キングはダウン症をお持ちの男子。 ひときわ大きな温かい拍手で迎えられていました。












b0108544_3421448.jpg

クラリネットだけでも40人近くいるそうで、帽子もあって、どれがタコなのかちょっと判らず...












b0108544_4212358.jpg

レギュラーシーズンは、学校の新年度が始まる8月最後の週から11月の第一週までで、ほぼ週一度、
木、金、土曜のいずれかの夜に行われます。
毎年だいたい同じ、近くの学校と戦うので予想もつきます。
最初のK校はもちろん負けましたが、こちらのT校、去年は圧勝でしたので、お気楽にしていたら、
追いつ追われつの接戦。 最後に何とか逆転で勝ちました。

やれやれ~とそのまま帰宅し、いつもより帰りが遅かったタコに後で聞くと、
試合の後で、S校のマーチングがあったそうです(!)
アナウンスもあったそうですが、御友達とのお話に夢中で全然わかっていませんでした(笑)
もう自分のマヌケさにがっかりしてしまいました。











フットボールの試合中のバンドの様子を、TVのニュースで取材した時の映像をリンクしておきますね。
踊ったり楽器を振り回したり、とかなりクレージーです(笑)
もちろん、演奏も真面目にしている時もあるのですよ。

三時間ぐらいこんなハイテンションでいて、試合が終れば片付けがあり、
みな一緒にスクールバスで学校まで戻って来なくてはなりません。
家にたどり着くのは、夜の11時などと遅くなるのですが、木曜の試合だと、それから宿題をしなくては~ということに。
毎日宿題が結構な量出ますし、テストも頻繁に行われるのですよ。

バンドの高校生たちにとって、秋は本当に目の回る@@忙しさです。
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-11-16 23:59 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)
彩りチキンローフ弁当 ☆ソフトボールダラス戦2015☆
b0108544_25649.jpg

久しぶりにお弁当のアップです。
9月、10月はハイスクールのマーチングバンドの競技会やアメフトの試合などで早退や欠席が続き、
全くお弁当を作る機会がありませんでした。
このお弁当は8月に作ったものです。 お魚のピックが夏を感じますね。 いつも遅くてすみません。

・彩りチキンローフ
・ほうれん草入り玉子焼き
・鮭の柚庵焼き
・にんじんのグラッセ
・トマト&バジルペストチーズ
・ブロッコリー
・わかめとしらすの混ぜ込みごはん
・わさびふりかけ

おかず盛りだくさん。
高校生男子なので、揚げ物大好き。 お弁当もつい揚げ物のことが多くなってしまうのですが、
今回は揚げ物じゃなくても、野菜が多くても喜ばれるお弁当を意識しました。

チキンローフは鶏ひきの肉だねに、赤や黄のピーマン、ブロッコリーを混ぜて、ラップで包み、蒸し上げるものです。
焼くのでもなく、蒸すというところがヘルシーですよね。
思ったよりも味付けもしっかり、しっとりと美味しくて、タコも気に入ったようです。
「きょうの料理」に載っていたのですが、黄色のピーマンがなかったので、かぼちゃを使いました。

玉子焼きは大好きで必ず入れて欲しいと言われているのですが、プレーン以外はNGでした。
今回は久しぶりにほうれん草入りというアレンジ玉子焼きにしたみたのですが、大丈夫だったようです。
逆にやはりだめだったのはミニトマト。
トマトは大好きで、いつも夕食にはかかせないのですが、皮を剝かないトマトはNGなのです。
では皮を剝いて入れてみたのですが、水分が出てだめ~だったそう。
赤い彩りが欲しいところですが、お弁当にトマト、タコの場合は無理なようです。









b0108544_8453091.jpg

・ヒレカツ
・玉子焼き
・グリーンアスパラ
・青菜と雑穀の混ぜ込みごはん
・わさびふりかけ

うって変わって、定番おかず三品のみの、全く手抜きなお弁当!
それでも、「ご飯は朝炊き立てを詰める、揚げる焼くなど最後の仕上げは朝行う」という、
当たり前といえば当たり前なのですが、自分で決めているルールは守りましたよ。

タコは好物ばかりなので、大喜び。 毎週同じ内容でよいでそうです(笑)

この翌日の日曜日は、年に一度のダラス補習校とのソフトボール大会でしたので、
係りのお仕事のことでお役目のことで頭がいっぱい、お弁当のことまで気が回りませんでした。

昨年はダラスでの大会でしたので、一泊の旅行気分だったのですが、今年はダラスチームを迎える側なので、8月はその準備に奮闘していました。
補習校の大会とはいっても、通っている生徒が参加するということだけで、学校は全く関係ありません。
参加約60家庭が全て何らかの係りについて、大会の無事に開催されるまでお仕事をしなければなりません。

庶務、会計、サプライ、懇親会、お弁当、Tシャツ、茶話会、備品、警備、写真、と係りを並べただけでも、
結構大掛かりな大会なのが想像していただけるではないでしょうか?









b0108544_8454424.jpg

順番が逆になりますが、閉会式の集合写真。  日本人の子供たち、テキサスにもたくさんいるものです。
今年のTシャツは、ダラスが青、ヒューストンが赤、とわかりやすい、テキサスらしい熱い色になりました。
(去年は黄緑とオレンジ)










b0108544_8455949.jpg

朝7時に集合して、会場の設置など、準備にとりかかります。
私の係りは備品のリーダー。
この大きなテントやテーブル、折りたたみ椅子などなど全部で約30品目を補習校などから借りて、
トラックで運んで会場に設置するのがメインのお仕事です。

か弱い(?)私がどうしてそんな力仕事を~と思いますが、テントの組み立てなど、リーダーは指示するだけで、
実際は男性の方に運んでいただいています。
それでも広い会場をかけずり回って、朝から汗だく...(泣)









b0108544_857119.jpg

こちらはサプライさん、茶話会さんのテント。
各家庭から運ばれたクーラーボックスがずらり。
中には水や氷、茶話会用のお菓子や飲み物が保冷されています。

朝陽が横から入ってくるので、レジャーシートを下げてさえぎっていますが、
風も入らず、こちらも朝から暑い~
9月初めとはいえ、最高気温は35℃にはなる予報でした。










b0108544_9111452.jpg

小学生女子の試合。  テキサスの猛暑の中、毎週土曜日2時間半の練習、よくがんばりました。

小学生男子はたくさんいるので三試合あります。
中学生男子、中学生女子、高校生女子、と合計7試合が無事に終って、ヒューストンの3勝3敗1引き分け。
互角の戦いで残すは、メインの高校生男子の試合。









b0108544_8571674.jpg

真っ赤なヒューストン側応援席。










b0108544_9113188.jpg

ベンチの周りにも緊張感が...
私はこの紫の椅子に座って、スコアブックをつけるお手伝い。 違った緊張感でした。

二年前のこの場所で、34対6という大差で負けてしまった最後の試合が頭をよぎりました。
その時はスコアブックではなく、得点板の方をつけていたのですが、
ダラスチームが次から次へとホームを踏むので、得点をつけるだけなのに間違えそうになって...
スコアブックですから、もっと細かいところを、集中しなくては~

このあと、写真を取る余裕はありませんでしたし、もちろんフィールド内には入れないのですが、
大試合の写真係担当はお友達のTさん。
臨場感たっぷりの素晴らしいお写真を沢山撮っていただいたので、少し御紹介させてくださいね。









b0108544_9122846.jpg

試合開始直前なのに、選手達にはこの笑顔。
直前の、監督とコーチの面白すぎる訓示のおかげです。










b0108544_9115575.jpg

試合開始の勢ぞろいしての御挨拶も日本ならではないでしょうか。
アメリカの野球の試合では見たことがありません。

みんなリラックスして試合に挑めたことがよかったのでしょう。
ダラスの攻撃で始まった初回、満塁のピンチも守備の超ファインキャッチで0点。
反対に、こちらの攻撃では1点入り、幸先よい滑り出しでした。










b0108544_8573122.jpg

二回に同点に追いつかれた後はこちらに得点が入らず、相手も無得点の三回裏、円陣を組んで気合を入れ直します。

効き目があったのか、また勝ち越し点が入りました。










b0108544_9124725.jpg

守備での激突~ ボールはしっかりグラブに入っています!










b0108544_9262283.jpg

ボールがバットに当たる瞬間を捉えるなんて...スゴイ!!
(バッターはタコではありません。)










b0108544_9264815.jpg

11対4、ヒューストンの勝利~!!
終ってみれば結構得点差がありましたが、こちらにも満塁のピンチが何度も有り、
最後まで緊張感のあるよいゲームでした。

試合が終れば敵味方もなく、両チームの選手が混ざっての記念写真...もいいものですね♪
(この得点ボード8試合分作成も備品リーダーのお仕事でした。 使用済みダンボールの再利用です。
もちろん、ヒューストン側に得点がたくさん入るように、思いを込めて作りましたよ~)









b0108544_9271160.jpg

昨年はサヨナラ負けで今一歩及びませんでしたが、今年は三年ぶりの勝利で、みな大喜び。
大きな監督さんも宙に舞っています。 
生意気盛りの中高生男子たちをよくまとめて、二年間、毎週土曜日御指導くださりありがとうございました。










b0108544_9273295.jpg

フィールドからは、女子や下級生達が”勝利のトンネル”でお出迎え。 
嬉しそう~!









b0108544_928219.jpg

中高生男子、16人全員での、優勝カップ2つを囲んでの記念写真。
この年頃、「こっちを向いて~、笑って~」と言っても素直に応じてくれなかったりしますが、みな満面の笑み。
嬉しさは隠せません。

中学生男子の試合も勝ちました!
中学生は8人しかいなかった(高校生も8人)ので、タコも途中から代打で中学生の試合にも出させていただき、
期待に答えて二塁打。
高校生の試合でも1四球2ヒットと、何とか貢献できたでしょうか。

やっぱり前日の”ヒレ勝つ(ばっかり)弁当”弁当で、縁起をかついだおかげ?(笑)
(本当は偶然カツだっただけなのですが...)

このあと、テントなどまた備品の撤収という一仕事があり、そして夜には日本居酒屋さんでの祝勝会。
子供たちはカラオケルームで熱唱!?
よい歳をしたおじさんおばさんたちが、事あるごとに乾杯!を何回繰り返した。
あまりの大騒ぎに、他の若いお客様たちも呆れていたような...

実はこの大会の頃は雨がよく降り、前日も大変な雷雨があり、一時は開催も危ぶまれました。
ラッキーにもこの日曜日のみ一日よいお天気で、無事に行われ、みな怪我もなく、大成功の大会に終わり、
みなさん安堵していたのです。
親たちの方が、子供たちより喜んでいたりして?

早朝から深夜まで、長く楽しい一日でした♪









b0108544_9355680.jpg

優勝カップ、一週間交代で選手のお家にお持ち帰りできるのです。
我が家にもやってきました。
少しくたびれた台座やリボンに、26回の大会の歴史を感じます。

タコは日本では高1ですが、次のヒューストンでの大会の時には現地のハイスクールは卒業しているので、多分今年が最後。
よいチームメイトに恵まれ、最高の思い出ができて、本当に幸運でした。

来年は、ダラスでがんばって!
(当事者以外は面白くないかもしれませんね、長々と失礼致しました。 最後まで読んでくださりありがとうございます!!)
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-10-21 11:16 | お弁当 | Trackback | Comments(4)
Zopfのスイートサワーブレッド、フォカッチャ
b0108544_6553423.jpg

こんにちは♪ 
またまた更新が遅くなってしまいました。
そして、いきなりですが、久しぶりにパンのお話。

二週間ほど前に、NHK「きょうの料理」にZopfの伊原さんが登場! ライ麦パンを作っていらっしゃいました。
秋らしくしみじみ美味しそうなパンでした。
そして懐かしいZopfのお店に、実際にパンを作っていたのはZopfのパン講習会が行われている場所でした。
私も二回だけですが、日本に一時帰国した時に参加したことがあります。  (その時の記事はこちら。)

未だに忘れられない、一生のよい思い出となっています。
手際の素晴らしさはもちろん、パンに対する情熱がすごい! 
お話もお上手で、どんな質問をしても、即座に、丁寧に御返事をしてくださいました。
日本に住んでいたら、ずっと通い続けたかったのですけどね...

残念ながら、その後は機会に恵まれず、パン作りの方もホームベーカリーが壊れてしまったこともあり、
しばらくはいつもの食パンしか作っていませんでした。

久しぶりにZopfのパンを拝見して、作りたい~!気分が高まってきました。 
夏の長いヒューストンにも、ちらちら秋の気配が見えて来ましたしね♪


スイートサワーブレッド

ぜったいに失敗しないパンづくり(DVD付き特別版): ツオップ 伊原シェフに教わる

伊原靖友 / 柴田書店



ふわっふわに焼きあがりました!
中には、サワークリームとバターがメインのスイートサワーペーストがくるくると巻き込んであります。

バター多め、卵黄も入った少しリッチめのパン生地が、ふわふわながらもデニッシュのようなコクもあり、
とってもおいしいおやつパンです。









b0108544_6555531.jpg

平たく伸ばしたパン生地に、ペーストを塗り、くるくる巻いて棒状にしてから、
下を残して切り目を入れるのです。

本当は型に入れるときに寝かせて少しずらすと、デニッシュ食パンのような雰囲気になるのですが、
型が小さくて、ずらす余裕がありませんでした。
ちょっと反省。 それでも美味しさには変わりなし...
ということにしておきましょう。










b0108544_6561750.jpg

フォカッチャ風食事パン

同じパン生地ですが、ふわふわながらも砂糖の量はそれほど多くないので、
こちらのような食事パンにも応用できます。

ざっくりとしたパン生地、上にはオリーブ油を塗り、塩水をふりかければフォカッチアの出来上がり!

中にも具がたっぷり入っています。
この大き目の具を均一にパンに混ぜ込むのが、意外に難しかったりします。









b0108544_7155790.jpg

特にこちら、ほうれん草、生ハム(本ではベーコン)、ピザチーズは、
具を少し欲張って多めに入れてしまったら、ほうれん草からの水分が出て、チーズも溶けて、
パンの膨らみが少し悪くなってしまいました。









b0108544_7154147.jpg

オリーブ、セミドライトマトのオイル漬け、生ハム、の方は、
よく具の水分を取ったので、膨らみも良かったようです。

どちらも美味しいですが、特にセミドライトマトの甘さがいいですね~
具沢山なので、このフォカッチャだけで立派なランチにもなります♪









b0108544_7161496.jpg

何年か前の写真になりますが、アップする機会がなかった、スイートサワーブレッド等、本物のZopfのパンたちです!

わかり辛いですが、長いのはミルククリームの細長いステックパン、
ハート型のチョコパン、そしてパイナップルデニッシュ。
フルーツを使ったきれいなデニッシュにも、様々な種類がありました。








b0108544_7275183.jpg

ホーンの形は塩の効いたリーンなドイツパン、だったと思います。
ヘルシーなマルチグレインのベーグル、クラタンデニッシュにコーンコロッケパン...

初めてお店に入った時には、本当に狭い店内で驚きましたが、
ぐるりと四方一面に並んだパンの種類の多さ、本格的なハードパンから、昔ながらの日本のパン屋さんにあったような、
桜あんぱん、グローブ型のクリームパン、チョココロネ。
御惣菜パンにサンドイッチに、ドイツパンに今時のスタイリッシュなパン...などなど、本当にびっくり!
毎日通っても飽きないでしょうね~  大好きなパン屋さんです♪

本物のZopfのパンにはしばらくお目にかかれませんが、伊原シェフの本でまたパン作りを楽しみたいと思っています。







   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆




先週末...のお話のつもりが、あっという間に一週間が経ち、先々週末のお話になってしまいました。
金曜日の夜でしたが、ダダと二人で外食...


b0108544_7173746.jpg

天ぷらそばと、遠くにちらっと見えるのが天丼です。
お蕎麦がのびているのではなく(笑)盛りがよいだけなのですよ。

麺は普通ですが、汁が日本の御蕎麦屋さんと同じ味、それだけでも嬉しかったのです。
かごに入った別盛りの天ぷら(よく見えませんが)は、カラッと揚って、エビもみずみずしくて、そちらも美味しい!
よく衣ぼってりのフリッターのような天ぷらにお目にかかるので、久しぶりにちゃんとした天ぷらを頂きました。

ヒューストンにもさまざまなジャパニーズ・レストランがありますが、二回目はないよね~というお店が多いのです。
こちらのTaikoレストラン(ホームページがないので、Yelpにリンクします)は日本人御夫妻が営まれていて、
小さいながらも、懐かしい日本のお料理が味わえるお店です。

ただ、家からは遠く、不便な場所にあるので、なかなか行くことができないのです。
この日は、ハイスクールのフットボールに試合がこちら方面のスタジアムでしたので、久しぶりに行くことが出来ました♪
ただし、時間がなかったので、早くできるおそばと丼物...
次回は是非ゆっくり味わいたいものです。









b0108544_7273014.jpg

結構な田舎にあるのですが、新しそうな感じの立派なスタジアムでした。
アメリカで一番人気のあるスポーツはアメリカン・フットボール。
ハイスクールでもアメフトだけは別格扱いです。
学区ごとにアメフト専用の、こんなスタジアムがあるのですよ。
もちろん各高校にも、フルサイズのアメフト場はあるのですが、そちらは練習や二軍以下専門に使われます。

そして、学校あげて応援に行きます。 生徒や親は希望者だけですが、バンド、チアリーダー、ダンスチームは必須です。
そう、タコはとてもアメフトなどできませんが、バンドで参加しなくてはならないのです。
試合中の応援演奏のほか、ハーフタイムには下でマーチングも披露するというので、私達も行ったのですが、
この試合、うちの高校はビジターでした。
マーチングはホーム側に向って行うので、後ろから見ても、何をやっているのか、何だかよくわからず...(笑)

おまけに、試合途中に突然の大雨。 
最後は一点差で負けてしまい、がっかり... 疲れも倍になります。

まだサマータイムなので薄明るいですが、試合は7時開始で終わるのが9時半。
バンドは現地解散が許されないので、みなで片付けてスクールバスで学校に戻ると11時を過ぎます。
もちろん、行きもスクールバス。
放課後ただちにリハーサル、食事、ユニフォームへの着替え、道具の準備などあり、家には戻れません。
学校の行事なのに、夜遅くまで、長い拘束時間です。
11月まで週一度はアメフトの試合があるので、週末はこんな感じが続きます。秋は大忙しです。


その上、この次の日の土曜日には、マーチングバンドの競技会が午前中にあったため、
バンドの生徒たちは、家に戻らず、そのままバスで3時間ゆられて、会場のあるオースティンに向かいました。
ホテルに泊まったそうです。
バンドは総勢300人ほどいるのに...同じテキサス内とはいえ、広いですから移動も大変です。

タコはもちろん補習校も欠席。
放課後にはダラスとのソフトボール大会の打ち上げの試合もあったのに、残念です。
夜には、大人の関係者による打ち上げもありました。
大会当日にはすでに、中高生たちと親の打ち上げは済んでいるのですが...
何かと集まるのが好きなようです(笑)









b0108544_7181790.jpg

初めてのお店でしたが、庶民的なチャイニーズ・レストランで楽しめました。
餃子、サンラータンのスープ、枝豆は八角風味でした。
その後も、エビチリ風、チンジャオロースー風、八宝菜風...と日本で馴染みの御料理が続々と出てきました。
おこげやあんまんもありましたね。
アメリカのチャイニーズ料理って、少し日本と違った雰囲気の料理が出ることが多いのですよ。
こちらのお店は結構日本的なチャイニーズで嬉しかったです。









b0108544_7564897.jpg

そしてお酒類は出さないので、料金もお安い!
もちろん大人の宴会に、お酒無しで済む訳はありません(笑)
アルコール類は何でも持ち込み可!なのです。  おもしろいですね。

今年はヒューストンの活躍が目立った大会、特にメインの中高生男子は2試合ともに勝利でしたので、
監督、コーチ、運営委員にリーダーの関係者は夜中まで大盛り上がり!
(奥までずっとソフト宴会のみなさまです。)
ダラス側をお迎えする今年は、大会までの準備が大変でしたが、やはり勝利で終ると嬉しいものですね~ 
私達夫婦もタコが補習校でもがんばっているおかげで、いろいろな方との出会いや経験をさせていただいています。

そうそう、忘れていましたがこの日、午前中には補習校高校生保護者の懇親会なるものもありました。
高1だけでも17人も、かつ高1になってからの転入生が4人もいらっしゃるとのことで驚きました。
補習校は土曜日だけで、平日はアメリカのハイスクールに通うのですからね、大変なことでしょう!
みなさん、こちらでの生活が楽しく充実したものとなるように願っています。
一日一回、クリックしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

[PR]
by Wingco | 2015-10-10 20:30 | パン | Trackback | Comments(8)